バレンタインデーをはじめ、冬にはクリスマスやお正月などお祝いしたいイベントが色々ありますね。

 

特に女性にとっては、年末年始に差し掛かってくると気になり始めるのがバレンタインです。

 

意中の人や恋人、パートナーだけでなく、友達にも日々の感謝を伝えられる大切なイベントです。

 

そのため、大切にしていきたいという方も多いと思います。

 

そんな大切なバレンタインにプレゼントを贈るだけでなく、おしゃれにかっこよく英語でメッセージを付けたいと思いませんか?

 

メッセージを付けることで相手にとってより素敵なプレゼントが贈れそうですよね。

 

そこで今回はバレンタインデーの英語のつづり(スペル)と、英語の例文と意味、そして贈り方について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

バレンタインデーの英語のつづり(スペル)

バレンタインデーは英語では「バレンタインの日」という意味のバレンタインズデーと呼ばれています。

 

 

つづり(スペル)は『Valentine’s Day』となります。

 

聖ヴァレンティヌスという名前から『Saint Valentine’s Day』と書かれることもあります。

 

日本で親しまれている呼び名から『Valentine Day』という綴り(つづり)を想像してしまうかもしれませんね。

 

しかし、英語では少し違った表記になるので、もし英語でメッセージを書く時はスペルに注意するようにしましょう。

 

 

そもそもなぜ2月14日がバレンタインデーと呼ばれるようになったかというと、それはキリスト教の司教であったヴァレンティヌスに由来しています。

 

3世紀ごろのローマで戦争が行われていた時のことです。

 

若者が戦争に行きたがらない理由が愛する人を故郷に残したくないというところにあると考えた皇帝が結婚を禁止しことに始まります。

 

しかしそれを気の毒に思ったヴァレンティヌスが内緒で若者を結婚させはじめます。

 

 

それも皇帝に気が付かれ、禁止されてしまいます。

 

皇帝に禁止されてもなお、ヴァレンティヌスは内緒の結婚式を続けます。

 

いずれそれもばれてしまい、激怒した皇帝によってヴァレンティヌスは処刑されてしまいます。

 

2月14日にヴァレンティヌスは処刑されるのです。

 

その日はかつてローマで結婚相手を選ぶ祭りとして親しまれていたルカぺリア祭の前日です。

 

ユノという結婚生活を守護する女神の祝日でもありました。

 

処刑日はあえてその日が選ばれたわけですが、やがて2月14日はキリスト教徒の間では祭日となりました。

 

 

そして恋人たちの日と言われるようになりました。

 

それが今ではバレンタインデーとして世界中で親しまれるようになったというのが、諸説ある由来の中でも一番有力とされています。

 

日本でバレンタインデーはチョコレートを贈る日として浸透しています。

 

ですが、海外では恋人たちの日という由来から、恋人はもちろん、友達や親しい人に花束やカード、プレゼントなどを贈る日として親しまれているんですよ。

 

スポンサーリンク

バレンタインデーに英語のメッセージの例文と意味

バレンタインデーにチョコレートなどの贈り物を贈るだけでなく、今年は海外風にメッセージを贈ってみたい。

 

 

どうせ伝えるなら英語で伝えられたらよりかっこよくておしゃれですよね。

 

そこでここからはバレンタインデーに送りたい英語のつづりとメッセージの例文や、その意味を紹介していきます。

 

まず海外でも主流なメッセージと言えば、「Happy Valentine’s Day!」です。

 

この言葉は単純にこの日を楽しもうという意味で使われるので、カードを贈るにしても軽く楽しく送りたいという方にはおすすめです。

 

英語を使ってみたいけど少し抵抗があるという方でも、軽く使うことができます。

 

恋人や旦那さん、奥さん、意中の男性や女性以外の友達や家族にカードを贈るときにも使えます。

 

友達に贈る言葉としておすすめしたいのが、「You’re my best friend and my best Valentine!」です。

 

 

Valentineという単語は現在「大切な人」という意味があるので、「あなたは私の大親友、そして大切な人だよ!」という気持ちが伝えられる例文です。

 

普段は照れくさくて感謝の気持ちが伝えられない友達にも、かっこよくありがとうが伝えられるのでおすすめです。

 

「Happy Valentine’s Day with Lots of Love!」も友達に贈る言葉として海外で親しまれているメッセージのひとつです。

 

「たくさんの愛をこめて、バレンタインデーおめでとう!」という意味なので、相手のことを大切に思っていることが伝わります。

 

友達だけでなく、恋人や旦那さん、奥さんなどにも使えそうな言葉ですよね。

 

英語でメッセージを送ったことがないという方でも気軽に使うことが出来ます。

 

恋人に送りたい言葉のひとつが「You are my Valentine」です。

 

 

先ほどの説明通りValentineは大切な人という意味で使われているので、「あなたは私の大切な人」と伝えられます。

 

バレンタインデーを機に改めて自分の気持ちを伝えることが出来ます。

 

これは、とても短い言葉なのであまり回りくどい例文が好きではないという方におすすめです。

 

日本ではあまり親しみがない言葉のように感じますが、海外では広く使われているんですよ。

 

恋人や旦那さん、奥さんなどに贈り物と一緒に何か言葉を贈りたいというときにおすすめなのが、「I send my special love to you.」という言葉です。

 

「特別な愛をあなたに送ります」という意味が込められているので贈り物をもっと特別なものにしてくれます。

 

恋人や旦那さん、奥さんだけでなく、家族やこれから告白したい相手に贈っても素敵ですよね。

 

今年のバレンタインデーはいつもより特別という時にもおすすめです。

 

よりたくさんの愛を相手に伝えたいという方は、「Today and always I love you with all my heart.」という例文もおすすめです。

スポンサーリンク

 

 

「今日もそしていつも心からあなたを愛しています」という意味なので自分の精一杯の愛を伝えられます。

 

日本語に訳すと少し照れくさい気がします。

 

でも、英語で伝えればおしゃれでかっこよく聞こえます。

 

これを機に思い切って愛を伝えたいという方に選んでほしい例文です。

 

「With All My Love on Valentine’s Day and Every Day.」という例文も、恋人や旦那さん、奥さんへ愛を伝えたいという方におすすめです。

 

この例文は「Today and always I love you with all my heart.」と似た場面で使われています。

 

「バレンタインデーに、そして毎日私のすべての愛をこめて」という意味があるので贈り物を贈った日だけでなく毎日の愛が伝えられます。

 

日々の感謝が伝えられる言葉でもあるので、恋人や旦那さん、奥さんはもちろん、家族にも使ってみたいですよね。

 

バレンタインデーは愛を伝える日なので「You make me happy every day!」と言った、相手に対する純粋な気持ちを伝える例文もよく使用されています。

 

 

「あなたは私を毎日幸せにしてくれる!」という意味なので、バレンタインデーはあまり関係ないです。

 

しかし、いつも一緒にいられて嬉しいという気持ちを伝えられる言葉です。

 

特別な日だからというわけではなく、いつも感謝しているということが伝わりますね。

 

職場や学校などでお世話になった人には、「Please enjoy these chocolates as an expression of my gratitude.」という例文がよく使われています。

 

「日ごろの感謝の気持ちを込めてチョコレートを贈ります。」という意味で使われています。

 

これは、感謝の気持ちの贈り物だということを英語でも伝えることが出来ます。

 

バレンタインデーは恋人たちの日なので愛を伝える例文が多いです。

 

そこで、これならそれ以外の人にでも気軽に使えて感謝を表せます。

 

「chocolates」の部分を「presents」等に変えれば、どんなものを贈るときにも使えるので応用しやすい例文です。

 

もしこれを機に告白がしたいと思っている方がいれば、「Will you be my Valentine?」と伝えてみましょう。

 

 

直訳は「大切な人になってくれますか?」となりますが、意訳すると「恋人になってくれますか?」という意味です。

 

自分にとって相手が特別な人だということを伝えられます。

 

海外ではバレンタインを一緒に過ごしたいという意味で使われることもあります。

 

どちらにせよまだ恋人ではないけれど、大切な人に対して使える例文です。

 

一度は使ってみたいかっこいい言葉でもありますね。

 

