新幹線に学割で当日に乗るときの申請方法はご存知でしょうか?

 

 

この方法を知っていると学生さんはいろいろな面で助かりますね。

 

でも、学割で当日に乗る方法と聞くと、少し不安に感じることはないでしょうか?

 

そのための申請はどうするのか、切符の買い方使用条件は?などいろいろあります。

 

ここではそれらを解決するためのアドバイスを体験談も交えて詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

新幹線に学割で当日に乗るときの申請方法

新幹線と言えばJRが運営しているとても便利かつ人気の乗り物です。

 

 

もしも学割を受けたいと思われた場合には、必ず事前に学校側から学割をもらっておくことです。

 

なお、学生さんは対象ですが例外もあります。

 

大学生の場合、正規の大学生さんはもちろん、対象になりますね。

 

しかし、例えば一部の授業を何かしらの資格を取得するために、あと2単位だけ欲しい。

 

そのために取得することを目的として大学生になる方がいます。

 

つまり、一部の単位のために一日だけ週に一度の授業があるかないかの学生さんです。

 

この場合、適用はされない理由は、中には社会人の方もいる為です。

 

 

ただし、社会人の方であっても一単位のためになどではない場合もあります。

 

例えば、大学にしっかりと席を置いた学生であれば問題はありません。

 

国立大学の年間の授業の料金などは56万円前後ですね。

 

留年をしてしまいその金額を払った学生さんであれば正規の学生と見なされます。

 

このような場合は、学割も発行してもらえます。

 

仮に週に一度の授業でも変わりがなく、ここが少しややこしいところです。

 

さて、新幹線に乗る際の申請方法ですが、窓口に行ってください。

 

 

当日に欲しい、と慌てる前に大学の発行機で学生証を通して発行をすることです。

 

もしくは学生課さんなど、大学や短大などによって違います。

 

これは、大学にいるスタッフさんにお聞きすれば、親切に教えてくれました。

 

基本、小さな短大や高校などの場合には学生課で発行の手続きをしてくれるケースが多いものです。

 

この点は所属されている大学に聞きに行きましょう。

 

当日に乗る際には必ず、駅のJRの窓口で買ってください。

 

誤解されている方が多いのです。

 

学割を使う場合には身分証明書、学生であるという証である学生証が必須です。

 

これは、さすがに機械では発行が出来ません。

 

時々、JRの機械で発行をしてもらえるものだと思い込んで閉まっている方がいます。

 

しかし、不可であり手続きは時間がかかります。

 

そのため、事前に準備をしっかりとしておきましょう。

 

 

手続きの際に学割を忘れてしまった場合には学生証を持っていてもだめです。

 

また、他の友人が証明してくれても割引にはなりません。

 

なお、絶対にあってはならないことですが他人の学生証などを使用して乗ることは犯罪です。

 

これらのこともしっかりと注意をしてください。

 

なお、大学などによっては、枚数が決められているケースもあります。

 

例えば年間に10枚までしか発行を行わないなどの決まりがある場合もあります。

 

スポンサーリンク

新幹線に学割で当日に乗るときの切符の購入方法

まず、はじめにやることは学割を用意しておくことです。

 

 

当日、よほどに空いている時間帯又は空いているタイミングでなければ、割引制度使って乗ることは難しいです。

 

この理由ですが許可されているのは中学生高校生短大生大学生、などであるからです。

 

学生さんで許可されていないケースは小学生の方などです。

 

それ以外には学割を学生さんであれば利用できます。

 

そこで、悪用を防ぐためにかなり緻密にチェックがされます。

 

例えば、学生証が必須であり同時に大学などが発行を行う学割が無ければ、いくらお願いしても許可してもらえません。

 

切符の購入方法は簡単で、学生証、そして大学などが発行した学割を持って行きます。

 

これを窓口でスタッフさんが計算を行い、切符を発行してくれます。

 

 

それと同時に適用がされるのは、全てではありません。

 

特別新幹線特急料金には、適用がされません。

 

乗車券は適用がされますが、このような特急券に関しては割引の対象外であるとされています。

 

ただし、101キロ以上での乗車券はそれでも割引をしてもらえるととても有り難いです。

 

これにより安く済みますし多くの人が助かっています。

 

往復での割引もあります。

 

かなり遠くへの旅行などや帰省、家族に頻繁に顔を見せたいという場合には問題などはありません。

 

全てが割引の対象になるのだということが勘違いとしてよくあります。

 

しかし、あくまでも割引が適用されるのは乗車券の距離の部分です。

 

 

このことについても、駅員さんや新幹線の切符を購入する際に聞けば教えてもらえる事でもあります。

 

もしもいろいろと不安な場合にはスタッフさんに当日などにお聞きしてください。

 

切符の購入方法はこのように、学生証と学割を持っていくことです。

 

そしてお金があればきちんと窓口で販売をしてくれます。

 

新幹線は特に時間との戦いの場所で、JRは時間を正確に運行してくれる乗り物です。

 

同時に、非常に日本の鉄道は世界でも類を見ないほど緻密(ちみつ)に運行されているものとして世界的にも有名です。

 

 

海外ではこの日本の鉄道の仕組みをおそるべき天才の技といわれています。

 

日本人の時間を守る正確さ緻密さと褒め称える方々が圧倒しています。

 

新幹線のようなとても速い乗り物ですら、20分前後の遅れなどは当たり前であるという国も存在するのです。

 

新幹線に学割で当日に乗るための使用条件

使用条件の最もな点として、まずは学生であることを証明する学生証の存在です。

 

 

これは大学などで生活する上でも、就活などの際でも同じことです。

 

または大学が24時間、研究のために空いている場合であれば必須なアイテムです。

 

そのため、これを失くすと大変なことになります。

 

さて、使用条件として新幹線に乗るためには、この学生証が必要となります。

 

当日に乗るためには、この学生証と学割を証明してくれる高校や大学が発行したものが必須アイテムです。

 

 

むしろ、これがないと乗るどころか割引はして貰えません。

 

もともと、なぜ学割があるのかという点がここにあります。

 

学ぶ人のために割り引くという制度があるとされております。

 

ですから、例えば何か身体がご不自由な方がおられた場合には大学などの割引とはまったく異なります。

 

このような場合も、やはり同様に割引が適用されています。

 

これが日本のJRなどの素晴し点でもあるとされています。

 

なお、使用条件のほとんどが、帰省のためです。

 

 

例外として許可されているというものが、実習などで遠征しなければならないなどの時です。

 

これとは別に、特に高校生さんに多いものが受験のための学割です。

 

いくつもの大学を受ける場合には、とんでもない金額の学費と受験料金、そして電車料金がかかります。

 

新幹線を利用となるとかなりの金額となります。

 

高校生や場合によっては中学生であっても同じです。

 

希望する学校に入るため少しでも負担がないように設定されたものが学割であるとされています。

 

当日に乗るための使用条件は、書類などとしてはこのように学生であるということを明かすものです。

 

ですが、場合によっては、あまりにも新幹線が混雑する時期には希望する席に乗れない、そんな時期などもあります。

 

 

こうした際にはグリーン車などを利用するしかないです。

 

ただし特急料金は割引の範囲外になりますのでその点はご注意をしてください。

 

どうしても不安な場合には、予めに確実に乗る日が決まっている場合には、駅員さんに相談をすることです。

 

また、窓口で相談するなど混雑の状況などをお聞きすることも一つの手です。

 

機械では割引は不可能ですので必ず、窓口で手続きを行うようにしてください。

 

特に、帰省ラッシュとされるお盆年末年始には大変な乗車率となります。

 

 

これらはニュースなどでも度々に目にしたことがある方も多いと思います。

 

本当に駅員さんも大変なほど大混雑になります。

 

早めに帰省出来る際には混雑を避けることをおすすめします。

新幹線に学割で乗れる距離と有効期限

新幹線の学割も適用されるのは、片道が101キロ以上の際です。

 

 

つまり乗れることには問題があるとすれば、例えば距離が少なすぎる場合です。

 

学割は学生さんであれば利用が可能ですがJRの運行している鉄道などに限ります。

 

そのため、私鉄などが地方には多くありますがそれらは除外されます。

 

また有効期限ですが、これがとても難しく距離などによっても異なっております。

 

そのため詳しくは、新幹線に乗る際に切符を買われる時、駅員さんに詳しく聞いておきましょう。

 

JRの場合、長距離になればなるほど、有効期限も増える仕組みがあります。

 

JR東日本、JR西日本などと管轄が違うことなどもあります。

 

 

その点を注意し、不安な際には必ず事前に、窓口でJRのスタッフさんにお聞きすることで期限を知ることができます。

 

また、あまり知られていませんがごく稀に途中下車は一切できないと思われている方がいます。

 

しかし、そのようなことはありません。

 

新幹線での途中下車は可能です。

 

例えば乗り継ぎで、大きな駅で外に出たいという場合に切符無効になってしまうのではないか?

 

こう危惧される方がおられるのですが、基本的に大丈夫です。

 

もしも不安な際には、駅員さんが通路におられるので質問すると良いです。

 

大丈夫か否かなどを教えてくれるので不安な場合には必ず聞いてください。

 

乗り継ぎ駅での時間がかなりある距離などの帰省などの際には、お土産などが欲しいために降りられる方が多くいます。

 

 

また場合によっては体調で乗り継ぎ駅近くで宿泊する方もおられます。

 

こうした際に、『いや、一度新幹線に乗ってしまい最終目的地まで買ってしまったのだから無理』

 

こう思う方がいますが特に決まりはありません。

 

例えば新幹線で買ったとしても次に乗る電車が特急である場合や普通列車である場合などには大丈夫です。

 

一度、新幹線側の改札口を出ますので問題は特にありません。

 

実際に私も学生のとき、学割を使用してかなりの長さを往復で購入したことがあります。

 

そのとき戻る際にあまりの長距離に具合が悪くなってしまったこともあります。

 

 

このケースでは、駅の近くのレストランで休みたいと思った際に許可をいただいた経験などもあります。

 

その際にも駅員さんが学割で作成された切符を見せて、降りてもいいのか聞いてみました。

 

『有効期限がまだあるからいいですよ』と許可をしてくれました。

結び

新幹線に学割で当日に乗る方法についての記事はお役に立てたでしょうか?

 

 

また、申請や切符を購入する方法と使用できる条件などもご理解いただけたようなら嬉しいです。

 

こちらでは、新幹線に学割で当日に乗る方法についてのこれまでの要約を載せていきますね。

 

使用できる条件は学生さんであれば大学生でも中学生でも可能です。

 

購入する方法は、例えば大学生の場合には、最新の機器が導入された大学ですと学割発行機が設置されている場合がほとんどです。

 

なので、そこから乗るための学割を手に入れます。

 

当日に乗る際には、JRの窓口に行き、そこで学生証と学割の証明書を見せればJRスタッフさんが申請や切符の手続きをしてくれます。

 

新幹線に学割が使用できない例外は、距離です。

 

距離が片道101キロメートル以上がない場合には、いくら学生さんが上記の手続きをお願いしても不可能です。

 

 

当日に乗る際の注意として、窓口が混み合うケースはとても多いです。

 

そのため、もしも最終の便で帰りたいなどの希望などがある場合には、予め学割を取得しておくことです。

 

そして乗る日には余裕を持って窓口に行くことがおすすめです。

 

つい、ミスをしがちなのがこの時間の点ですので注意してください。

 

スポンサーリンク