ゴールデンウィークの新幹線の予約ですが2019年は10連休ですよね。

 

ゴールデンウィークに新幹線に乗る

 

毎年、この時期は帰省や旅行で新幹線を利用する人々で混雑しています。

 

今年は10連休ということで更なる混雑が予想される状況なことは間違いないです。

 

新幹線を利用して実家に帰ったりお出かけしたりする予定のある方は大変ですね。

 

そのため、ゴールデンウィーク(gw)中の新幹線の混雑ピークはいつなのか把握しておくことです。

 

こうすることで新幹線の予約や混雑予想、ピーク時の対策を立てることもできますね。

 

早めに予定を立てることで、ゆっくりと新幹線で過ごすことができるようになります。

 

スポンサーリンク

 

2019年ゴールデンウィークの新幹線の予約方法

「新幹線の予約を行ったことがある」という方は、けっこう多いかもしれませんね。

 

 

何日前からゴールデンウィーク(gw)の新幹線の予約することができるのか?

 

という点を知らない人は多いです。

 

2019年は、10連休ということもあり対策としては早いうちから新幹線の予約を行ったほうが良いでしょう。

 

間際になってしまうと予約が取れない可能性がとても高いです。

 

また、長期休暇以外のときに新幹線を利用する場合はどうすれば良いのでしょう。

 

新幹線の指定席

 

予約開始後すぐに席を取らなければ指定席が取れないといったことはありません。

 

ですから、普段のお出かけで新幹線の予約開始日を気にする人は少ないといえます。

 

そもそも、新幹線の予約は指定席の特急券を購入することにより予約が成立する仕組みです。

特急券の購入で注意すること

同じ特急券でも自由席のものを購入した場合はとうぜん自由席となってしまうので注意してください。

 

 

指定席の場合は、乗車券と合わせて指定席の特急券を購入することで指定席を予約することができるのです。

 

乗車券しか購入していなければ、新幹線に乗ることはできません。

 

新幹線に乗車するためには乗車券と特急券の2種類のチケットが必要となります。

 

さらに指定席の場合は特急券を指定席用のものにする必要があるのです。

 

乗車券と特急券を同時に購入する必要はなく、乗車日までに購入しておけば問題ありません。

ゴールデンウィークは事前に購入

ゴールデンウィーク(gw)のときは、みどりの窓口も混み合います。

 

 

そこで、どちらとも事前に購入しておくことがおすすめです。

 

新幹線の予約は、乗車日の1ヶ月前の朝10時から行うことができます。

 

2019年のゴールデンウィーク(gw)は4月27日の土曜日から始まります。

 

そのため、初日に乗車するのであれば3月27日の水曜日に購入することが可能です。

 

それ以降も、4月28日は3月28日に、4月29日は3月29日に予約することができます。

 

なお、最終日の5月6日に乗車する場合は4月6日に予約できます。

 

スポンサーリンク

新幹線の切符の事前受付とは

さらに1週間前から事前に申し込みを行うことができるサービスもあるんです。

 

新幹線の切符

 

新幹線切符の事前受付事前申込サービスを利用することです。

 

これにより、発売日のさらに1週間前から予約を行うことができます。

 

事前受付を利用するのであれば、4月27日に乗車する場合は3月20日に申し込むことができます。

 

乗車日が1日ずれるごとに事前受付日も1日ずつずれるので間違えないように注意しましょう。

 

新幹線に乗車する日にちが決まっているのであれば予約が始まったら急ぐべきです。

 

座席の問題など、あとで後悔しないようすぐに指定席の特急券を購入することをおすすめします。

 

指定席の特急券を購入するときには、好きな席を指定することができます。

 

早めに予約を行えば、比較的好きな席を選びやすいです。

新幹線を複数人で予約する場合

 

10連休を家族そろって利用する場合や友達、グループなど複数人で利用する場合もありますね。

 

この場合でも予約が遅くなっても席を確保することは可能です。

 

ただし、気を付けなければいけないのがバラバラの席になってしまうことがあるということです。

 

せっかくのお出かけですので、一緒に行く人と席が離れ離れになってしまうのは寂しいものですね。

 

新幹線で目的に応じた希望の席に座りたい場合

 

ゴールデンウィーク(gw)は目的に応じて希望の席を選びたいという人もいるでしょう。

 

1人で乗車する場合でも景色をゆっくり楽しみたいものですよね。

 

スムーズにトイレに行きたい、車内販売を利用したいのであれば通路側などが良いです。

 

また、コンセントを気兼ねなく利用したいのであれば窓側がおすすめです。

 

 

これらも予約が遅くなれば遅くなるほど利用しづらい席が残りがちです。

 

経験上、特に3列シートの真ん中の席が残るケースが多いですね。

 

長時間知らない人に挟まれて居心地が悪かったと失敗してしまう人も少なくありません。

 

何人かで利用するとしても早いうちから予約しておけば希望に合った座席の予約を取る可能性が上がります。

2019年ゴールデンウィークの新幹線の混雑予想やピークはいつ

2019年のゴールデンウィーク(gw)は例年よりも休みが長いです。

 

 

そのため、混雑状況のピークが予想しづらいと感じている人も多いのではないでしょうか。

 

混雑予想は時間日にちといった2つの観点から行うことができます。

 

休みが長い場合であっても、これらを考慮することです。

 

いつ新幹線が混みやすいか予測することができます。

 

そして、両方を意識して混雑の状況を予想しておくことです。

 

こうしておけば、ピークを避けての乗車が可能となります。

 

ゴールデンウィークで新幹線の具体的なピークはいつ

まず、ゴールデンウィーク(gw)に新幹線の混雑がピークになる時間帯は10時から15時頃だと言われています。

 

 

小さな子供がいる家庭の場合は早朝からの移動が難しく、お昼前後の利用になりがちです。

 

また、新幹線の乗車駅と家が離れている場合も駅まで移動している間にお昼前後になってしまうというケースが多いです。

 

それだけではなく、移動中に食事を楽しみたいという人が、敢えてお昼どきを狙って乗車するケースもあります。

 

そのため、ホテルのチェックインの関係でお昼頃に出発するという人も沢山います。

 

 

このように様々な理由からお昼頃に乗車する人が多くなります。

 

混雑のピークを避けたいというのであれば早朝や夜遅い新幹線の利用がおすすめだといえますね。

 

お昼の時間帯は自由席が混雑するだけではなく、指定席の予約も非常に困難です。

 

早めに指定席を確保しておかなければ、指定席はすべて埋まっているという可能性も高いでしょう。

 

早朝と夜遅い時間帯であれば、お昼よりも予約は取りやすいといえます。

 



 

日にちに関しては、帰省ラッシュUターンラッシュを考慮しなければなりません。

 

帰省ラッシュの混雑状況のピークは、4月27日と4月28日の2日間であると予想されます。

 

なお、新幹線の混雑のピークといえば、年末年始もそうですよね。

 

こちらについては、下記の記事で詳しく紹介してみましたので是非参考にしてみてください。

 

新幹線でのUターンラッシュはいつ

例年のことですが長期休暇の初日に帰省するという人は多いものです。

 

 

2019年は4月27日の土曜日からゴールデンウィーク(gw)が開始します。

 

なので、開始に合わせて帰省するという人が非常に多いと予想されます。

 

そこを踏まえると27日から28日が帰省ラッシュのピークになるでしょう。

 

人によっては26日に有給休暇を取得していたり、開始前日の夜に帰省したりするという人もいます。

 

まだゴールデンウィークが始まっていないから予約できるだろうと安易に考えないことです。

 

 

やはり、26日に乗車する場合でも早めに予約しておくことがおすすめです。

 

また、Uターンラッシュは5月4日から5月6日だと予想できます。

 

特に最後の2日間は非常に混雑することが予想されます。

 

例年であれば乗車率120パーセントを超えていることも珍しくありません。

 

最終日近くのピークを避けるために、敢えて早めにUターンする人も多いです。

 

そのため、4日頃から混雑すると思っておいた方が良いでしょう。

長期休暇でも混雑が分散されないのはなぜ

ゴールデンウィーク(gw)は、休みが長ければ長いほど新幹線の混雑や移動も分散されるのでは?

 

 

こう安易に考えている人もいるかもしれません。

 

しかし、多くの人に同じような休暇が与えられるため、移動パターンも似てしまいます。

 

ほとんどの場合は休暇の開始に合わせて遠出し、休暇が終わる頃に自宅へ戻るというパターンです。

 

ですから、休みが長いからといって混雑状況が分散される可能性は低くいです。

 

むしろ長期休暇を利用して出かける人が増えるため混雑がひどくなる可能性が高いです。

 

 

油断していると帰りの新幹線で座ることができず、くたくたになってしまうこともあり得ます。

 

楽しかった長期休暇の10連休も終われば、会社や学校へ行かなければなりません。

 

ゴールデンウィーク(gw)の最後に移動で大変な思いをすると大きな疲れが出てしまいかねません。

 

こうなると、仕事や勉強に集中することができなくなる恐れもありますね。

 

もしかしたら体調を崩してしまい会社や学校を休まなければならない人も出てくるかもしれません。

 

そうなってしまえば、せっかくの楽しかった思い出も台無しですね。

 

このような事態を避けるためにも混雑のピークを予想し対策を立てることが必要だといえるでしょう。

 

結び

2019年のゴールデンウィーク(gw)の新幹線の予約についての記事は、お役に立てたでしょうか?

 

混雑予想やピークはいつで、その対策についてもお分かりになりましたか。

 

この章では、記事のここまでをまとめた要約を載せておきますね。

 

 

まずはじめに、2019年のゴールデンウィーク(gw)は10連休と非常に長いことが影響します。

 

そのため、例年よりもさらに大変な新幹線の混雑が予測されます。

 

特にゴールデンウィークが開始する4月27日と翌日の28日は、帰省ラッシュになると予想できます。

 

5月4日から6日にかけてはUターンラッシュとなる可能性が高いです。

 

例年の混雑状況を考慮しても、特にお昼頃の乗車率がピークになるでしょう。

 

新幹線の混雑状況のピークはいつであるのか確認しましょう。

 

こうして混雑予想を知っておくことで対策をとることができます。

 

 

新幹線の予約は1ヶ月前から行うことができ、事前申込はさらに1週間前から利用可能です。

 

快適な新幹線の旅を実現したいのであれば、早めに特急券の座席指定を行っておくようにしましょう。

 

スポンサーリンク