風速6m(メートル)とはどのくらいの威力?予想される被害の目安と対策!

風速

風速6m(メートル)とはどのくらいの威力か?その風速で予想される被害の目安と対策気になりますよね。通勤通学路やキャンプやサイクリングなど外出時に天気はチェックする人は多いです。ですが風速についてはあまりチェックする人が少ないのではないでしょうか。

 

風速6mの時には一体どのようなことに気を付けておけば良いのかということや、心の準備はどれくらい必要なの。風速6mについて把握しておくことで、その対策や予想される被害の目安などが分かっていれば快適に生活を送ることができるようになります。

 

この記事では風速6m(メートル)とはどのくらいの威力なのかと予想される被害の目安や対策も理解できます。

風速6m(メートル)とはどのくらいの威力

風速6m(メートル)とはどのくらいなのかといえば、通常の風速が6m毎秒の時に用いられます。風の強さは大枝が動き電線が鳴ったり、傘がさしにくいほどの強さになります。海などでは波が高くなり始めているところが広くなります。

 

風の威力を表す単位として風速というものがあります。これは風として空気がどれくらいの速さで移動するかということを表しているたいです。気象庁などではメートルマイエスという秒速という単位で使われています。

 

国際的にはkntなども使われ、測定は風速計を用いて表されます。日本で風速という時には10メートルの高さで10分間の平均風速を表しています。瞬間風速という場合は0.25秒ごとに更新される3秒の平均風速といます。

風速6mとはどのくらいの威力なのかをわかりやすく説明するために風速の測り方や他の数値の風速も例にあげて比較してみました。まずはじめに平均風速の最大のものを最大風速といいます。また瞬間風速の最大級のものを瞬間最大風速といいます。

 

東京など都会ではビルや高い建物がたくさんあるため、きちんとした風速を測るのが難しいです。このような状況から地上10mの高さで風速計を用いてチェックされるようになっています。

 

キャンプなどをしているような時でも、シートなどが飛んでいってしまうような強さです。さらに街中では砂埃(すなぼこり)がかなり舞うようになってきます。ちなみに風速1mでは、ほとんど感じない程度で風向きの煙がなびくのでわかる程度です。

 

海や湖などでもさざ波が出来る程度でしょう。そして2mになってくると、はじめて風を肌で感じることができるような程度の強さになります。木の葉も動いたりしますし風見鶏なども回転を始めます。

3mほどになってくるとこの細い枝が絶えず動くようになってきたりします。4mになれば砂埃が経ち地変などが舞い上がる程度の強さになってきます。5mになると、和名で疾風と呼ばれるほどになってきます。

 

葉っぱのある灌木(かんぼく)などが揺れ始めてきます。なお、池や沼の水面などにさざ波なども立つようになってくる程度の風です。風速6mから7mにもなってくると、樹木全体が揺れるようになり風に向かって歩きにくくなってきます。

8mまで行けば枝が折れたり、風に向かって歩けない程度の強さになります。9mになれば家にも損害が起こる程度になったり、煙突が倒れたり瓦が剥がれるほどの強い風になります。このように風速が1mづつ違うだけでも、その違いがはっきりわかります。

風速6m(メートル)で予想される被害の目安

風速6m(メートル)の被害の目安とは、それほど激しくはないです。ただし、風を受けやすい形状のものなどは浮くようになってきます。薄手のダンボールなどは飛ぶようにはなってきます。このように軽いゴミが舞い上がったり、声が揺れるような変化も現れてきます。

 

傘などもさしにくくなってきますので、外出していると普段以上に疲れることを気をつけておきましょう。予想される被害の目安としては大きな木が揺れる状態で自転車などをこぐときも出かけないほうがいいでしょう。

 

ちなみに風速6mほどでもj自転車通勤やサイクリングはかなり大変です。ペダリングなどに重さを感じる程度です。

足に疲労もたまってきますし、サイクリングロードなど長い直線で向かい風などにアウトかなり疲れるようになります。こうなるとストレスなども大きくなってくる恐れがあります。また、風速6mだけではないです。

 

しかし、この程度の風が吹くと砂埃などもよく舞うようになってきます。そのため目などに入って、ものもらいなどになってしまう可能性もあるのでよく注意しておきましょう。

 

コンタクトしている人などは大変乾きやすくなってくるため、しっかりとケア用品などを持っていくこともなども大切になってきます。長い髪が風で乱れて、セットが乱れてしまったり、自転車などでは進みづらいです。

 

また、バイクも燃費が悪くなるといった影響も考えられます。書類などが飛び交って、掲示物が剥がれてしまったり落ちていた落ち葉などが舞って、汚れてしまうなどといったこともあり得ます。

 

バイクで言えばだいたい時速30km程度で走っているような時に受ける風ですので、かなり強いということが想像できるでしょう。

 

またキャンプなど外出をしたような時にも、風速6mでは少し気をつける必要があります。風自体は強くなくても火などが燃え移りやすくなってしまったりする可能性もあります。

これは、火の広がりを早めてしまう可能性があります。酸素などが供給されやすくなるため、火事などに繋がりやすくなってしまうということもよく気をつけておく必要などがあります。またランニングやマラソンなどをしているような時でもかなり強い向かい風を受けます。

 

風が吹いていない時に比べて記録などがかなり落ちてしまうということはよく起こります。例えば走幅跳を普段は5mほど飛んでいる人も向かい風の影響を受けて、50cm程度記録が減ることもあります。

 

また外で釘などをしていてもボールなどが風に流されて軌道が変わってしまうほどの強さが風速6mです。ですのでパフォーマンスなどにも大きな影響を受けるため、そこからスランプなどに陥ってしまう可能性もあるのでしっかりと気をつけておく必要があります。

風速6m(メートル)での対策と必要な物

風速6m(メートル)の時では、それほど甚大な被害を受けることはないと言えます。ですが、しっかりと必要な対策や物を準備しておくことによって快適な生活を送れるようにもなります。またキャンプの時などにも、シートなどが捲れ上がってしまう可能性などもあります。

 

それをしっかりと押さえつけておく地面に据え付ける釘などを準備しておく必要があります。まず何よりも砂埃などが舞うようになって目に入ってしまう可能性などはあります。

 

コンタクトをつけている人はしっかりとそのケア用品を持っておくことがとても大切になってきます。春先などであれば花粉などもよく飛んでくるため、目を覆ってくれるグッズなどが必要になってきます。

目の保護をしっかりと行なっておくことがとても大切になってくるということが言えるでしょう。服装なども捲くれ上がりやすくなります。女性の方などはスカートより、ズボンスタイルの方がおすすめです。

 

さらに風によって体感温度などはかなり落ちてきますので、厚着をして風邪をひかないように気をつけておくことなども必要です。

 

砂埃などが当たって痛みなどを感じてしまう可能性はあるため、極力全身を覆う服を着ておくと良いでしょう。風速6mは夏場などであっても、かなり肌寒く感じる程度の風です。

そういった服装の対策をしておくことを何よりも大切だということは言えるでしょう。自転車に乗る場合にはかなり向かい風を受けるようになります。力強くペダルを漕ぐようになるためもしかすると古い自転車などであればチェーンが外れてしまうなどといったこともあり得ます。

 

そうしますと路上で途方に暮れてしまうというようなことにはなりえます。なので、できれば工具などを持っておくことはとても大切になってきます。当然バイクなどに乗っているような場合であれば、ただ走っているだけでも風を受けます。

それに対して、元々の風も強くなるためかなり強い風を顔に当てることになるということは間違いありません。風速6m(メートル)程度でも目を開けていられないほどの風を受けることになります。そういった意味でゴーグルなどといった目を保護するものを持っておくとよりよいでしょう。

 

いずれにせよ風の強さによって視界が悪くなってしまうといったことが起こりえます。目が開けていられないほどの風の強さになるのです。特に乗り物に乗っていると涙なども止まらなくなってしまう可能性があります。

 

しっかりと目を保護してくれるゴーグルや保護メガネを装着することです。洗濯物などは、強い洗濯バサミで挟んでおかないと飛んでしまう可能性などもあります。ただ吊り下げているだけではなくて、このようにきちんと風対策もとるようにしましょう。

 

しかしながら洗濯物に関しては風によって衣服の水分が蒸発しやすくなるため、乾きやすいといった点ではメリットではあります。また外でスポーツなどをしている人はボールの軌道などが大きく変わりやすかったりもします。

記録やパフォーマンスに大きな影響を与えてしまうということを踏まえておきましょう。つまり原因として技術に問題があるのか、その風に問題があるのか、ということをしっかりと判断しておくことが大切です。

 

こうしておくことでパフォーマンスが落ちたのか、それとも風のせいなのかといったことが判断できるようになります。しっかりと風速や風の状態を把握できるように、風速計などを設置しておくのがおすすめです。

 

現在では手軽にデジタルでどれくらい風の強さかなどといったことがわかるようにもなります。こうした風速計や温度計測可能なデジタル装置などがたくさん販売されています。そうすることでスポーツなどをしていても、どれくらい調子が落ちたかなどといったことの原因がはっきりしやすくなります。

まとめ

風速6m(メートル)とはどれくらいどのくらいの威力なのかについてはご理解いただけたでしょうか?

 

被害の目安や予想される生活の変化などについてもお役に立てれば幸いです。向かい風に向かって走るのは大変辛いですし、球技などをしていればそのボールの軌道が大きく変化していきます。

 

また洗濯物などを干していてもしっかりと固定していないとすぐに飛んでいってしまうような強さの風です。天気予報などを見ている時でもしっかりとその不足についてチェックするようにしておくことが大切です。

 

ただ感覚だけに頼ってしまうと、日によって風が強いのか弱いのかということが正確に分からなくなってしまうということがいえます。デジタル風速計などを適宜利用することによって風の状態がどれくらいかということがわかれば、様々な対策がとりやすくなるのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました