降水量5mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量

降水量5mm(ミリメートル)とはどのくらいか説明してといわれたら答えられますか?降水量という言葉は、きっとあなたも一度は聞いたことあるのではないでしょうか?「学生のときに習ったので意味はわかる」という方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では降水量5mmという雨により予想される被害の目安と対策なども含めて詳しく解説していきますので、わかりやすく理解できます。なお記事を読んでいただくことで降水量5mmについて詳しい方とあなたも同等のレベルで話ができるようになります。

降水量5mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨

降水量5mm(ミリメートル)とはと言われると、これしか降らないのかと思うかもしれません。しかし、これは1時間にこれだけの量の雨が降るということです。1時間だと考えれば、意外と強い雨が降るものだと想像する人がきっと出てくるでしょう。

 

それでも、まだあまり多い感じがしない人もいるかもしれません。どのくらいの雨量であるかをわかりやすく想像するためには、具体的にどのような状況なのかを表す必要があります。体感としては、これは少し強い雨だと思った方が良いです。

 

ただし強い雨と言っても様々で、傘をさす必要がない場合もあります。

しかし、降水量5mmの雨の中、傘をささないで長い時間外にいるとずぶぬれになる恐れがあります。かなり強い雨なので、傘をさしていても足元が濡れるでしょう。これくらいの雨となると、外出の予定が入っていても躊躇してしまう人が多いです。

 

足元が濡れてしまうとなると、防水仕様の靴を履いていないと靴に雨水が浸透してしまうかもしれません。スニーカーなどを履いていると、ぐっしょりとすることも考えられます。普段どのような靴を履いているでしょうか。

 

降水量5mmとはどのくらいの雨量で、その測り方はこうで、濡れ方はこうでとなるとどうでしょう。さらに1時間に5ミリの雨と発表されてもあなたはピンとくるでしょうか?

 

またどんな降り方で、傘はいるのか、いらないのか、他の雨具も必用なの?そのため降水量5mm(ミリメートル) と発表された時には靴や傘、雨具のことまで考えた方が良いです。

数字だけを見ると想像しにくいかもしれませんが、1時間外にいた場合、400mlくらいの雨が降り注ぎます。200mlの牛乳瓶二本分ですから、小さい雨とは言えないことがわかります。傘があっても足元が濡れると言うことは小さな傘ではほとんどしのぐことができないです。

 

大きめの傘をさして出かけないといけないと思った方が良いでしょう。もしも、1日中降水量が5mm(ミリメートル) で降り続けた場合、12cmもの深さの雨水がたまってしまうほどです。

これだけの雨量ですから、甘く見ない方が良いです。数字が小さいように見えても、想像以上の体感ですので、用心しておく必要があります。このような天気で1時間も外にいることはほとんど考えられません。

 

足元が濡れるわけですから、建物の中になるべくいたいと思うはずです。また、地下通路があれば、なるべくそこでしのごうとするのではありませんか。

このような状況であるとというのは、数字だけでは想像することは困難です。天気予報で数字だけを発表されることが多いです。数字だけ見て油断して出かけるようなことがないように気を付けてください。

降水量5mm(ミリメートル)の雨で予想される被害の目安

降水量5mm(ミリメートル) とは、どのような被害が予想されるのかを考えていきます。雨には傘をさしていたら濡れずにしのげる状況と、さしていても濡れてしまうほどの線引きがあります。それが、降水量5mm(ミリメートル)と言われています。

このあたりの状態ともなれば横から入る雨などで濡れるケースがあり、外出すれば体のどこかが濡れる可能性が非常に高いことは確かです。足元が濡れるだけで済めば良いですが、他の場所も濡れるかもしれません。傘のさし方によっては片方の腕がずぶ濡れになることもあります。

髪の毛が長い人は毛先が濡れることも考えられます。この降水量で風も吹いていれば、より傘をさしていても濡れる範囲が拡大するので、あまり意味がない状態にさえなるかもしれません。レインコートを着た方が良いかもしれないと思う人がいるかもしれません。

 

野外スポーツは中止をせまられるほどで、アウトドアができるようなレベルではないことがわかります。

地面には水たまりができるくらいの強い雨です。このため野球やゴルフのような野外スポーツは中止をせまられる目安となります。

問題は水たまりができたことで、大きな被害を被る可能性が出てくることです。車を運転する際には歩行者のことを考えて、歩行者の横を通過する時は徐行すべきです。しかし、すべてのドライバーがマナーが良いとは限りません。

 

車はスピードが出ていると水たまりに気が付かないこともあります。すると、泥水をかぶってしまう可能性もあるので、気を付けましょう。

本来はドライバーが気を付けるべきところとは言え、このようなことが起こることを考えて行動した方が安全です。どのような水たまりができるのかによってもこのようなことが起こるかどうかは違います。

 

歩道を歩く時も、車道に大きな水たまりがあった時にはなるべく避けるようにすることです。決して弱い雨ではありませんし、特に気を付けて歩きましょう。地盤が緩んでいたり他に原因が無い限り、がけ崩れなどが起こるようなこともないはずです。

 

このような大災害が起こるということはまず考えられません。

それでも、比較的小さな被害が起こることは予想されます。しかし、決して小さな雨ではありません。外出する人々はみんな注意を払いながら行動することが考えられます。以上はあくまでも目安ですから必ずしもこのようなことがあるとは限りません。

 

ただし、事前災害に「きっと」や「必ず」大丈夫という言葉は存在しないです。

このようなことは起こってしまうかもしれません。特に、傘をさしていても足元や体の他の部分も含めて濡れることは考えられます。ここまでの大きさの雨の場合は、無理に屋外でレジャーを楽しんだりはしないことです。

 

野外スポーツが中止になることを考えると、どのような被害が起こるのかは予想しやすいかもしれません。

降水量5mm(ミリメートル)の雨の対策と必要な物

降水量5mm(ミリメートル) とは、本降りと言っても良いほどの大きさの雨です。こんなときに外出しなくてはならない場合は、どのような対策や物(グッズ)が必要なのでしょう。できれば、大事な用事や急用でなければ、あまり外出しない方が良いかもしれません。

 

仕事や大切なイベントで外出しなくてはならない時にはどんな物(グッズ)を用意すれば良いかを考えます。最も必要な物と言えば傘で、できれば大きな傘を用意した方が良いです。

 

大人になると意外と持っている人が少なくなりますが、レインブーツを履いた方が良いです。長靴でも良いですし、ショートタイプもたくさん販売されています。

足元が濡れてしまうので、特に靴には気を配る必要があります。ファッションのことを考えるとレインブーツや長靴はちょっとと思う女性は決して少なくありません。いろいろな種類が出ていますが、女性は仕事に行く際にパンプスを履く必要があるはずです。

 

最近では靴の上にカバーをかけて防水対策できるグッズも販売されています。これがあれば、普段から履き慣れている靴をレインシューズに変えることができるので、持ち歩くのも良いかもしれません。

 

足元のことを考えると長靴などで、ふくらはぎのあたりが濡れないようにした方が良いです。レインコートを上下で着るのはさすがに躊躇(ちゅうちょ)してしまう人が多いですがこの雨量にはおすすめです。

・折り畳み傘を持って出かける

・靴やジャケットやパンツなどは防水スプレーで対処

・スニーカーなどの防水効果のない靴にもかけておく

・カバンなど濡らしたくないものに使ってみる

・屋外で活動する場合はレインコートを着用

 

外出する時には晴れているとは言え、折り畳み傘を持って行く時にはなるべく大きめのサイズにしておきましょう。ジャケットやパンツなどに外出前に防水スプレーをかけておけば雨をはじいてくれます。

 

持ち運びやすいコンパクトタイプの傘だと小さいためにあまり雨をしのぐことができないです。そのため、足元はもちろんですが、他の場所まで濡れて風邪をひくことがあるかもしれません。

 

降水量が5mm(ミリメートル) の雨であればこのような対策で十分対処できます。これで雨の中でも安心して行動できますが、スポーツが中止になるレベルは侮れません。以上のことを行っておけば、あまり濡れることもないでしょう。

結び

降水量5mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨なのかご理解いただけたでしょうか?また、予想される被害の目安と対策についてもお役に立てたら嬉しいです。この章では、ここまでお話ししてきた内容をまとめた要約を載せていきます。

 

まず初めに、降水量5mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨なのか?体感としては、かなり強い雨の部類となり、傘をささないとずぶぬれになります。傘をさしていても足元が濡れるほどなので、靴のことまで考えた方が良いです。

 

1時間外にいた場合、400mlくらいの雨が降り注ぎます。また、1日中降水量が5mm(ミリメートル) で降り続けた場合は、12cmもの深さの雨水がたまってしまうほどです。

予想される被害の目安としては、傘のさし方によっては片方の腕がずぶ濡れになることもあります。野外スポーツは中止になるくらいですから、アウトドアができるようなレベルではないことがわかります。

 

車を運転する際には歩行者のことを考えて、徐行すべきです。歩行者も泥水をかぶってしまう可能性もあるので、気を付けましょう。なお、この程度の雨量のみで、がけ崩れなどが起こるようなことは少ないです。

 

外出しなくてはならない場合は、レインブーツや長靴を履いて行くようにすると良いですね。さらに、ジャケットやパンツなどに外出前に防水スプレーをかけておけば雨をはじいてくれます。降水量が5mm(ミリメートル) の雨の場合、このような対策で十分対処できます。

 

準備を万全にしておけば、雨の中でも安心して行動することができるはずです。また、5mm(ミリメートル)以外の雨の降水量のケースも下記で詳しく説明してるので是非参考にしてくださいね。

ただし、この降水量ですがいつも一定とは限らず、変わることもあるということを常に頭に置いて注意を怠らないことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました