降水量が3mm(ミリメートル)の雨と聞くとあなたはどのくらいと感じますか?

 

降水量3mm

 

手ぶらでも大丈夫なのか、レインコートなどの雨具は必要なのか?

 

最近は、その日の予想される降水量を天気予報でチェックするのを欠かさないという方が増えています。

 

近年、異常気象も多いので特に外出する予定がある場合にはこうして調べるようになってきています。

 

実際に天気予報を見ていると、天候が崩れた場合に降水量が発表になりますね。

 

このとき気象庁からもmm(ミリメートル)という単位で表される数値が出ています。

 

そこで今日の記事では、この降水量が3mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨なのか説明していきます。

 

また、この雨により予想される被害の目安と対策についても詳しく解説していきますね。

 

スポンサーリンク

 

降水量が3mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨

雨が降る天候の際に、屋外行事やイベントを行なうか中止にするかの判断が必要になります。

 

 

一般的にその判断の分かれ目とされているのが降水量3mm(ミリメートル)だと言われています。

 

しかし、多くの方は降水量の数値を知ってもどのくらい雨が降るのか判断が難しいのではないでしょうか?

 

雨になりそうな空でしたら、傘などの防水具などを準備する必要があるかないかを確かめるためです。

イベントが中止になる

この降水量だと、特に屋外の行事やイベントに参加される場合は迷うところです。

 

 

この数値の大きさによっては天候不順により中止になってしまう可能性も高くなります。

 

降水量1~2mm程度はしっとりとした霧雨が降っている状態です。

 

屋外でのイベントは中止にならないことが大半の水量だと判断されます。

 

これが、一時間の降水量が3mm(ミリメートル)の水量になってくると屋外での行事やイベントは進行が困難になってきます。

 

なので中止延期を判断されることが多くなります。

 

そこで、降水量の単位や数値の読み方と対策方法を事前に知っておくことです。

 

 

屋外イベントや行事に参加する場合もスムーズに移動することが出来るようになります。

 

イベントのような場合は、荷物が増える可能性もあります。

 

快適に外出する為にも雨がどれくらいになりそうか天気予報のチェックは必要ですね。

 

一時間に1~3mm程度の雨が降っている状態を天気予報では弱い降りと表現することが多いです。

降っていると実感できる水量

状況的には、外出している方の多くが普通に雨が降っていると実感できる水量の強さとなります。

 

雨

 

このように、実際に強く降っていると感じ始めるのが一時間に3mm(ミリメートル)からとなります。

 

外出する際には最低限、は必須のグッズとなりますね。

 

数分間でも傘をささない状態でいるとシャワーを浴びたようなびしょ濡れ状態になるレベルだと考えて良いでしょう。

 

この降水量程度がどのくらいかといえばアスファルトに水たまりができやすくなってきます。

 

溜まった水で服が濡れてしまったり靴が汚れる可能性があるので注意が必要です。

 

そのため、歩く際には水たまりなどに気をつけて歩かないとなりません。

地域による雨量の違い

実際に天気予報などで数値が発表される降水の数値は、特定の時間帯に降るその地域全体の数値となっています。

 

 

そのため地域全体の平均値となります。

 

広い地域であればどうしても同じ降水量の数値にはなりません。

 

高い数値が出ていても実際は強い雨が降ることはなかったと言う場合もあります。

 

それとは反対に、予想されていた雨量より強く降ることもあります。

 

より精度の高い天気予報をチェックしたいなら、

 

地域限定の予報を見ておくと降水確率を適切に判断することが出来るようになります。

 

スポンサーリンク

降水量が3mm(ミリメートル)の雨で予想される被害の目安

どうしても外せない用事があって、雨が降っている状態でも外出をしなくては行けないという場合も少なくありません。

 

 

その日の降水量を天気予報などで予めチェックしておけば、

 

地域や時間に合わせて降る量や風の強さなどをある程度予想することができます。

 

こうして事前にチェックしておくことで、移動方法や対策を自分で立てやすくなりますね。

 

天気予報の降水量は、その日の移動する際にレインコートなどの雨具が必要なのか自分で判断することができます。

 

また、移動する先で起こりうる被害はどのようなものがあるかなどチェックしておくことです。

 

このように被害対策を立てることが出来る点も大きなメリットと言われています。

降っていると感じる雨量

外を歩いている際にしっかりと降っていると感じる雨量が、一時間に対して3mm(ミリメートル)を目安とされます。

 

 

アスファルトは十分に濡れて水たまりがしっかりできやすくなります。

 

足元に気を使っていないと大切な洋服や靴がびしょ濡れになったり汚れてしまう可能性が考えられます。

 

そのため長時間外を歩く際には汚れても良いものを身につけるか、

 

できるだけ水たまりには近づかないように道を選んで進むようにしましょう。

 

雨が降る音もしっかり聞こえる場所も出てきます。

 

車や自転車などが多く行き交う場所などは近づいてきていないかなどをきちんと確認しておきます。

 

こうして安全かどうかの判断がついたら、それから動くようにすることも事故を未然に防ぐために必要となります。

傘やレインコートなどの雨具が必要

体が濡れないようにするためにも傘を利用する必要があり、透明タイプの物がおすすめです。

 

 

強い風がふいているときなどには傘で前を遮る(さえぎる)状態で移動する方が多いため前が見づらいためです。

 

そうなると進行方向の視界が遮られてしまうので、柱や人とぶつかってしまう危険もあります。

 

また、怪我をする可能性もあるので風が非常に強いときなどは無理に傘をささないようにしましょう。

 

レインコートやポンチョを利用することをおすすめします。

 

風が強すぎればレインコートやポンチョにすると良いということです。

 

傘を利用する際には視界が開きやすく風による横からの侵入を防ぐ少し大きめの透明タイプを利用するのがおすすめです。

雨による人や車への被害

車道から近い場所で歩く際には、道に出来た大きめの水たまりに車が勢いよく入ってくる場合は注意しましょう。

 

 

侵入してくる勢いが強い分、水を多くかぶってしまう可能性があります。

 

水しぶきの飛び散りを防ぐ為にも車道よりには歩かないように注意しましょうね。

 

なお、クルマを運転される場合も雨の降り始めたころは速度を落とすなどの注意が必要です。

 

路面にホコリなどの汚れが浮き上ってくるので特にタイヤの溝が減っていたりするとスリップしやすくなります。

 

 

また、山沿いに行く予定を立てている場合、3mm(ミリメートル)であれば、

 

そこまで雨の被害はないだろうと考える方は多いです。

 

しかし長期間雨の時期が続いている場合、

 

水を含んだ山沿いは土砂崩れが十分に起こりやすくなる危険があります。

 

そのため、被害にあう可能性も高くなってきます。

 

山沿いに行く予定のある方は、当日の前後数日間の天候も合わせてチェックしておくことをおすすめします。

 

降水量が3mm(ミリメートル)の雨の対策と必要な物

対策としては、旅行や仕事などで遠方に移動する際などには必ず天気予報をチェックしておくことです。

 

 

雨の降水量のチェックをしておくのは円滑に移動する為にも非常に重要になってきます。

 

一時間当たりの雨の降る水量が、3mm(ミリメートル)と予報が出ている場合は実際に必要な物をきちんと調べておくと良いです。

 

こうしておけば事前に用意しておくことができますね。

 

出先で雨具などを用意する必要がなくなり余計な出費や荷物を増やす心配がなくなります。

 

 

一時間あたり、これだけの雨が降っている状態は、

 

人にもよりますが特別強いというほどではないと感じるでしょう。

 

しかし、きちんとレインコートを使用していないと体はびしょ濡れになってしまうレベルです。

 

そのため、きちんと対策として防水具を自分で用意しておく必要があります。

野外活動での対策

一般的に一時間あたり3mm(ミリメートル)の数値が出ている場合、

 

 

野外活動は基本取りやめにすることが無難だと言われています。

 

外を歩く際に普通に傘を差す必要があるため、屋外での活動を長時間続ければ、

 

やはり傘を差していても全身が濡れてしまう可能性があります。

 

ただどうしても移動をしなくてはいけない場合や中止をすることが出来ない用事があることも考えられます。

 

このようなときに外出をする場合は、基本的に体が濡れないように大きめの長靴があるといいです。

 

 

ただし、体が濡れてしまうと衣服が重くなり体力を消耗しやすくなります。

 

そのため、夏の季節でも体温が奪われやすくなるので体の動きに影響を与えてしまいます。

雨で必要な物

雨が降ると季節によっては低体温症になってしまう可能性があります。

 

 

防水や撥水効果のあるジャケットなどを用意することが必須です。

 

特に屋外でゴルフをプレイするという方で、途中で雨が降ってきてしまった場合の対策はどうするのか。

 

ゴルフの場合は、顔周りが濡れないように傘や大きめのサンバイザーと帽子を着用するのも濡れないようにするポイントです。

 

 

このように専用の装備があればプレイ続行を行うことが可能です。

 

 

普段自転車を使用して通学や通勤をしている方は、

 

この降水量となると運転は避けてバスや電車などを利用することをおすすめします。

 

ただ自転車以外の交通手段がないという場合は、体が濡れないようにレインコートを着用します。

 

 

なお、腕周りが比較的自由になるポンチョなどを利用する方も多いです。

 

ホルダーを利用して傘を固定している方もいますが、この行為は罰金となる都道府県も増えてきています。

 

そのため、片手運転にならないようにレインコートを利用するようにしましょうね。

 

結び

降水量が3mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨なのかお分かりいただけたでしょうか?

 

 

また、予想される被害の目安と対策についてもあなたのお役に立てたら嬉しいです。

 

この章では、今日の記事のここまでをまとめた要約を載せていきますね。

 

一時間あたり3mm(ミリメートル)の降水量は、どのくらいの雨か、まずその状況からです。

 

これだけの降水となれば、肉眼でもしっかり降っていると感じることが出来る状態です。

 

そのため、きちんと防水対策をしておかないと全身が5分程でびしょ濡れの状態になってしまいます。

 

屋外でのイベントはこの降水量になると、大体中止延期になることが多くなってきます。

 

事前に屋外イベントなどに参加する予定がある場合は、天気予報をチェックしておくこと良いです。

 

 

このように天候の予測を立てておくと、スムーズに移動をすることが出来るようになるのでおすすめです。

 

この雨による被害の目安は、そこまで強くないのでを利用すれば体が濡れるのを防ぐことが出来ます。

 

ただし、風がない状態のときのことで、風があると雨の降る強さ以上に体に当たる確率が増えます。

 

また、長時間外出する場合は、足元に水たまりが出来ている可能性があるので気を付けましょうね。

 

 

水の飛び跳ねによって足元が濡れて洋服を汚してしまう可能性があります。

 

なので、注意して移動するかレインブーツで防水対策を行うようにするといいですよ。

 

自転車などを利用する場合は傘で片手運転をするのは違法になる場合があるので控えましょう。

 

そのためレインコートポンチョを身に着けて自転車に乗ることが必要となります。

 

なお、3mm(ミリメートル)の雨の他の降水量のケースも下記のページで詳しく解説してるので参考にしてくださいね。

 

関連記事

雨の種類!気象庁の定める用語と四季の中で変わる名前の意味や降り方の状態はどのくらい?

降水量の目安!測り方や単位の意味と雨が多い、少ない都道府県ランキングベスト3はどこ?

降水量が0.5mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が1mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が2mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が4mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が5mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が6mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が7mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が8mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が10mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が20mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が30mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が50mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が100mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量が200mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

 

天気予報がリアルタイムでチェック出来るアプリをスマートフォンに入れておくことです。

 

これがあると自分のいる場所の天候が即座にわかるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク