6Gとは何か

 

6Gとは何か?生活はどう変わるのかとても興味がわきますよね。

 

今はまだ、5Gすら私達の手元にはまだ届いていません。

 

それなのにもうすでに、日本や他の各国では6Gの開発が始まっているんですよ。

 

6Gが実用化されると私達の生活で一体何ができるんでしょうか?

 

超高速化は、まちがいないことです。

 

きっと大容量のアプリのダウンロードなんかも超速いんでしょうね。

 

そんなちっぽけなこと考えてるのは私だけでしょうか(笑)

 

ここではそんな6Gとは何かについて、わかりやすくお話していきますね。

 

また、いつから実用化されるのか、その通信速度なども詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

 

6Gとは何かわかりやすく解説

 

6Gとは、5Gの次の規格として知られているものです。

 

この6Gと言うのは、第6世代移動通信システムの略称です。

 

解説していく前にこれを知るにはまず5Gについての知識が必要となります。

 

5Gとは、2020年に多くの国で商用サービスとして提供される無線通信技術の規格です。

 

通信速度は、5Gではこれまでの4Gの20倍以上の高速データ通信が実現されると言う点が大きな特徴となります。

 

現在問題になっている4Gの通信における遅延の問題のほとんど解消されると期待されている最新の無線通信技術です。

これにより現在のスマートフォンは大きな進化を遂げることになると期待されています。

 

この5Gもまだまだこれから(2020年)始まるサービスではあります。

 

すでに世界中のネットワークベンダーや研究機関は次の企画である6Gを見据えて準備を進めています。

 

 

そして、6Gは今後サービスが開始される5Gよりも、さらに高速かつ大容量のデータ送信を可能にする無線技術のことを意味します。

 

技術的に非常に高度なものであり、無線による100Gbpsデータ通信等が実現します。

 

5Gでも実現が不可能とされている様々な新しい技術の進展を期待することができるようになるでしょう。

NTT・ドコモが開発した技術とは

 

既に国内ではNTT・ドコモが開発した技術で100Gbpsデータ伝送実験を成功させています。

 

技術的には120Gbpsの伝送に成功したとの報告も既にあります。

 

このように世界初の成果が続々と登場しているというのが現在の状況です。

 

この技術によって新しく生まれるであろうサービスとして最近最も期待を寄せられているのが車です。

 

わかりやすく説明が行われている自動運転ではないかと言われています。

 

自動運転は現在でも試験的な運用が始まっていますが、より安全性を強化できます。

 

 

やはり、利便性を向上させるためには遅延のない高速データ通信が必要不可欠となります。

 

このために最も有効に機能するであろう技術が6Gであると言うことになりますね。

 

可能性についてはすでに世界的に研究が進められています。

 

 

日本でも5Gの次の規格となる6Gについて、総務省が総合戦略を議論するための会議を2020年の初めに立ち上げることを明言しています。

 

通信業界だけではなく地方自治体やIT企業、消費者団体なども参加して議論を深めていくことでしょう。

 

その方向性について一本化することにより技術の促進を目指す形です。

 

ですが日本は、ようやく5Gがサービス実用化につながろうとしているところです。

スポンサーリンク

6Gの研究が各国で盛んな理由

 

現在は、6Gの活用に向けて各国が激しい競争をしている状況にあります。

 

6Gの技術に関しては特定の企業が独自に取り組んでいる部分も確かにあります。

 

しかし、国家としてもその技術の進展については強力にバックアップをするケースが多いです。

 

特に情報通信に秀でた技術を得意とする先進各国では独自の技術の獲得に向けて激しい競争を繰り広げています。

 

この技術を他国に先駆けて実現することが、大きな競争力につながるということがわかっているためです。

 

6Gを巡ってはアメリカや中国、北欧などでも研究が盛んになりつつあります。

 

 

ただし、通信速度の向上が生み出すものは利便性だけではなくリスクも含みます。

 

そのために同時に情報セキュリティー対策についても大幅な強化が必要になる分野もでてきます。

 

これについては、官民が協力して実現を目指す形となっています。

 

5G技術では日本は海外に比べてやや遅れをとった形となっています。

 

そのため、6Gの技術では主導権を握ることができるように巻き返しを図る準備が着々と進められている状況にあります。

 

日本においてNTT・ドコモが6G 技術の確立において先駆けた実績を示しています。

 

今後の技術革新の先頭を走っていく可能性があるために大きな期待が寄せられています。

 

6Gの技術の発達が生み出すものが何かがわかってくるのは、まだまだこれから先のことであるという要素もあります。

6Gの通信速度をわかりやすく解説

 

6Gの通信速度は、5Gの100倍以上とされています。

 

そして現段階において次世代の技術である5Gも現在のサービスである4Gよりもはるかに速度が上がります。

 

6Gの登場により極めて大きな技術革新が期待される分野であるということがわかるということです。

 

たとえば、アプリのダウンロードにかかる時間などや3D映像も飛躍的に進化していくことが考えられます。

 

この6Gの可能性はまだまだ計り知れないものです。

 

通信は有線であっても無線であっても遅延と言うものが付き物でした。

 

これは、インターネットを昔から使っている人であれば実感することができると思います。

 

現在のように光ファイバーが普及する前は電話線を使ってインターネットを行っていました。

 

その技術で通信することができるデータ量は非常に限られたものです。

 

そのため2000年代以前は1枚の画像をやり取りするのにもかなりの時間を必要とするのが当たり前でした。

 

 

無線での通信は非常に特殊なものである時代もあったのです。

 

しかしながらブロードバンドと呼ばれる技術が発達したことにより大きく改善されています。

 

現在は、画像の通信における遅延はほとんど問題にならないレベルまでになっています。

 

高速インターネットと言う言葉が生まれたのは2000年代初頭以降の話です。

 

携帯電話など無線通信の技術も、この時期に同時に発達していました。

 

携帯で撮影した写真を通新技術で相手に送ることができるようになったのは、このような種類の技術革新があって初めてなし得たものです。

スポンサーリンク

 

この時代でも違いと比較しやすいほどわかりやすく解説できる変化が生じています。

 

現在主流となっている4Gは動画の再生をスムーズに行うことができる技術として広く普及することになりました。

 

 

では動画はというと1枚の写真とは異なり動画は非常にデータ量が多いものです。

 

4Gの通信環境によっては遅延が生じる事が現在でも起こり得ます。

 

しかしながら大幅に環境の改善につながったのは3Gから4Gへの進化であることは間違いないです。

 

やはり、技術革新によって成り立ったものであるといえますね。

 

今後の5Gの登場でダウンロード速度はより一層速くなることが期待されています。

 

現行のサービスにおいてはほとんど遅延を気にする必要がなくなると言われています。

 

このことによりより多くの製品やサービスがインターネットに接続して活躍することができるようになるでしょう。

 

遅延の発生がなくなると言う事はそれだけ多くの技術が実現可能になると言うことです。

 

これまでの無線通信とは違いと比較しやすい便利さが生まれる可能性は高いのです。

スポンサードリンク

6Gでできることをわかりやすく解説

 

6Gの登場によってできるようになる事は数多く考えられています。

 

現在予想されている技術革新としては、これまでは無線通信の対象とならなかったエリアもカバーすることができると言う点が挙げられます。

 

例えば空中や宇宙、海中など現在のサービスではインターネットとはあまり縁のなかったエリアが減ります。

 

こうしたネットワーク構築をすることが可能になると考えられています。

 

そのため様々な機器がインターネットと接続することにより、現在よりも安全に管理されることになります。

 

個人で利用するサービスは現在想定されているものを含め、いろいろとでてきます。

 

これまでにない新しい体験が可能になる様々な技術が生まれることが予想されています。

 

動画の次に来るものが何であるのかについては様々な意見があります。

 

立体映像や仮想現実のような大量のデータ量を必要とするような映像技術が一気に成長する可能性も考えられています。

 

 

このような個人で利用するサービスは、これからの技術革新をどのように活用するのかと言うアイディアに期待されている部分です。

 

要するにできることが大幅に増えるため、可能性は無限大であるということです。

 

5Gが登場する段階で既に話題になっているもののインターネット、いわゆるIoTについてもより盛んに行われるようになることが期待されています。

 

様々な機器がインターネットに接続することにより、より快適に利用することができるサービスが開始されるでしょうね。

 

この技術についても現在では思いつかなかったような新しいサービスが登場する事は大いに期待できるものです。

 

個人で所有するものではない様々な機械も、インターネットに接続することによって効率的に管理される時代が来ることも想定されています。

 

 

いわゆるインダストリアルインターネットやスマート工場と呼ばれる分野が発展してきます。

 

人間が介することなく安全で高品質なものづくりを促進することが期待されています。

 

そのためリスクのある仕事が機械の手に置き換わっていく可能性は高いのです。

 

この分野をさらに大きく発展させてくれる可能性を秘めているのが6G技術なんです。

 

どのような新しいことができるのかについては丁寧にわかりやすく解説をしているウェブサイトが既に多く登場しています。

 

未来の技術に向けて知識を得るのも良いでしょう。

 

これからはどのような便利な社会づくりをするのかについて広く意見が求められることもあり得ます。

 

6Gについては、自分なりの見解を持つことも大切なことですね。

6Gでスマホは何が変わるかわかりやすく解説

 

現在のスマートフォンは6Gの登場でどのように変わるのかということを気にする人もいるでしょう。

 

6Gは無線通信技術ですので、より多くの情報を短時間で取得することができます。

 

現在のスマートフォンの形が6Gの登場の段階まで残っているかどうかは誰にもわからないとも言えます。

 

2000年代初頭の段階で現在のスマートフォンの登場を明確に予想できていた人はそれほど多くはないでしょう。

 

このように現在のようなスマホというデバイスの形で残っているかどうかはわかりません。

 

しかしながら現段階でもある程度わかっていることもあります。

 

それは大量のデータを処理することができるようになることで様々なサービスがリアルタイムに利用することができるようになります。

 

 

場所の制約なくサービスを利用することができるようになるということです。

 

これにより通新エリア拡大が大きな変化として生じると期待されています。

 

何が出来るかはサービス提供事業者が頑張る部分ではあります。

 

でも、今までに出来なかったことが出来るようになるほか、現在よりも快適なサービス利用が実現するのは間違いありません。

 

しかしながら少ない時間で大きなデータ通信が行えると言う事は、便利なことばかりではありません。

 

その仕組みを正しくない方向で利用しようとするケースも想定しなければなりません。

 

丁寧なインフラ整備が必要不可欠になります。

 

そのような安全性の確保が行われて初めて便利で安心なシステムとして定着することになります。

 

また、超低消費電力や低コストの通信の実現を可能とする技術でもあります。

 

このことは現在のように端末として手に持つデバイスの形を維持するのではないです。

 

新しい形として扱うことができる可能性を示しています。

 

通信技術以外の進化も合わさって、多くが装着型のデバイスに進化する可能性も少なからずあると考えられます。

 

 

技術革新によって得られる成果はいつも一般人にとっては驚きを得られるものになります。

 

6Gの登場でも同じような驚きが得られるかもしれません。

 

いずれにしてもこのような技術革新は、一般消費者の手に届くまでにわかりやすく解説を添える形で提案されることになるでしょうね。

 

様々なものが遅延なくインターネットに繋がり快適な生活を支えると言う時代が、やってくるでしょう。

 

これは、そう遠くない時期に登場することが予想されます。

 

6Gの開始されれば、スマホだけではなく生活そのものに大きな変化が生じることでしょうね。

結び

 

6Gとは何かについての記事はいかがでしたでしょうか?

 

日本はいつから開始されるのか?

 

そして、通信速度やできることは何なのかもご理解いただけたなら幸いです。

 

6Gとは、5Gの次の規格として知られている、第6世代移動通信システムの略称です。

 

既に国内ではNTT・ドコモが開発した技術で100Gbpsデータ伝送実験に成功しています。

 

技術的には120Gbpsの伝送に成功したとのことです。

 

ここへ来て、6Gの実用に向けて各国がし烈な競い合いをしています。

 

アメリカや中国、北欧等でも6Gの研究が活発になってきています。

 

6Gの通信速度ですが、5Gの100倍以上という発表がされています。

 

これによってアプリのダウンロードを伴う時間や3D映像も急激に進化していくことが見込めます。

 

かつては無線通信の対象となることはなかったエリアもカバーすることができます。

 

また、ほとんどの機器がインターネットと繋がるおかげで、今よりも安全に管理されます。

 

今のスマートフォンは6Gの登場でいかに変化するのかについて関心がある人もいますよね。

 

6Gは無線通信技術なので、よりたくさんの情報をスピーディーに取得することが可能です。

 

現在のスマホの形が6Gの出現まで存在するかどうかは誰にもわからないとも言えます。