降水量が1mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨になるのでしょう?

 

小雨が降る

 

この降水量でも視覚的にも音的にも雨が降っていると認識はできます。

 

それでもまだ余裕がありますから、その点で予想される被害の目安は軽微(けいび)です。

 

どのくらいの雨かというと人それぞれの体感的なものにもよるところが大きいです。

 

降り始めに気がついてそれから対策を考えるくらいだと考えられます。

 

ただ、激しい雨と比べると雲泥(うんでい)の差なのは間違いありません。

 

そのため、気持ちに余裕もあって対応もゆっくりと行われると思われます。

 

ただし、油断すると思わぬ被害を受ける可能性もあります。

 

こうならないためにも、しっかりと目安を理解して対応することも大切ですね。

 

スポンサーリンク

 

降水量が1mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨

1mm(ミリメートル)の雨とは、気象庁的にはれっきとした定義が存在している降水量です。

 

傘マーク

 

数字を計算してイメージを行えば、間違いなく人やものを濡らす水が降り注ぎます。

 

また、洋服が雨で濡れて染みこむと少し色が変わってきます。

 

ただし、多少濡れても放っておけば乾くレベルですね。

 

水を吸収する地面でも再び日が差せば短時間で乾く程度です。

 

1mm(ミリメートル)の降水量はパラパラと降り始めた後に感覚的に顔や手が濡れていると感じてきます。

 

 

地面もしっとりとして雨が降っていることが目で分かります。

 

どのくらいかは、傘がない人は少し小走りになると想像してみてください。

 

なお、折りたたみの傘を持っている人は取り出して差し始めます。

 

つまり、この量の雨でも感覚的に体が濡れていることに気がつきます。

 

その他には、地面が変色して降水に気がつくレベルだということです。

降水量が1mm(ミリメートル)の雨の中での野外活動

外での催しは、降水量がこのまま1mm(ミリメートル)から変わらないようなら問題ないです。

 

野外ステージ

 

外でスポーツに取り組む場合も雨天中止となる可能性は極めて低いです。

 

熱中している人であれば、降り方が変わらない限り継続してもおかしくない程度でしょう。

 

もしゴルフを楽しんでいるような場合に、この雨に見舞われたときの気持ちはどうでしょう。

 

おそらく、ほとんどの人が短時間なら濡れても構わないと思える程度です。

 

 

つまり、1mm(ミリメートル)の雨の予想される被害は大したことがないというのが結論です。

 

むしろ、スポーツで汗を掻いている人にとっては、優しく雨が降り注いで気持ち良く感じられます。

 

それも体が冷えるほどではないですから長時間濡れたままで過ごさない限りは風邪を引く恐れも少ないです。

 

 

なので衣服が濡れて気持ち悪く感じたり、水分を吸収して重たくなることもまずないでしょう。

 

散歩のように個人的なものに関しては中断するべきか考える程度の雨です。

 

ただし、遠足などの行事は中止するほどではありません。

 

 

洗濯物は早く取り込みたいと感じるでしょうが、慌てる必要がなく十分に間に合う可能性があります。

 

建物から隣の建物に移動するのは容易で、傘やレインコートがなくても大丈夫です。

 

近くを車が高速で通過しても、その影響で飛ぶ水しぶきは小さいです。

 

そのため、体中がびしょ濡れになって腹が立つということもないです。

屋外行事の中止は降水時間に左右される

夜中からこの降水量の雨が降る場合は、屋外での行事が中止されることがあります。

 

 

ただ降水量が1mm(ミリメートル)なので判断は微妙なところです。

 

問題ないと判断されて決行になるケースも少なくないです。

 

この程度の雨でしたら風のない状況であれば、傘1つで対応できる降水量です。

 

そのため、それほど被害が予想される雨ではないといえるでしょう。

降水量が1mm(ミリメートル)の雨の中を近所に外出

コンビニやスーパーといった近所の外出も、自転車でも問題ありません。

 

 

帰宅後はタオルで衣服や髪についた水滴を拭き取って乾かせば済む程度の濡れ方です。

 

屋外にあるものにカバーを掛けたり、退避する必要もまずありません。

 

1mm(ミリメートル)の降水量がどのくらいかは、この程度の本当に小さいものです。

 

スポンサーリンク

降水量が1mm(ミリメートル)の環境

1mm(ミリメートル)の環境で長時間過ごし、濡れたままだと風邪を引く懸念が強まります。

 

風邪を引く

 

また、水に弱い紙や本革製品などは被害に遭う可能性が高いです。

 

濡れないようにビニール袋で覆ったり、雨宿りをしてやり過ごしたいところですね。

 

街を歩いていて、この降水が発生すると周囲の人達の半分くらいが傘を差し始めるイメージです。

 

勿論、これは傘を持ち歩いている人の割合にもよります。

 

さらには、その日の天気予報で雨が予想されていたかどうかにも左右されますね。

 

雨マーク

 

それでも、仮に全ての人が傘を持っているとしても全員が慌てて傘を差すほどではないのは確かです。

 

対策なしで外を歩きたくなくなるの世界とは違うので、雨といっても非常に軽微です。

 

アスファルトが濡れたり、地面が湿って認識できる降水量です。

 

音はパラパラと軽いですから、会話ができなくなることはまずないです。

 

メガネが濡れることもありますが、視界は妨げられることはほぼありません。

 

 

なので、裸眼でも目にしぶきが入るような心配も無用です。

 

ただし、その時の格好や状況次第では、降水に気がつくのが遅れることもありますね。

 

ですが、人によっては降っていても気にならない、もしくは降っていると感じない程度です。

 

つまり、短時間に降る程度なら無視できるくらいの雨量です。

降水量が1mm(ミリメートル)と2mm(ミリメートル)の比較

これが降水量が増して2mm(ミリメートル)となれば話は別です。

 

 

降水量1mm(ミリメートル)の世界とはまるで違います。

 

例えば、慌てて傘を差すか買い求めるほどのレベルの雨量となります。

 

さらに、外出の予定を中止せざるを得ない程度だともいえます。

 

そのため、この雨量となると洗濯物を取り込んだり傘の必要性もぐっと増します。

 

 

場合によっては、肌着まで濡れて気持ち悪さが強まることもあります。

 

こうなると一刻も早く着替えが必要になるケースにもなりかねません。

 

この量の雨だと場合によってはレインコートの必要性も出てきます。

 

イメージ的にはこのくらいで、具体的な降水量は測り方にもよります。

 

その場合、2mm(ミリメートル)でも1mm(ミリメートル)でも間違いなく地面が濡れます。

 

そのため、体に降りかかれば雨だと認識できることが想像できるはずです。

 

 

1時間を掛けて1平方mの容器の底が1mmから1.9mmくらい水が溜まります。

 

この1.9mmが多いのか少ないのかは人の体感にもより微妙なところです。

 

しかし洋服に掛かると濡れて気持ち悪くなることは予想されます。

 

また、大まかにはどのくらいかというと傘がなくても耐えられる程度の雨量といったところです。

 

降水量が1mm(ミリメートル)の雨で予想される被害の目安

降水量が1mm(ミリメートル)程度の雨なら急に降っても焦りが起こらないでしょう。

 

 

結論から言ってしまうとこの程度なら全くといって良いほど問題ないです。

 

多少小走りにはなるとしても、雨宿りまで考えが及ぶとは限りません。

 

走って帰れば大丈夫と思うかもしれない程度です。

 

短時間であれば、川の水位が上がる心配も氾濫して危険性が増す心配もないです。

 

その意味で外出のリスクは限りなく0に近いほど小さいです。

降水量が1mm(ミリメートル)の雨による物への被害

水に濡れて困るものは対策が必要になります。

 

 

この降水量による被害の目安は、例えば紙袋を持っていた場合、濡れて弱くなったりします。

 

もし、外出中ならビニール袋などに入れれば解決しますね。

 

また、本格的に降る前に洗濯物を早く取り込みたいと感じるくらいのものです。

 

本革の革靴だと、水に濡れた部分が変色するかもしれません。

 

 

これも、撥水加工が行われていれば心配ないでしょう。

 

アスファルトは湿る程度です。

 

水溜りが発生して靴に水分が染み込むことも考えにくいです。

 

ただし、露天のように一日中外で何かを販売するケースなどは商品が濡れる心配があります。

 

これもテントがあれば十分防げる程度の降水量です。

 

風もあるときはテントが屋根で覆われている場合でも正面近くの陳列は雨が侵入しやすいです。

降水量が1mm(ミリメートル)の雨による人への被害

頭は帽子や傘がないとさすがに濡れてしまいます。

 

 

しかし、ヘアスタイルが大幅に崩れるかといえばそこは微妙です。

 

なお、視界が妨げられるような大きな雨でもありません。

 

そのため、雨によって音が聞き取りにくくなることも考えにくいです。

 

当然ながら、車が走っても水しぶきはほぼ起こらないです。

 

全身が濡れてしまうような事態は想像できにくいといって良い雨量です。

 

このように予想される被害そのものがとても少ない降水量といえます。

降水量が1mm(ミリメートル)の雨による健康被害

小さなお子さん連れだとどんな雨でも風邪が心配になるとおもいます。

 

 

この程度の降水量だと衣服の奥まで水が染み込むには相当な時間が掛かります。

 

体温が奪われ免疫力が低下するような事態は、降水量が変わらないようなら起こらないです。

 

ただし、量が少なくても大気から降り注ぐものなので、口に入ると衛生面が気になります。

 

それは大人も子供も同様のことです。

 

口を閉じたり故意に雨を飲み込んだりしなければほとんどの場合は大丈夫です。

 

このように、1mm(ミリメートル)の降水量は雨の降り始めにあたるものです。

 

そのままであれば健康被害のリスクは極めて小さいです。

降水量が1mm(ミリメートル)の雨が人にあたえるストレス

降水量1mm(ミリメートル)の世界は人に優しく感じる人も少なくないでしょう。

 

 

この程度だと雨の下で気持ち良さを感じる余裕さえある人もいます。

 

それでも人によっては、この程度でもストレスとなり嫌な場合もあります。

 

一般的には、この程度の降水量で大きなストレスや被害を受けることはまずありません。

 

不満が募って(つのって)気持ちが爆発してしまうようなこともないといっていいでしょう。

 

雨の音は静かで会話も通常の声量で行なえストレスにもなりません。

 

車の接近にも早く気がつけたり、余裕を持って行動できる安心感が想像できます。

降水量が1mm(ミリメートル)の雨での車や自転車の運転

車を運転する側も同様に、雨音で周囲の状況が分からなくなる心配はない程度です。

 

 

また、フロントガラスの視界が水滴で見えにくくなる恐れも少ないです。

 

この程度だと道路にも水たまりが出来るほどではないのでストレスにもなりません。

 

そのため、車が水の上を滑るようなハイドロプレーニング現象が起きる確率も低いでしょう。

 

自転車やバイクは傘を差せませんが濡れても乾くことが分かりますから普段通りに運転できます。

降水量が1mm(ミリメートル)の雨で受ける歩行者の被害

水たまりもできないので水しぶきが飛ばなければ接近に気がつかずに焦る心配もないです。

 

 

こうなると、近くを通る車や自転車にバイクの心配も全くないわけではないです。

 

それでも自転車の水しぶきは大したことがなく水滴が軽く飛び跳ねて掛かる程度です。

 

短時間の場合でしたら予想される被害は被害と呼んで良いのか微妙といったところです。

 

にわか雨のように、短時間で上がってしまうことも珍しくありません。

 

にわか雨

 

ただし、自分いる付近の雨が弱くても少し離れた所では強い雨が降っているということもあります。

 

その雨水が伝わって流れてくることもまったく無いわけではありません。

 

この場合、道を歩く時は車道から距離を起きましょう。

 

自転車が近くを通る際は水しぶきを浴びないように回避します。

 

降水量が1mm(ミリメートル)の雨の対策と必要な物

雨がとにかく嫌いで、少しでも濡れる状況を回避したいという人もいます。

 

 

また、肌に直接雨が当たる服装晴れ着など少ない降水でも困る場合もありますね。

 

その場合は、この程度の雨でも対策が必要となってきます。

 

降水量1mm(ミリメートル)で必要な物(グッズ)は非常に限定的なものです。

 

ただし、長時間外で過ごす屋外ライブや、晴れ着を着用する場面ではまた違ってくるでしょう。

 

そうだとしても傘かレインコートがあれば問題なく対策できます。

雨の対策や物(グッズ)を必要としないケース

しばらく雨が降っていない状況なら、久しぶりの降水で恵みの雨に感じられる人もいます。

 

恵みの雨

 

ここまでを見ても被害の恐れや脅威が感じられない降水量だと感じるはずです。

 

降水量が1mm(ミリメートル)の雨は人によって可愛いと感じる程度のものです。

 

濡れて不快感を覚える心配も、視界が妨げられて危険に晒(さら)される恐れも少ないです。

 

必要な物(グッズ)を用意して身を固めるのは少々大げさかもしれません。

 

 

そのため、降水量が変わる恐れがないのであれば簡単な対策でも十分に事足ります。

 

急に降り始めても、身の回りにあるものでどうにかなります。

 

例え濡れても、それほど心配するほどではないということです。

 

地下鉄やタクシーを拾って退避するようなときには、ほぼ対策は必要ありませんね。

 

 

この雨がいつから降っているかによっては被害の目安が変わってくることもあります。

 

さらにいえば、一日中同じ降水量とも限らないです。

 

違う場所では降水量の数値が高くて雨が強く降っているかもしれません。

 

そこまで踏まえて考えると備えがあれば安心ですね。

ビニール袋があると便利

 

雨が降ると分かっている場合は、とっさに取り出して使えるビニール袋を持っておくと安心です。

 

雨に濡れては困るものを、防水によって被害から守る対策になります。

 

必要ないときは小さく折りたたんで仕舞っておけるので邪魔にもなりません。

折りたたみ傘

 

他にも必要な物(グッズ)を挙げるとしたら、折りたたみの傘です。

 

折りたたみ傘は、実はあってもなくても良い程度なのです。

 

ですが、降水量は一定とは限らないので持ち物に余裕があれば持っておきたいところです。

大きめのタオル

 

一方でタオルは、濡れた衣服や髪を拭くのに優先順位的に持っておいた方が便利ですね。

 

ただし、一人分なら何本も不要ですので1本あれば十分です。

 

なければ、ハンカチで代用できますから絶対に必要な物(グッズ)かといえば微妙です。

レインコートの必要性はない場合が多い

レインコートは傘よりも必要性は低く、逆にかさばって邪魔に感じられることもあるでしょう。

 

 

撥水性の衣服を身に着けたり折りたたみ傘でほとんど防護できます。

 

実際に降水量1mm(ミリメートル)の雨に遭遇するとレインコートは要らないと感じるはずです。

 

できれば、傘も面倒で取り出したり開きたくない、そう考える程度の雨ということです。

靴は革靴でなければほとんどOK

革靴でなければ最低限、靴としての機能があれば何でも構いません。

 

 

撥水素材の靴なら完璧ですし爪先まで濡れてしまう心配も不快感なくなります。

 

ただし、降水に備えてレインシューズや長靴で外出するときには注意点があります。

 

もし、雨が降らない場合は何処か滑稽(こっけい)に見えてしまいますね。

 

気を引き締める必要も対策として厳重に装備を固めることも不要な程度の雨です。

自転車の場合は足カバーがあると便利

降水の中で自転車に乗るのならば足元を守るカバーがあると便利です。

 

 

これは膝の当たりからくるぶしまでをカバーしてくれる物です。

 

水撥ねによって下半身が塗れるのを防いでくれます。

 

ただし、着脱に多少の手間はあります。

 

それでもコンパクトに折りたためて持ち歩きやすい上に、衣類の上から着用するだけと手軽です。

 

価格はリーズナブルで入手性も良いですから、1つ持っておくと便利なグッズです。

 

降水がある時は本来、自転車に乗らないのがベターです。

 

どうしても乗る必要があるなら、こういったグッズで対策を行うと快適です。

 

 

他人に水しぶきを掛けられる心配がなくても、自分の行動でしぶきが発生して水に濡れてしまう。

 

そういう事態は想定できます。

 

とはいえ、降水量的には濡れても乾かせば何とかなります。

 

最悪の場合でも着替えを行えば解決する問題です。

結び

降水量が1mm(ミリメートル)とはどのくらいの雨についての記事はお役に立てたでしょうか?

 

予想される被害の目安と対策についても、ご理解いただけたならうれしいです。

 

この章では、ここまでをまとめた要約を載せておきますね。

 

 

降水量が1mm(ミリメートル)とは、この雨で頭や顔が多少濡れたりすると体感的に気づきます。

 

また、周囲の人達も濡れないように小走りや傘を差し始めることで雨だと気がつく程度です。

 

どのくらいの雨かといえば、地面が濡れてアスファルトが変色したりしてきます。

 

運動や仕事で汗を掻いていれば気持ち良いと感じる降水量です。

 

 

予想される被害の目安は非常に軽微(けいび)で、濡れても風邪を引く心配は小さいです。

 

対策といってもタオルやハンカチがあればそれで良いでしょう。

 

レインコートやレインシューズは少々オーバーかもしれません。

 

そのため、折りたたみ傘を持ち歩くのが賢明です。

 

雨音の大きさや不快感はとても小さいですから、人々が心理的にイライラし始める心配もないです。

 

車の接近は音で分かりますし、自転車やバイクが近づいてくる気配にも気がつけます。

 

安全面での対策は大事ですが、それほど過敏になる必要はないと結論づけられます。

 

スポンサーリンク