新幹線が混雑するのは2019年末と2020年始のどっちなの?

 

 

また両方とも新幹線を利用しようと計画しているのでしたら、なおさら気になるのが混雑状況ですね。

 

はたして新幹線の混雑するピークはいつなのか予想できると利用時にとても助かりますね。

 

また、そのときのために対策なども覚えておくと、いざという場面になったときにも役立ちます。

 

今日はそんな新幹線の混雑予想やピークはいつでその対策の仕方について詳しく解説していきますね。

 

スポンサーリンク

 

2019年末の新幹線混雑予想

日本の新幹線は毎年、年末に乗客の混雑する時期を迎えます。

 

 

また、年号は変わった2019年末も例年にくらべ混雑するものと思われます。

 

短期間の帰省に留まるお盆に対して、年末は長期間になる傾向です。

 

必然的に荷物が増えて混雑具合が増すわけです。

 

服装という意味でも、冬は夏よりも厚着気味となります。

 

このため着用している分に限らず、荷物も増えてカバンも大きくなります。

 

 

つまり、2019年末の新幹線混雑予想も、お盆期間よりも混むのは間違いないです。

 

例年よりも乗客が多く感じられたり移動が困難になる可能性が大となります。

 

2018年末の新幹線混雑状況は、約170%あたりとなっていました。

 

2019年末は少なくとも180%以上に到達する恐れも予想できます。

 

帰省目的の乗客が集中するのは、やはり12月の28日から31日までの間でしょう。

 

 

特に31日の大晦日は、駆け込みで利用する人が少なくないです。

 

年末最後の1日といっても混雑は避けられないです。

 

年号が変われどやはり、一番乗客が増えるのは29日と30日の2日間です。

 

早めに帰省して年末はゆっくり過ごしたい、そういった心理から集中するようです。

 

しかし、31日に帰省を行う人は、短期間の帰省を希望する割合が多い傾向ですね。

 

新幹線が混雑

 

そのため、荷物はやや少なめで29日や30日に比べればまだマシとなります。

 

2019年の年末も29日と30日がピークの中心となりそうです。

 

あえてこの2日間を外して乗る人も多いと予想できます。

 

このため、29日よりも前も気を付けた方が無難です。

 

12月28日は土曜日で12月29日は日曜日なので例年より早く混雑することも予想されます。

 

 

27日を含めそれ以前は平日が続くものの早めに休みに入る人もいます。

 

このことから推測すると混まないと予想するのは間違いです。

 

むしろ、ピークは28日前後から始まるとシミュレーションしておきます。

 

こうして行動した方が巻き込まれる恐れを減らせると考えられます。

 

時間帯的な予想としては、例年と同じく午前に乗客が増える傾向です。

 

午後は少し落ち着くものの依然として乗車率は高いと予測可能です。

 

 

快適に帰省したいのであれば、29日と30日の利用は避けて、なるべく早めに席を確保するのが賢明でしょう。

 

例外的に、31日は部分的に空席が出ることもあります。

 

ですが予約キャンセルをあてにしてチケットを購入するのは疑問です。

 

というのも、必ずキャンセルが出るとは限りません。

 

しかし、同様にチケットを狙うライバルが増えるので、確実性に懸念が生じます。

 

2019年末の新幹線は、このような状況が予測できます。

 

利用日もチケットの予約も早め早めを心掛けることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

2020年始の新幹線混雑予想

2020年始の新幹線混雑予想は、2日から徐々に乗客が増え始めます。

 

 

そして、3日にピークを迎えるものと考えられます。

 

年末年始に新幹線を利用する人の多くは、帰省で実家に帰る目的が殆どです。

 

元旦の1日はのんびりと過ごす人が多いからか、あまり乗客はいない傾向です。

 

勿論、全く席が埋まらないわけではありません。

 

でも、2日以降の混雑予想具合に比べれば雲泥の差だといえるでしょう。

 

三が日は殆どの企業が休みなので、従業員も当然ながら休んで過ごす人が圧倒的です。

 

 

ただ、正月といっても休みは長く続きません。

 

4日に仕事始めを迎える人が多数ですから、3日までには帰る必要があります。

 

2日に集中する乗客は、休みが元々短かったり、急な用事で帰らざるを得なくなった人達です。

 

休みが3日まであっても、仕事のことを考えて早めに帰る。

 

そういう目的で利用するケースも想像できます。

 

2日は午後から席が埋まってくるイメージです。

 

午前はやや空席が残るでしょうが、急激に乗客が増える感じとなります。

 

 

帰省は仕事始めを想定した計画です。

 

キャンセルを行う人は少なく、一度埋まった席が空くことも稀です。

 

一度混雑に巻き込まれてしまうと、その新幹線の中で過ごす必要があるということです。

 

2020年の年始だけでなく、2019年の年末もそれ以前の平成でも同様の傾向です。

 

混雑に巻き込まれたくないのであれば、元旦か4日以降の移動をおすすめします。

 

 

2日の乗客はまだ心理的に余裕がありますが、3日となると翌日に仕事が迫る人が多いです。

 

そのため、新幹線に焦ったりピリピリするムードが漂いがちです。

 

ちょっとしたことでトラブルになる恐れが予想されます。

 

小さな子供連れで利用するなら、3日は避けた方が良いかもしれないです。

 

 

元旦に帰るのは早過ぎる、しかし3日の混雑には巻き込まれたくない。

 

そう考えるならば、2日の午前が狙い目になります。

 

もう少しのんびりしたい気持ちも分かります。

 

ですが、午後になると乗客数の増加が始まってしまいます。

 

余裕を持って移動するなら2日の午前しか選択肢はないでしょう。

 

4日以降という選択肢もあるにはあります。

 

 

しかし、こちらは会社勤めのサラリーマンには難しく冬休み中の子供でもない限りは選択が困難です。

 

その子供も地域によっては次週には学校が始まります。

 

そのため、学校に備え帰る人が増える4日以降も、5日6日と少し混み合うはずです。

 

通常通りに戻るのは、1月7日の火曜日以降と考えられるので、2日から6日までは気を付けた方が良いです。

 

2019年末と2020年始に新幹線が混雑するピークはいつ

2019年末と2020年始で考えた場合、新幹線が混雑のピークを迎えるのはいつ?

 

 

やはり一番確率の高いのは、12月29日30日頃1月2日3日頃だと予想が行えます。

 

ですが、新幹線の混雑具合は、路線や駅によっても少しずつ違ってきます。

 

しかし、少なくとも車内はこの4日間の間にピークに達するでしょう。

 

また、時間的に混雑するのはいつか?

 

それは12月29日や30日の午前と、1月2日の午後から3日の終日ということになります。

 

 

29日と30日は、大晦日に間に合うように帰省する人が多いです。

 

そのため、この2日間が2018年末最大の混雑に該当します。

 

31日の利用客は、30日の新幹線に乗れなかった人が殆どです。

 

そのため、新幹線混雑具合は中程度に収まると予想されます。

 

28日も混雑はするでしょうが、予想されるのは31日と同じくそこそこの混雑具合です。

 

 

2020年始の方は、帰省から戻るUターン利用者が中心です。

 

このように、仕事始めに合わせて乗車する人が多いです。

 

休暇が短かったり早めに帰る予定であっても1月1日の元旦だけは実家で過ごそうとするものです。

 

元旦は、前日までの混雑が嘘のように収まり静かになります。

 

移動で新幹線を利用するなら元旦が快適でしょう。

 

 

ただし、その落ち着きも2日になるとまた元通りとなります。

 

午後からは混雑具合が増してピークに達します。

 

1月2日の午前中は、まだ中程度の混雑で済みます。

 

早めにUターンで帰るなら2日の午前中がベターです。

 

4日以降大人の利用者こそ落ち着くものの、冬休み明けを考えてUターンする子供の割合が増加します。

 

 

ピークという意味では、4日には落ち着きを見せ始めます。

 

そのため、2日の午後と3日のような混雑はないです。

 

4日から6日に掛けて徐々に利用者数が減少を見せ、7日には平常運転となる形です。

 

新幹線混雑は、2019年末2日間2020年始2日間を合わせて、計4日間に発生します。

 

12月28日と31日の混雑具合は最高潮ではなく、まだ落ち着きを持って行動できる様子です。

 

1月は1日がほぼガラガラに近い状況です。

 

 

2日のお昼以降に3日までUターンの乗客が急増加する感じとなります。

 

4日には多くの企業で仕事始めですから、乗客は減ると思いがちです。

 

しかし、実際は長期の休暇冬休みの終わりを控えた子供など、他の利用者もいるわけです。

 

結論として、いつピークを迎えるかと問われれば、12月29日30日1月2日3日の4日間だと答えられます。

 

新幹線が混雑するピークのときの対策

新幹線が混雑すると前もって分かっているときは、その時期をずらすのが基本的な対策となります。

 

どうしてもピーク時の利用が避けられない場合は、荷物をなるべく少なめにしましょう。

 

混雑しにくい時間帯を狙うのが対応策となるでしょう。

 

 

年末は午前中にピークを迎えやすく、年始は午後にピークの波がやってくる傾向です。

 

こういった時間帯を避けるだけでもマシです。

 

年末年始は、1日ずれるだけでもだいぶ新幹線の車内の様子が違います。

 

このため、できる限り混雑する際の利用は避けるのが賢明です。

 

2019年末でいえば、27日までならかなり利用に余裕がありますし混雑と呼ぶには程遠い状況です。

 

 

28日は帰省を始める人が増えるので、多少新幹線の中は混み合うでしょう。

 

ですが、ピークに比べればまだ空いている方だといえます。

 

逆に29日と30日は移動すら困難となります。

 

一度席に座ることができても、再移動の時に憂鬱になるはずです。

 

もしこの2日間の内でチケットを予約するなら、できるだけドアに近い席を確保するのがおすすめです。

 

 

これは移動距離を短くするのが狙いで、利用が避けられない時の次善の策となります。

 

荷物も、言うまでもなく移動の邪魔や紛失といったトラブルも考えられます。

 

避ける為に、カバンやキャリーケースを小さくしたり荷物を減らすのが良いでしょう。

 

 

子供連れは特に、混雑に巻き込まれてしまうと厄介です。

 

ピーク時の利用は避けるのが無難ですが、避けられないなら工夫を凝らした対策が必要です。

 

12月30日の利用予定であれば、1日ずらして31日に変更すると、途端に利用の際のストレスが軽減されます。

 

Uターンの場合は、1月1日に帰ることをおすすめしますが、2日以降なら2日の午前がベターです。

 

対策はやはり新幹線の午前分のチケット確保で、午後の利用は可能な限り避けることです。

 

 

2日の午後と3日一杯はどうにもなりません。

 

なので、対策はできないものと考えるのが妥当です。

 

あえて何か策を練るとしたら、早めの行動を心掛けて席に着くことです。

 

また、予め移動ルートを頭に入れて効率良く歩くなどです。

 

4日以降のチケットを選べば、対策の難易度はだいぶ下がります。

 

そうするのがおすすめ度としては高いです。

 

移動や並んでいる最中に催すと面倒です。

 

水分の摂取はできるだけ控えめにトイレは早めに済ませましょう。

 

乗り物酔いする人も乗車前に対策しておくのが賢明です。

 

 

乗り物酔いも特に新幹線が混雑しているときはトイレも込み合うことも考えられます。

 

こうなるとその場での対処が面倒なので早めに対策をとっておくことをおすすめします。

 

 

親子であれば迷子が最も困ります。

 

はぐれないようにお互いを結び付けたり万が一に備えて迷子時の行動方針を決めておくのもありです。

 

乗客の増加と集中は誰も解決できないので、利用者側が工夫して上手く対応することが大事です。

結び

2019年末と2020年始の新幹線混雑予想でピークはいつかについての記事はお役に立てたでしょうか?

 

この年号が変わったどちらの年もピーク12月29日30日1月2日午後と3日の4日間なります。

 

具体的には、2019年末は12月29日と30日の午前中です。

 

2020年始は1月2日の午後から3日の終日に掛けてです。

 

 

新年Uターン利用者が増えます。

 

そのため、午前よりも午後にピークを迎える傾向で、年末の様子とは少し異なります。

 

2019年の年末は、12月28日にはもう混雑が始まり、31日の夜まで中程度の混み具合となる予想です。

 

2020年の年始の方は、元旦の1日に一旦混雑は収まりますが、2日になると再び混雑し始めます。

 

乗換案内・運行情報・時刻表・停車駅・駅構内図

 

1月2日の午前中はまだ良いものの、お昼を過ぎればピークを迎えます。

 

まだ空いているからと油断するのは禁物です。

 

新幹線混雑予想を元に、ピーク時の対策を立てるならば、

 

荷物を少なめに行動はコンパクトにしトイレも事前に済ませておくことが挙げられます。

 

移動日を混雑しにくい日にして、早めにチケットの予約を行えば解決します。

 

しかし、それが難しいなら対症療法的な対応が必要となります。

 

 

荷物は多いと疲れますし、移動の邪魔になったり置き場所に困ります。

 

このため荷物は最小限に留めるのが無難でしょう。

 

水分はトイレの原因となります。

 

控えめにして回数を減らしたり、前もって済ませておきます。

 

子供とはぐれると探す時間が発生してしまいます。

 

紐などで迷子対策を済ませるのもおすすめです。

 

スポンサーリンク