バレンタインデーに職場の上司や同僚にもチョコを贈ることがあります。

 

このときバレンタインデーのメッセージを添えるのが一般的です。

 

では、このメッセージをどのような内容にしたら良いか悩むところですね。

 

そこで、例文を参考にすることで職場の上司や同僚、先輩、後輩にも贈れるようになるでしょう。

 

大切なのは失礼なく、加えて気持ちが伝わるということです。

 

その点を念頭に内容を考えることが大切です。

 

メッセージ1つで受け取る側の印象は大きく変わるものです。

 

くれぐれも手を抜かずに上手くまとめることがポイントですよ。

 

スポンサーリンク

 

バレンタインデーのメッセージを職場の上司に贈るときの例文

 

 

バレンタインデーに職場の上司に対してメッセージを添える場合は、日頃の感謝を伝えるのが良いでしょう。

 

例えば、下記のような具合で内容を考えるのがおすすめです。

 

◯◯さんへいつもお世話になっています。ささやかですが感謝の気持ちを形にします。

 

最後は無難にこうしてみましょう。

 

今後もよろしくお願いします。

 

もしくは、

 

ご指導をお願いします。

 

というようにまとめます。

 

他に例文を挙げると、下記のようになります。

 

〇〇さん、社員全員からの気持ちです。日々気にかけていただきありがとうございます。

 

いずれにしても、誰がどのような気持ちでバレンタインデーの贈り物を贈るか、それを念頭にメッセージを組み立てることがコツとなります。

 

特に関係性が深くない相手であれば、下記のようにすると良いです。

 

〇〇さん、いつもありがとうございます。いつもお世話になっています。

 

これで十分です。

 

文頭には相手の名前にさんをつけるか、役職の名前で文章を始めるのが基本です。

 

挨拶を添えたら、次はどういった気持ちでどんな贈り物なのか、これを明確にしていきます。

 

感謝の気持ちというのは使いやすいフレーズです。

 

相手にとっては少なくとも好意を持ってもらえていることが分かります。

 

職場の上司なら、少なからずお世話になっているものです。

 

具体的に何に感謝しているか伝えなくても、このフレーズ1つで気持ちが伝わるはずです。

 

最後は下の文もおすすめです。

 

これからもお世話になります。ご迷惑をおかけするかもしれませんが。

 

というように放っておけない部下を思わせるようにします。

 

冗談が伝わる相手であれば、

 

ワイロをお収め下さい。

 

といった感じで1フレーズを加えます。

 

一方で、相手の健康を気にかけたい場合は、

 

飲み過ぎに注意してご自愛ください。

 

などが良いです。

 

このように、バレンタインデーは職場の上司に日頃の感謝を伝える機会ですからチャンスを活用しないのは勿体ないです。

 

むしろ、少ない出費とメッセージで贈り物の魅力がアップします。

 

これらを要点としてメッセージを決めることをおすすめします。

 

肩書がない相手には◯◯さん、肩書がある上司は部長課長といった感じで宛名を書きます。

 

言葉遣いは原則的に丁寧に、いわゆる記号類は使わないようにするのが賢明です。

 

 

バレンタインデーのメッセージは手紙ではないので、あまりに長い内容だと相手が引いてしまいます。

 

文章量としては、3行~4行程度にまとめるのが一般的です。

 

ただ、バレンタインデーは女性が男性にチョコレートを贈る日ですね。

 

そこで、本命以外の相手に本命と思われないように注意しましょう。

 

 

これはあくまでもビジネスライクな贈り物です。

 

なので、仕事でお世話になっていることに対しての感謝の気持ちだと暗にメッセージを発信することが肝心です。

 

例文はそのままでも使えるものが多く、変にひねらない方が相手に正しく伝わります。

 

そのため、相手との関係や贈り主、贈る相手に対する気持ちを組み合わせて完成させましょう。

 

直近にお世話になった出来事がある場合は、その出来事も文章に加えると、より感謝の気持ちの重みが増します。

 

スポンサーリンク

バレンタインデーのメッセージを職場の同僚に贈るときの例文

 

 

職場の同僚に贈るバレンタインデーの贈り物は、上司や先輩よりも肩肘を張らずに済みます。

 

それはメッセージに関しても同様です。

 

例文を活用することで更に内容を考える負担が軽減されます。

 

これは上司にも共通しますが、相手の名前からメッセージを書き始めることです。

 

こうすると相手の注意を引きつけて内容が伝わりやすくなります。

 

勿論、多くの場合は本命ではなく義理ですから異性として本気にされてしまうのは困ります。

 

◯◯さんという宛名の書き方が基本です。

 

 

しかし、親しい相手なら君やちゃんといった書き方もOKです。

 

あだ名があるならそれも良いです。

 

普段通りの感じでメッセージを書き始めるのが正解です。

 

また、贈り物には理由があるものです。

 

バレンタインデーだと本来なら男女の愛を告白する目的となります。

 

現代の日本だと家族や友人を含めて男性に贈り物をする、そういう認識で間違いないと思われます。

 

具体的な書き始めを例文で挙げるとしたら、

 

◯◯さんへ、ハッピーバレンタイン。

 

と書き出すのが1つの方法となるでしょう。

 

クリスマスなら『メリークリスマス』、お誕生日であれば『お誕生日おめでとう』とメッセージを添えるのと同じです。

 

ハッピーバレンタイン以外にも

 

いつもお疲れさまです。

 

が使いやすいと考えられます。

 

当然ですが、挨拶だけでは気持ちが伝わりません。

 

なので、感謝の気持ちを加えてメッセージを組み立てます。

 

いつも困ったときのフォローありがとう。

 

一緒に仕事ができて嬉しいです。

 

などが定番です。

 

職場の同僚とはいっても、相手との距離感や関わりは千差万別です。

 

そのため、相手に合わせてベストな内容を決めたいところですね。

 

贈る物はチョコレートですが、メッセージの書き方1つで贈り物の価値が変わります。

 

そこを良く理解することが大事ですよ。

 

書き出しと挨拶に感謝の気持ちを書き連ねたら次は率直な気持ちを文章にしましょう。

 

毎日笑顔を見ることで仕事の疲れが吹き飛びます。

 

オヤジギャグは寒いけど楽しいです。

 

などが万能です。

 

今後、現在と同様に一緒に仕事を続けていくことを考えれば、やはり無難にまとまってしまうのは当然です。

 

ただ機械的だと気持ちは伝わりません。

 

そこで、少し砕けたニュアンスを加えると人間味が増します。

 

それがバレンタインデーの贈り物を受け取った人に響きます。

 

基本は例文のように定型で、自分らしいフレーズを選んで組み合わせるのが得策です。

 

今後自分は何を目指すか、どうしていきたいかを添えることで文章の本文を組み上げることができます。

 

最後は『今後もよろしく』や『これからもよろしく』といった具合です。

スポンサーリンク

 

 

堅苦しくしてしまうと誰に対する贈り物か分からなくなってしまいます。

 

一度相手が同僚だと思いだして締めるのが理想的ですね。

 

一番下には自分の名前を署名して、それでバレンタインデーの贈り物の完成となります。

 

同僚は親しい相手でも同僚ですから堅苦しく書かない方が良いです。

 

ただし、勘違いされてしまうのは避けたいものです。

 

この距離感が案外難しいので基本的に例文を参考に誤解を招かない書き方で組み立てましょう。

 

バレンタインデーのメッセージを職場の先輩に贈るときの例文

 

 

職場の先輩に対するバレンタインデーのメッセージは、自分と相手の立場を考えて決めることになります。

 

◯◯先輩いつもお世話になっています。仕事で困ったとき、真っ先に助けてくれるのはいつも◯◯先輩です。

 

まだまだ分からないことだらけですが、早く一人前になれるように頑張るので今後もよろしくおねがいします。

 

という感じが良いです。

 

あるいは、

 

先輩は自分にとってのお手本なので、これからも近くで勉強させて下さい。

 

などの書き方も先輩に伝わるメッセージとなります。

 

先輩は上司ほど距離感がなく、適度に身近で仕事のやり方が学べる教科書のような存在です。

 

そこで、お世話になっている気持ちを率直に文章にするのが正解です。

 

迷惑を掛けた出来事があるなら、それに反省の気持ちを添えて伝えるのも悪くないでしょう。

 

具体的に何処を尊敬しているか、見習いたい部分だと考えているか書くのもポイントです。

 

 

具体性のある内容は説得力が増すので曖昧かつ抽象的なメッセージとは一線を画します。

 

職場の先輩や後輩に対するバレンタインデーの贈り物だとしてもメッセージを添えるからには特別な意味が生まれます。

 

本命なら言うまでもありませんね。

 

しかし、義理は義理で贈る人の気持ち、相手との距離感が重要になってきます。

 

本当にお世話になっている先輩でならば、もう少し踏み込む形も有効です。

 

また飲みに連れて行って下さい。愚痴を聞いて下さい。

 

などと加えるのもテクニックです。

 

この1文で距離感がグッと縮まります。

 

このテクニックは親しい先輩に対するメッセージに最適です。

 

当然ながら先輩や同僚に対しても使えます。

 

ただし、距離感を見誤るようなことがあると大変なので要注意です。

 

ゴマすりでも良いので、

 

◯◯先輩だけが頼りです。

 

◯◯先輩にとっての一番の後輩は自分だと自負しています。

 

など、こういった感じの1文を加えると相手に伝わります。

 

大げさに感謝の気持ちを伝えるなら

 

一生一番弟子としてついて行きます。

 

というようなニュアンスをメッセージにするのも手です。

 

ようは、相手との関係性を確認したり、現状維持以上で良好にできればなお良いわけです。

 

相手の反感を買う内容でなければまず大丈夫です。

バレンタインデーのメッセージを職場の後輩に贈るときの例文

 

 

後輩に対するバレンタインデーは、適度な距離感を保ちつつ、上下関係を忘れていないことをさり気なく伝えるのがコツです。

 

先輩は上司ではないので、一方的に威圧的な内容だと相手は萎縮(いしゅく)してしまいます。

 

こうなると折角の贈り物が台無しになってしまいます。

 

威圧感のあるメッセージだけは避けましょう。

 

そのため、後輩の立場になって考えてみることが大切です。

 

自分のことを見守ってくれている、役に立てていると感じられる内容に喜びを覚えるものです。

 

 

先輩から後輩に対するメッセージなので『◯◯君や◯◯ちゃん』といった感じで書き始めるのが普通です。

 

このように、肩書ではなく名前を書くことです。

 

これが相手との距離感を縮めて気持ちを伝える例文におけるポイントとなります。

 

上から目線になることなく同じか少し上の視点で相手に気持ちを伝えることです。

 

偉そうに仕事上のアドバイスを書いてしまうと後輩はバレンタインでも先輩面をしていると感じてしまいます。

 

 

そうではなく、日頃言葉にしにくい感謝の気持ちを文章にすることです。

 

これが、バレンタインデーのベストな気持ちの伝え方となるでしょう。

 

シンプルに『ありがとう』や『いつも助かっています』などの内容でOKです。

 

 

ただし、具体的に何に関して感謝しているのかを明確にすることも大切です。

 

後輩のお陰で仕事量が抑えられる、仕事とプライベートのバランスが取れるといった感じです。

 

先輩としての振る舞い方が分からない場合は、後輩の姉になった気持ちで内容を考えてみることをおすすめします。

 

1人の女性の立場だと相手に誤解を与えかねません。

 

なので、その気があるようなニュアンスは避けたいところです。

 

普段から文章に記号を使う人は、何気なくハートマークを添えてしまいがちです。

 

これは誤解を招く要因になるので注意が必要です。

 

 

『恋愛を応援しています。』などの内容もバレンタインデーには相応しくありません。

 

恋愛に関する内容全般を避けるのが賢明となります。

 

あれこれと書き加えると文章が長くなってしまいますし長文は相手に誤解を与えるので気をつけましょう。

 

バレンタインデーの贈り物に添えるメッセージは、短く簡潔にまとめるのがベストです。

 

行数にすると3行ほどで十分ですから、この数字を超えないようにします。

 

贈る物の意味や重さは、それ自体が多くを占めます。

 

しかし添えるものでもかなり変わってきます。

 

文章だと長さが思いの外重要ですから長文を避けてサラッとまとめるのがおすすめです。

 

 

最後の最後に署名をしますが、ここで少し砕けた感じにすると堅苦しさが解れますよ。

 

具体的には、あなたが困ったときの頼れる◯◯先輩より、というような具合です。

 

職場の先輩や後輩は、立場は違えど大切な存在ですから今後も良い関係が保てるように心掛けましょう。

結び

バレンタインデーのメッセージを職場の上司や同僚に贈るときの例文についての記事はお役に立てたでしょうか?

 

 

職場の上司や同僚に贈る場合、相手との関係性や距離感で、メッセージの例文の内容も変わってきます。

 

上司とは明らかに立場が異なるので、部下の視点で文章を構築していくことになります。

 

冗談を添えても良いか否かは相手次第です。

 

通常は堅苦しくならない無難なメッセージを組み立て相手に合わせてアレンジするのが良いでしょう。

 

反対に、同僚は立場が近く同じ目線になれる相手なので堅苦しい感じだと違和感を覚えさせます。

 

親しき仲にも礼儀は忘れられません。

 

しかし、素直にバレンタインデーのメッセージを考えることができるのは確かです。

 

先輩には後輩の立場で、お世話になっている内容をストレートに文章にして伝えましょう。

 

後輩が相手であれば、上から目線になり過ぎないように気をつけることです。

 

こうして感謝を文章にするのが正解となります。

 

例文はあくまでも一例に過ぎません。

 

しかし職場の相手にどのような言葉を贈るか迷った場合に内容を決めるヒントになるはずです。

 

スポンサードリンク