同じ意味のもう少し軽い言葉で「Be my Valentine!」という言葉もあります。

 

より明るく伝えたいという方はこちらを使うのがおすすめです。

 

感謝や愛など、色々な気持ちを贈りもので伝えられるバレンタインデーに、お菓子や花などを渡すのももちろん素敵です。

 

それと一緒に英語のメッセージが使えたらよりかっこよく気持ちが伝えられそうですよね。

 

色々ある例文の中から自分が伝えたい気持ちや伝えたい人にぴったりなものを選んで、より深く相手に愛が伝えられるようにして下さいね。

 

バレンタインデーに英語のメッセージの贈り方

今までバレンタインデーに英語のメッセージを贈ったことがないという方は、どうやって贈っていいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

 

 

どんな人にどんなメッセージを贈るのか決めても、贈り方次第で伝わり方も変わってしまうかもしれません。

 

そこでここからはより自分の気持ちを伝えられる贈り方を紹介します。

 

まず一番オーソドックスなのが、贈りたいプレゼントにカードを付けることです。

 

海外ではチョコレートやプレゼントを贈るのと同じくらい、バレンタインデーにカードを贈るのが主流です。

 

なので、海外式でおしゃれな気持ちの伝え方ができます。

 

カードに英語のメッセージだけでなく日本語で自分の愛や感謝を書けば、より深く気持ちが伝えられます。

 

プレゼントにカードを付けるのもいいですしカードだけで贈るのもおすすめです。

 

文章を書くのが苦手という方でも、カードなら長文を書く必要がないので気軽に贈ることができますよ。

 

 

カードだけでなくもっと細かく気持ちを伝えたいという方は、手紙に添えてみるのもいいでしょう。

 

日本語で手紙を書くと堅苦しくなりがちですが、最初に英語の例文をつければ重くなりにくいです。

 

少し気持ちを添える程度で手紙の冒頭や締めとして贈るのもおすすめです。

 

プレゼントをもらうより手紙をもらったほうが嬉しいという方も多いくらいです。

 

これは、手紙を書いたことがないという方にこそおすすめの方法です。

 

手紙だけで贈るのももちろんおすすめですが、カードと同じようにプレゼントに添えることで、より気持ちを深く伝えることができますよ。

 

最近流行っているおすすめの方法のひとつが、SNSで贈るという方法です。

 

 

ただ例文を贈るだけでなく、オンライン上でカードのようなものを贈ることもできます。

 

離れている相手やプレゼントを渡すまでではないけど挨拶をしたいという人には、SNSで贈ってみるのも最近のトレンドです。

 

無料で贈れるサービスも多いので気軽に感謝を伝えることができます。

 

手紙と同じく英語をつけることでカードが重たくなりにくいですよ。

 

一言でメッセージを贈るといっても贈り方によって自分の伝えたい気持ちがどれだけ伝わるのかも変わってきます。

 

例文の中から自分に合ったものを選ぶだけでなく、しっかりと贈り方も工夫してみるだけでもバレンタインデーを特別に演出することができるかもしれません。

 

今年は英語のメッセージだけでなく贈り方にも工夫してみることをおすすめします。

結び

バレンタインデーの英語のつづり(スペル)についての記事はお役に立てたでしょうか?

 

 

1年を通して様々なイベントってたくさんありますよね。

 

その中でも普段は伝えられない気持ちを伝えられる日でもあります。

 

特にバレンタインデーは大切にしているという方も多いと思います。

 

そんな特別な日をもっと特別にするために、今年はいつもと違って英語でメッセージを贈ると、よりおしゃれでかっこよく気持ちが伝えられるかもしれません。

 

贈るチョコレートやお花などをよりグレードアップさせるためにも、英語でメッセージを贈るというのはおすすめです。

 

今年は英語のつづり(スペル) をしっかりと復習して、英語の例文と意味を確認してみてください。

 

数ある例文の中から自分が愛や感謝を伝える人、またはその人に伝えたいメッセージに合ったものを選びましょう。

 

贈り方にも工夫して気持ちを伝えることで、いつものバレンタインデーより特別な日を演出できるので、相手もより喜んでくれること間違いなしですよ。

 

スポンサードリンク