卒業メッセージを先生から生徒へ一言で贈る!感動的な例文も伝授!

卒業メッセージ先生

卒業メッセージを先生から生徒へ一言で贈る例文

 

卒業メッセージを先生から生徒に一言で贈るには、在学中の思い出を例にあげて示してあげることです。

 

卒業式は生徒だけでなく、共に過ごした先生にとっても特別な日です。

 

特に、先生から生徒への卒業メッセージは一生の思い出になります。

 

卒業メッセージを先生から生徒へ一言で贈る例文

 

素敵な内容を考えて一言でお祝いのメッセージを贈るのが理想的です。

 

卒業メッセージを先生から生徒へ一言で贈る例文は次のようなものがおすすめです。

 

〇〇年間で苦しかったことを忘れるな。そのことを思い出した際に怒りや悔しさが込み上げて来たら、私のことを思い出して恨んでくれていい。

 

これは、やり切れない学生生活を耐え抜いた生徒への最高の贈る一言メッセージとなります。

 

卒業生は、社会に出てから人生が思いどおりに行かなくなると、中学・高校くらいからの周りの環境に原因を求めがちです。

 

自分の非は認めたがらず、当時のクラスメイトや先生のせいにしてしまうこともあります。

 

そんな時に、行き場の無い怒りや悔しさをぶつける対象があるのは、メンタル的にも非常に助かります。

 

教師という仕事は、生徒から憎まれるのは当たり前です。

 

人は上手く行かないことがあると外部に要因を求める傾向があり、その代表的な対象が学生時代の先生たちです。

 

3年間で味わった地獄を忘れるな。怒りや悔しさは全部私にぶつけなさい。

 

このような一言は、先生という仕事の責任を最後まで全うしようとする覚悟を感じさせる最高の卒業メッセージになります。

 

しかし、卒業する教え子に「私を恨め」という勇気がない先生の場合はどうすると良いのでしょう。

 

下記の例文を参考にすると役に立つので、感動的な内容に目を通してみることをおすすめします。

 

相手が高校生や小学生でも、【ご卒業おめでとうございます】という言葉で始めるのが基本です。

 

ご卒業おめでとうございます。これからは自分で将来を見据えたり成長する必要があります。

 

このように今後に向けた自覚を持たせる一言でメッセージが続きます。

 

小学生を対象とした生徒へのメッセージでは、相手に合わせた内容が感動的です。

 

中学校では楽しいことだけでなく、努力が必要になったり辛いこともあると思います。

 

このような言葉も卒業メッセージを一言であらわす定番の例文です。

 

頑張った分は将来の糧となり、長い人生においてお金では買えない価値になります。

 

 

タカ
タカ

環境の変化に目を向けて内容を盛り込むのがポイントです。

 

将来に向けて感じている不安を煽るのではなく、良い結果になることを願ってエールを送るのがベストとなります。

 

中学生向けでの例文は未来への希望に繋げるのがコツです。

 

これまでの思い出が辛い時も支えてくれるので、新しい環境でも友人を大切にして頑張ってください。

 

こう締めくくる例文だと感動的で綺麗です。高校を卒業する生徒には、大人への第一歩を踏み出すタイミングとなります。

 

中学生は高校に進み、より努力が求められるようになりますから、積極的に全力的で色々な挑戦をしてください。

 

夢を実現して現実のものとする努力を惜しまないこと、それを先生の立場で一言で伝える内容だと魅力的です。

 

大学生は学校での生活を全て終え、社会人として大きな世界に羽ばたく人生の転換点にいます。

 

 

不安は学生時代よりも強まるもので、自分の足で歩いていけるかという揺らぎが少なからずあります。

 

あなたの笑顔は素敵で、何時も周りを明るくしたり楽しい気持ちにさせていました。

 

こういった卒業メッセージは、内容を聞く人にとっても感動的で涙を誘います。

 

その笑顔は新しく出会う人にとっても価値あるもので、良い人間関係を築くのに役立つものとなります。

 

タカ
タカ

こういう卒業メッセージは一言で胸に響きます。

 

 

先生の気持ちが文字に表れ生徒に伝わる感じが想像できるので、まさに感動的な例文だといえます。

 

生徒たちが卒業後に思い出す確率が高いのは、楽しかった思い出よりも、辛かった思い出の方が多いといわれています。

 

それは、脳に残された刺激が苦悩の方が強いためであるといわれています。

あの頃、とても辛い部活や勉強を頑張って来たのだから、今の自分も頑張れるはずだと思うのでしょうか。

 

ただし、一言メッセージを感動的にしようとするあまり、出来もしない言葉を並べないことです。

 

卒業メッセージで先生におすすめできない一言例文

 

卒業メッセージを先生から生徒へ一言で贈る例文は次のようなものはおすすめできません。

 

人生に行き詰まった時は、いつでもここに戻って来て相談してください。

 

うわべだけの美辞麗句(びじれいく)を一言で並べ立てる先生がいます。

 

しかし残念ながら、この言葉のほとんどは嘘とまではいわないにしても実現できない言葉です。

 

卒業式の時点では、先生はもう新学期に入学してくる新入生のことが気になっているはずです。

 

その日だけの卒業式が終われば、過去は忘れすぐに新しい道へと頭を切り替えなければいけないのが現状でしょう。

 

これが悪いということではなく紛れもなく先生にとっての責任感の現れでしょう。

 

卒業後に何らかのトラブルに巻き込まれ、困り果てた末に本当に学校に相談に来たときに先生がどこまで力になれるかということです。

 

後々「先生あなたはこう言ったではないか。だから私は相談しに戻って来たのに」となってしまうケースもあります。

 

そのため安易な一言の卒業メッセージは避け慎重に準備しておかなければなりません。

 

そんな時のために、先生から卒業する生徒へ残す一言で心に残る例文があります。

 

卒業メッセージを先生から生徒へ一言で贈る心に残る例文

 

先生から生徒へ一言で贈る卒業メッセージにおいて、心に残る例文を挙げるとしたら、それは個人的な繋がりを強く思わせる内容があてはまります。

 

小学生向けの例文では、下のような言葉も感じが一言で生徒の心に残ります。

 

いたずらやワガママで手を焼いたことがあっても、何時でも信じて見守ってきました。

 

また、保護者や他の先生に周りの同級生達にとっても、

 

一言で強いメッセージ性で何かが心に残ることになるでしょう。

 

中学生や高校生を対象とした卒業メッセージでは、

 

【常に努力する姿から勇気をもらい、また励まされる思いでした】

 

上の例文は、先生の感情を一言で表す内容の例文で素敵です。

 

これからも変わらぬ姿勢で努力を続け、もっと成長して立派な人になることを願っています。

 

こうして、希望を一言で言葉に変えてメッセージに乗せるとより伝わります。

 

生徒本人の立場からすると、自分のことを良く知っている相手からの一言メッセージは胸にささります。

 

 

心に残る大切な思い出としていつまでも仕舞っておきたくなります。

 

次合う時に、今より人として大きく成長した姿を楽しみにしています。

 

これは将来に繋がる内容で卒業メッセージを一言で締めくくるのもグッときます。

 

大人になったら顔を合わせ、楽しかったことも辛い思い出も笑いあえたら良いですね。

 

こういった例文も秀逸な卒業メッセージです。

 

高校生や大学生など、大人にならざるを得ない生徒にとっては、大人になってから受け止めてくれるかのような内容が響くものです。

 

卒業はゴールではなくスタートです。

 

この表現は定番過ぎてやや陳腐(ちんぷ)です。それでもこのようにベタな一言メッセージが心に残る傾向です。

 

 

長い道のりの通過点を、まるで新しいスタート地点として送り出すような、そういう先生の思いが心に優しく記憶の一部にもなります。

 

出発する人と送り出す側の間で交わされるメッセージです。

 

人生の転換点を内容に盛り込むと胸に響いて記憶に焼付きます。

大人の立場だと、自分の手から教え子が離れ、今までのサポートができなくなるので、不安な気持ちが溢れがちです。

 

しかし旅立つ本人の方が不安は大きいです。

 

 

それを隠して相手のことを考えた思いを一言で贈る。

 

これが先生から生徒への卒業メッセージとして心に残る魅力があります。

 

例文は実に多種多様ですが、複雑な思いが文字に込められている共通点があります。

 

いずれも何かを感じたり響くはずです。

 

結び|卒業メッセージを先生から生徒へ一言で贈る感動的な例文

 

卒業メッセージを先生から生徒へ一言で贈る感動的な例文も、

 

いろいろと感動的で心に残るものがあります。

 

ただ、一言で感動的で心に残るものは何時の時代も普遍的です。

 

 

それぞれの思いが文字になって現れるものです。

 

心に残る例文もまた、生徒や子供の将来を不安に思ったり成長を望む気持ちから表現されています。

 

先生から生徒への卒業メッセージでは、学校生活や友人関係といった目線で綴られた、感動的で心に残る例文が多数あります。

 

 

学校で過ごす時間は年間を通すとかなり長いものです。

 

その間に起こる様々な出来事が例文に反映されます。

 

勿論、全てを盛り込むことは不可能です。

 

必然的に思い出深いものが内容に加えられ、一言で卒業のお祝いや将来へのエールで綴られる形となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました