マイナス10度の気温で服装のおすすめは何?室内と室外の防寒着の違いも解説!

気温

マイナス10度の気温で服装のおすすめは何?

 

マイナス10度の気温ではどのような服装をするかによって、快適さがかなり違います。

 

男性女性とも最適な服装のおすすめは何か探している人もいるでしょう。

 

アウターレイヤーがポイントになり、これは防寒服などアウター全般を意味しています。

 

 

理想のアウターレイヤーにはいくつかポイントがあります。

 

マイナス10度の気温ともなれば、基本的にインナーとミドルレイヤーなどを着用している状態です。

 

そのため、保温性が大事ですが防水や防風などに優れたものが良いです。

 

雪や雨などの厳しい天候に対応できるような、高機能な防寒服がおすすめです。

 

アウターはミドルレイヤーにピッタリフィットするものより、少し余裕があって空気をたくさん含むサイズを選ぶと保温力がアップします。

 

内部で汗をかくので透湿機能があると、快適に着用することが可能です。

 

-10°の気温でおすすめの服装には様々なアウターが提供されています。

 

その中でも軽防寒のブルゾンやジャンパーは使い勝手が良いでしょう。

 

 

いろいろなシーンで気軽に羽織ることができます。

 

また、高機能且つ軽量な軽防寒ブルゾンやジャンパーはアウターレイヤーとして注目されています。

なお、リーズナブルな価格で購入することができ、コストパフォーマンスが高い商品が多いです。

 

マイナス10度の気温では効果的に重ね着するのが良く、レイヤリングにはいくつかポイントがあります。

 

レイヤリングのポイントとして、ベースレイヤーの目的は保温や吸汗です。

 

綿素材のものより吸汗速乾(きゅうかんそっかん)が良いコンプレッションウェアがおすすめです。

 

アウターレイヤーを着用する目的は防水や透湿です。

 

ミドルレイヤーでは防寒対策を行っているので、雨を通さなかったりムレなどを解放できる機能が良いです。

ミドルレイヤーの場合薄手で軽いものが良いです。

 

外の寒い空気を遮断したり衣服の空気を逃がさないのが向いています。

 

マイナス10度の気温でも重ね着せずに一着でなんとかしたい人もいます。

 

また、三着購入するのは予算に合わなかったり、着たりも脱ぐのが面倒という人もいます。

 

手っ取り早く一枚でなんとかしたいなら、保温力のある重防寒着を購入することが可能です。

 

見た目とは裏腹に軽量設計になっているものが多く、長時間着ていてもそれほど疲れにくくなっています。

大抵は男女兼用サイズで購入することができます。

 

太陽光を熱に変更する蓄熱素材などが採用されていたり、晴天の日や曇りの日でも暖かさを実感することが可能です。

 

細身のシルエットデザインになっているものもあり、おしゃれなデザインになっています。

 

カラーも豊富でサイズも充実しているので、自分に合ったものを選択することが可能です。

 

マイナス10度の気温で室内の服装のおすすめは何

 

外はマイナス10度の気温だとしても、室内では暖かな環境になっていることが多いです。

 

そのためアウターを脱ぐ機会が多く、インナーとミドルレイヤーのみになることが多いです。

 

インナーは汗や水蒸気などを熱に変えて発熱しやすく、お肌に直接触れているものが効果的です。

 

 

カジュアルファッションではインナーダウンとして薄手ダウンジャケットをアウターの中に着ることもあります。

 

アウターの中に着るものをミドルレイヤーと呼んでいます。

 

これはベースレイヤーに着用して暖かい空気を維持する中間層を作ることが目的です。

 

保温性インナーより厚手で保温効果が期待できるものもあります。

 

ミドルレイヤーの役割として外部からの寒気を予防したり、内部の暖まった空気へ漏らさないようになっています。

 

ミドルレイヤーを挟むと防寒効果はかなり上昇し、暖かさを維持することができるでしょう。

 

空気を含み溜め込むことによって防寒効果を発揮するので、フリースジャケットや中綿ジャケットがおすすめです。

 

-10度の中で動きやすさを重視するならフリースジャケットが良いです。

 

保温性や防寒性などを重視するなら中綿入りジャケットやダウンジャケットが良いでしょう。

 

 

室内の服装としてはインターとミドルレイヤーがポイントになります。

 

マイナス10度の気温の場合、効果的に防寒インナーを着用するのがポイントになります。

 

上手に重ね着をするのが良く、保温や吸湿・吸汗などに優れたインナーを着用しましょう。

 

その上に薄手だったり軽い防寒服を着用すると良いです。

 

なお、マイナス10度の気温でのキャンプでの装備については下の記事で詳しく解説しています。

 

 

防寒服を着ることによって服の中の空気を逃さず外から冷たい空気の侵入も予防することが可能です。

 

透湿や防水性のあるアウターがおすすめです。

 

しかし、室内の服装として着脱することを考慮して選択しなければなりません。

 

特に秋や冬など冷え込んでくる季節になると、服装のおすすめは何と考える人もいます。

 

マイナス10度の海と流氷

マイナス10度の日に撮った海岸と流氷の写真

 

まずはマイナス10度の気温とはどのくらいの寒さなのかを把握しておくことをおすすめします。

 

マイナス10度の気温とはどのくらいの寒さなのかについては下の記事で詳しく解説してみました。

 

なお、マイナス20度の気温についても参考になるので確認してみてください。

 

 

 

防寒インナーは不可欠で、男性女性とも防寒インナーは充実しています。

 

なので、自分に合った商品も見つけることが可能です。

 

レイヤリングにはそれぞれ役割があり、最大限に効果を引き出す選び方があります。

 

いろいろと暖かいベースレイヤーが提供されています。

 

さまざまなメーカーから保温性や発熱性などの高いインナーが発売されています。

下着や肌着には綿素材が多く、綿製品でできているものは肌触りが良いので好んで着用する方が多いです。

 

しかしこれは防寒という観点から不向きです。

 

綿の性質上水分を吸収しやすかったり乾きにくいため、体温が奪われやすくなっています。

 

マイナス10度の気温でインナーのおすすめは何

 

いろいろなインナーがありますが、マイナス10度の気温で着用するなら防寒インナーがおすすめです。

 

寒さを防ぐもので、肌着の代わりに着用することができます。

 

男性女性ともいろいろな種類が提供されており、-10度Cでのおすすめは何か迷う人もいます。

基本的に体から発せられる熱を維持する機能があり、暖かさを感じることが可能です。

 

メーカーによって特徴や素材などはさまざまで、高性能なものが出てきているので選択肢は豊富です。

 

冬場に外が-10度の気温となる場合の作業などにおすすめで、着用していると寒さを軽減できます。

 

日常生活やレジャーでも着用すると良く、電車や室内・店内でも防寒インナーは活躍します。

 

防寒対策というと厚着するイメージがあります。

 

ですが、厚着すると体が動きにくくなるので、作業効率が下がることが多いです。

 

防寒インナーを着用する場合、動きやすくなり作業をスムーズに実施できます。

 

防寒靴下や手袋などを着用すると、全身を暖かくしながら作業することが可能です。

 

 

いろいろな機能があり繊維が空気を閉じ込め保温するものや、水蒸気を利用して発熱するなど保温性も備えています。

 

速乾性を備えており、一日中着用していても乾燥した状態を維持することが可能です。

 

汗をかいても繊維に吸水してくれるので、べたつく心配もありません。

 

汗をかいてもニオイや雑菌が気にならず、暖かい裏起毛などいろいろなタイプがあります。

 

中には裏起毛が入っているものもあり、肌触りの良さや保温性に優れているので着用時に暖かさを感じられます。

薄手の生地のものは人気があります。

ストレッチ性があって速乾性に優れているので通年で利用することが可能です。

 

いろいろな種類の素材が採用されており、ウール素材は防寒力に優れていて肌触りの良さが特徴的です。

 

メリノウールは速乾性や防臭機能などを備えており、ニオイも気にならないので向いています。

光電子は遠赤外線を活用しており、保湿効果を長く維持することが可能です。

 

吸湿発熱素材は水蒸気を利用して暖かさを維持するものです。

 

吸湿発熱素材では表面積を増やしており、多くの湿気を吸収できるよう細かい繊維が採用されています。

 

まとめ|マイナス10度の気温で服装のおすすめは何?

 

マイナス10度の気温において、服装のおすすめは何か考えている人もいるでしょう。

 

室内と室外では着方が少し異なってきます。

 

これまでの重ね着の仕方や意味などを見直すことによって従来の冬より過ごしやすくなります。

 

 

男性女性ともいろいろな種類が提供されています。

 

そのため、さまざまなメーカーから充実した商品が販売されています。

 

インナーやミドルレイヤー、アウターなど防寒服の機能を引き出すことによって極寒の冬を乗り越えることが可能です。

 

近年おしゃれなデザインはもちろん、機能性の高いものが多くリリースされています。

 

真冬のマイナス10度の外でもおしゃれでかっこよく過ごすことができます。

 

室内での着脱を考慮したおしゃれな防寒着などを選択することが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました