電気ケトルとやかんの比較!お湯が沸くまでの時間や電気代の違いも?

雑学

電気ケトルとやかんのお湯が沸くまでの時間と電気代って気になりますね。あなたは、普段どちらを使ってお湯を沸かしていますか。その方法はいろいろありますが、お湯を沸かすという作業はほぼ毎日のことです。

 

できれば電気代が安く時間も早くお湯を沸かしたいですよね。では、この2つの方法を比較すると、どちらの方が安く早くお湯が沸くのでしょう?

 

2つの方法それぞれの、お湯が沸くまでの時間比較や電気代比較をしながら説明していきます。また、商品の種類ごとに、おすすめの選び方と値段の違いなども一緒にご紹介します。

電気ケトルとやかんの比較

電気ケトルとやかんの比較ですが、まず共通点は基本的にどちらも保温機能はないです。そのため、どちらもすぐに沸かした分のお湯を使い切ることが前提として作られています。

 

使用方法ですが電気ケトルは、コンセントを繋げて電源を確保します。やかんは、基本火を使用するのでガスコンロなどの火器が必要ですね。

電気ケトルは、ガスコンロを利用することなく使うことができるのでガス代はかかりません。

 

また、やかんはといえば、火が必要な代わりに電気代はかかりません。ではこのどちらがお得なのか比較してみることにします。ここで重要なのは、電気ケトルとやかんの大きな違いは、お湯が沸くまでの時間です。

 

そして、お湯が沸くまでにかかる光熱費の違いです。同じ量のお湯が沸くまでの費用は、どちらがお得かというと実はやかんのほうがお得なんです。

 

ですが、使う人の用途により一概にやかんがお得と断言はできません。そこには、個人の使い勝手や沸くまでの時間、便利さなどいろいろな条件があります。

電気ケトルでお湯が沸くまでの時間と電気代の比較

電気ケトルでお湯を注ぐ

現在様々なメーカーから電気ケトルが販売されています。その中でも容量が少なめでハンディタイプの商品が多く販売されていますね。このことからもわかるように、使う分だけのお湯を早く沸かすという使い方が一般的です。

 

電気ケトルはお湯沸くまでの時間と電気代はどのくらいなのでしょうか?なお、お湯が沸くまでの時間ですが、これは当然ながら沸かす水の量や温度によって変わってきます。

電気ケトルでお湯沸くまでの時間と電気代

まずは、ケトルにほぼ満タン水を入れた場合の時間の目安です。中間サイズである0.5リットル程のサイズの場合、水温が20℃程の水を沸かすのには約3分かかります。

 

小さめサイズの0.15リットル程のサイズの場合は、約1分で沸騰します。また、ケトルに半分くらいの水ではどうなるのでしょう。

0.5リットルサイズのケトルに半分くらいの水であれば、もちろんかかる時間も先ほどよりも短くなります。しかし、こちらは必ずしも半分の時間とはなりません。

 

次に電気代ですが、まず初めにどのメーカーの商品も仕組み自体は同じです。沸くまでにかかる金額に大きな差はありません。

電気ケトルのティファールでお湯沸くまでの時間と電気代

今回は「ティファール」という商品を例として説明してみますね。電気ケトルの火付け役でもあり、今や定番商品の1つでもあるのが「ティファール」です。お使いの人も多いのではないでしょうか。

 

ティファールのケトルは消費電力が約1250Wです。1リットルのお湯を沸かすのにかかる電気代は1回約3円ほどです。

 

では、もう少し量が少ない場合にはどうでしょうか?電気ケトルは主に飲料など少量の場合に用いられることが多いですね。

中にはコーヒーカップ一杯分位しか沸かさないという人もいるかもしれません。コーヒー1杯分に必要なお湯の量だと電気代はどのくらいになるのでしょう。だいたい140mlと考えると沸かすのにかかる電気代は約0.5円になります。

 

コーヒーを1日朝晩の2回飲んだとしても単純に計算すると一ヶ月にかかる電気代は30円程です。アプレシア プラス コンパクトモデル カフェオレ 0.8L BF805170だと、アマゾンで2,865円で購入できます。

 

飲み物を飲む時に簡単で手軽にお湯を沸かせるという点がとても優れています。それほど多くのお湯を沸かす必要がない場合には、かかる時間と電気代から見てもおすすめだと言えます。

ティファールのケトルは1人暮らしや少人数家庭で使用するのにちょうど良いです。

やかんでお湯が沸くまでの時間と電気代

やかんを使ってお湯を沸かす方法は、昔から使われてきた手段ですね。これにいたっては、誰もが一度は目にしたことがある沸かし方ではないでしょうか。大きなサイズのものを使えば、たくさんのお湯を一気に沸かすことも可能です。

 

そのため、人数の多い家庭では重宝されているのではないでしょうか。やかんでお湯を沸かす場合、電気ケトルにように専用の電熱器が付属しているわけではありません。そのため、加熱するためにコンロにかける必要があります。

これには2通りあり、電気コンロIHコンロを利用する方法とガスコンロを利用する方法です。この2つは熱源が違うため、使用による料金の請求元に違いがあります。

 

電気やIHコンロの場合は電気を使って加熱するので電気代となります。ガスコンロはガスを使って加熱するのでガス代がかかります。

やかんでお湯が沸くまでの時間

まず、時間についてですが、1リットルの水を沸騰させるのにかかる時間は約2分半です。これを基準にし単純に計算すると、0.5リットルだと80秒程でお湯を沸かすことができます。

 

電気ケトルは約3分程なので、それよりも早くお湯が沸くということになります。これは一般的なやかんの場合で、素材によって熱伝導に違いはあります。

種類によっては多少時間が前後する可能性もあります。

 

沸くまでの速さだけを重視するのであれば、やかんが早いです。なお、今の時代はIH対応のステンレス製で大容量のやかんも人気ですね。時間だけで決めるときは電気ケルトよりもこちらの方法を選択するべきだと言えます。

やかんでお湯が沸くまでの電気代

IHや電気コンロでやかんの1リットルのお湯を沸くまでにかかる電気代は1回約3.4円です。電気ケトルは同量のお湯が沸くまでにかかる電気代が約3円でしたね。こうして見ると双方に大きな差はありません。

 

しかし大きな差はないと言っても、0.4円程は電気ケルトの方が電気代が安いです。少しでも安い方を選択したい場合には電気ケトルを選択すべきだと言えます。

 

2つを比較してみると沸くまでにかかる時間と電気代には少しずつ違いがありました。一方のみがかかる時間と電気代ともに優れているということはありませんでしたね。

電気ケトルとやかんのお湯が沸くまでの時間と電気代のまとめ

お湯を沸かす時には時間電気代のどちらを重要視するかです。これによって電気ケトルかやかんかを選択すべきだと言えますね。

 

早さを重要視するのであればやかんがおすすめです。電気代を重視するのであれば電気ケトルを選択すると良いでしょう。

電気ケトルのおすすめの選び方と値段

少量のお湯を沸かすのに優れているのが電気ケトルです。そして、たくさんの種類の商品が販売されています。商品ごとにそれぞれ特長があるため用途に合わせたものを使用すると良いでしょう。

 

少量のお湯を沸かすのに優れている電気ケトルは商品もたくさんの種類の販売されています。少ない量だと0.5リットル程の少量タイプのものもあります。また、1.2リットル以上の大きめタイプのものまで、容量が幅広くあります。

このように容量は家族の人数によって、最適なものが違ってきます。しかし中には、どの商品を使ったら良いのかわからないという人もいると思います。そこで家族の人数や商品の素材、値段など、おすすめの選び方もご紹介しますね。

一人暮らしにおすすめの電気ケトル

例えば一人暮らしであれば大容量の電気ケトルは、ほとんど必要ありませんね。お湯を沸かす目的で多いのが、コーヒーや紅茶などの飲み物です。その他にはカップ麺など、飲食のためではないでしょうか。

 

例えばコーヒーであれば、一杯約140mlほどです。また、カップ麺であれば約300〜500ml程のお湯が必要になります。この手のサイズだと3,000円前後で購入できます。2つを一緒に作ったとしても一回に500ml〜700ml程のお湯が沸かすことができれば十分です。

3人家族におすすめの電気ケトル

その一方で、家族が増えると必要な容量は増えます。例えば3人家族の場合、全員で飲み物を飲むと約500mlは必要です。

 

カップ麺を食べるには最低でも800~900mlは必要になります。そのため、3人家族であれば1.2リットル以上の大きめサイズのものを購入すべきだと言えます。

電気ケトルのメリットとデメリット

商品の素材も様々あり、それぞれにメリットデメリットがあります。電気ケトルにもプラスチック製ステンレス製ガラス製などいろいろあります。

 

ここではこの3つの電気ケトルのメリットとデメリットを解説します。それぞれの特徴を把握して、あなたに一番合うものをチョイスしてくださいね。

プラスチック製の電気ケトルのメリットとデメリット

プラスチック製の電気ケトルは、各メーカーでも多く採用されているスタンダードなものです。値段も手頃で、軽量なので片手でも持つことができます。

 

本体の温度も上がりにくいので火傷しにくいという特長があります。しかし一方で、耐久性が低く傷つきやすいというデメリットがあるのも事実です。

ステンレス製の電気ケトルのメリットとデメリット

ステンレス製の電気ケルト

質感を活かしたお洒落なデザインが多くあるのがステンレス製の電気ケトルです。ステンレス製は、しっかりした素材なので、耐久性に優れています。サビや汚れにも強く、お手入れしやすいのも嬉しいポイントです。

 

しかし、ステンレスは素材の特性上、熱伝導性も高いです。そのため、本体が高温になってしまう可能性があります。そのため、小さなお子さんがいる場合には、火傷に注意して管理しなければなりません。また、値段もプラスチック製に比べると少し高いです。

ガラス製の電気ケトルのメリットとデメリット

上記の2つに比べると、種類は多くありませんがガラス製の電気ケトルもあります。透明で中が見えるため、水の容量も一目瞭然でわかりやすく見た目もお洒落です。

 

しかしガラスですので衝撃に弱く割れる危険性があります。汚れも目立ちやすいので、こまめや手入れが必要になります。

やかんのおすすめの選び方と値段

早くお湯を沸かすことに優れているのはやはりやかんです。また、素材によってその特徴には違いがあります。毎日の生活に欠かせないアイテムの一つとして購入したら長く使い続けることになります。

 

そのため、最適なものを選びたいものです。そこで、大きさ素材値段などからやかんのおすすめの選び方をご紹介します。まず、やかん選びで重要なのが素材です。なお、設備や用途によってはIHに対応したものを選択しましょう。

ステンレス製のやかんのメリットとデメリット

多くの人がまず思い浮かべるのがステンレス製だと思います。実際ステンレス製を使用している人は多いです。こちらは、1番ベーシックなものとして昔から根強い人気がある素材ですね。軽くて壊れにくいので、扱いやすいといった特長があります。

 

また、値段も安いため購入しやすい素材でもあります。普通に使用する分のデメリットは、特に見つかりませんでした。

ホーローのやかんのメリットとデメリット

最近人気の出てきているのがホーロー製です。ホーローは金属の外側にガラス層でコーティングしています。そのため、熱伝導も良く保温性もとても高いです。

 

汚れも付きにくく手入れが簡単ですがガラス層は衝撃に弱いので扱いには注意が必要です。デメリットは、手頃な値段のステンレスより値段が割高となるところです。

鉄製のやかんのメリットとデメリット

独特な雰囲気が魅力なのが鉄製です。沸かしたお湯に鉄分が溶け出すため水の質にこだわる人にはおすすめです。しかし、重く手入れにも手間がかかるため毎日使用するのはおすすめできません。

 

また、使っている鉄によっては値段がかなり高くなってきます。その点では日常使いには不向きだと言えるでしょう。

やかんのおすすめのサイズ

続いてサイズですが、やかんは電気ケトルに比べてサイズの幅が大きいです。10リットル以上という大容量のものもあります。サイズ選択をする際は、家族の人数によって必要な大きさは変わってきます。その点を考慮した上でやかんを選ぶことをおすすめします。

一人暮らしにおすすめのやかんのサイズ

一人暮らしであれば、1リットル未満のサイズで十分です。今は、おしゃれでかわいいタイプの小さいやかんもたくさん出ています。また、茶こし付きのやかんも人気がありおすすめです。

 

仕事や学校にお茶を持っていく場合など一人暮らしに便利です。最近では小さいサイズのものでも、たくさんの種類が販売されています。

3人家族におすすめのやかんのサイズ

3人家族であれば、2〜3リットルのサイズのものを選びましょう。このくらいの容量があれば、3人の飲食に必要な量のお湯は問題なく沸かすことができます。また、やかんでお茶を沸かして冷蔵庫で保管する場合にもちょうど良いです。

 

そうすることで、何度も沸かす手間も省けるのでおすすめです。2〜3リットルのサイズであれば、そのまま冷蔵庫に入れて冷やすこともできます。素材やサイズなど、それぞれ自分のライフスタイルを考慮して選ぶことです。

 

あなたの普段の生活を思い浮かべて合ったものを選んで使用しましょう。デザインも大切ですが毎日使うものです。このように用途によって様々種類があります。一番良いのは、あなたの使い勝手の良いものを選ぶことです。

結び

電気ケトルとやかんのお湯が沸くまでの時間の比較はいかがでしたでしょうか?また、それぞれの電気代についてやおすすめの選び方と値段もご理解いただけると幸いです。

 

この章では記事のここまでをまとめた要約を載せていきますね。電気ケトルでお湯が沸くまでの時間は、当然沸かす水の量や温度に応じて違います。

中間のサイズである0.5リットルくらいの大きさの場合、3分程要します。小さめサイズの0.15リットル程の大きさの場合は、1分程で沸騰します。

 

0.5リットルサイズのケルトに半分くらいの水だとしたら所要時間もより短縮されます。やかんでお湯が沸くまでの時間は以下となります。1リットルの水を沸騰させるのにかかる時間は2分半程です。

 

これをベースとしてして単純に計算してみます。0.5リットルだと80秒程でお湯を沸かすことが可能です。1リットルのお湯を沸くまでにかかる電気代は1回約3.4円程です。一人暮らしなら一回に500ml?700ml程のお湯が沸かすことができると十分です。

 

3人家族におすすめの電気ケルトは 1.2リットル以上の大きめサイズを持つべきだと考えられます。プラスチック製の電気ケルトのメリットは軽量で片手でも手にすることが可能です。

 

デメリットは、耐久性が低く傷つきやすいです。ステンレス製の電気ケトルのメリットは耐久性に優れたところです。また、サビや汚れにおいても強く、手入れが楽なところです。

 

デメリットは、素材の特性上、熱伝導性も高くなりやすいので火傷に気を付けましましょう。ガラス製の電気ケトルのメリットは透明で中が見えるため、水の容量も一目瞭然です。デメリットは、ガラスですので衝撃に弱く割れる危険性が考えられます。

 

ステンレス製のやかんのメリットは軽くて壊れづらいため、扱いやすいです。特にこれといったデメリットも見い出せませんでした。ホーローのやかんは金属の外側にガラス層でコーティングしています。

 

そのため、熱伝導も良く保温性も高くなっています。デメリットは、手頃な値段のステンレスより値段が割高となるところでしょう。鉄製のやかんは沸かしたお湯に鉄分が溶け出すため水の質にこだわる人にはピッタリです。

 

デメリットは重く手入れにも手間がかかるため毎日使用するのはおすすめできません。値段もステンレス製やホーローとは違って、かなり高くなってきます。一人暮らしにおすすめのやかんのサイズは1リットル未満のサイズです。3人家族におすすめのやかんのサイズは2から3リットルの大きさです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました