降水量1mm(ミリメートル)はゴルフはできるのか気になりませんか?

 

 

雨が降りそうとか、降ってきたときプレーの中止の判断は難しいですね。

 

降水量が何ミリまでプレーができるのか、これ以上だとできないという基準はあるの?

 

雨の中でプレーやるとなれば、どんな服装や装備が必要となるんでしょう。

 

また、できないと判断したときゴルフ場のキャンセルは可能なのかも心配なところです。

 

今日はこの降水量とゴルフについて詳しく解説していきますね。

 

スポンサーリンク

 

降水量1mm(ミリメートル)でゴルフはできる

降水量1mm(ミリメートル)の環境でゴルフはできるのか、この疑問に関する答えはイエスです。

 

 

降水量が何ミリといわれても中々実感できないものですね。

 

1mm程度なら特に支障なく、途中でプレーを諦める必要もないといえるでしょう。

 

やれる理由としては、小粒の雨の中でも更に粒の大きさが小さいからです。

 

これは、地面が軽く濡れるくらいでプレーに影響を与える心配が少ない点が挙げられます。

 

また、衣類も少し濡れてヒンヤリする程度ですから、身体の動きが制限されてしまう恐れもないです。

 

傘やカッパがなければ耐えられないというような降り方とは全く違います。

 

降水量1mm(ミリメートル)の雨が降ってもゴルフは可能というわけです。

 

 

プレー中に急に降ってきたとしても、これくらいなら問題なくやれます。

 

ゴルフの妨げになる雨と感じることもまずないでしょう。

 

むしろ、夏なら顔や腕が涼しく感じられたり、クールダウンしてくれるポジティブな雨に思えるはずです。

 

長時間降り続ければ、さすがに気になり始めますが、1時間程度なら降ってもあまり影響は出にくいです。

 

ここからさらに降り方が強くなれば別ですが、この程度ならかなり余裕がある状態です。

 

少なくとも直ぐにゴルフのプレーの中断を決める必要性は皆無です。

 

実際のところ、降水量1mm(ミリメートル)の雨が降っても、雨が降ってきたと認識する程度で済みます。

 

 

プレーに集中している状況であれば、意識から外れたり不快感も感じないほどです。

 

勿論ボールの回転に多少は影響しますが、それも誤差の範疇(はんちゅう)ということになりますね。

 

例え思った通りのプレーができないとしても、雨のせいにすることは難しいでしょう。

 

つまりそういった無視できるくらいの雨なので、降り方は、雨であって雨ではないと考えることもできます。

 

晴天と比べても、ゴルフが十分にできる条件なので仮にもし天気予報で降雨が予想されても大丈夫です。

 

傘の用意は検討対象になりますが、なくても困ることはないです。

 

むしろ、雨より傘が邪魔に感じられることもあると思われます。

 

 

僅かでも濡れるのを嫌う人には気になる雨でしょう。

 

ですが、殆どの人にとっては濡れても許容できる程度で、雨が上がれば乾くと思うくらいのものです。

 

それがこの降水量1mm(ミリメートル)です。

 

 

降り始めてもしばらく気がつかない人がいる、そんな風に存在感が小さく雨に間違いないとしても微妙です。

 

雨粒が大きければ肌に当たって気になるものです。

 

しかし、降水量が1mmは軽く撫でるようなものでゴルフに支障なしでやることは可能です。

 

スポンサーリンク

ゴルフのプレーが中止になる降水量の目安はどのくらい

ゴルフのプレーが中止になる降水量は、服装や装備の有無でも判断が変わってきます。

 

 

特定の降水量がプレーを中止する目安になるとは断言しにくいです。

 

雨でゴルフのプレーが中止になるとしたら、それは影響が無視できないほどで、進行に支障が出る状況です。

 

どのくらいかというと、短時間で衣類が濡れて透けたり顔に掛かる雨粒が時折視界を遮る感じです。

 

 

また、この雨が降り始めなのか、あがる頃なのかでも状況は変わってきますね。

ゴルフのプレーの中止を検討する降水量の目安

降水量が2~3mmの雨だと本格的な降り始めにあたり、雨粒は大きくなって肌に当たる感覚も強くなります。

 

 

衣類は確実に濡れて水分を含みます。

 

そのため、長く降り続ければ肌にまとわりつくようになり、やがて身体を重く感じ始めます。

 

プレーが中止になるか可能か、その観点でいえば微妙なところです。

 

もうすぐ終わりそうなタイミングであれば、少し我慢しながら続けられるでしょう。

 

まだスタートしたばかりだったり、中盤に差し掛かっている状況でも、プレーを楽しみたくて雨が気にならないなら、傘を差して続けられます。

 

そうだとしても、3mmを超えれば気になる雨になります。

 

 

ここから雨量が増えれば更にプレーを中止せざるを得なくなるのは間違いないです。

 

3mmでも快適な外出には傘を必要としますね。

 

人によってはこの雨でもゴルフをやるか中止するか考え始めます。

 

当然ながら、2mmより3mmの方が降り方は強いです。

 

そのため、最初は2mmでも次第に3mmと強くなれば中止を検討する目安になります。

ゴルフのプレー中止となる降水量の目安

ゴルフプレー中止の目安となるのが降水量が4mmの雨です。

 

 

この雨は、とても勢いが増して強くなったと感じられます。

 

4mmの世界では大粒の雨が降り注ぎ、全身に影響が現れて明らかに通常のプレーとは違ってきます。

 

ドライバーは転がりにくく、パッティングにも影響が出てくるなど、プレーを技術でカバーする必要があります。

 

ただし、4mmの降水量でも直ぐに中止するほどではなく、熱狂していたり止められないなら続行も可能です。

 

 

一方、降水量が10mmになると車に乗っていても視界が遮られ、雨音は大きく話し声が聞き取りにくくなります。

 

 

この状況ではゴルフを続けるのが困難です。

 

5mm以上10mm未満がゴルフプレー中止の1つの目安となるでしょう。

 

5mmどのくらいかといえば、ようやく雨といった感じで、10人中9人は傘を差し始めるくらいです。

 

10mmの雨は、土砂降り一歩手前のやや激しい雨で、地面には水溜りができ始めるほどです。

 

 

地面では雨粒が跳ね返って足元が濡れるので、水分の染み込みやすい靴だと気持ち悪さを感じます。

 

外出できないほどではありませんが、傘がないと出歩きたくないイメージです。

 

降水量1mm(ミリメートル)でゴルフをする場合の服装と装備

降水量1mm(ミリメートル)の雨でゴルフをプレーする場合は、通常の服装に傘を1本加える装備で十分です。

 

 

濡れて風邪を引いてしまう心配が少ない降り方です。

 

重装備にする必要はなく、あれこれ持ち物を増やした方がプレーに支障をきたします。

 

待機中は傘を差して濡れるのを最小限に抑える、それくらいの備えで足りるのが、降水量1mm(ミリメートル)でのゴルフです。

 

雨の日のプレーの服装は、降水量を目安に決めるもので、酷く濡れるか否かが判断の分かれ目となります。

 

ただ、カッパを装備しなければゴルフができない程の状況は、そもそも中断や中止を考えるほどの降り方です。

 

改めて考えると、降水量1mm(ミリメートル)は雨の中でも弱い方で、傘はあってもなくても構わない程度です。

 

 

現実的には傘で雨に耐えられるかどうか、これが判断基準となり得ます。

 

降り方が強くなると予想するのであれば、念の為傘を持ってプレーを始めた方が良いでしょう。

 

傘が邪魔だと感じられるなら、持ち歩かなくても支障はないと考えられます。

 

それでも、多少は雨に濡れたり汗も掻きますから、少しタオルを多めに持って行くことをおすすめします。

 

タオルなら枚数が増えてもかさばりにくく、使い終えたら袋に入れて持ち帰るだけと簡単です。

 

持ち物に余裕がある場合は、ついでに折りたたみの傘を加えれば事足ります。

 

 

服装は、雨が上がった後のことを考えて、乾きやすい素材のものを選ぶのがベストです。

 

足元は濡れても大丈夫な撥水性などの靴が理想的です。

 

 

これ以上の特別な装備は何も必要ありません。

 

普段の服装に傘を追加したり、タオルの枚数を少し増やす程度となります。

 

降水量1mm(ミリメートル)は、雨の降り方の中でも弱い方ですから、降り始めてもどうということはないです。

 

環境の変化に影響されやすく、ゴルフプレーに神経質な人ならば、少なからずスコアにも影響するでしょう。

 

逆に、ある程度のゴルフ経験があって場数を踏んでいる人だと、服装の変化や装備が増える方が気になるレベルです。

 

 

降雨の感じ方は人によるので、降水量1mm(ミリメートル)でも強く感じられることはあります。

 

しかし、多くの人達はあまり気にしませんから、降っても降らなくてもそれほど変わらないといえます。

 

大きな変化が起こるのは主に地面の濡れ方で、後は肌が湿ったり水滴が当たる感覚です。

 

地面はどうしようもありませんが、肌は長袖を着ることによって、気にせずに済む対策ができます。

雨でゴルフ場のキャンセルをする方法

雨が降ってゴルフ場をキャンセルする方法は、早めに連絡を入れて希望を伝えるのが基本です。

 

 

基本的に施設側が中止を決めることはなく、プレーヤー側の判断や手続きを要します。

 

極端な降り方でプレーが難しいどころか危険と判断される場合は、ゴルフ場そのものがクローズされます。

 

そこまでの降水量になるケースは稀ですから、やはり利用予定の自分達で判断することが必要です。

 

天気予報で気になる降水量が確認された時は、参加予定のプレーヤー同士で話し合いましょう。

 

許容可能な雨なら服装や装備の工夫でプレーできるので、その点を考慮してキャンセルの可否を決めます。

 

 

利用中止を決めたらゴルフ場に電話をして、キャンセル料を支払い完了する流れです。

 

キャンセル料の相場は1人あたり千円前後が目安ですが、これは利用する場所や手続きのタイミングによって変わってきます。

 

1組単位で徴収する施設も存在しますから、あくまでも目安です。

 

高いところだと2千円~3千円を徴収しますが、逆に請求しないゴルフ場もあります。

 

キャンセル料は一般的に、平日と比べて利用者が増える土日の方が高くなる傾向です。

 

反対に徴収していない場所も少なからずあるので、雨で中止になる可能性を考慮するなら、こういう施設を選ぶのも1つの方法です。

 

一方では、雨の強さに応じて支払いを免除する施設も存在しています。

 

それと、キャディさんをつけて予約していれば、その分も上乗せで徴収されます。

 

 

当日だと徴収あり、前日なら徴収なしというケースもあるので、パターンは実に様々です。

 

改めてまとめると、キャンセル料の相場は1人あたり最低1千円から3千円くらいです。

 

負担が発生したりしなかったりしますが、何よりも無断で利用を中止するのは厳禁です。

 

手続きについては、施設に直接予約しているなら電話で、予約サイト経由ならそこで手続きを行いましょう。

 

具体的な方法としては、前者だと理由を添えて希望を伝え料金の支払い方法を確認する形です。

 

後者は利用している予約サイトの説明に従い、会員ページから所定の手続きをします。

 

 

予約サイト経由であっても、キャンセルは直接ゴルフ場に電話をする形で、お互いのやり取りを求めるサービスもあります。

 

いずれにしても、相手に希望を伝えなければならないので、早め早めを心掛けて手続きを済ませたいところです。

 

雨のせいでプレーできなくなり、しかも料金を請求されるとしたら理不尽ですが、こればかりは仕方がないです。

結び

降水量1mmでゴルフはできるかについての記事はお役に立てましたか?

 

 

服装と装備、プレーが中止になる目安はどのくらいなのかもご理解いただければ嬉しいです。

 

ここでは、これまでの要約を載せていきますね。

 

降水量1mm(ミリメートル)だとゴルフはできる程度の雨です。

 

服装と装備も基本的に通常のゴルフと変わらない物で大丈夫です。

 

傘やタオルはないよりあった方が良いですが、なくても勇断するほどではないでしょう。

 

プレーがやれるか中止になるかの目安は、雨粒が大きくなって衣服が濡れたり、視界に影響が出始める雨です。

 

どのくらいか、それは雨の降り方が強くなる3mm以上で、5mmを超えると中止の確率が高くなります。

 

 

10mmではプレーそのものが困難ですから、それより下の範囲内で決行するか中止を判断するのが賢明です。

 

2mmでも雨粒は目に見えますし、3mmを超えれば傘なしだと辛いです。

 

4mm~5mmで既にボールの回転に影響が出ますから、普通のゴルフはできないと考えるのが妥当です。

 

中止できない理由があるなら、傘を差して何とかプレー可能ですが、これ以上の降水量では傘があってもプレー自体が難しいです。

 

降水量1mm(ミリメートル)を超えたら注意、降り方が強くなって支障を感じ始めたら中止の検討に入ることになります。

 

雨が降ってゴルフ場をキャンセルするやり方は、迅速に連絡して要求を告げることが一般的です。

 

 

原則的には施設側が中止を左右するということはなく、プレーヤーサイドの解釈や依頼を要されます。

 

極度な降り方でプレーが無謀であるだけではなく危ないと受けとられるケースでは、ゴルフ場自体がクローズされるでしょう。

 

それ相当の降水がもたらされる場合は珍しく、さしあたって利用を計画していた自分達で決めることが求められます。

 

スポンサーリンク