新幹線の座席の倒し方とマナー!後ろの人への声がけの仕方と注意点?

雑学

新幹線で注目されるマナーといえば、座席リクライニングの倒し方がその1つですね。これには、声がけと後ろの人に対する配慮が問われますね。ただ、座席を倒す際に一声変える必要がないという意見も多数あります。

 

しかし、無断で座席を倒すのはマナー違反という意見もまた多数あるのも事実です。そこで、注意点を理解した上で新幹線の座席を扱うようにすると無用なトラブルを引き起こさずに済みます。

 

倒し方とマナー、その2つの理解が快適な新幹線の利用に繋がるので誰もが覚えたり心がけたいものです。案外気にせず倒してしまっている人がいるのも現状です。マナーはお互いが快適に過ごせる妥協点を見出すものなので覚えておいて損はないといえるでしょう。

 

一方的なエゴの押しつけは、本人が良くても周囲は迷惑しますから無神経にならないように気をつけたいところです。ここでは、新幹線の座席の倒し方やマナーについて紹介していきますね。

新幹線の座席の倒し方

新幹線の座席の倒し方は、肘かけについているボタンを押しながら背もたれに体重をかける形です。比較的古い路線の車輌だと、ボタンではなくレバー式のものもあります。ですが、現在の多くの車輌はこのボタン式を採用しています。

 

背もたれの後ろにテーブルがついている場合は、勢い良く倒すと上の物が落ちてしまう恐れがあります。そのため、ゆっくりと体重をかけて角度を変えるのが注意点となります。そもそも急に背もたれが自分の方に倒れてくると驚きますね。

 

また、圧迫感を覚え兼ねないので自分が倒す場合は後ろの人に配慮しましょう。ただ、背もたれを倒してもテーブルは水平を保つように設計されています。

このように勢い以外で物が落ちる心配はないです。それでも振動で後の席の人の飲み物がこぼれると大変です。やはりゆっくりと少しずつ倒す倒し方こそが新幹線の座席の正しい扱い方だといえます。

 

後ろの人と関わりたくない、でもトラブルも避けたいのであれば予め早めに倒しておくのが1つの方法です。これなら迷惑をかける心配が少なくトラブルを招く恐れも最小限にできますね。

しかし逆にリクライニングされたくない場合は、先頭の座席を確保するやり方で回避できます。このテクニックが使えるときはとても効果的です。更に、近年はネットで座席指定で予約できるようになっていますから以前と比べればハードルが低くなっています。

 

新幹線ではこのようにリクライニングに関する注意点があります。倒し方1つで相手の印象が大きく変わることを念頭に置いておくのが賢明です。

リクライニングの機能自体は使い方が簡単ですし誰でも一度使えば覚えることができます。今まで使ったことがなくて抵抗感がある人も使い方とマナーを頭に入れておけば不安なく活用可能です。倒すときはゆっくりを心がける、できれば前もって済ませておくことです。

 

同様に、戻す場合も勢いをつけずにゆっくりと戻すことです。これができると相手も自分も快適に過ごすことができますね。機能はとてもシンプルですが使い方によってときに迷惑をかけます。相手が存在している場合は配慮した倒し方が必要ですね。

新幹線の座席を倒すときのマナー

新幹線の座席を倒すときのマナーで注意することは、後の席への配慮です。まず、後ろの人がテーブルを出していたりテーブルに飲食物を置いている可能性が挙げられます。少なくともゆっくりと角度を変えるのが必要最小限のマナーです。

 

勢い良く倒してしまうとテーブルが相手の身体に当たる可能性もあります。もしくは食べ物が床に落ちたり飲み物がこぼれる恐れがあります。ゆっくりと倒すようにすれば、これらの問題は起こりませんし相手に不快な思いをさせずに済みます。

勿論、座席が迫ってくる圧迫感は別問題なので、そこは別のマナーで対応する必要が出てきます。厳密には、新幹線の座席を倒すときに相手に許可を求める必要はないです。ですが、座席を倒しますと告げてから倒すようにすると相手を驚かせたり不快にさせる心配がなくなります。

 

このようにマナーを守ると相手トラブルになるようなこともなくなりますね。また、自分も新幹線の乗車中にリラックスしながら過ごすことができます。時折マナーを過剰と言う人もいますが、私はやはり最低限の気遣いは必用と思います。

コミュニケーションに挨拶があるように新幹線の座席の扱いにも一定のルールが存在します。例えば、前部座席の人が後に注意することを無視して座席を倒された場合を想定すると自分も怒りを覚えることに気がつけるはずです。

 

当然ながら座席のリクライニングはその人の権利に基づきます。しかし、事前に一言あるのとないのとでは、相手が受ける印象ががらりと変わります。多少角度をつけるくらいであれば、何も告げなくても怒られる心配はないかもしれません。

 

ただ、フルリクライニングをするなら後の席の人に一言告げるのがマナーですね。これは鉄道会社も呼びかけているマナーです。

多少面倒に感じても一言席を倒しますと伝えるのが無難です。地下鉄の座席のように新幹線の座席も譲り合いの気持ちが基本です。自分のことばかりを考えて行動すると迷惑に感じる人が出てきます。

 

譲り合いといってもそれほど難しいことではなく一言告げて新幹線の座席を倒す程度です。相手が拒否してきたら話し合いや乗務員の仲裁が必要となります。

ですが、大抵はどうぞと言ってリクライニングを許してくれます。仮に無言で倒して何も言われないとしても相手は黙っている場合でも不満を覚えている可能性もあります。

 

終始気持ち良く、最後までノートラブルで新幹線を利用したいなら、たった一言でも伝えることをおすすめします。座席を倒す際に一言付け加えるだけでトラブルのリスクが大きく下がります。

なお、靴を脱いだり足を座席の背もたれに投げ出すのは論外です。相手にとっても自分にとっても、結局のところはそれが無難です。そのため、一言声をかけてから、ゆっくりとリクライニングしましょう。

新幹線の座席を倒すとき後の人への声のかけ方

新幹線の座席を倒すなら、後ろの人に対して「リクライニングします」と伝えるのが良いです。声がけの仕方といっても、別段特別なことはありません。これから行うことを簡潔に伝えるだけです。

 

厳密には、許可を求める必要はありませんし相手に遠慮することも不要です。念の為周知する意味で注意することとして、一言声をかける心がけがマナーになります。

相手が眠っている場合

相手が眠っている場合は何も言わない方が結局は良いマナーを守る結果に繋がることもあります。相手に声をかけるか否かは状況によりますから眠っているなら何も言わず新幹線の座席を倒すのがベターです。

 

本当は、起きている間に伝えるのが最も良いので座席に座ったら早めに伝えた方が後々困らないです。眠っている人に声を掛けて邪魔しないなどの方が重要ですね。しかし、一応声をかけるのがトラブル回避のコツとなります。

また、イヤホンやヘッドホンで音楽を聴いていたりパソコンで真剣に作業をしている場合はどうでしょう。この場合も一言は避けたほうが良いときもあります。

 

目と目があって会釈をして相手も応じてくれるのであれば、リクライニングすることに同意されたと解釈できます。声がけの優先順位はやや低いですから、無言でOKという解釈もできます。

何も言わずに席を倒しても、ゆっくりと浅い角度なら問題になりにくく作業中であっても理解してもらえる期待があります。

フルリクライニングしたい場合の声のかけ方

フルリクライニングは、座席を大きく倒して相手に圧迫感を与えますから無言で倒すのは注意することです。でも相手のスペースを少なからず奪う形になるので最低でも声がけはしたいところです。

 

可能なら座席を目一杯倒したいと伝え、良いですかと尋ねるのが一番無難でしょう。相手がOKであれば気兼ねせずに済みますし、同意を得ているので文句を言われることもなくなります。

 

逆に、フルリクライニングは困ると言われたときは妥協点を見つけて倒すのが平和的な新幹線の座席の倒し方です。新幹線は公共の交通機関ですから、マナーを理解して守るのが利用の条件です。

自分勝手な振る舞いは迷惑の原因になるので要注意です。ところが、マナーは非常に簡単かつ簡潔なので難しく考える必要は何もないです。どうしても声がけには抵抗感がある。そういう場合は挨拶の言葉を交わすつもりで「座席を倒しますね」と伝えればほとんど問題なしです。

 

リクライニングにおけるマナーは、このように勢い良く倒さないことです。座席を倒しますと宣言する以外に、「倒させてください」と言う伝え方もあります。

新幹線の座席を倒すときトラブルを避ける座席の選び方

新幹線の座席は何かとトラブルを招きがちです。そのタイミングの多くは、座席を倒すときに集中しています。トラブルを避けるには、マナーを守ったリクライニングの仕方が基本ですが座席の選び方もコツの1つです。

 

後部座席がない最後部を選ぶのは、リクライニングに関係するトラブルを回避する有力な手段です。相手がいなければ問題は起こりませんから、この方法で回避しようとするのは賢いです。

 

ただし、事前の予約が必要ですし急な乗車だと確保が難しいのです。そのため、ある程度余裕がないと実現は困難でしょう。

新幹線の座席でトラブルを根本から避けたい。また、怒られたり言い合いになりたくなければベストな座席の確保が不可欠です。最後部の座席ではなくても後ろに誰もいない席であれば、同様にトラブルを避けることができます。

 

気を使わずに済むだけでなく大きな荷物を置けるスペースも確保できます。最も心配がないのは、後部座席が存在しない一番後ろの席を選ぶことです。

当然ですが、最後部は穴場で知る人ぞ知る人気のスポットですから予約が始まると早く埋まります。必然的に自由席を選ぶことになるので人によってはこの点が一番のネックです。このため、荷物置き場を求める人達にも人気の席です。

 

なお、車輌によってはコンセントが用意されていたり後ろにもテーブルがあります。この席を取れると、かなり自由な使い方ができると考えられます。必然的にドアの開閉や通行人は気になりますが、座席の快適性でいえばトップクラスです。

このように誰にも迷惑をかけずに済みます。しかし、席の確保は難しいですし指定席だとこのテクニックを使うのは困難です。リクライニングより安心感を重視するなら周囲に人が多い中間付近の座席も狙い目です。

 

座席の選び方1つで、得られるメリットは変わってきます。他の部分にも目を向けて何を優先するか考えた上で選びたいものです。当然、前の座席からのリクライニングのリスクは避けられません。

しかし、逆に前部座席を確保できれば足元の広々としたスペースが手に入ります。ここだと足を伸ばして座れますから伸び伸びと新幹線に乗車したい場合におすすめです。このようにリクライニングについては後ろの席の人次第です。

 

特に何も言われなければ足を伸ばしつつ背筋も伸ばして眠れます。事前に一言伝えておくのが賢明ですが、それにしても問題になる確率はあまり高くないでしょう。絶対的にリスクを避けるなら最後部、安心感重視であれば中間、足元の余裕を求めるなら最前部となります。

倒す際のマナーでリスクは変わりますし多くのケースでは問題視されません。しかし何も言われなくても不安が残るのは確かですね。

 

不安を完全に避けたいのなら最後部を予約して確保するのがベストです。こうすることで根本的に問題が解消できる決め手となり得ますね。

結び

新幹線の座席の倒し方とマナーについての記事はいかがでしたでしょうか?また、後ろの人への声がけの仕方と注意点についてもお役に立てると光栄です。ここでは、今回の記事の要約を載せていきますね。

 

新幹線の座席の倒し方は、肘かけのボタンを押しつつ背もたれに体重をかけるやり方です。わりと古い路線の車輌だと、ボタンではなくレバー式となっています。

 

しかし、最近のほぼ全部の車輌はこのボタン式を取り入れています。ほとんどの座席の背もたれのうしろ側にテーブルが完備されています。

勢いよくリクライニングすると上の物がこぼれ落ちてしまう可能性があります。その点を考慮して、ゆっくりと少しづつ体重をかけて角度を変化させるというのが気をつける点です。

 

新幹線の座席を倒す際のマナーで注意する点は後の席についての気遣いでしょう。なにより、後ろの方がテーブルを出していたりテーブルに飲食物を置いている恐れがあります。

そのため、ゆっくりと角度を変化させることが最低限度の行儀作法です。勢いよく倒してしまったらテーブルが相手の身体に当たることもあり得ます。あるいは食べ物がフロアに落ちたり飲料水がこぼれる可能性があります。

 

新幹線の座席を倒す際の声のかけ方は、後ろの人に向けて「リクライニングします」と告げることが望ましいです。声がけのコツといっても、別段特別なことはないです。今からすべきことをシンプルに告げることです。

正確に言えば、了承を請うことは不要ですし相手方に遠慮するといったこともないのです。一応承知する意味を含めて、声をかける気を配りが礼儀だということです。

 

フルリクライニングは、シートを大幅に倒して相手に圧迫感をおよぼしますので黙って倒すのは注意が必用です。なお、座席の選択方法もテクニックと言えます。後部座席がない一番後ろの席を選ぶのは、リクライニングについてのトラブルを遠ざける有効な方法です。

 

問題をしっかりと防ぎたいとしたら最後部の席を予約してゲットすることが理想です。これによって基本的にトラブルが乗り越えられるとっておきの一手となり得ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました