寒天ダイエットのデメリット


寒天ダイエットのデメリットの原因と対処法をご存知でしょうか?

 

これを正しく知ることで、自信を持って実践したり結果に期待できます。

 

また、メリットや効果も合わせて理解すると目的を持った実践的な取り組みが始められます。

 

いずれにしても、正しく把握することによって他のダイエット方法と比較できます。

 

相性が良く取り組みやすい方法が選べますし、結果を信じて続けられるようになるでしょう。

 

何ごとも間違ったやり方は結果に繋がりません。

 

理想と正反対の結果になることもあるので、やはり正確な理解が必要です。

 

バリエーションが豊富で楽しみながら続けられたり、食べることを我慢しなくても良い魅力を併せ持ちます。

 

その点は、寒天ダイエットも十分に挑戦してみる価値ありですね。

 

ここでは、寒天ダイエットのデメリットの原因と対処法について紹介します。

 

なお、メリットや効果についても詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

 

寒天ダイエットのデメリットの原因と対処法

 

寒天ダイエットのデメリットには、貧血・めまい・栄養・便などに対する影響がでることです。

 

貧血の原因としては、他の食事を控えることで鉄分が不足したり、吸収が阻害されるといったものが挙げられます。

 

寒天は、食物繊維の宝庫で腹持ちが良く空腹対策に有効です。

 

しかし、それ自体の栄養は少ないので、食事の大部分を寒天に置き換えるとミネラル不足が発生します。

 

貧血はそのミネラル不足による症状の1つで、身体に吸収される鉄分が足りなくなるのが問題です。

 

寒天ダイエットに取り組む場合は、鉄分不足を考えて食事メニューを組んだり、サプリで補う必要があるわけです。

 

腹持ちが良く低カロリーなので、ご飯や麺類といった主食代わりにする人が多いのは分かります。

 

しかし糖質の摂取量が減る分、他の栄養素や鉄分を始めとしたミネラル類も減少します。

 

寒天ばかり食べれば貧血が起こるのも当然ですね。

 

 

基本的な対処法は、食事量を極端に減らさないことです。

 

サプリなどの方法で不足分の栄養をカバーしたり、普段の食事に寒天を取り入れる形で活用することです。

 

幸いなことに、寒天は沢山食べても余分なお肉になりにくいです。

 

そのため、食事量を大幅に制限せずにダイエットに挑戦できます。

 

鉄分だけでなく、銅や亜鉛といった必須のミネラルはどれも元々吸収効率が低い傾向です。

 

それだけに食物繊維の影響を受けやすいので注意が必要になります。

寒天ダイエットのデメリットはめまい

 

寒天ダイエットのデメリットの1つにあげられるのがめまいです。

 

摂取する糖質量が減ってしまい低血糖状態に陥るのが原因です。

 

実際にやってみると分かりますが、主食を抜くと身体に力が入りにくくなります。

 

また、頭もボーッとしてフラフラしやすくなります。

 

これは脳に必要な栄養の糖が不足してしまい、めまいの症状として現れるものです。

 

糖質は体脂肪の材料ではありますが、同時に頭を働かせたり筋肉を動かすエネルギーです。

 

そのエネルギーが不足するわけですから、めまいが起こるのは必然的だといえるでしょう。

 

食べ物に含まれる糖質は食物繊維とくっついた形で一般的に炭水化物と呼ばれています。

 

 

炭水化物は寒天に含まれる食物繊維の影響を受けやすくなります。

 

なので、寒天を沢山摂取すると炭水化物中の糖質の吸収が妨げられます。

 

確かにダイエットとしては理に適っているわけです。

 

ただし、めまいが生じて健康がリスクにさらされる恐れもあります。

 

このように、日常生活に支障をきたすのは本末転倒です。

 

寒天ダイエットでめまいを感じる場合は、寒天の摂取量を減らし意識的に糖質を摂取することが対処法となります。

スポンサーリンク

寒天ダイエットのデメリットは腸内での吸収阻害

 

栄養不足という寒天ダイエットのデメリットも原因はやはり豊富な食物繊維による腸内での吸収阻害です。

 

食物繊維は別名消化されない栄養素といい、胃腸を通って文字通り消化されずに排出されます。

 

消化されない特性によって、糖の吸収を穏やかにして血糖値の変化を緩やかにします。

 

こうして、腸内の汚れをきれいにする働きをします。

 

ところが、食べたものと腸の間に食物繊維が多く存在すると吸収されるはずの栄養が吸収されにくくなります。

 

食物繊維による栄養不足は、寒天だけに限られるものではありません。

 

他のダイエットでも気をつけるべきです。

 

 

なお、ビタミンには水溶性と脂溶性が存在します。

 

ですが、食物繊維を多く摂ると脂溶性を中心に吸収阻害や不足が生じます。

 

脂質の吸収を抑えたり、過剰な糖質や塩分、その他有害物質も阻害されるのは魅力です。

 

しかし、身体にとって欠かせない栄養素まで阻害されてしまいがちです。

 

だからこそ、寒天ダイエットでは寒天量をコントロールして悪影響が及ばないようにバランス良く活用することが大切です。

寒天ダイエットのデメリットは水分不足からの便秘

 

食物繊維が豊富な寒天を食べているにも関わらず、便が硬くなって便秘気味になる場合は水分不足が疑われます。

 

便通の改善に良いとされる食物繊維ですが、水分が不足すると効果を発揮しないことがあります。

 

こうなると、むしろ便を硬くお通じを悪くします。

 

その為、食事に食物繊維を多く取り入れる時は、一緒に水分も意識して普段より多めに飲むことが重要です。

 

対処法といっても、他のデメリットに比べれば特に難しくありませんね。

 

なので、この点は割と簡単に解消することができるでしょう。

 

寒天は、不溶性に加えて水溶性食物繊維の量も多いですから摂りすぎればお腹が下る結果にもなります。

 

 

このように、摂り方1つでお腹の状態が大きく左右されます。

 

やはり、バランスを意識した食事を心掛けたいところです。

 

寒天を1日に大量に摂取しても、期待できる変化量は限られます。

 

デメリットのリスクを高めずに済む、適切な量の摂取を続けるのが理想的です。

 

毎日続けると飽きるという問題は、殆ど味がなくニオイも薄い、無味無臭に限りなく近い特徴によるものです。

 

ご飯のように味や甘みを感じる食材でも変化がないと単品では食べられませんよね。

 

それを毎日食べるとなるときついところです。

 

ただ、裏を返せば味つけの自由度が高く、味つけで変化しやすいことを意味します。

 

寒天ダイエットに取り組んできた人達によって、これまでに膨大なレシピが考案されています。

 

参考にして取り組むことで飽きる恐れは避けられるでしょう。

 

寒天のレシピはいわば、ダイエットに励んできた人達の工夫の結晶です。

 

これを参考にせず対処法として実践しないのは勿体ないです。

スポンサードリンク

寒天ダイエットのメリットや効果

スポンサーリンク

 

寒天ダイエットのメリットは、入手性が良くて価格が安いことです。

 

1ヶ月あたり1千円未満の予算でも始められますよ。

 

またレシピが数多く存在するので、毎日工夫しながら飽きずに続けられる良さもあります。

 

低カロリーで脂質はほぼなく、糖質はごく僅かで気になる塩分も微量です。

 

ビタミン類は殆ど含まれていませんし、ミネラル類も含まれている成分は非常に少量です。

 

つまり栄養の摂取目的には向きませんが、カロリーを気にせずに食べられる魅力は大きいわけです。

 

重さの8割くらいが食物繊維でできているともいわれているので、寒天は食物繊維の摂取に最適な食材です。

 

食物繊維不足を解消しようとすると野菜を中心に沢山の食材を食べる必要があります。

 

しかし野菜は毎食食べるにしても調理の手間やコストが大変ですから中々十分な量を摂取するのは難しいです。

 

その点、寒天は低コストで手間らしい手間はなく、味つけの工夫で美味しく食べられるのがメリットです。

 

なお、料理の食材に使えますし、デザートとの相性が良いです。

寒天ダイエットのメリットは豊富なレシピ

また、いろいろな味が楽しめる豊富なレシピが生み出されているのも頷けます。

 

寒天ダイエットの満腹感は伊達ではなく、かなり腹持ちが良くて長時間空腹を感じずに済みます。

 

ダイエットの切っ掛けでもある現代人の多くが悩む食べすぎは、偏った食事内容や物足りなさが引き金になります。

 

手頃に摂取できて美味しいものに多く含まれる糖質は、食べても食べても満腹感を覚えにくい栄養素です。

寒天ダイエットのメリットは満腹感を感じる効果

 

そこで寒天ダイエットを始めると少量でも満腹感が感じられるようになります。

 

なので、食べすぎを防ぐ結果にも至ります。

 

デザートとして少し多めに食べてしまってもカロリー摂取の罪悪感は殆どありません。

 

そのため、寒天はダイエット中でも気兼ねなく食べられます。

 

ただし、食物繊維の摂りすぎによる低血糖には注意です。

 

適量なら血糖値の上昇が緩やかになって、体脂肪がつきにくくなるメリットと効果が発揮されます。

寒天ダイエットのメリットは善玉菌が増える効果

 

成分はほぼ食物繊維なので、摂取すると腸内にある余分なものを排出してくれます。

 

このように腸内がきれいになって善玉菌が増える効果にも期待できるでしょう。

 

適切に水分補給を行えば、食物繊維が膨らんで便の量が増えたり、腸に対する刺激が発生して便通が促されます。

 

こういったお通じ改善効果も寒天ダイエットの魅力なので便秘がちでスッキリしない人に向いています。

寒天ダイエットのメリットはコレステロール値や血圧を下げる効果

 

コレステロール値といっても若い人にはピンとこない効果かもしれませんね。

 

寒天ダイエットにはコレステロール値や血圧が下がるというメリットもあります。

 

コレステロール値は年齢と共に気になりやすいですよね。

 

意識して抑えないと健康診断で指摘されたり、健康リスクに結びつくことになるでしょう。

 

健康維持に早い遅いはありませんし、若くて健康な内から取り組むのは良いことです。

 

実は血圧を下げてくれるのも寒天の効果で高血圧に悩む人の味方になります。

寒天ダイエットをおすすめする理由

 

寒天ダイエットには気になるデメリットもありました。

 

ですが、大抵は解決できる問題ですし、メリットの方が多く上回ります。

 

このようなことからも、寒天を恐れたり避ける必要はないです。

 

むしろ、上手く食生活に取り入れて活用すると健康に役立つ幅広いメリットの恩恵が受けられます。

 

しかも誰にでも挑戦できる余地があるので一度は試して寒天の魅力を実感してみることをおすすめします。

 

デザートや間食代わりに食べるだけでも寒天ダイエットの効果が発揮される可能性は高いです。

 

あまりダイエットを意識せずに済むところもおすすめする理由です。

 

努力や我慢をしている感覚とは無縁の食生活で、無理なくダイエットの成果が手にできるはずです。

勿論、寒天を食べるだけでどんどん痩せるほど簡単ではないです。

 

食事を見直したり軽く運動するなどの取り組みは必要です。

 

それでも他のハードなダイエットに比べれば寒天ダイエットはかなり楽です。

 

新しいレシピを考えたり既存のレシピをアレンジして楽しむ方法もあります。

 

こうして料理の楽しみが充実するのも寒天ダイエットの魅力ですね。

寒天ダイエットのおすすめレシピ

寒天ダイエットでおすすめのレシピといえば、簡単に作ることができて大人も子供も楽しめる牛乳寒天です。

 

500mlくらいの牛乳に粉寒天を加えて鍋を火にかけ、沸騰してきたら数分かき混ぜて寒天を溶かします。

 

焦げないように気をつけつつ溶かしたら、火を止めてそこに砂糖やはちみつを加えます。

 

混ぜて適当な容器に入れて冷やすと固まるので、後は食べやすい大きさに切って完成です。

 

粉寒天は4人前で8gがだいたいの目安です。

 

そのため、量を倍にすると固めに、半分だとかなり柔らかめになるのでそこはお好みです。

 

それと、冷やす前に容器に果物を加えれば、簡単な作り方とは思えない美味しいデザートになります。

 

冷蔵でも長期保存には向きませんが、2~3日の間は美味しく食べられます。

 

なので、前日におやつ用に作っておくこともできるでしょう。

わらび餅風寒天のレシピ

和風のデザートを楽しむなら、きな粉と黒蜜でいただくわらび餅風寒天もおすすめです。

 

レシピは適量の粉寒天と水を用意して、水に加えた粉寒天を火にかけて沸騰させます。

 

分量の目安は水350ml粉寒天2gですが、粉寒天の量を変えることで好みの食感にできます。

 

寒天はそのままだと味が殆どありませんから火にかける時に塩と砂糖をひとつまみずつ加えて味を調えましょう。

 

寒天ダイエットの料理は、粉寒天を完全に溶かし切ることが美味しくて喉越しの良い食感に仕上げるコツです。

 

寒天が良く溶けたら火からおろし、厚みのある容器に流し入れて冷蔵庫で冷やします。

 

十分に冷えたら1cm角くらいの大きさに切り分け、器に盛りつけた上に粉と黒蜜をかけます。

 

黒蜜のカロリーが気になる場合は、低カロリーのシロップに置き換えることもできます。

寒天味噌汁のレシピ

寒天味噌汁は、味噌汁に糸寒天や棒寒天を加えるだけという、簡単レシピの料理です。

 

寒天の分量は適量ですが、食べる量に合わせて1人前あたり2g~10gほど用意します。

 

予め寒天を水に浸けておき、柔らかくなったら水気を切って食べやすい大きさに切ります。

 

デザートのように固める目的で使うわけではないので、多少多めに加えても大丈夫です。

 

味噌汁自体は普段通りに、好みの具材と味つけで仕上げます。

 

寒天を加えるタイミングは味噌汁が完成する直前で、熱い内にいただくことをおすすめします。

 

余った寒天はサラダに加えても良いので、割と何でも色々な組み合わせが試せるでしょう。

 

食事の最初に寒天を胃腸に入れると食物繊維が広がって糖質の吸収が抑えられます。

 

なので、ダイエット目的で寒天を食べるなら一口目を意識して摂取しましょう。

寒天ダイエットのデメリットの原因と対処法?メリットや効果も解説!のまとめ

 

寒天ダイエットのデメリットの原因と対処法は、食物繊維の多さが原因です。

 

これについては、摂取量や摂り方で対処できます。

 

貧血やめまい、栄養不足に便通の悪化というデメリットはあります。

 

これらの多くは寒天の摂りすぎが問題です。

 

1日3回、1回あたり2gくらいの摂取量なら特に問題はないので、この量を目安に加減しましょう。

 

水分不足は便秘の引き金になりますから、水分摂取も意識的に心掛けることが大事です。

 

メリットや効果は豊富で、価格が手頃な上に誰でも始めやすく低カロリーなので罪悪感が少ないなどがあります。

 

レシピは既に沢山ありますし、デザート系のレシピが充実しています。

 

なので、毎日おやつ代わりに楽しめるでしょう。

 

食物繊維不足が簡単に補えるので、血糖値の上昇が緩やかになります。

 

また、過剰な塩分や有害物質排出の効果が得られます。

 

腸内環境がきれいになり、善玉菌が棲みやすく増える環境に変わってきます。

 

そこもまた寒天ダイエットの魅力的なメリットや効果の1つです。

 

おすすめレシピは定番の牛乳寒天やわらび餅風寒天、寒天味噌汁の3つで、どれも美味しくヘルシーです。