降水量0.5mmでゴルフはできる?判断基準とプレイに必要な服装や準備!

降水量

降水量0.5mmでゴルフはできる?

 

降水量0.5mm(ミリメートル)でゴルフはできるかといえば、その答えは可能というのが結論です。

 

この数字は1時間に0.5mmの降水があることを意味します。この数字は、道路だと地面が湿って濡れる程度に留まります。

 

 

勿論、空気感が変わったりウェアが濡れてしっとりしますからプレイ感覚に影響が出るので油断は禁物です。

 

しかしゴルフができないことはまずあり得ません。

 

0.5mmの雨が降ったくらいで他に理由なくプレイを中断、中止する必要はないでしょう。

 

むしろ、夏場はひんやりとして気持ち良いこともあります。

 

気化熱によって上昇した体温が落ち着いたり、頭が冷えてクールダウンすることになります。

 

このように熱中するとついつい熱くなってしまうのがゴルフですね。

 

なので、身体も頭もクールダウンできるなら降水量0.5mmの雨は歓迎されるものとなり得ます。

 

雨は雨なので視界に影響がないとは断言できません。

 

ですが、余程視力が悪い方でなければ降水量が0.5mm程度なら心配無用です。

降水量0.5mmでゴルフをプレイする精神的な影響

クラブのグリップが滑ったり、ボールがおかしな方向に飛ぶことも考えにくいです。

 

つまりその程度の降水量なので、ゲームの展開を変えるほどの影響はないと結論づけられます。

 

もう少し大きい数字の降水量だと雨粒が顔や腕に当たって集中力が削がれたりします。

 

また、雨音が気になることもあるでしょう。

 

ところが、0.5mm(ミリメートル)では雨粒が小さく身体に当たっても気になりません。

 

雨音は、音というほどの大きく発生する心配もないです。

 

タカ
タカ

光が乱反射して眩しく感じることや足元が滑りやすくなって手元が狂うこともほとんどあり得ないです。

 

この降水量でゴルフができないとしたら、それは他に理由があるはずです。

 

この程度の雨の影響のみでゴルフのプレイに支障が出ることは考えられません。

 

雲が厚く空がどんよりとしたり太陽が隠れて薄暗く、気持ちが滅入ることは考えられます。

 

そういう間接的な影響まで考慮に入れるなら流石に影響がないとはいえないでしょう。

 

それでも、ゴルフができるできないの二択だとやはり答えはできるの一択となります。

ゴルフができる降水量の判断基準

 

ゴルフができる降水量の判断基準は、いわゆるレインウェアの着用の可否が基準の1つになります。

 

理由は、通常のウェアだとプレイに支障が出るくらいの雨でレインウェアを着用する必要があるからです。

 

 

肌に直接雨が触れると困る、そのような理由で着用が行われます。

 

やはり着用するウェアがゴルフプレイの判断基準になるでしょう。

 

ただし、ウェアの変更で対応できる程度の降水量であれば一時中断はあるにしても中止になることは稀です。

ゴルフプレイを中止する判断基準

 

降水量0.5mm(ミリメートル)や倍の1mmや更に倍の2mmくらいであれば、プレイに支障をきたす理由が殆どないです。

 

ゴルフプレイを中止する必要はまずないでしょう。

 

タカ
タカ

同じ1桁台でも、降水量1mm~2mmと5mmでは感覚的にも実際の降り方もかなり違ってきます。

 

降水量は、数字だけでなく降り方の違いと影響も判断基準に加えることが大事です。

 

もしプレイ中に雨が降り始め、誰かがこれ以上のプレイはできないというなら理由を確かめることをおすすめします。

 

明らかにウェアがびしょ濡れになったり視界不良でボールが思うように飛ばない。

 

 

このような状態になった場合は検討の余地はあり、中断や中止を検討してもおかしくないです。

 

単純にゴルフプレイの可否だけでいえば、降水量5mmの雨でもプレイはできるわけです。

 

雨粒は顔に当たったり帽子から流れ落ちますし、レインウェアに当たる雨音も大きくなります。

身体が冷えて動きが鈍くなったり、本来のパフォーマンスが発揮できなくなることもあり得ます。

 

このため、先にも書いたように雨が5mmともなればプレイの中断を検討した方が良いです。

 

降り方の変化によってはゴルフプレイの中止も視野に入ります。

 

中途半端な降り方での中止の判断基準

 

問題なのは継続も中止の判断も難しい中途半端な降り方です。

 

こうなると、どちらの基準にも該当するような曖昧な状況となります。

 

肌がしっとりするくらいの雨でプレイに影響らしい影響がない状況で中断、中止の声が上がるのは不可解です。

 

他に何らかの理由があると考えるのが自然です。

 

できるできないを検討するまでもないとしても理由を尋ねて総合的に判断することが必要となるでしょう。

 

タカ
タカ

なお、スコアの正確性が重要な真剣勝負の場では1桁台前半の降水量でも中断や中止を検討すべきでしょう。

 

真剣勝負では小さなことでも集中力が阻害されてしまうからです。

 

これは、降り方の弱い雨でもプレイに影響してきます。

 

最初は誤差の範囲の変化だとしても、ミスにミスが重なるとイライラして精神的にプレイが乱れてしまいます。

 

一方、プロの試合やアマチュアの重要性が高い大会でなければプレイを続行しても問題ないと判断できるでしょう。

 

降水量0.5mm(ミリメートル)の状況でゴルフを快適にプレイするには、霧雨や小雨で過ごす服装で準備するのが基本です。

 

夏場なら半袖でも殆どの場合、問題ありません。

 

つまり、そのままプレイを続行しても影響はないくらいの雨量ということです。

 

気になる場合はレインウェアの着用もありですが、すぐに上がるような雨なら過剰ともいえます。

 

降水量0.5mmでのゴルフプレイの服装は通常のウェアで大丈夫です。

 

降水量0.5mmとはどのくらいの雨なのかが知りたい場合や他の気象条件でのゴルフについては下の記事に詳しく書いています。

あわせて読みたい記事

降水量0.5mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨?予想される被害の目安と対策!

降水量1mmでゴルフはできる?プレーが中止になる目安はどのくらい?服装と装備も!

降水量2mmでゴルフはできる?予約のキャンセルは何日前?服装と装備も!

降水量4mmでゴルフはできる?キャンセル料は当日だとどのくらい?服装と装備も!

降水量2mm(ミリメートル)で釣りはできる?雨対策の服装と注意点!

風速7m(メートル)でゴルフはできる?球筋や飛距離の影響と中止の目安!

夕焼けだと翌日の天気は晴れって本当?その理由と雨になる例外も解説!

降水量の多い、少ない都道府県ランキングベスト3はどこ?その理由も解説!

しかし、降り方が強くなることまで考えるなら念の為レインウェアも準備しておきましょう。

 

そして降水量0.5mmの影響を受けない対策で快適にプレイすることです。

 

厚着はかえって放熱を妨げますから、当日の気温や降水量を考慮して最適な服装を検討しましょう。

 

快適にプレイするにはやはり、環境の状況を考慮して装備するものを選びましょう。

 

その環境に合わせて身につけることが重要です。

 

また、防水性のある帽子に複数枚のタオルと各種の本格的な雨対策が必要になってきます。

 

紙を使った催し物や濡れると困るものを展示、披露するイベントは別です。

 

ですが、スポーツの場合はゴルフを含めて実施可能です。

 

降水量0.5mmがゴルフにほぼ支障がないのは間違いないので、後はいかにして快適にプレイするかです。

降水量0.5mmでゴルフをプレイするレインウェアの準備

 

 

降水量0.5m(ミリメートル)の雨でのレインウェアは選び方1つで快適性が大きく左右されます。

 

着用してプレイする場合、予算を費やしてでも使いやすいものを選びたいところですね。

 

身体にフィットするかどうか、しっかり合わせて選びましょう。

 

腕の曲げ伸ばしや腰のひねりを妨げないかなど動きに関する快適性が要チェックとなります。

 

降水量0.5mmに限らず、着替えはあった方が気持ちに余裕が生まれます。

 

万が一降り方が強くなり濡れても大丈夫となれば安心です。

レインウェア着用が必要な判断基準

 

降水量が1桁台前半、具体的には2~3mmくらいの雨がレインウェア着用の判断基準となります。

 

1桁台といっても中盤から後半に差し掛かると無視できなくなります。

 

こうなるとゴルフのプレイに支障が出てくるので厄介です。

 

降水量が5mmの雨は本降りの部類で、レインウェアも通常のものだと対応が難しいです。

 

なので、5mm前後がゴルフプレイの判断基準になるはずです。

 

それ以上の土砂降りは見るからに視界も足場も悪く、ウェアが濡れて身体がみるみる冷えてきます。

 

そのため、ゴルフの継続は難しいと判断できます。

体調や体格差の違いでの服装

 

 

その日の体調は言うまでもなく人それぞれ異なります。

 

さらに、男女の体格差筋肉量によっても基礎代謝も違ってきます。

 

平熱が高めで暑がりな方、冷え気味で寒がりな方と個人差があります。

 

ただし当日、風邪気味で身体を暖かくする必要があったりした場合は別です。

 

気温の変化で体調を崩しやすい方は、厚手のウェアを選んだり羽織るものも用意した方が安心でしょう。

 

楽しいゴルフのはずが、プレイ中に体調を崩したり悪化するのは本末転倒です。

 

体調管理を重視して服装を決めたり準備を進めるのがベストです。

 

そのため一概に正しい服装というものは断言できないです。

 

大切なのは柔軟に状況を判断したり服装を検討することです。

 

降水量0.5mmでゴルフをプレイするタオルの準備

 

大抵はタオルで拭きながら問題なくプレイできます。

 

大きめのタオルを普段より枚数を多めに持ち込む準備で十分でしょう。

 

タオルのみの対策で不安を覚える場合は、傘も持ち物に加えるのが良いでしょう。

 

降水量0.5mm(ミリメートル)といえば、散歩も問題なく子供を連れての外出もできる程度の雨です。

 

1mmの少し濡れるくらいの雨と比べれば気のせいで済むくらいの降り方です。

 

健康に不安がなく、身体が少し冷えることに不安を覚えないのであればタオルの準備すら不要です。

 

当然ですが、ゴルフを快適にプレイするという前提だと準備は必要です。

 

服装を含めてしっかりと準備するのがおすすめです。

 

また、ゴルフクラブのグリップについては滑ることがあっても誤差の範囲内です。

 

一応、クラブを拭く為のタオルも余分に準備に加えることをおすすめします。

降水量0.5mmでゴルフをプレイする傘の準備

傘は折りたたみのものを1本、用意した方が快適なプレイが楽しめます。

 

余談ですが、降水量0.5mm(ミリメートル)で中断や中止になるスポーツは殆どないです。

 

リゾート施設の屋外イベントも同様に、この程度の雨で中止にはならず雨天決行で予定通り開催されます。

降水量0.5mmでゴルフをプレイするキャップの準備

 

キャップの着用は好みですが、着用するなら視界を妨げないフィット感の良いものを選択しましょう。

 

少し強い雨だと、身体が濡れて蒸発する時に気化熱でクールダウンするので気温が高くても快適です。

 

反対に気温が高くて降水量0.5ミリメートルくらいの雨だと気化熱は小さいでのクールダウンにはあまり期待できないです。

降水量0.5mmでゴルフをプレイするボール・グローブ・シューズ

 

降水量0.5mm(ミリメートル)程度ならボールの視認性にも問題ないでしょう。

 

空が雲に覆われたり霧雨になると見えにくくなるので視力が良くない方は派手目のボールを選びましょう。

 

グローブはグリップ性の良いものをシューズは撥水加工が施されているものを用意すれば対策になります。

 

どちらも替えは不要ですし、特に雨用のものではなくても大丈夫なくらいです。

降水量0.5mmでゴルフはできる?判断基準とプレイに必要な服装や準備!のまとめ

 

降水量0.5mm(ミリメートル)でゴルフはできるかという疑問の答えは簡単です。

 

雨といっても降水量0.5mmは霧雨程度です。余程雲が厚くなったり霧雨が濃くならなければ、プレイ続行の妨げにはならないでしょう。

 

プレイの可否の判断基準はウェアにもいえます。

 

 

酷く濡れないか、体温を奪われて風邪を引いたりゴルフクラブのグリップやボールが滑らないかなどです。

 

そうなると降水量0.5mmほどの雨なら、快適にプレイできる可能性は十分です。

 

ただし、服装や準備の検討を怠らずにすれば大丈夫です。

 

雨が降水量0.5mmに留まるのであれば、服装は通常のウェアでOKです。

 

多めのタオルや折りたたみ傘を準備して持参すればしのげます。

 

レインウェアやキャップを着用するなら動きやすくて汗や熱がこもりにくいものがおすすめです。

 

なお、視界が良好で快適にプレイできるものが狙い目です。

 

着替えの準備は当然として、通常のプラスアルファ程度の準備でゴルフはできるでしょう。

 

つまり、降水量0.5mmでの判断基準はゴルフプレイが可能といえます。

 

油断しなければ問題なく対応できる降水量なので過度に恐れる心配はないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました