降水量3mm(ミリメートル)の雨で釣りはできるものなのでしょうか?

 

また、その場合の服装や対策もきになるところですね。

 

降水量3mmは天気の区分において雨の中に入ります。

 

屋内であれば、「雨降っているな」という感じです。

 

ですが、屋外に出た場合は5分程度でびしょぬれになってしまうほどです。

 

屋外での活動はなるべくなら行わないほうが良いです。

 

でも、せっかく釣りに来たのに何もしないで帰るのも気が引けます。

 

そのため服装などを考えることが大切です。

 

しっかりと服装や対策を講じることで釣りはできることが多いです。

 

では、降水量3mmの雨で釣りを行う場合はどのようなことに気をつけて楽しめば良いのかをここで伝授していきますね。

スポンサーリンク

 

降水量3mm(ミリメートル)の雨で釣りはできる

 

降水量3mmは、傘をささないと屋外で活動することは難しいです。

 

一般的には屋外での活動は避ける方が良く、さらに釣りを行う場所によっては近づかない場所もあります。

 

降水量3mmはしとしと雨ですが、海沿いであれば波が荒れる可能性もあります。

 

なお、風が強く吹いている時は近づいてはいけません。

 

さらに雷が遠くになっている時も釣りはできないことが多いです。

 

ですが雨の日でも釣りを楽しむことができ、逆にこのような日こそ絶好の釣り日和になることがあります。

 

 

雨の日が釣りに最適な環境なのには理由があります。

 

その場所にいる人が少なく水面の波動が少ない分魚が釣れやすくなることもあるからです。

 

また、気圧や水中の酸素濃度が変化をするため、晴れの日よりも魚が浅場に移動してくるなどのことがあげられます。

 

魚はそれだけ大変敏感な生き物ということです。

 

 

少しの振動や人の影などを察知し、すぐに安全な場所へ逃げ込んでしまいます。

 

雨の日はこのようなことが少なく、さらに川から流れ込んだ水が泥と混じることから警戒心が若干少なくなり釣れる確率が高まります。

 

また水面を雨粒が叩くことにより振動が泡となって循環し、酸素を生むのでいつも以上に水面付近に姿を現します。

 

大変良い環境であり楽しむことはできるのですが、その分注意も必要です。

 

降水量3mmの雨ともなると行動がしにくくなりさらに岩場などもすべりやすくなってきます。

いつもと同じスピードで歩いていると、晴れの日には何ともなかった場所で転倒する恐れもあります。

 

そのため、平坦な場所であっても注意して歩かなくてはなりません。

 

慎重に歩く分いつもよりも移動に時間がかかることが多く、思うように釣りを楽しめない場合も出てきます。

 

また視界が見えにくくなることもあり、特に眼鏡やサングラスをかけている場合は見えにくいなと感じることが多いです。

 

さらに少し肌寒くなってくると眼鏡自体も曇ってくることもあります。

 

このようにメガネの曇りを取り除く行為そのものを煩わしく思うこともあります。

 

 

この他、餌(えさ)の作業がしにくいこともあげられ、餌によっては濡れないように管理をしなくてはなりません。

 

ですが逆に言えばこれらの課題をクリアすることにより降水量3mmであっても釣りは楽しくできることが多いです。

 

餌を取り付ける作業においてはワンタッチでできるように事前に家から準備をしておくことで解決します。

 

行動に関してはいつも以上にゆっくりと歩くことを意識すれば大丈夫です。

 

釣りを十分に楽しめる環境にあるので、事前準備をしっかりと行っていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

降水量3mm(ミリメートル)の雨で釣りをするときの服装

 

降水量3mmの雨の場合、事前準備が大変重要になってきます。

 

雨の日に釣りをする場合、最も注意が必要なのが服装です。

 

降水量3mmは土砂降りではないので警戒心が薄れてしまうことが多いのです。

 

ですが、しっかりとしたレインウェアを着ていかないと足元から冷えてしまい、釣りどころではなくなります。

 

基本的にはレインキャップとウェア、防水対応のグローブと靴になります。

 

釣りを行う上で帽子は常にかぶっていることが多いのです。

 

しかし、通常の防止は布でできていることが多く、水分を含むと大変重くなるほか髪の毛や眼鏡に水滴が流れ落ちてきて大変不快に感じます。

 

そのため防水性能が高いレインキャップをかぶることをおすすめします。

 

レインキャップはツバがしっかりと付いておりデザインも豊富です。

 

また、大変軽量なため一見すると防水性能が高いように感じません。

 

雨は突然降りだすことも多いので、常に持ち歩いていても良いでしょう。

 

 

なおレインウェアにもフードのような帽子がついています。

スポンサーリンク

 

ただし、降水量3mmに対しては不向きであり、すぐに頭が濡れてしまいます。

 

よほど強い雨になった場合にレインキャップと併用して使用するには良いです。

 

でも最初から使っても高い機能は得られないので、しっかりと帽子を用意するようにします。

 

ウェアも合羽のようなものからしっかりとした作りのものまで多様にあります。

 

おすすめなのは釣り専用タイプのものであり、これだと防水性の他に快適性も期待できます。

 

快適性を保つには衣服の蒸気を外に排出することができるかにかかっています。

 

選ぶ場合は透湿度に注目をし、数値が高いものを選ぶようにしてください。

 

グローブ、靴も防水タイプのものを選ぶと良いです。

 

防水グローブは分厚くできているので慣れるまで違和感があるのですが、大変温かく手がかじかむことが少なくなります。

 

 

餌をつける時に不便に感じる場合はその時は外すようにしましょう。

 

できるだけ身につけていると手がふやける心配もありません。

 

靴はブーツタイプとシューズタイプの2種類があります。

 

防水性に優れているのは長めになっているブーツタイプです。

 

 

ブーツタイプはさほど価格も高くなく、さらに釣り以外にも使い道があるので用意しておくと便利です。

 

眼鏡やサングラスをかけている場合は眼鏡の曇りを改善するために防滴剤を塗布します。

 

これを2時間に1回程度は塗りなおす必要があります。

 

そのためコンパクトタイプのものをポケットなどに入れておくとすぐに取り出して塗りなおすことが可能です。

スポンサードリンク

降水量3mm(ミリメートル)の雨で釣りをするときの対策

 

降水量3mmの雨の中で釣りをするならば、服装にまず注意しますが持ち物も対策を講じていかなくてはなりません。

 

釣りの場合ヒップバッグを使用することが多いですが、このヒップバッグは防水仕様のものを身につけます。

 

 

ただし完全に防水できるかと言えばそうでもないです。

 

ちょっとした隙間から水分が入ってしまうこともあるので、細かいものや大事なものは保存パックの中に入れておくと安心です。

 

なお保存パックは食品用のものでよいのですが、冷蔵と冷凍であれば冷凍できるものを選んでください。

 

冷凍の方がしっかりとしたビニールのため水分がほとんど入ってきません。

 

またヒップバッグが防水ではない、リュックしかないといった場合は大き目のビニール袋やごみ袋をかぶせるようにします。

 

この他の対策では、タオルを持参する、防水タイプの時計を身につける、ばんそうこうや包帯など怪我をした時に対応できるグッズを用意することがあげられます。

 

タオルは通常使用しているものでも良く、濡れた体や道具を拭く場合に使用します。

 

しかし、一度雨でぬれてしまうと大変重くなり持ち運びが大変不便になります。

 

そのため素材に注目をし、セームタオルのようなものを選ぶと良いでしょう。

 

セームタオルの特徴は絞っても何度でも使えること、吸水性が高いのでさっとふき取ることができることがあげられます。

 

 

絞った後も大変軽いのでさっと保存パックにしまうこともでき、重くもなりません。

 

さらにかさばらないので持ち物も少なくなります。

 

餌が濡れないようにするには、スクリュータイプの保存容器が最適です。

 

 

釣り使用する餌は雨に濡れてしまうと大変もろくなったり針にしっかりと付かなかったりしてしまいます。

 

蓋がしっかりとしまり、なおかつ中の餌の臭いが漏れないタイプのものに入れておくと使い勝手が大変良くなります。

 

100円ショップなどで販売されているものでも代用できます。

 

ただし、使用する場合はきちんと蓋が閉まるのか、ひっくり返してしまった時、中のものが漏れてこないかなどを見極めるようにしてください。

 

降水量3mmの雨の中での釣り対策は、自分の想像力を働かせましょう。

 

 

こうして、いかに快適に釣りを楽しめ、集中することができるかを考えることが大切です。

 

他の人にとって便利なものであっても自分にとっては不便に感じることもあります。

 

用意をする場合は必ず自分にとって必要なものなのか、どのようなものを準備していったらよいのかを考えるようにしてください。

まとめ





降水量3mmの雨は土砂降りではないものの、屋外で作業をするには注意が必要な量です。

 

ですが服装やそのほかの持ち物に対して対策を講じることで釣りはできることが多く、いつも以上に楽しむこともできます。

 

雨が降っているなか釣りを行う場合は、必ず専用のレインウェアを着るようにします。

 

また、靴やグローブも防水仕様にしましょう。

 

帽子はレインウェアにフードが付いているので用意しなくても良いように感じます。

 

しかし、レインウェアについているフードはあくまで簡易的なもので、釣りを行うには不向きになります。

 

軽い素材のものも多く出ているので、できるだけ防水タイプのものを持っていくようにしましょう。

 

この他快適に釣りを楽しむために、餌が濡れないように入れ物を工夫することです。

 

貴重品や濡れては困るものはたとえ防水仕様のバッグだとしても保存パックの中に入れてからバッグに収納するなどのことを行います。