お盆の新幹線の予約や混雑状況についての対策はお済みでしょうか?

 

 

2019年のこの時期は間違いなく混雑することが予想されます。

 

またそのピークはいつなのかも気になるところですね。

 

また、少しでも帰省ラッシュUターンラッシュを有利にかつスムーズにしたいですね。

 

そこで席取りや各手続きを確実に行うことが必要となってきます。

 

そのための予約の仕方ピーク時の対策などをここで詳しく解説していきますね。

 

スポンサーリンク

 

2019年お盆の新幹線の予約方法

お盆の新幹線の予約は、2019年に限らず混雑予想やピーク情報を参考にすることが肝心です。

 

 

こうして対策を行って快適に移動することがポイントとなります。

 

大切なのは、ピークが発生するタイミングと、いつ頃から混雑し始めるかの2点です。

 

この2点を押さえることによって新幹線の予約を取るべく日時とチケットを確保するタイミングが分かります。

 

お盆の新幹線の予約ですが混雑そのものは仕方がないとしても、ピークを避けるだけでかなり違ってきます。

 

それにより普段よりも快適性がアップする可能性もあります。

 

チケットの取りやすさにも関係してくるので、やはり早めにお盆について考えることが重要ですね。

 

お盆の新幹線を予約するには、2019年も例年と同じく複数の予約方法でチケット確保を目指すことができます。

インターネット予約

インターネット予約は最も簡単な予約方法の1つで、JRが提供するえきねっとが有力な選択肢となります。

 

 

えきねっとは空席のチェックやチケット予約が簡単で路線と乗降車駅を選択したり

 

利用希望する日時を指定するシンプルさです。

 

乗車日時乗り換えの回数所要時間まで、誰もが知りたい情報が手に取るように分かるのも魅力です。

 

会員サービスなので登録は必要ですが、空席の照会から予約まで簡単ですから

 

使い方を覚えておいて損をすることはないでしょう。

 

利用日の1ヶ月前から予約可能なので、比較的早い段階で予約を完了できる可能性があります。

みどりの窓口

新幹線のチケット予約といえば、やはり各駅にあるみどりの窓口も狙い目です。

 

 

窓口では希望する条件を伝えることによって、その場で席を確保できるのがポイントです。

 

こちらも利用の1ヶ月前から予約できますし精々15分ほど並ぶくらいで予約が済むケースも少なくないです。

10時打ち

また、みどりの窓口には10時打ちという裏技があります。

 

これは、早めに並んでチケットの希望を伝えることで申し込み開始の10時ジャストに手続きしてもらえます。

 

ただし、JR公式のサービスではなく、どの駅でも対応してもらえるとは限らないです。

 

そのため事前に確認しておくことが必要ですが、10時打ちが利用できれば高確率で予約が取れます。

事前予約

2019年お盆の新幹線予約方法にはもう1つ、事前予約というやり方もあります。

 

 

より確実な予約を狙うならこちらもおすすめです。

 

事前予約とは、チケット予約の1週間前に始まる予約のことで、

 

インターネットやみどりの窓口に旅行代理店でも提供されます。

 

事前予約は10時打ちとの併用が可能ですから、相乗的にチケットが取れる予約方法として役立ちます。

 

駅の窓口ではなく券売機でも新幹線の予約はできます。

 

しかし手動の操作があるので少し手間が掛かります。

 

ただ、操作に慣れれば難しくないですし並ばずに予約が取れる可能性もあります。

 

この方法は、忙しくて並ぶ時間がない時に使えます。

パッケージツアー

あれこれ予約方法を試しても新幹線の予約ができないときの対策を紹介します。

 

 

そういう時は、旅行会社のパッケージツアーが狙い目です。

 

といってもツアーを予約するわけではなく、出発当日の前日に放出されるキャンセル分の席が目的です。

 

出発の1週間から10日前にキャンセルが出やすいので、

 

このタイミングを狙って予約確保に挑戦するのが良いでしょう。

 

勿論、旅行会社が提供する宿泊とセットのチケットも予約手段なのでホテルに泊まる予定なら悪くない選択です。

 

スポンサーリンク

2019年のお盆の新幹線の混雑予想やピークはいつ

2019年のお盆期間は、8月10日土曜日から18日日曜日までの最長9連休です。

 

 

勿論、全ての人がそうとは限りません。

 

有給休暇を取って実家に帰りお盆を長く過ごす、そういう人が少なくないと思われます。

 

そうしたことからも新幹線の混雑ピークはやはり連休初日の8月10日と翌日11日の2日間が混雑予想されます。

 

また、Uターンが発生する16日から18日の間も、同様にピークが発生するものと考えられます。

 

8月19日は月曜日なので、この日の出社に間に合うように新幹線を利用する人が増える、

 

このように混雑予想が行なえます。

 

2019年のお盆の新幹線ピークはいつかというと帰省ラッシュが8月10日11日にピークを向かえます。

 

そして8月16日から18日までにUターンラッシュが起こる見込みです。

 

 

乗車率が通常比の150%になったり200%近くになるケースもあるので、

 

なるべくピーク時の利用は避けたいところですね。

 

その為、日にちをずらして帰省を行うか、帰宅を早めて帰路につくのがベストということになります。

 

当然ながら、お盆期間中はピーク日以外でも乗車率が上がる可能性が高いので、

 

そのため決して油断することはできないです。

 

 

しかし、ピーク中に移動を行うよりは、だいぶ楽に新幹線の席まで移動したり、乗り降りが行えるはずです。

 

ピークといえば発生する時間帯も気になるところですが、

 

一般的にはお昼前に混雑が始まり、午後3時頃まで利用客が増える傾向です。

 

つまり、10時頃に客足が増えて混雑し始め、お昼を過ぎてもしばらくの間はピークが続くということです。

 

お盆期間の初日8月10日も同様に、お昼を目掛けて利用率がアップしますから、

 

それよりも前に新幹線に乗って移動を済ませるのが無難です。

 

 

ただ、ピークを過ぎれば少し落ち着いてきます。

 

夕方以降であればお昼前後と比べて比較的楽に移動できるでしょう。

 

小さな子供を連れて帰省する場合は特に混雑予想のピークを避けて利用を行うのが理想的です。

 

ピークはいつ起こるか、それは例年の混雑状況から大体予想できるので、

 

後は予想結果を参考に帰省日時を決める形となります。

 

ピークを避けて夜の移動を考える人もいます。

 

 

しかし、誰もが同じような考えに至りますから、

 

夕方以降でも普段通りの快適な移動ができるかといえば難しいです。

 

やはり、根本的に混雑を避けるなら、日にちを早めて帰省する、

 

もしくはピーク以降の日にちを狙って利用するのがベストです。

 

乗車を早めれば予約のタイミングも早まるので早期に利用日を決めて予約を済ませるようにしましょう。

 

2019年のお盆の新幹線が混雑するピークのときの対策

2019年のお盆で新幹線が混雑するピークに遭遇した場合は、席の場所を把握して最短ルートで目指すことです。

 

 

迷ってしまうと余計な移動が発生して疲れるので、

 

できるだけ無駄な労力を使わないように席を目指して向かうのが賢明です。

 

また、荷物が多いと移動の邪魔になりますから、最小限に減らして荷物を軽くする対策が必要です。

 

泊まりを前提としたお盆の帰省は、着替えを含めて何かと荷物が増えるので、お土産も買うとなると大変です。

 

その為、あまり大きな物は買ったり持ち歩かないようにするのが混雑するピークの新幹線における事前の対策となります。

 

何かを買って持参したい気持は共感されます。

 

しかし、荷物が増えれば邪魔になるのも事実です。

 

現地で調達できるものは持ち歩かない、これが2019年のお盆の新幹線が混雑するピークに備える基本です。

 

次に、混雑中にお店の利用は難しいですから、必要なものは前もって用意しておくと安心です。

 

水分補給は特に大切なので、ペットボトル飲料を1本買って持っておくと便利です。

 

 

ただ、あまり水分を摂り過ぎると今度はトイレの問題があります。

 

そのため、少量ずつ小まめに飲むのがコツだといえます。

 

子供は急にトイレに行きたいと言い出すのが定番なので念入りに尿意を確認した上で早めにトイレを済ませてしまいましょう。

 

お盆の混雑するピーク期間中は、2019年も例年と同様に移動の自由が制限されてあまり身動きが取れなくなります。

 

ですから、混雑するピーク日は避けられるならなるべく避けることです。

 

時間帯も工夫してお昼前か夕方以降にするのが良いです。

 

移動日を変えることが難しい場合もありますね。

 

あるいは予想外のピークに遭遇してしまった場合は、余裕を持った行動で対策する必要があります。

 

 

少なくとも、席取りになる自由席よりも予め決められている指定席のチケットを予約するのが対策の最低ラインです。

 

自由席はその場で座る席を決める形となるので無用な混雑に巻き込まれてしまう恐れが強いです。

 

ところが、指定席なら最初から目標が決まっています。

 

なので余計なことに頭を悩ませたり移動で疲れてしまうことがなくなります。

 

いかにして快適に利用するか、それを考えて賢く新幹線を予約するかです。

 

ピークに備えて当日に利用を行うのが、混雑で苦労しない為のコツです。

 

混雑自体は解消のしようがありません。

 

そこで、新幹線を利用する側で工夫を行い少しでも快適性を高めるのが現実的かつ合理的です。

 

2019年のお盆の新幹線でのUターンラッシュはいつ

2019年のお盆の新幹線でUターンラッシュを迎えるのは、最終日の8月18日と前日の17日です。

 

 

8月17日は月曜日で最終日の翌18日が日曜日なので、

 

19日月曜日の出勤や登校に合わせてUターンラッシュがピークを迎える形です。

 

勿論、確実性を重視して早めに帰路につく人も出ます。

 

8月16日金曜日頃からUターンラッシュの兆候が見られると思われます。

 

なお、2019年お盆の新幹線Uターンラッシュはいつかは最終日を含む2日間が該当するというのが答えになります。

 

ただ、例年は複数回Uターンラッシュのピークを迎えることが多いです。

 

このため、お盆行事を終えて早く帰ろうとする人達がUターンし始めます。

 

 

最初のラッシュが始まるのはいつか、この疑問にはお盆の最終日が答えのヒントに浮上します。

 

2019年のお盆期間は8月10日土曜日から18日の日曜日までですが、地域によっては15日木曜日が最終日です。

 

15日が最終日の地域では、この日を境にUターンが始まります。

 

そして、やがてラッシュで混雑し合う状況が発生します。

 

最終2日間が混雑するのは当然として、その前の木曜15日金曜16日も、新幹線の利用者は増えるといえるでしょう。

 

この為、混雑を避けるには早めに帰宅する準備を整えるか、最終日以降に帰宅を遅らせる必要があります。

 

一般的には、新幹線の混雑を理由に仕事や学校を休むのは難しいです。

 

このため、日時を工夫して対処するのが現実的です。

 

 

実家でのんびり過ごしたい、これは誰もが考えることです。

 

こうした理由で連休の後半に利用者が殺到してしまいます。

 

こういったパターンは、2019年に限らず毎年起こる状況です。

 

言い換えればあまり変わらないということになります。

 

しかし、だからこそパターンを読んで混雑を避けたり上手に新幹線を利用して快適に帰ることが肝心です。

 

混雑する時間帯は午前10時前後から夕方17時頃までです。

 

できれば、この間の利用は控えた方が賢明です。

 

午前の早い時間帯に乗車するか、夕方以降なら混雑が少し緩和されます。

 

このように、混雑が発生するといっても時間によります。

 

それでも乗車率の高い時間は常に混み合う感じなので、ほぼ1日中混むと捉えても間違いではないです。

 

短期集中的に多くの人が移動する以上、帰宅する人の動きも同じようなパターンになります。

 

そのため、行きも帰りも特定の日時に混雑します。

 

週末は普段も混み合いやすい曜日です。

 

2019年は丁度最終日が重なっているので高い確率で混雑のピークが発生すると考えられます。

2019年のお盆の新幹線の自由席に当日でも座れる攻略方法

2019年のお盆の新幹線で、当日でも座れる自由席を求めるなら攻略方法をチェックするのが基本です。

 

 

自由席のチケットを購入して席に座れない理由は、乗車率が高まって乗客数が席を上回ってしまうからです。

 

この点、指定席は予め決められた数だけ販売されるので当日座れない状況はまず発生しないです。

 

ところが、自由席は制限なく販売が行われますから、

 

乗客が増えれば増えるほど席が不足することになり得ます。

 

自由席でも当日座る為には、なるべく利用者の少ない日時を選ぶことです。

 

そして早めに席を確保する2点がポイントとなります。

 

帰省ラッシュやUターンラッシュが発生する日時は、それだけ乗車率が上がる見込みがあって席の確保が難しくなる恐れを強めます。

 

その為、お盆の連休初日や最終日は避け、少し日にちをずらして座れる可能性を高めるのが理想的です。

 

 

一方では時間も大切な要素で、1日の利用者がピークに達する正午前後に目掛けて新幹線に乗るのは間違いです。

 

乗車率のピークは、一度発生すると夕方まで続きますから

 

確実な席の確保を目指すなら午前の早い時間帯が狙い目になります。

 

夜も乗車率は低下するので攻略方法としては夕方以降の乗車も間違いではないです。

 

このことからも初日と最終日を除けば十分にありです。

 

乗車する駅選びもまた攻略方法のポイントです。

 

利用者の多い駅よりも手前で乗る、これが自由席を確保する要点です。

 

乗客の乗り降りは、どの駅でも同じように行われるわけではなく、駅によって利用者数に違いがあります。

 

 

当然ながら大きい駅ほど混雑が発生しやすく、一気に乗車率が上がる可能性を秘めています。

 

新幹線に限りませんが、起点駅に近ければ近いほど席が空いています。

 

この傾向は2019年のお盆であっても変わらないでしょう。

 

つまり起点駅を利用する人は最も座れる見込みがあります。

 

なお、2駅3駅と進むほど席が埋まり座りにくくなるわけです。

 

攻略方法を2019年のお盆に当てはめると混雑が控えめな日時を選びましょう。

 

そのため、起点駅かそれに近い駅で早めに乗車するのが正解となります。

 

8月10日と11日、それに17日と18日は混み合います。

 

この4日間は避けた方が良いでしょう。

 

時間は午前10時よりも前がベストです。

 

また、可能なら9時前には席を確保したいところです。

 

駅では、新幹線の入口付近に並び、窓際の席を一目散に目掛けて座るようにすることです。

 

これも当日でも座れる確率を挙げる攻略方法です。

 

また、乗車口によって並ぶ人の数が違ったりします。

 

このように少なめな場所を探して並ぶのも悪くないです。

結び

お盆の新幹線の予約は、JRのインターネット予約サイトと各駅のみどりの窓口に、券売機や旅行会社で行えます。

 

 

予約は1ヶ月前に始まるので、このタイミングを目掛けてチケットを確保するのが目標となります。

 

一方、2019年お盆の新幹線の混雑予想やピークはいつか?

 

それは8月10日から18日までの期間中、11日12日と、16日から18日までの2回が答えとなります。

 

時間帯はお昼前の10時頃から15時頃までなので、この時間帯の利用は避けたいところです。

 

対策の基本はピークを避け、そして早めに予約を済ませて席を確保することです。

 

荷物は少なめにしつつ、水分補給のペットボトルを1本持ち歩き、トイレは早めに済ませておくのが理想的です。

 

更に、自由席よりも指定席の方が席を選ぶ手間を省けたり目指す目標が明確になるので、予約する席の種類も大切です。

 

2019年のお盆の新幹線でUターンラッシュがくるのは、最終日の8月18日と前日の17日です。

 

8月17日は月曜日で最終日の翌18日が日曜日のためです。

 

19日月曜日の出勤や登校に応じてUターンラッシュがピークとなるイメージです。

 

勿論、確かさを優先して迅速に帰る人も出てきます。

 

そのため、8月16日金曜日頃からUターンラッシュの兆しが起こると言えます。

 

自由席であろうとも当日座ることを狙っているなら、できるだけ利用者が多くない日時を選択することです。

 

あるいはできるだけ早く席を押さえるという2点がカギとなってきます。

 

 

帰省ラッシュやUターンラッシュが起こる日時は、そのくらい乗車率が上がるおそれがあって席のゲットが困難になる傾向です。

 

スポンサーリンク