バレンタインのチョコを直接渡すのではなく送りたいという方もおられるのではないでしょうか。

 

 

その場合のやり方は、どうしたら良いのかご存知ですか。

 

また、当日に届くように送るにはどのようにするのかも気になります。

 

なお、郵送と宅配便のどちらで送るのかで方法や料金と梱包の仕方に違いはあるのでしょうか?

 

バレンタインのチョコを送るためのこのような疑問について詳しく解説していきますね。

 

スポンサーリンク

 

バレンタインのチョコを郵送で当日に届くように送る方法

バレンタインのチョコを郵送で送るのであれば、チルドゆうパックを選択するのがベストです。

 

 

チルドゆうパックはその名の通り、0℃から5℃以内での温度管理を行うのが特徴です。

 

チルドなので溶ける心配がありませんし、温度が低いので硬さを保つことができます。

 

また、追跡ありで補償もついていますから、万が一紛失や破損が生じても安心だといえます。

 

気になる配達希望日時の指定ができるので、当日届くように送ることが可能となります。

 

具体的な方法としては、バレンタインチョコを包装した上で割れないように梱包を行います。

 

そして所要日数から逆算して送るやり方が挙げられます。

 

発着地が近場だと翌日には届きますし、距離がある地域でも2日あれば到着する可能性があります。

 

ただし、バレンタインのある2月は雪が降る地域が多いので、輸送でその区間を通る場合は、雪の影響による遅れに注意しましょうね。

 

 

降雪で輸送に支障が生じれば、1日から2日ほど到着が遅くなる恐れがあると考えられます。

 

つまり、通常の所要日数よりも2日ほど早めに送ります。

 

これで、高い確率でバレンタイン当日にチョコが届くようになるわけです。

 

注意点としては、コンビニで発送することができないことです。

 

そのため、早めに郵便局に持ち込むか集荷を依頼するかの2つです。

 

チルドゆうパックは、通常のゆうパックとは違いコンビニでは扱っていません。

 

そのため、郵便局か集荷で差し出す必要があります。

 

郵便局なら営業時間内に持ち込むことで、チルドで保管したり希望に合わせて発送を行ってくれます。

 

一方の集荷は、自宅でチョコレートの保管をしておき、発送のタイミングで取りに来てもらうことができます。

 

 

いずれにしても、温度管理と荷物の丁寧な取り扱いに期待できます。

 

このようなことからも、日時指定も兼ねて郵送のチルドゆうパックで送るのがおすすめです。

 

金額は通常よりも少々上がってしまいますが、その分食品に適した郵送が行われるので安心です。

 

通常便では溶けてしまう可能性があります。

 

ゆうメールだと割れる恐れが強まるので、チルドゆうパックが最適解となります。

 

スポンサーリンク

バレンタインのチョコを宅配便で当日に届くように送る方法

バレンタインのチョコを当日に、宅配便で送りたいと考える場合は、やはり各社の冷蔵便で発送するのが賢明です。

 

 

冷蔵便なら箱でも取り扱ってもらえますし、厳重に梱包して送るといったことが可能になります。

 

それに、温度は車載の冷蔵庫で低く保たれます。

 

これにより、溶けて形が崩れてしまったり、味や品質が低下するリスクが避けられます。

 

何よりも、配達希望日時の指定が可能で当日に届けてもらえるという、希望に応えてくれるオプションがあるのが魅力的です。

 

宅配便でバレンタインチョコを送るなら、包装したプレゼントを透明の袋で包みます。

 

それを箱に入れて緩衝材で保護するのがおすすめですね。

 

これなら割れる心配がありませんし、発送時のきれいな形状を保って届くように手配できます。

 

宅配便は陸送が多いですから、降雪の影響を受けやすく配達の所要日数が延びる可能性があります。

 

 

当日に届くようにする都合上、遅れは致命的な問題となり得ます。

 

そこで、早め早めに受け渡して発送してもらうようにするのが基本となります。

 

バレンタインのチョコを送り、希望日時指定で届くようにすることの重要性は?

 

これは、遅れのない宅配とプレゼントの保護という2つの観点が重要です。

 

前者は所要日数に遅れのリスクも考慮して、早めに発送の手続を済ませるのが理想的です。

 

一方の後者は、厳重に包んで包装を行うことによって、安心の発送と配達が希望できるようになります。

 

2つの条件を満たして発送を行えば、2月14日に大切な相手の手元に届けられるでしょう。

 

 

差し出す日数が遅かったり、梱包に問題があると届かない恐れが高まります。

 

それでも、余裕を持って準備をしたり手続きを行えば大丈夫です。

 

宅配上のトラブルがある場合はこの限りではないです。

 

そこは、信頼できる宅配業者に任せて送ることで成功率はかなり高くキープできます。

 

市販品も手作りも、冷蔵便で送ればチョコを良い状態で届けられます。

 

バレンタイン当日に届けたいなら冷蔵の宅配便が狙い目となります。

 

バレンタインのチョコを当日に届くように送るときの郵送と宅配便の梱包の仕方

バレンタインチョコを当日に届くように送る、その場合は郵送と宅配便で梱包の仕方というものがあります。

 

バレンタインチョコは割れやすく、また溶けてしまう欠点があります。

 

どちらの場合でもこれらのリスクを軽減する梱包の仕方が大事です。

 

通常便と同じくダンボールで包む方法もあります。

 

ですが、チョコレートは温度の維持が肝心なので発泡スチロールを選択することをおすすめします。

 

 

発泡スチロールは断熱性に優れるので、多少の外気温の変化になら耐えることができます。

 

しかも、衝撃に耐えられる耐久性も併せ持ちます。

 

バレンタインチョコのような繊細なものを送るのに適しています。

 

チョコレートに発泡スチロールは大げさに思われます。

 

しかし、割れずに完璧な状態で届けたいなら、梱包にもこだわるべきです。

 

加えて、発泡スチロールには保冷剤も入れておくと、より温度低下による品質の変化が防げます。

 

包装したバレンタインチョコの包みは、そのままだと水分で濡れる恐れがあります。

 

そのため梱包を行う前に透明の袋で包むと安全です。

 

これで保冷剤に触れても包装紙が濡れたり汚れることはなくなります。

 

また、きれいな状態のままで相手に届けることができます。

 

 

メッセージを添えて送るのであれば、手紙やメッセージカードも袋に入れるのがおすすめとなります。

 

後は輸送時の揺れで揺さぶられないように、チョコレートと発泡スチロールの隙間を埋めて蓋をします。

 

十分に封をしたら送り状を作り、営業所に持ち込むか集荷で配送を行う流れとなります。

 

手元に送り状がない場合は、営業所でもらうか集荷時に持ってきてもらいましょう。

 

 

梱包の仕方も送り方も、このように郵送と宅配便では大きな違いはないです。

 

どちらも厳重に包んで送るのは同じです。

 

荷造りに箱を使わないと、輸送時に破損する恐れが高まるのは共通です。

 

発泡スチロールのように信頼できる箱を選んで梱包をするのが成功のポイントです。

 

梱包の仕方も同様に相手に届くまでの状況を考えながら、ベストな状態で届くように包むのが大切なことです。

 

バレンタインのチョコを当日に届くように郵送や宅配便で送るときの料金の違い

まず、郵送と宅配便で送るときに現れる違いを比較して相対的に見るとそれほど大きくはないといえるでしょう。

 

それでも微妙な違いはあるので郵送と宅配便の細かな手続きやサイズ別の料金について説明していきますね。

バレンタインのチョコを郵送で当日に届くように送るときの料金

バレンタインのチョコを当日に届くようにしたい。

 

そのケースにおける郵送や宅配便での料金には違いがあります。

 

郵便のチルドゆうパックは、通常便に運賃をプラスすることでサービスが受けられるようになります。

 

なので60サイズの場合は下記のとおりです。

 

 

60サイズなら通常運賃にプラス220円です。

 

80サイズだと同じく通常運賃プラス350円です。

 

バレンタインチョコの郵送において、80サイズを超えることはまず考えにくいです。

 

料金が高額になってしまう恐れはないでしょう。

 

発着地が同一地域内の場合は、通常運賃が最低800円です。

 

60サイズで計算すると1,020円が最低料金となります。

 

ただ、発送時に持ち込みを行うと割引が受けられるので、その点は少しお得にできます。

バレンタインのチョコを宅配便で当日に届くように送るときの料金

宅配の冷蔵便も同様に、送るサイズと発着地によって料金が決まります。

 

クロネコヤマトの60サイズの場合は下記のとおりです。

 

 

クロネコヤマトの場合、同一地域内で60サイズの送料が1,123円です。

 

このように、郵送と比べても大きな違いはないです。

 

北海道から沖縄までなら、同様に60サイズ2,203円という金額になります。

 

通常便だと最低で907円ですから、通常よりも約200円ほどで冷蔵便の宅配が利用できるというわけです。

 

宅配便の場合は、選択する業者によって多少の金額の差はあるでしょう。

 

しかし、大幅な差となって現れる可能性は低いはずです。

郵送と宅配便で送るときの料金のまとめ

通常のプラス200円ほどで冷蔵による発送が行えることも、共通点として注目に値するポイントの1つです。

 

それよりも、コンビニで受付が行われていないことや、持ち込みで割引が受けられるなど、共通するポイントが多く見受けられます。

 

 

コスト的にはあまり違いがありません。

 

営業所が近い方で送る方法を選んだり、持ち込みの割引率などで選択することができます。

 

いずれに対しても、バレンタインチョコが当日に届く期待が持てます。

 

信頼して任せたり大切なチョコレートが預けられます。

バレンタインのチョコを当日に届くように郵送や宅配便で送るのはいつまで

バレンタインチョコを当日に届くように、それを念頭に郵送や宅配便を送るなら、通常便の所要日数から計算して発送するのが原則です。

 

いつまでの発送なら間に合うか、そう考えて梱包をしたり発送の手配を行うのが良いです。

 

所要日数が2日の予定であれば、通常だと2月14日の2日前、つまり2月12日に出して間に合うことになります。

 

しかし、バレンタインの前は輸送の荷物量が増えるので遅れが生じるリスクがあります。

 

 

前者は配達の遅れがあることを意味するので、余裕を持って1日早く差し出したいところです。

 

この時点で、バレンタインチョコを送るタイミングは2月11日ということになります。

 

雪の影響も考慮に入れるとなると、更に1日から2日早めに送るのが正解です。

 

配達予定が発送日の2日後の地域が対象なら、2月10日か2月9日までに郵送か宅配便で送りましょう。

 

これなら高確率で、バレンタイン当日にバレインタインチョコが良い状態で届きます。

 

所要日数が1日の地域だと、輸送距離が短くなり雪の影響も受けにくくなるので、もう少し余裕を持って送ることが可能です。

 

 

同一地域内で午前中の発送なら当日中に届く可能性もあります。

 

それでも輸送に余裕をもたせて1日早く発送したいところです。

 

北海道から沖縄、もしくは沖縄から北海道だと、元々所要日数が長いことや雪の影響を受けやすい欠点があります。

 

輸送が効率化されている現在において、冷蔵便は郵送と宅配便共に短い所要日数で輸送されます。

 

それでもやはり輸送距離が長い場合は余裕をもたせるのが無難です。

 

当日に届くという重要性があります。

 

早めに発送して着地の営業所で保管してもらうことが大切です。

 

あまり早く送り過ぎても、今度は味が落ちてしまうという懸念が生じます。

 

ですが、バレンタインチョコが遅れて届くよりはまだましです。

 

 

改めてバレンタインチョコを当日に届く送り方を確認すると、所要日数から逆算して発送を行うのが正解という答えになります。

 

いつまでに送ると間に合うか、それは発着地の関係によります。

 

距離があっても2月9日に差し出せば間に合います。

結び

バレンタインのチョコを当日に届くように送る方法についてはご理解いただけたでしょうか。

 

また、送り方や料金と梱包の仕方については郵送と宅配便の二つを上げてみました。

 

この章では、ここまでをまとめた要約を載せていきます。

 

 

バレンタインのチョコを郵送で当日に届くように送るなら、チルドゆうパックを選択するのが理想的です。

 

配達希望日時の指定もできるので、当日届くように送ることができるんです。

 

チルドゆうパックは、通常のゆうパックとは違いコンビニでは扱っていないです。

 

郵便局か集荷で差し出すことが求められます。

 

バレンタインのチョコを当日に届くように宅配便で送る場合は、冷蔵便で発送するのが良いです。

 

配達希望日時の指定が可能で当日に届けていただけるといった、希望に応じていただけるオプションが備わっているのが魅力です。

 

梱包の仕方については郵送も宅配便もさほど大きく違うところはないです。

 

バレンタインチョコは割れやすく、また溶けてしまう欠点をもつことからリスクを抑える梱包の仕方が重要です。

 

 

チョコレートは温度の維持が肝心なので、発泡スチロールを利用することをおすすめです。

 

包装したバレンタインチョコの包みは、何もしないと水分で濡れる心配があります。

 

そのため、梱包を行う前に透明の袋で包むと安全です。

 

メッセージを添えて送るのであれば、手紙やメッセージカードも袋に入れるのがおすすめとなります。

 

バレンタインのチョコのその日に届くように郵送で送るときの料金が下記になります。

 

60サイズなら通常運賃にプラス220円、80サイズだと同じく通常運賃プラス350円という計算です。

 

宅配の冷蔵便も同様に、送るサイズと発着地によって料金が決まります。

 

クロネコヤマトだと、同一地域内で60サイズの送料が1,123円となります。

 

北海道から沖縄までなら、同様に60サイズで2,203円という金額になります。

 

なお、バレンタイン当日に届くように郵送や宅配便で送るのはいつまでか?

 

通常便の所要日数から計算して発送するのが原則です。

 

所要日数が2日の予定であれば、通常だと2月14日の2日前、つまり2月12日に出して間に合うことになります。

 

 

バレンタインの前は輸送の荷物量が増えるので遅れが起こる危険があります。

 

そのため、余裕を持って1日早く差し出したいところですね。

 

雪の影響も計算に入れることになれば、更に1日から2日早めに送るのがいいでしょう。

 

配達予定が発送日の2日後の地域が対象なら、2月10日か2月9日までに郵送か宅配便で送りましょう。

 

あまり早く送り過ぎてしまっても、今度は味が落ちてしまう心配が生じます。

 

しかし、それでもバレンタインチョコが遅れて届くよりはまだマシですよね。

 

スポンサーリンク