お菓子言葉の金平糖の意味!ホワイトデーのお返しでわかる本命と義理も?

イベント

お菓子言葉の金平糖の意味ってご存知でしょうか?ホワイトデーのお返しの種類でわかる本命か義理かなど、知っておくと役立つ情報は数多くあります。贈る場合も受け取る場合も知っておくと、本命や義理が気になるなら頭に入れることをおすすめします。

 

お菓子のやり取りに限らず、人の本心というものは伝わりにくいものです。だからこそ端々に目を向けて汲み取る(くみとる)ことが大事なんです。バレンタインデーのお返しは、相手の気持ちを知るチャンスでもあります。

 

関係性が発展する切っ掛けにもなり得るので見逃せないですよね。この記事では、お菓子言葉の金平糖の意味やホワイトデーのお返しの種類でわかる本命と義理について紹介していきます。

お菓子言葉の金平糖の意味

お菓子には花言葉のようにお菓子言葉というものがあります。それを知っているとホワイトデーのお返しの意味がわかったりします。具体的には本命か義理か判断するヒントを得ることが可能で、お返しのお菓子に込められた気持ちが理解できるわけです。

 

ホワイトデーのお返しが砂糖でできている甘くて美味しい金平糖だとしたら?

お菓子言葉的にそれはかなりポジティブに捉えることができるでしょう。

 

金平糖のお菓子言葉は永遠の愛で、昔から好意を向ける相手に贈られてきたといわれています。このような意味を持つようになった理由はいろいろありますが、1つは長く保存できること。もう1つは口に入れても溶けにくく長続きすることが由来とされます。

 

いずれにしても、永遠の愛というのは誰に対しても誓うものではありませんし、やはり本気の相手にしか向けられません。

お菓子言葉の金平糖は本命か義理か?

 

金平糖は、本命か義理かでいえば間違いなく本命です。ただし意味を知らずに金平糖を贈っていることもあり得るので、その可能性があることには注意が必要です。とはいえ、無意識的に好意を抱いたり本命と思っていることも考えられます。

 

本命か義理か悩んだり義理だと決めつけてしまうのは早計です。

本命か義理かどちらにしろ、金平糖がホワイトデーのお返しで贈られたとしたらそれは事実です。

 

少なくとも嫌いだったり苦手な相手ではないことは確かですね。ホワイトデーのお返しの相手が金平糖のお菓子言葉を知らない場合は、意味を伝えて反応を見てみることができます。顔を赤らめたり恥ずかしそうにしたら脈あり、逆に興味なさそうに反応をしたら脈なしと判断もできます。

 

ホワイトデーのお返しが本命か義理か、結局のところ答えをハッキリさせるには直接本人に聞くしかありませんね。でも、お菓子言葉については本命的なお返しだといえそうです。

金平糖を本命以外に贈ってもいい?

反対に義理の贈り物として選ぶ場合は、相手に誤解を与えたり期待されると困ります。どういう風に捉えられるかを考えて選びたいところです。見た目がカラフルで小さくて可愛い、あるいはお菓子好きに喜ばれそうという理由で選んでしまわないことです。

 

これは、誤解を招きかねないので気をつけましょう。親子の間なら誤解される心配はないですし、むしろ親子の愛情を確かめられるので微笑ましい結果になります。一緒に食べれば美味しさや楽しさを共有できます。

 

素敵な思い出として記憶に残るはずです。既に両想いになっている間柄でお返しに贈った場合は、永遠の愛を再確認する意味になるでしょう。

ホワイトデーに贈るお菓子の種類でわかる本命と義理

ホワイトデーに贈るお菓子の種類からは、相手の気持ちが本命なのか義理なのかがわかります。本命か義理かを知るにはお菓子の意味が重要なので、一覧に目を通すことをおすすめ。お返しが市販の既製品で価格的に安い物であれば包装紙でラッピングされていても義理だとわかるはずです。

クッキーは本命か義理か

ホワイトデーのお返しで定番のクッキーは、友達でいたい相手に贈るお菓子なので結果は義理です。クッキーが義理というのは意外に感じる人もいるでしょうが、ホワイトデーの定番だからと何も考えずに贈るのはやめるべきでしょう。

