入学シーズン、自分の教え子にお祝いのメッセージを贈りたいとお考えの先生方もおられるのではないでしょうか?

 

 

せっかく贈るメッセージですので感動的で生徒の心に残るものにしたいですよね。

 

しかし、いざ書こうと思うとなかなかうまくいかないと悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

 

今日はこの入学メッセージを先生から生徒へ贈る感動的で心に残る例文について詳しく解説していきますね。

 

また、先生から生徒への他に親から子供へ贈る場合についても紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

入学メッセージを先生から生徒へ贈る感動的な例文

入学メッセージを先生から生徒に贈りたいと考えているものの、どのような文章にしたらいいのかわからないと考えている方も多くいるかもしれません。

 

 

そもそもお祝いの言葉というのは、先生以外の方からも言葉や電報などでもらうものです。

 

そのため普通の文章にしてしまうと、印象に残らない可能性も高くなります。

 

生徒たちにどのように感じてほしいのか考えて、文章を検討するのも1つの手です。

 

例えば入学メッセージの方向性の1つに、感動的なものにするという選択肢があげられます。

 

まず押さえておきたいポイントの1つが、入学したばかりの生徒はこれからの希望に満ち溢れている可能性が高いということです。

 

 

生徒の希望を裏切らないためにも、これからの学生生活が楽しめる内容を検討することが大切です。

 

例文としては、最初に「入学おめでとうございます」の文を入れるのが一般的です。

 

次に「これからの学生生活ではさまざまなことを体験するでしょう」など、今後に関する内容に触れます。

 

注意が必要なのが、学生生活というのは楽しいことばかりとは限らないという点です。

 

学園祭などの行事もあれば、毎日の授業で大変な思いをするかもしれません。

 

そこで感動的な文章にするために、どのように乗り越えたらいいのか道しるべになることも必要です。

 

感動的で道しるべになるための入学メッセージを選ぶために、生徒に伝えたいことをピックアップするのも1つの手です。

 

例えば友達の存在や継続することの大切さ、チャレンジすることで広がる可能性など人によって伝えたいことは異なります。

 

 

自分が伝えたいことを整理していくことで、生徒に伝わりやすいメッセージにつながります。

 

また注意が必要になるのが、一方的な文章にならないようにするという点です。

 

自分が伝えたいことだけを詰め込みすぎると、言いたいことが思うように伝わらないというケースも見られます。

 

良いことを書いたとしても、内容が長いと聞くほうも途中で飽きてしまうかもしれません。

 

感動してもらうためには、内容を理解してもらうことが必要不可欠です。

 

短い言葉で自分の気持ちを伝えられるようにしましょう。

 

 

入学メッセージといっても、どのような立場の生徒に文章を送るのかなどの点に応じて内容には違いが出てきます。

 

例えば中学の先生が高校に進学した生徒にあてる内容なら、中学校生活に触れるのも1つの手です。

 

相手との共通点を見つけたうえで文章を作成することで、感動的な内容にしやすくなります。

 

スポンサーリンク

入学メッセージを先生から生徒へ贈る心に残る例文

先生から生徒に送る入学メッセージで、心に残るお祝いの言葉にしたいと考えている方も多くいます。

 

ここでポイントになるのが、心に残るというのはどのような文章が適しているのかということです。

 

 

もちろん実際にどのような言葉が印象的かという点は、生徒によって異なります。

 

そのためすべての生徒の印象に残ろうと無理をする必要はありません。

 

全員にと背伸びするのではなく、一人でも多くの生徒の心に残ったらいいと考えることも大切です。

 

では実際に心に残る入学メッセージの例文について考えてみましょう。

 

考えるうえで意識すべき点が、今後の学生生活にとって大切な点を伝えるということです。

 

 

勉強や人間関係など、学生生活の中では生徒が悩んだり苦しんだりすることも多くなります。

 

そのようなときに支えになる言葉を選ぶことができたら、入学メッセージとしては大成功です。

 

心に残るために入学メッセージの例文には、「勉強は絶対に裏切らない」などのケースがあげられます。

 

自分がやったことがどのような形でも役に立つということがわかれば、生徒は今が辛くても頑張ろうと思えるかもしれません。

 

また困ったときに相談できる相手がいるということを伝えるのも1つの手です。

 

 

いじめや勉強など、1人で悩んで辛い思いをする生徒も多くいます。

 

そのような時でも先生が相談相手になれることがわかれば、救われる生徒もいるのです。

 

また生徒の心に残る入学メッセージにするために、具体例をあげるのも1つの手です。

 

例えば勉強に関する内容でも、学ぶことが大切と言われてもピンとこない生徒もいるでしょう。

 

そこで勉強をするように伝えるだけではなく、学んだ達成感が得られる方法などを伝えることで生徒のやる気が引き出せるかもしれません。

 

勉強するときにボールペンにすれば、使い切ったときに達成感が得られることもあります。

 

 

初めてのお祝いの言葉を伝える場合、どのような内容にすればいいのか迷ってしまうのは当たり前のことです。

 

もしも迷った場合には、自分の人生で印象的だった言葉を思い出してみるのも1つの手です。

 

自分が心に残っているような言葉なら、生徒も同じように感じてくれるかもしれません。

 

また先生から生徒という関係性だと、上から目線になってしまうケースも見られます。

 

 

ですが上から目線と思われてしまうと、生徒が壁を作る可能性もあります。

 

これから新しい関係性のスタートだからこそ、上から目線にならないように注意することも大切です。

 

入学メッセージを親から子供へ贈る感動的な例文

親から子供に感動的な入学メッセージを伝えたいと考えているものの、どのような内容にしたらいいのか迷ってしまう方も多くいます。

 

 

毎日一緒に過ごす親子だからこそ、お祝いの言葉を伝えたくても何も思いつかないという方もいるでしょう。

 

その時がきたら子供に言いたいことを伝えられるように、例文などを参考に文章を考えておくことも大切です。

 

実際に文章を考えるときのポイントの1つが、親子ならではの内容にするという点です。

 

例えばお祝いの言葉の例文としては「入学おめでとう」の後に、「友達をたくさん作ろう」とか「勉強を頑張ろう」のような言葉が続くのが一般的です。

 

ですが親から子供へのメッセージで、ありきたりな内容だと子供に感動してもらえる可能性は低くなります。

 

 

感動的な内容にしたいなら、今まで子供を見てきて感じたことを伝えることが大切です。

 

高校に入学する子供へのメッセージなら、「この間生まれたばかりだと思ったのにもう高校生」というように成長の過程を考慮したうえで内容を決めるのも1つの手です。

 

また部活や勉強で努力したことなど、今までの子供の頑張りを含めて内容を検討することも大切です。

 

例文としては「今まで苦手な数学もあきらめずに頑張ってきたから、高校でも持ち前の根性で乗り切れる」というような内容にすることも可能です。

 

実際に親から子供へ入学メッセージを贈るときには、1つ注意しなければならない点があります。

 

それが子供のストレスとなるプレッシャーを与えすぎないことです。

 

親から期待されていると感じるばかり、プレッシャーに押しつぶされて思うように学校生活が楽しめないというケースも多く見られます。

 

 

期待することも大切ですが、プレッシャーにならないようにちょうどよい距離感を見極めるようにしましょう。

 

プレッシャーを与えすぎないためのポイントが、お祝いの言葉は長くなりすぎないようにするということです。

 

長すぎる文章でお祝いの言葉を伝えると、プレッシャーを感じやすくなってしまいます。

 

ですが「入学おめでとう」の一言だけだと、期待されていないと親子の関係に溝ができることもあります。

 

ちょうどいい長さの文章を見極めましょう。

 

また入学メッセージを伝えたからといって、親子の関係が終わるわけではありません。

 

 

入学は親子にとっても新しいスタートです。

 

子供の背中を押すだけではなく、親として何ができるか考えて一緒に頑張ろうというスタンスでお祝いの言葉を伝えるのも1つの手です。

 

入学メッセージを親から子供へ贈る心に残る例文

親から子供に贈る入学メッセージで意識しなければならない点の1つが、いつでも味方になるということを伝えてあげることです。

 

一方的にお祝いの言葉を伝えるだけではなく、味方がいると心に残る内容にすることで子供の心の支えになってあげることにもつながります。

 

 

高校や大学など新たな環境でのスタートというのは、人間関係などで苦労するケースも多く見られます。

 

思うように友達ができない、もしくは勉強についていけないなど子供がストレスを抱えてしまう可能性もあります。

 

何かで悩んだときに親が支えになってあげられることを子供に伝えておくだけで、心の負担を減らすことが可能です。

 

少しでも負担を減らすためにも、お祝いの言葉を通して心の支えになれることを伝えておくようにしましょう。

 

例えば心に残る内容の例文として「困ったときはいつでも相談してね」のような一言を伝えておくのも1つの手です。

 

ただし注意が必要なのが、親のその後の行動に関することです。

 

 

入学メッセージで相談してと伝えたとしても、子供と向き合う時間がほとんどなければ悩みを子供は親に伝えることはできません。

 

そのため子供と向き合えるように、子供と話ができる時間を確保するのも1つの手です。

 

平日は仕事で忙しいとしても、休日は一緒に食事をするなど親子の時間を確保することで相談しやすい環境を作れます。

 

また親から子供へのお祝いの言葉として、体の成長に触れる方も多くいます。

 

小学校から中学校、そして高校の入学というような成長を見てきたらそのことに触れたいと考える方もいるでしょう。

 

12時間で咲く不思議な桜 マジック桜

ですが子供が成長してきたのは、体だけではありません。

 

勉強や部活動などを通して、心も大きく成長しています。

 

 

そのため親が子供に入学メッセージをいうなら、体と心の両方の成長に触れることも欠かせません。

 

さらに心に残るメッセージのために必要となるのが、気をつけるべき点について触れるということです。

 

身だしなみに気を使う挨拶をきっちりするなど大人になってからも役立つアドバイスをするのも1つの手です。

 

これからの人生にも役立つアドバイスは、子供が大人になってからも心に残るものになるかもしれません。

 

当たり前のことだと思っていても、親が子供に伝えられていない内容というのは多くあります。

 

 

入学メッセージというのは、子供に改めて大切なことを伝えるチャンスです。

 

そのチャンスを活かして、子供に必要なアドバイスなどを伝えるようにしましょう。

結び

入学メッセージを先生から生徒へ贈る感動的で心に残る例文!親の場合?の記事はお役に立てたでしょうか

 

 

入学メッセージを伝えたいと思っても、どのような内容にしたらいいのか迷ってしまうケースも多く見られます。

 

感動的で心に残るものにしようと思うと、さらに内容で迷ってしまう方もいるでしょう。

 

ですがお祝いの言葉では、感動的で心に残ることを意識せずに自分が伝えたい内容を検討することも大切です。

 

先生から生徒もしくは親から子供という形で、贈る入学メッセージの内容にも違いが生まれます。

 

実際に内容を検討する場合には、メッセージが持つ意味やその由来を検討するのも1つの手です。

 

例えば自分の体験を通して伝えたい内容を考えると、説得力のあるメッセージにしやすくなります。

 

 

また子供にとって役に立つことかというのも、入学メッセージで大切なポイントの1つです。

 

当たり障りのない感動的な言葉を選ぶのではなく、その後の子供の人生にとって支えとなれるような内容を心がけることも可能です。

 

人間関係などで躓いたときに支えになれる内容にできるよう意識しましょう。

 

困ったときに相談に乗るとお祝いの言葉で伝える場合には、その後の行動に責任を持つことも大切です。

 

メッセージの内容に合わせて、成長を温かく見守れる環境つくりを行うことも忘れてはいけません。

 

スポンサーリンク