降水量4mm(ミリメートル)の雨の中でゴルフはできるのでしょうか?

 

雨が降っているときのプレーは難しいものです。

 

プレー時に起きるミスにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

また、中止にした場合にはキャンセル料も気になりますね。

 

できないと判断したときゴルフ場のキャンセルは可能なのかも心配なところです。

 

もし雨の中でプレーやるとなれば、どんな服装や装備が必要となるんでしょう。

 

今日はこの降水量とゴルフについて詳しく解説していきますね。

スポンサーリンク

 

降水量4mm(ミリメートル)でゴルフはできる

 

降水量4mm(ミリメートル)と聞くと、イメージがつかないかもしれません。

 

目安としては霧雨のようで、少し雨が降っているという感じです。

 

ほとんどの人は、大雨が降っていたならゴルフに行くのをやめるところでしょう。

 

雨に濡れるだけでなく雷が鳴れば非常に危険です。

 

ゴルフ好きにとってプレーの前日はまるで、遠足の前の日のようにワクワクしますよね。

 

荷物も準備して玄関に並べることもあるでしょう。

 

着替えは枕元に用意しておくことさえあるかもしれません。

 

そして天気予報は何度もチェックして、できるかどうか判断するに違いありません。

 

 

しかし天気予報で降水量4mm(ミリメートル)と聞くと、中止の判断に迷うことでしょう。

 

大抵の場合降水量4mm(ミリメートル)では十分ゴルフをすることができます。

 

全く濡れないということはあり得ませんが、できる環境であると言えます。

 

とは言え同じ降水量でも今後の雨の強さにもよります。

 

現時点では降水量4mm(ミリメートル)と言われていても、今後の雨の強さが変わることがあり得るからです。

 

雨が強くなるようであれば、おそらくゴルフは不可能でしょう。

 

中止の判断のポイントは降水量というよりも、今後の雨の強さと関係しています。

 

反対に晴れ間へと向かっていくような天気なら安心です。

 

特に変わりやすい天気の場合は、こまめに天気予報をチェックすることが欠かせません。

 

時には雨によってゴルフ場がクローズすることもあります。

 

気になる時は出かける前に電話して営業をしているかどうかを確認する必要があります。

 

もしあればホームページでも通知があるはずです。

それほど降水量はないように見えても、グリーンの状態が良くないとプレーに支障が及ぼすことから、臨時休業することがあります。

 

また地面が濡れている場合は普段と違います。

 

なので使用するクラブはいつもよりも番手をあげることが勧められています。

 

小雨が降るとわかっているなら、事前に作戦を考えましょう。

 

一人でプレーをするなら自分だけの判断のみで中止か決行を決めることができます。

 

しかしコンペなどで複数のメンバーと行う場合は早めの判断が必要です。

 

それをメンバー全員に通知しなければいけないからです。

 

中止にしたのに、誰かが出かけてしまったとなれば気の毒です。

 

もし降水量4mm(ミリメートル)の状況でプレーする場合は十分な対策をしましょう。

 

天候によっては現地までの道路が封鎖されることもあります。

 

そうなると中止せざるを得ませんから、天気予報だけでなく道路状況の最新ニュースを得るようにしましょう。

 

せっかく出かけたのに途中で引き返すのは残念ですし、悪天候で道路状況が悪い中の走行は危険です。

スポンサーリンク

ゴルフ場のキャンセル料は当日だとどのくらい?

 

雨が降ったことでゴルフ場をキャンセルした場合、気になるのはキャンセル料です。

 

キャンセル料の相場はどのくらいでしょうか。

 

一言でいうとキャンセルした場合の料金はゴルフ場によって異なります。

 

ここは、利用料金に比例します。

 

たとえば八千円の料金であれば、キャンセル料は二千円位が相場です。

 

なお、利用料金は季節や平日か週末かでも違ってきますので、キャンセル料も異なるでしょう。

 

以前はキャンセルした場合、必ず発生していましたが今は全体的に取らない所が増えています。

 

料金の支払いは後日請求書が送られてきて、銀行に振り込む方法が一般的です。

 

ゴルフ場によっては、当日のキャンセルであっても無料の所もあります。

 

あるいは前日まではキャンセル無料だけど、当日は料金が発生するというケースもあります。

 

または平日のキャンセルは無料でも祝祭日や土日は払わないといけない所もあるので気を付けましょう。

 

当然ながらキャディさんを頼んでいた場合はその分も料金が発生するので注意が必要です。

 

普段何気なく利用していても以外に決まりについては知らないかもしれません。

 

一方で災害や大雨などでゴルフ場が臨時休業することがあります。

 

大雨の後にグリーンのコンディションが悪くて、プレーできない状況であれば当然臨時休業になります。

 

冬であれば積雪によっても営業できなくなることもあるでしょう。

 

さらに、台風で強風が吹いている中で、ゴルフをすることは不可能であり危険です。

 

そうした自然災害の場合は料金が発生しない場合もあります。

 

こちらの都合でキャンセルしたわけではないので、払う必要はありません。

 

中にはできるならキャンセル料金を払いたくない、余分の出費はしたくないと言う人もいるでしょう。

 

そのような時はキャンセルではなく変更にするなら、払わなくてもすみます。

 

つまり買い物の返品ではなく交換を行うことと同じです。

 

キャンセルする前に、候補の日にちを決めておくならスムーズです。

 

確かに雨が降っている中でゴルフをすることは可能ではありますが、晴れの日に行く方が断然やりやすいでしょう。

スポンサーリンク

 

また冬の雨は寒くなるので、風邪をひいてしまうこともあります。

 

メンバーに年配者や体の弱い方がいるなら、天候の悪い日は変更にした方が無難です。

 

決断を下すには判断力が求められるかもしれませんが、皆が安心してゴルフを楽しめることを考えるようにします。

 

いずれにしてもキャンセルに決めたなら早めにゴルフ場に連絡するようにしましょう。

雨の日のゴルフのプレー時によく起きるミス

 

雨の日のプレーはトップなどのミスが出やすくなります。

 

飛距離が落ちたり、バンカーが脱出しづらいといったことが起こります。

 

晴れている日よりも格段に条件が悪くなるので、雨が降ることでプレーにどう影響するかを知っておくべきです。

 

そのうえで対策を立てることで、雨が降っていてもプレーを楽しむことができるでしょう。

 

普段と同じようにすると、うまくいかずに楽しいはずのゴルフがかえって、思い通りにいかなくて落胆します。

 

雨によってグリーンが重くなることでもミスに繋がりやすくなるかもしれません。

 

少しでもミスを減らすためには一工夫が求められます。

 

例えばゴルフクラブを使い終わったなら、そのままバッグに収納してはいけません。

 

そのままだと当然水滴でビショビショの状態なので、タオルで丁寧に水分をふき取ります。

 

それによりグリップの水分を吸い取ることができるので乾燥した状態にできます。

 

そのことでグリップを握りやすくなり、いつも通りの力で握ることが可能です。

 

どんな物質でもそうですが、濡れていることで手と物体の間に水分が入ってしまい手の力が物体に伝わることを阻害します。

 

グリップに手の力が伝わらないと、いつもよりも力を入れないといけません。

 

それがわかっていればまだ良いのですが、いつもと同じように握ってしまうことでミスショットが起こります。

 

別のミスが起きる状況は、レインウェアを途中で脱いでしまうことです。

 

そんな些細なことでと思うかもしれませんが、体が自然に状況に順応していたのに脱いでしまうと感覚が変わってしまいます。

 

それにより運動能力が低下することが原因です。

 

たとえで言えばマスクをつけて何かの作業をしていた場合、急にマスクを外すと感覚がおかしく感じることと同じです。

 

ですから雨が止んだからといって決して、すぐにはレインウェアを脱がないようにしましょう。

 

リズムを壊してしまうことになりかねません。

 

暑苦しいかもしれませんが、良いスコアのためにはしばし我慢が必要です。

 

他にも大きめのクラブを使うことでも、理想のプレーに近づけることができます。

 

大きめのクラブならしっかり握ることが出来るからです。

 

ハーフスイングは力がそれほどいらないので、滑ることがすくなくなります。

 

球を軽く払うというイメージで打つことが大切です。

 

打ち込もうとするなら大きなスイングが必要になり、危険性は高くなります。

 

悪天候でもプレーを楽しむためにもクラブやボールをこまめにふくことが大切です。

スポンサードリンク

降水量4mm(ミリメートル)でゴルフをする場合の服装と装備

 

 

降水量が4mm(ミリメートル)というのは、小雨程度を指し雨具がなくても歩ける程度です。

 

そうなるとゴルフをすることも可能ではありますが、ふさわしい服装と準備が必要です。

 

それにはレインウェアや雨用のグローブが含まれます。

 

防水性のある帽子や傘も必需品でしょう。

 

タオルや雨具などはもちろん、着替えも忘れずにもっていきます。

 

防水性のある上着なら多少濡れても、衣服の中まで雨が浸透することは少ないでしょう。

 

蒸し暑くならないよう通気性が良い服を選ぶことも大切です。

 

 

タオルは体をふくだけでなく、クラブやボールをこまめにふくのでたくさん必要です。

 

タオルでクラブをふくことで滑り防止になるので、スコアにも良い影響が及びます。

 

雨用のグローブならそれほどクラブをふかなくてもよく、水にぬれても滑らない構造になっているので安心です。

 

晴雨兼用のグローブであれば、いつ雨が降っても大丈夫でしょう。

 

ゴルフ場によっては傘やタオルを貸してくれる所もあります。

 

タオルや雨具はキャディーバッグの中にいれておくと急な雨でも安心です。

 

レインウェアに関してですが、防水性はもちろん通気性が高いものがおすすめです。

 

通気性が悪いと汗をかいても蒸発しないので、プレー中不快になりかねません。

 

歩く度にカサカサと音を立てるような上着は、防水性が高くても耳障りで集中力にも影響が及ぶかもしれません。

 

靴も同様で防水性だけど、蒸れないタイプの靴が快適です。

 

いくら雨が降っているからといって、レインウェアを着たままクラブハウスに入ることはできません。

 

もしもレインウェアのまま入ったら業者の人と間違えられても不思議ではありません。

 

ゴルフは紳士淑女のスポーツですから、守るべきエチケットやマナーがあります。

 

スタートする直前に更衣室で着替えて、終わったらキャディーマスター室で脱ぐことがマナーです。

 

間違えてレインウェアのまま歩くと恥ずかしい思いをしかねません。

 

当然ながら、レインウェアの上着もズボンも脱がないとフロアがびしょぬれになってしまいます。

 

レインウェアの下は通気性の良いシャツを着るようにしましょう。

 

コットンは一度吸収するとなかなか水分が蒸発しないので、雨天時のプレーにはおすすめではありません。

 

降水量4mm(ミリメートル)は確かに小雨ですが、長時間グリーンでプレーをするとなると結構濡れます。

 

ですから万全の雨用装備が欠かせません。

 

十分な量のタオルと防水性の高い服装で臨みましょう。

 

冬や秋は濡れると寒くなるので、防寒対策も必要です。

 

温かいのドリンクも用意しておくなら、帰りの道中も安心です。

 

しっかりと準備しておけばたとえ天候が悪かったとしても、十分楽しむことができます。

降水量4mmでゴルフはできる?キャンセル料は当日だとどのくらい?服装と装備も!のまとめ

 

明日の天気予報で降水量が4mm(ミリメートル)であることがわかったなら、キャンセルすべきだろうかと一瞬迷うかもしれません。

 

しかし実際には降水量が4mm(ミリメートル)ではゴルフはできるということがわかっています。

 

キャンセル料に当日だとどのくらいでしょうか。

 

ゴルフ場によって異なります。

 

全くかからない場合もあれば、数千円必要な場合もあるので問い合わせが必要です。

 

キャンセルではなく変更にすればキャンセル料がかからないこともあります。

 

雨の日にプレーをするなら、防水性の高い服装と装備が必要です。

 

雨具やレインウェアに加えて、雨用のグローブがあればされに安心です。

 

雨でグリップが濡れてすべりやすくなるので、タオルを多めに準備して臨みましょう。

 

服装と装備が十分であれば、雨の中でもゴルフを楽しむことができます。