風速1m(メートル)とはどのくらいの威力?予想される被害の目安と対策!

 

勿論、1mの風について知っておく意味はありますし、知って損をすることはないです。

 

むしろこの基準を自分の中に持ってこそ、より強い風速に関する理解を深めることができます。

 

いずれにせよ、風速は感覚だけでは測れません。

 

数字と実際に起こり得る現象を把握して、災害のリスクなどに備えることが大切です。

 

風速1m(メートル)の風とは、1秒間に1m動くという意味ですから、どのくらいの威力か容易に想像できますね。

 

予想される被害の目安は非常に小さく、対策に必要な物も限られるといえるでしょう。

スポンサーリンク

 

風速1m(ミリメートル)とはどのくらいの威力

 

風速1m(メートル)の風は、どのくらいの威力かというと、ほぼ当たった物に対する影響が無視できる程度の強さです。

 

殆ど無風に近い風の強さですから、意識しないと感じ取れないほどです。

 

人もかろうじて肌で感じ取れるくらいの強さということです。

 

 

毎秒1m(メートル)で進む程度で風ですから決して遅くはありません。

 

しかし質量が殆どない風にとっては力が小さいのも当然のことです。

 

木の葉でさえも軽く揺れる程度ですし煙も軽くなびくくらいで、どの方向に流されているのか分かりにくいといえます。

 

いわゆる風見鶏も殆ど反応しません。

 

 

風速1m(メートル)の風が吹いても気がつかないことすらあります。

 

海上では波もあまり影響を受けないので、船の針路にも響きませんし無視しても問題ないと考えられます。

 

1m(メートル)未満の風速となると、ほぼ無風と捉えて間違いありません。

 

無風に限りなく近い威力の弱い風となります。

 

毎秒1m程度では雲もほぼ押されませんし空を見上げても変化に乏しく、まるで時間が止まったかのように感じられます。

 

隙間に入り込むような威力も勢いもないですから風が耳元を通り抜けても音を聞き取るのは困難です。

 

夏の気温が高い時期であれば、風速1m(メートル)程度であっても心地良く感じられる可能性があります。

 

 

ゆっくりと少しずつ水分を蒸発させるので急激に身体が冷えるような不快感がなく逆に体温をやや低く保てるので快適になります。

 

威力がどのくらいかといっても災害に繋がる脅威とは無縁です。

 

風速1m(メートル)は、デメリットよりもメリットが上回るでしょう。

 

無視しようと思えば無視できる程度で、あってもなくても変わらないといえば身も蓋もありません。

 

実際のところは、その認識で間違いないです。

 

この風速の風は、気象庁によるところの至軽風(しけいふう)という定義で、無風に近い静穏の1つ上のレベルに該当します。

 

さらに上の軽風になると、ようやく風が感じられたり木々が揺れます。

 

そのため、至軽風の威力は無力に等しいと結論づけられます。

 

風見鶏すら動かせない力なので、この風が吹いても人に危害は加えられません。

 

事故が誘発されるようなリスクにもならないでしょう。

スポンサーリンク

風速1m(ミリメートル)とは…予想される被害の目安

 

風速1m(メートル)は、それ自体が無視できる強さです。

 

なのでこの風による影響力は極めて小さく被害と呼べる問題もほとんど無縁です。

 

被害のリスクを深刻に考えなくても良いというのは、つまり物が強く押されることはないということです。

 

問題があるとしたら、弱い風ですが、汗をかいた後に体温が奪われて風邪を引いてしまうといった被害です。

 

これは服装や湿度、汗の状態に左右されるので必ずしも体感温度が下がるとは限らないでしょう。

 

過酷な環境に身を置く場合は別でしょうが、一般的な日常生活においては全く気にしなくても問題ない程度です。

 

免疫力が低下したりした場合は注意が必要です。

 

 

このように、風速1m(メートル)で予想される被害は、その目安として体温の低下程度に留まります。

 

水分の蒸発を招くくらいの影響は発生するので例えば汗を掻いて濡れた状態だと体温が低下して肌寒く感じるでしょう。

 

体温の低下に至るまで時間が掛かりますから風が吹いて直ぐに肌寒くなるわけではないです。

 

それでも油断していれば風邪を引きかねないです。

 

しかし、この程度の風が奪う体温はたかが知れてはいます。

 

なので短時間の内に免疫力や風邪のリスクが高まることはないですが、空気が極端に乾燥していて汗を掻いた状態で急激に乾けば別です。

 

その条件でも5分や10分でどうにかなることは、まずないです。

 

ただし、登山のようにシビアな世界では、風速が1m上がるごとに体感温度が1℃下がるとされます。

 

 

物を押したり巻き上げる力とは程遠いですから台風のような暴風による被害はあり得えません。

 

転ぶ危険や窓ガラスの破損リスクもほぼゼロです。

 

雨を伴う風速1m(メートル)でも、雨風が横殴りに降ることはないです。

 

この風速では雨も、ほぼ垂直に頭上に降ってくるでしょう。

 

傘で防げる程度とも言いかえられますから、やはり風速が1m(メートル)の風は無力で被害と呼べるような問題も起こらないです。

 

ごく弱い風ですが、確かに大気は動きます。

スポンサーリンク

 

大気が動くと分子の軽いニオイがそれに乗って漂うことはあり得ます。

 

汗臭さが周囲に拡散して他人の鼻を刺激するというような被害が発生することは考えられます。

 

 

また、風の被害で考えられるのが火が燃え移ることです。

 

しかし、火災で火が隣の建物に燃え移ることも船上で揺られて落ちてしまうことも風速が1m(メートル)程度ではまずないです。

 

あまりに威力が小さく力が弱いので、起こり得る問題を予想したり目安をリストアップするのも難しいほどです。

 

この風が吹くことがあっても、リスクの上昇や損害の発生はないに等しいです。

 

仮にもし何も対策しなくても殆どの場合は大丈夫です。

 

ゴルフのようなスポーツにおいても球速が変化したり軌道が曲がるようなことはないです。

 

 

車やバイクでも無視して走れる程度の風ですし、逆風が吹いても燃費には影響しないでしょう。

 

坂道を後押ししてくれることもなければ、登る際の妨げにもならないと思われます。

 

薄くて軽い紙が少し浮いたり、浮いた状態で押されて机の上などから落ちることはあります。

 

これも風が吹く条件次第では発生しません。

 

文鎮になる少し重さのある物を上に乗せれば回避できるので、改めて予想される事態は楽観視できます。”

風速1m(ミリメートル)とは…対策と必要な物

 

風速1m(メートル)の風とはに関する対策は、特にこれといって何も必要な物はないと答えられます。

 

この風速の予報が発表されても怯えたり対策に取り組む必要はないです。

 

もし、頭から抜け落ちてしまっていたとしても対策で心配するほどではないです。

 

風に物を動かす力が殆どないので、雨が降っても傘をさして外出できます。

 

レインコートは、降水量が高くなければ殆どの場合、身に着けなくても良いでしょう。

 

横に吹きつける雨は降りませんから肩より下が濡れてしまう恐れはなくタオルなどのグッズを忘れてしまってもOKです。

 

ハンカチくらいならあった方が良いですが、それも出番がなくお守り程度に留まるでしょう。

 

 

風速1m(メートル)の威力で窓ガラスが割れることも鉢植えが破損する可能性もゼロです。

 

鉢植えを屋内に退避させる対策は不要です。

 

強いていえば、落ち葉の量が増えて掃除の手間が増すことはあるかもしれません。

 

しかし、それすらも誤差の範囲に収まるはずです。

 

室内にいれば風は入り込んできませんし、隙間風も起こらないので暖房をつけたり厚着をするなども必要ないです。

 

外出時も無視できる風速ですから、風速1m(メートル)の風が吹こうがお構いなしに外に出られます。

 

 

元々身体が弱かったり、体調が優れない場合は少し対策をした方が良いです。

 

このようなケースでも衣類を1枚追加する程度で済みます。

 

汗を掻いても乾きにくいので、衣類が濡れて肌寒く感じるのであれば、速やかに着替えるなどの対応が必要でしょう。

 

あえて必要な物を挙げるなら着替えで、体温を保つ追加の衣類や肌寒い時に着替える衣類となります。

 

いずれも用意に緊急性を要しませんから、ゆっくりと行動に移っても問題ありません。

 

これらを後回しにしても特に影響はないです。

 

風を頼りに生活している人にとっては、無風に近い風速が逆にネックとなるでしょう。

 

多くの人が影響を受けることがあるとしたら屋外で干す洗濯物が乾きにくくなることです。

 

 

洗濯物の乾燥は、気温や湿度に加えて風の強さに頼っているので風の勢いが弱まると乾燥速度が低下します。

 

これが乾きを悪くしたり、洗濯物が臭うといった問題に繋がります。

 

風速1m(メートル)の環境において洗濯に必要な物は、乾きが悪くても臭いにくい洗剤や乾燥を補助するグッズです。

 

部屋干し用の洗剤は比較的臭いにくいので、風速が弱く洗濯物が乾かない時に役立ちます。

 

乾燥補助には風を起こす物が最適で、扇風機やサーキュレーターがあると助かります。

 

乾燥機を回せばその方が早く乾きますが、エコや経済性の観点でいえば自然乾燥に軍配があがります。

 

扇風機などの補助グッズを使えば、当然ながら電気代は発生しますが乾燥機に比べればエコで経済的です。

 

スポーツで汗を流す人には、無風に限りなく近いこの風が逆に問題となります。

 

 

問題といっても些末なことではあります。

 

被害といえるほどの問題は発生しません汗が乾かないと何時までも不快で精神状態に悪影響を及ぼす懸念が生じます。

 

試合中だと着替えるわけにもいきませんしタオルを使用するにも限度があります。

 

スポーツで汗をかくようなケースでは、風が吹くなら、これ以上の風速は欲しいところです。

 

風速1m(メートル)の状況で必要な物、役立つグッズがあるとしたら汗を乾かしてリフレッシュできる物です。

 

清涼感を与えるグッズは、汗が乾かず気分が滅入るのを防いでくれます。

 

ひと拭きで不快感が解消する汗拭きシートなども助かります。

 

 

どうあっても、風速1m(メートル)では汗の自然乾燥に期待できないので自分で何とか対策する必要が出てきます。

 

このように、風で起こる被害は極めて小さくて洗濯物や汗といった悩みに留まります。

 

外出の予定が変わることもなければ、移動に支障が出る恐れも皆無です。

 

風速1m(メートル)では、もし手元に対策グッズがなければないで構わないくらいです。

 

ただし、数字が1桁違えば対策もまるっきり変化します。

スポンサードリンク

結び

 

風速1m(メートル)とはどのくらいの威力なのかご理解いただけたでしょうか?

 

予想される被害の目安と対策についてもお役に立てれば幸いです。

 

風速1m(メートル)とはどのくらいの威力なのかというと物を押す力は、ほぼないです。

 

風が吹いたとなかなか肌で感じられないくらいのものです。

 

木の葉は僅かに動く程度で、風見鶏や雲は殆ど動きませんし、波も変化が乏しいので見た目での判断は困難です。

 

風速1m(メートル)で予想される被害の目安は微々たるものです。

 

強いて言えば、洗濯物が乾燥しにくくなったり汗が乾きにくくなるといった程度です。

 

条件によっては体感温度が下がったように感じられるので、登山などでは衣類を追加するなどの対策が必要でしょう。

 

対策に必要な物を挙げると、洗濯物には扇風機やサーキュレーター、汗には着替えや汗拭きシートなどです。

 

外出の際には気軽に羽織れる物があると、肌寒くなった時に役立ちます。

 

後は何もしなくても問題ないですし、退避や避難なども全く必要ないでしょう。

 

雨が降っても降り方は穏やかで、水位が変わることもまずないですから傘をさして外出できます。