バレンタインに義理チョコを職場で渡すなら、嫌味を言われず勘違いもされないようにすることが大切ですね。

 

 

贈り方によっては相手に喜ばれなかったり、職場の同性から何か言われてしまう可能性もあります。

 

また、誤解を招くと後で困りますから、そうならないように慎重にチョコを選んだり、渡したいものです。

 

チョコの選び方や渡し方に気をつけて贈ることによって、喜ばれたり感謝されるでしょう。

 

お互いを良く知る間柄なら心配無用でしょうが、気をつけた方が良いのは間違いないです。

 

この記事では、バレンタインに義理チョコを職場で渡すときの方法を紹介していきますね。

 

また、嫌味を言われないで勘違いもされない上手な渡し方なども詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

 

バレンタインに義理チョコを職場で渡す方法

バレンタインに義理チョコを職場で渡すなら、休憩時間や仕事の帰りに手渡すのが1つの方法です。

 

机に置き手紙と一緒に置く方法もありますが、照れてると思われかねないので、直接サッと渡してしまうのが良いでしょう。

 

 

あるいは、1つのチョコレートを小分け状態にして、皆に自由に手にとってもらうのもありです。

 

これなら配りやすく誤解も招きにくいですから嫌味を言われてしまう恐れもなくなります。

 

包装紙に包みリボンをつけて渡す、目立たない袋に入れて手渡すなど義理チョコを職場で渡す方法はいくつもあります。

 

あえてむき出しのままというやり方も考えられます。

 

ただし、違う意味で誤解されかねないので、やはり最低限の包装は必要です。

 

しかし、丁寧さを誤解されると面倒です。

 

休憩時間に皆の前で包装を解き、自由に食べてくださいと伝えるのが賢明でしょう。

 

人数の多い職場だと、1人ずつ手渡すとなると大変ですし、傍(はた)から見て本命だと誤解されるのは困ります。

 

 

中には、1人2人と渡しにくい相手がいてもおかしくないですね。

 

こうした場合にも自分で包装を開けてチョコを配るのは一種の理想的な渡し方です。

 

厳密には配るといった方が違いでしょう。

 

チョコを義理チョコとして明らかにして、不特定多数に渡すことに意味があります。

 

反対に、職場にいる男性の数が少ない場合は、1人ずつ席を回って手渡しするのも悪くないです。

 

「義理チョコです」と言いながら男性の元を訪れ、いつもお世話になっていますなど、軽く感謝を伝えて渡しましょう。

 

ただ、誰かもらい損ねる人が出てくると、その人は嫌われていると誤解されたり、他の人が本命なのではと勘違いしてしまいます。

 

バレンタインデーに手頃なチョコレートを全員に渡す、これが無難で誤解を生まないベストな渡す方法となります。

 

 

職場で渡すときに相手を呼び出し2人きりになると、事実はどうであれ誤解や噂を呼ぶので禁物です。

 

当日のバレンタインチョコが渡せない相手に対しては、後日残り物として贈るのがおすすめです。

 

終業時間が近づいたり、ギリギリになると渡しにくいですから、当日の早め早めを心掛けましょう。

 

休憩時間は丁度甘いものが欲しくなるので、職場の人達に喜ばれる可能性が高い上手な渡し方ですね。

 

職場で渡すハードルは決して高くありません。

 

相手や周りの立場になって考えたり、贈り方を考慮して贈ることが肝心です。

 

皆に聞こえるように話し掛けたり渡すことで、嫌味を言われたり誤解を生まずに済むはずです。

 

スポンサーリンク

バレンタインに義理チョコを職場で渡すときに嫌味を言われない方法

バレンタインも、義理チョコを職場で渡すときに嫌味を言われない為には、いくつかのポイントがあります。

 

嫌味の原因は人によりますが、人によって受け取るチョコの種類や数が違ったりすることもあります。

 

大きさの違いを理由に不満が生じるケースが珍しくないです。

 

 

このタイプの嫌味を言われない為には、全員に同じ義理チョコを用意する方法が有効です。

 

これは、不平不満を解消する決定打となります。

 

義理チョコは、配らなくても嫌味を言われる可能性があります。

 

渡すチョコに気をつけて職場で渡すよう心掛ければ大丈夫です。

 

ただし、甘いものが苦手な人や、病気などの理由で食べられない人が嫌味を言う恐れはあります。

 

 

前者には甘くない義理チョコを渡すか、チョコの代わりになるものを用意するのが無難です。

 

しかし特定の人に合わせるようにすると、今度は別の不満から嫌味が発生します。

 

完全に嫌味を言われないようにするのは難しいでしょう。

 

1人ずつ手渡すやり方は直接顔を合わせた相手の口から嫌味が出やすいものです。

 

やはりご自由にどうぞという形で提供するのが、最も嫌味を言わずに済む方法だと考えられます。

 

 

甘いものが苦手だったり食べられない人の為に、いくつか無糖や塩味のおやつを混ぜておけば安心です。

 

近年は、甘さ抑えめのチョコや糖質OFFタイプもあります。

 

そこで、こういうチョコレートを検討してみるのも良いです。

 

渡し方そのものに関する嫌味については、人により言葉の原因となる感じ方が違ってきます。

 

このため、個別に対応を考えるのがベターでしょう。

 

ただ嫌味が言いたいだけの人もいます。

 

完全になくすのは難しいとしても、適度に受け流して気にしないようにすることが基本となります。

 

チョコ1つで、その日一日の気分を害するのは勿体無いです。

 

嫌味を言われない対処も大切ですが、気持ち的に受け流す技術も身につけるのがおすすめです。

 

 

もし、「義理チョコです」といって手渡し、相手から嘘でも義理と言わないのがマナーだと言われた場合。

 

そのときは、「皆にそう言って渡しています」と答えましょう。

 

義理といって手渡すのは誤解されない為の工夫なので、相手が何と言ってもきても譲らないのが重要です。

 

特定の仲の良い相手にだけチョコを渡すと他の人が嫉妬したり嫌味を言うことがあります。

 

また、渡したら渡したで今度は仲の良くない人が嫌味を言ってきたりします。

 

こればかりはどうしようもないです。

 

ある程度は許容してバレンタインデーに臨む必要があります。

 

仲の良い人に喜んでもらうだけでも、渡して良かったと思えるはずです。

 

全員に喜んでもらえるとは考えずに、一方的に感謝の気持ちを伝えるつもりで渡すのが理想です。

 

バレンタインに義理チョコを職場で渡すときに勘違いされない方法

バレンタインで、義理チョコを職場で渡すときに勘違いされない方法には、人前で渡したり同時に贈るやり方があります。

 

勘違いの原因はいくつかあります。

 

1つは2人きりになって手渡しを行うことで、親密な関係や本命が疑われます。

 

 

もう1つのポイントはチョコレートの価格帯です。

 

義理チョコから相場が掛け離れているチョコを渡せば、それが本命だと勘違いされかねないです。

 

勘違いされない、その為にはチョコレートを安いものにしたりしましょう。

 

その場合、呼び出してから手渡しではなく、席を回って順番に渡すのがベストでしょう。

 

皆の前なら勘違いされません。

 

同じものが渡されたのだとお互いに分かれば、男性陣も義理チョコだと理解して納得します。

 

つまり、義理チョコでも高価なものだと誤解を生みやすく、渡し方1つで勘違いされてしまう恐れがあるということです。

 

職場で渡すという前提がある以上は、勘違いされない噂にもならない方法で渡すことが求められます。

 

 

これはバレンタインに限りません。

 

照れながら渡すと男性は誤解しやすいので普段通りの接し方でサラッと渡しましょう。

 

相手の席でも、いざ2人きりで手渡すとなると恥ずかしいものですが、上目遣いをすると誤解を招きます。

 

他人からすると誘惑しているように見えたり、同性からは良い子ぶっていると思われてしまう恐れがあります。

 

照れて中々言い出せない様子だと、相手が勘違いしてもおかしくありません。

 

直接渡しにくいときは開封して、小分けのものをご自由にと配るのが正解です。

 

贈り物にはメッセージ、その考え方は間違いではありません。

 

1人にだけメッセージがついていたりすると勘違いされます。

 

義理と言って渡す場合も、義理を強調し過ぎると相手は深読みしてしまい勝手な解釈が勘違いに繋がりがちです。

 

 

義理チョコならメッセージをつけずに口頭で伝える、もしくは全員に同じメッセージを書いて添えるのが賢明です。

 

 

義理は強調せずに何気なく伝え、誤解を招かないように配慮するのが大切なポイントです。

 

中身は同じでも包装が人によって違い、中には他人よりも豪華なラッピングが施されている、これも不用意に誤解を招く問題です。

 

ラッピングで豪華さを演出する方法は理解できますが、包装に工夫をするなら、全員分を同じもので包みたいところです。

 

案外見落としがちですが、ハート型のチョコも高価なものだと勘違いされやすいチョコレートです。

 

義理なら選択肢から外すことをおすすめします。

 

結び

バレンタインに義理チョコを職場で渡す方法についての記事はあなたのお役に立てたでしょうか?

 

 

また、嫌味を言われず勘違いなどされない方法もあることをわかっていただけましたか。

 

この章ではここまでの記事をまとめた要約を載せておきますね。

 

まずはじめに、「バレンタインに義理チョコを職場で渡す」その際に嫌味を言われず勘違いもされない方法は沢山あります。

 

嫌味の原因や勘違いの切っ掛けは多種多様ですから、1つの対策だけで解消したり解決できるとは限らないです。

 

それでも、考えなしにチョコを選んだり包んで手渡ししてしまうと、望まぬ結果を招くことがあります。

 

 

職場で渡すこと自体に注意点が存在します。

 

義理チョコであっても油断せずにバレンタインデーを完遂(かんすい)することが大事です。

 

細かな配慮の積み重ねが成功の鍵を握るので、市販品を購入してラッピングを行い、ただ渡すだけとは大きく異なります。

 

 

完全にリスクをなくす難易度は高いとしても、要点を再確認した上で挑戦してみる価値があります。

 

是非今年のバレンタインデーに義理チョコを渡す相手のいる人はお役に立ててくださいね。

 

スポンサーリンク