 

キャンディーは本命か義理か

キャンディーは好意や今の関係を続けたいことを意味するので、現在の関係性によって本命か義理かに分かれます。恋人同士なら間違いなく本命ですし、友人関係なら義理となるでしょう。

ただし、友達関係でも片思いの気持ちを秘めている場合は、一転して本命という可能性が高まります。

 

カップケーキは本命か義理か

特別な日に食べることが多いカップケーキを贈る人は、相手に対して特別な感情を抱いていることになります。

 

マカロンは本命か義理か

マカロンは1個あたりの単価が高い高級品ですから、誰彼構わず贈ることはまずないです。つまり贈られた人は特別な存在であって、本命と捉えるのが妥当ということです。カップケーキや同じく定番のマカロンは、特別なお菓子なので本命度が非常に高めです。

 

バウムクーヘンは本命か義理か

バウムクーヘンは何層にも重なっていることから、幸せが長く続く意味を持ちます。

既に付き合っていたり夫婦関係に向いているお菓子なので、恋人未満の関係でホワイトデーに贈るとなると判断に迷いがちです。

現実的な解釈としては現状の関係に幸せを感じていて、このまま続けば良いと思っているというものです。どちらかでいうならば、本命寄りの義理以上となるでしょう。

 

キャラメルは本命か義理か

ホット一息つけるキャラメルは、口に入れると安心できることを意味します。恋人にも友人にも贈ることができますが、ホワイトデーの贈り物に選べば相手が本命と捉えてもおかしくないです。

甘さが口に残ることからも、存在感を示したいというメッセージになり得ます。

 

マドレーヌは本命か義理か

焼き菓子のマドレーヌは貝殻のような形をしているので、仲の良さや円満さを表します。仲の良い関係でいたいという意味が強いものの、もっと親密になりたいという解釈もできますから、本命を意味するお菓子にもなります。

 

マシュマロは本命か義理か

チョコレートが入っているマシュマロは、相手を純白の愛で包むことから本命向きです。甘いチョコレートは本命の相手で、優しいマシュマロが包み込むという解釈です。

子供に人気で大人にもファンが多いグミは、ホワイトデーには不向きだと言わざるを得ないでしょう。

何故か嫌いという意味を持っているので、グミを贈れば義理とわかってガッカリするどころか嫌われてしまうこともあるので要注意です。

本当はネガティブな意味はないのかもしれませんが、嫌いに思われるお菓子のイメージが定着しているので、ホワイトデーには全く向かないです。

ただ、何気なく選んで贈ることもあり得るお菓子ですから、あまり深刻に考え過ぎない方が良いです。

 

ドーナツは本命か義理か

ドーナツには2つの解釈があって、熱狂的なファンがいるアメリカではバレンタインデーやそのお返しに選ばれます。

基本的に好意を抱く相手に贈る物ですから、贈る相手は本命で贈られた人は本命と捉えることができます。

 

ティラミスは本命か義理か

ちょっとおしゃれで大人の味のティラミスは、恋人向けのポジティブなお菓子です。女性から男性向けの贈り物なので、男性がするホワイトデーのお返しにはやや不向きです。

ただし、特別な意味が込められているとしたらそれは本命となります。友人関係だと誤解を招いてしまいますから、本命の相手以外には贈らない方が良いでしょう。

 

チョコレートは本命か義理か

ホワイトデーに贈るチョコレートは、本命か義理という単純な白黒ではなく、解釈次第で白にも黒にもなる判断が難しい贈り物です。

本命のチョコレートに対してのお返しのチョコレートであれば、あなたと同じ気持ちですといったメッセージになります。

どちらでもないチョコレートに対するお返しがチョコレートの場合は、貸し借りを残したくないと解釈できるので厄介です。

深読みのし過ぎで実は純粋なお返し本命チョコレートのケースもありますから、本当にホワイトデーのチョコレートの判断は難易度が高いです。

これはチョコレートの解釈に多様性が生まれ、幾通りもの解釈ができるようになってしまったのが原因です。

 

このように、お菓子と一口にいっても種類によって本命、義理の判断は大きく分かれます。本命と義理の一覧を知ることで意味がわかるようになるのは間違いないです。価格が手頃で好き嫌いをする人が少なく選びやすい物は、総じてネガティブな種類に分類されてしまう傾向です。

安いから選んだと思われても不思議ではありませんから、義理だったり嫌いという解釈になってしまうのも仕方がないです。恋人や夫婦向けのホワイトデーのお返しは、恋人未満の間柄にとっては判断が難しいです。

 

ただし、義理とは断定できませんしポジティブに捉えることもできます。

ホワイトデーに贈る意味の持たないお菓子の一覧

ホワイトデーに贈る意味の持たないお菓子には、お菓子の種類でわかる本命と義理にも登場したマシュマロとドーナツも含まれています。マシュマロとドーナツは、本命か義理以外に意味の持たないお菓子ともいわれています。

 

こちらも参考にして、ホワイトデーに贈られるお菓子の判断をしてみてくださいね。

マシュマロ

マシュマロは一見すると柔らかくて優しい印象ですが、ホワイトデーに贈るお菓子としては意味を持たないです。

嫌いな相手に贈ることもあるお菓子で、好意のつもりでも逆に受け取られる恐れがあります。理由は口の中ですぐに溶けてしまうこと、長続きせず楽しめないことからきています。

これは普通のマシュマロの場合で、チョコレートが入っているマシュマロについては意味があって、それもポジティブな意味になります。

ただし、中身のない普通のマシュマロは、ホワイトデーに贈る意味の持たないお菓子ばかりか関係にヒビが入る切っ掛けになり得るので避けた方が無難です。

 

ドーナツ

ドーナツは、意味がないと考えれば本命も義理も示さないただのお菓子となります。

 

ケーキ

ケーキはみな特別な意味がありそうですが、殆どのケーキは意味の持たない物でホワイトデー向きではないです。

 

シュークリーム

シュークリームは何か意味を持ってそうですが、残念ながらシュークリームはただのシュークリームです。それでも、甘い物好きなら贈られて嫌な気持ちにはなりませんから、特別な日に限らず贈ることはできます。

 

プリン

プリンも何の意味の持たない1つで、本命か義理か解釈しようと思えばできそうではありますが、いくら考えても答えは出ないです。

 

ゼリー

同じくゼリーもお返しの贈り物的に意味がない、ただ美味しいだけの食べ物です。

 

和菓子

和菓子は和菓子で何かありそうな予感は感じさせますが、実は和菓子も殆どに意味がないです。

そもそもバレンタインデーはキリスト教圏の欧米発祥で、後付でチョコレートをプレゼントする習慣が誕生しました。

ホワイトデーは日本が発祥の習慣で、貰ったチョコレートのお返しをする日に位置づけられています。その為、和菓子をお返しに選ぶのはおかしいことから、特に意味は持たないことになっているわけです。

近年はお返しの自由度が高まっているので、和菓子を選ぶこともできるでしょう。しかし、意味的には本命でも義理でもないことを念頭に置いておきましょう。

 

せんべい

せんべいなどもこれといって意味はありませんから、好意を示す日の贈り物に選ばれることはまずないです。

 

ただし、理由は不明ですが和菓子の中でも金平糖は例外です。お菓子言葉も、永遠の愛という好意全開のド本命の意味を持っています。ただし、和菓子は全て意味を持たないと考えてしまうと、誤って金平糖を選び誤解を招く恐れがあります。金平糖だけは安易に贈らないのが賢明です。

まとめ|お菓子言葉の金平糖の意味!ホワイトデーのお返しでわかる本命と義理も?

お菓子言葉の金平糖の意味は永遠の愛で、ホワイトデーのお返しの種類としては明確でわかりやすいです。本命か義理かでいえば明らかに本命だとわかるお菓子なので、お菓子に込められた想いが透けて見えるでしょう。

 

つまり、お返しを贈る側だと本命の気持ちが相手にバレてしまいますし、お返しに贈られれば相手が本命だとわかります。金平糖以外のお菓子にも意味を持つ物は多く、和菓子を除けば大抵は何らかの意味を秘めています。

 

しかし、中には相手を嫌う意味やお返しに適さない物もあるので、本命と義理の一覧に目を通して選ぶことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました