風速200m(メートル)とはどのくらいの威力?予想される被害の目安と対策!

風速
A cinematic portrayal of a city destroyed by a typhoon, hurricane or tornado twister. Concept of nature's destruction of a fictitious disaster scene.

風速が200m(メートル)とはどのくらいの威力なのかと考えたことがあるでしょうか?予想される被害の目安と対策、必要な物などを考えていきます。まず風速が200mというのは自然現象ではほとんどありえない数字になります。

 

強力な台風やハリケーンでも風速50mくらいが平均といわれています。これらの倍以上と考えれば想像できるはずです。人間や車が吹き飛ぶのはもちろん、建物も全壊するレベルの暴風でしょう。

 

鉄骨やコンクリートできている丈夫な建物も影響が出てしまうようなレベルなので想像を絶する勢いです。ここでは、もし風速が200m(メートル)が起こった場合を仮定して解説していきますね。

風速200m(メートル)とはどのくらいの威力

風速200m(メートル)とはどのくらいの威力なのかというと旅客機並の速さで物が飛んでくるようなものです。つまり、物が1秒間に200m進むと考えれば分かりやすいです。この風速は、現実世界では考えられないようなありえない数字ということが分かってもらえるはずです。

 

人や車が飛ばされてしまうのは容易に想像できると思います。しかし、建物が飛ばされるのはなかなか想像できないです。映画などでハリケーンなどが扱われる場合は大体風速100mくらいで描かれています。

人々は混乱して、交通手段もかなり限定されてしまいます。まず飛行機は真っ先に使えなくなるでしょう。空港は閉鎖を余儀なくされますし、空のアクセスは完全に遮断される可能性が高いです。次はバスやタクシーですが、これも運行中止になるはずです。

どんなに安全で安心なバスやタクシーでも、吹き飛ばされるような風の前では無力になります。二次被害や三次被害を予想して、早い段階で運行中止が言い渡されることが予想されます。日本は交通アクセスが充実していて、その代表的なものとして電車や地下鉄が挙げられます。

 

電車や地下鉄は利用者が数万人規模であり、人の出入りも激しいです。今は外国人観光客も利用していて、駅前はたくさんの利用者で溢れ返っています。電子マネーで支払いが可能になったことで利便性は画期的に向上して、さらに利用者が増えました。

 

今の日本の交通アクセスにおいて電車や地下鉄が使えないということは都心での移動手段をかなり限定してしまうことになります。

大都市は電車や地下鉄が使えなくなるとパニックが起こる恐れがあります。さらに大都市は狭い空間にたくさんの人が住んでいて、自然災害によるダメージも非常に大きくなります。風速が200m(メートル)の暴風による影響は非常に大きく、かなりの人々が避難しなければいけないです。

 

人数が多い分避難にかかる時間も長くなるでしょう。そのため、かなり早い段階から避難勧告を出す必要があります。1週間前くらいから避難するように勧告しておいたほうが良いです。暴風に関する危機感は少ない人が多いので、なるべく早い段階から準備をしておくべきでしょう。

 

日本人は地震に対する恐怖心は強く、対策を考えている人も増えました。ですが、暴風の対策をしている家庭はまだまだ少ないです。風速が200mというのは想像を絶する世界です。

 

そのような自然災害がある可能性は全くのゼロとは断言できません。準備次第で生存できる可能性がかなり高まりますので今のうちから考えておくのも悪くないでしょう。

風速200m(メートル)で予想される被害の目安

風速200m(メートル)で予想される被害とはどのくらいなのか?現実ではほとんど起こり得ない世界なのでシミュレーションするのは難しいです。それでもデータによる解析から被害の目安を導き出すことは十分可能です。

 

今はコンピューターによるシミュレーション機能が進化しています。数値を入力するだけで被害を予測することが出来ます。風速が200mというのは爆風と同じくらいというデータがあります。この暴風の中にいる人は生命の危機にさらされることが想像できます。

 

立っているのはもちろん不可能ですし、四つんばいになって体を伏せても吹き飛ばされてしまうことでしょう。

 

逃げるとするのであれば地下しかないです。地上は暴風によって全てのものが吹き飛ばされることが予想されるので地上では助かる可能性がかなり低いです。各家庭で地下にシェルターを用意してそこに非難することで助かる可能性は高くなります。

 

これにはかなりのお金が必要になります。時間も必要になるので、いつでも気軽に準備できるものではないです。そもそもシェルター自体どこで購入すれば良いのか、費用はいくらかかるのか。また、スペースはどのくらい必要なのかなど分からないことが多すぎます。

 

テレビや雑誌、インターネットやSNSなどを利用して、暴風の脅威を理解してもらう必要があります。まずはシェルターに関する情報をオープンにして、クオリティを維持しながら価格を下げていく必要があります。

 

このためにはシェルターの必要性を国民に理解してもらうべきです。まずは、地下に逃げるのが一番助かる可能性が高いです。

それもなるべく深くて強固な地盤にしたほうが良いです。風速が200m(メートル)になると、爆風のような強烈な風が吹きます。そのため、対策としては爆風と同じだと思って対策を施したほうが良いです。

 

このレベルの風速の前ではどんな建物でも影響を受けてしまうでしょう。地下深くにシェルターを作るのは大変なことです。数万人が避難できるようなスペースを確保することが出来れば、風速が200m(メートル)でも大勢が助かる可能性があります。

 

日本は自然災害が多く、それに対する研究も世界一進んでいるといっても過言ではないです。

過去の経験やデータから適切な避難方法を導き出すことが出来ます。避難にかかる時間やコストも予想することが可能です。

風速が200m(メートル)での対策

風速200m(メートル)での対策と必要な物は避難する時間によっても変わってくるはずです。まず地上で助かる可能性はかなり低いので、やはり地下にシェルターを用意するべきです。避難生活が長引くことを予想して、普段から水や食料品などをストックしておくことが重要でしょう。

 

災害を想定して生活しないとこのような準備をするつもりにはならないですね。現実的には200m(メートル)というのは考えられないレベルです。もしものことを想定して対策を練っておくのは大事なことです。

 

シェルターは季節によっては寒くなったり暑くなることもあるので温度調節ができるような工夫も必要です。そこに非難するときに手ぶらで行くのは、少々リスクがあるかもしれないです。避難する期間が半日や1日くらいであれば飲まず食わずでも問題ないかもしれないです。

 

しかし、3日やそれ以上の1週間などになると水や食料品も必要になります。

人間は3日くらいならば水だけでも生きることができますが、それ以降になるとビタミンやミネラルも必要になります。カロリーを摂取しないと体を動かすのが難しくなります。新鮮な野菜や魚介類、肉類などを用意することが出来ればそれが一番良いです。

 

なるべく地上と同じように生活することが出来るように事前に準備しておくことが重要です。もしかするとやりすぎかもしれないと思っていても災害時に困らないように日頃から意識して生活しておくことが重要です。

風速200m(メートル)で必要な物

風速200m(メートル)で、もし避難先に数日いることを想定した場合に必要な物の紹介をしますね。長期保管をすることを前提に考えると腐りにくい食品や加工食品に頼らざるを得ないです。

 

腐りにくい食品として持っていくのであれば、乾燥している干物や発酵食品などが良いかもしれないです。なるべくビタミンミネラルが豊富な方がよいので小魚やアーモンドなどが適しているでしょう。

水はたくさんあったほうが良いので、ギリギリの量で準備するのではなく余るくらいの大量の水を準備しておいたほうが良いです。

 

水は使い道がたくさんあり、飲み水以外にも体を洗ったりすることもできます。料理に使用することも出来るので絶対に不可欠なものです。水があればインスタントラーメンなども作ることができるのでシェルターでも美味しいものを食べることができます。

また、加工食品といえばやはり缶詰になるでしょう。缶詰は何年間も保存できますし、味も劣化することがないので避難生活では欠かせない食品になります。今は缶詰の種類が非常に増えていて、ご当地ものから珍しい海外産のものまで色々あります。

 

少し値段は上がりますが、手の込んだ美味しいものもあるので満足度が高いです。今は便利なグッズもたくさんあるので、そういったものを準備しておくのが理想です。

シェルターにはシャワーなどがあるところも多く、水が止まっていない状態であれば自由に体を洗うことが出来ます。

 

ただし、災害時は水道が止まっていることも考えられるので体を洗うことが出来るグッズなどを用意しておくと良いです。水なしでも体や頭を洗うことが出来て爽快感を感じることが出来る商品を使用すれば気分をリフレッシュすることが可能になります。

 

避難生活で気分をリフレッシュするためには、体や頭を洗うというのは非常に効果的です。テレビやインターネットはつながらない可能性が高いです。その点、ラジオであれば使用できる可能性は高いです。電気が使用できる環境であれば色々な選択肢があります。

 

災害時は電気がストップすることもあり得ます。なので、充電式のバッテリーや電池などで動かすことが出来る機器を用意しておくと良いでしょう。ダウンロードしておくことでネット回線が無くても映像を見ることができるツールなどもあります。

 

そういったものを利用すれば良い気分転換になるはずです。災害の時はアナログな方法で楽しめる昔ながらのカードゲームやボードゲームなどもお勧めです。カードゲームは二人いれば楽しめます。

 

スペースなども必要ないので混雑しているところでも問題なくプレイすることが出来ます。ボードゲームは大体4人1組などでプレイすることが多く、大勢で盛り上がることが可能です。必要なものは全て揃っていますし、一回購入すれば何度でも楽しめるので非常に便利です。

 

なるべく早く暴風が過ぎ去ってくれることに越したことはないです。仕方なくシェルターの中で生活をするのであれば、できるだけ快適に生活したいと思うはずです。準備のし過ぎということは基本的にないので、やれることは全てやっておきましょう。

結び

風速200m(メートル)とはどのくらいの威力についての記事はお役に立てましたか?予想される被害の目安と対策もご理解いただけると嬉しいです。ここまでの説明で、風速200m(メートル)とはどのくらいの威力なのかというのが理解できたはずです。

 

このレベルの風速になると想像を絶するレベルの威力を発揮します。爆風のような威力が予想されるので、予想される被害も非常に大きくなります。目安と対策を考えることで、必要な物を導き出すことも可能です。避難する時間が長くなると、それだけ必要なものは増えていきます。

 

まずは身の安全を確保するための避難場所が必要になります。想定外の被害が予測されるので可能ならばシェルターは用意した方が良いです。シェルターがあれば身の安全は確保することができます。そして、次に考えなくてはいけないのが水や食料品です。

 

水や食料品は定期的に交換をして、常に必要な量を用意しておかなければいけないです。避難する人数や、日数などから逆算して水や食料品をストックしておくことが大事です。快適に過ごすためのグッズやアイテムなどがあるとさらに良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました