卒業式のスーツを教員が女性の場合の選び方わかってますか。先生!

 

デザインや色に合う小物なんかもいろいろあるんですよ。

 

また、卒業生の担任ではない場合は、袴ではなくスーツを着用することが好ましいと言えるでしょう。

 

教員が女性の場合、担任だと卒業式にはスーツか袴を着ることがほとんどです。

 

ですが、スーツであれば何でも良いわけではないので選び方を知っておく必要があります。

 

スーツはもちろんですが、デザインや色に合う小物まで知っておくことも大切です。

 

女性の教員が卒業式のスーツを探すのであれば、正しく選ぶことができるようにしておきましょうね。

 

スポンサーリンク

 

卒業式のスーツを教員が女性の場合の選び方

 

卒業式はフォーマルな装いが必要となる行事です。

 

そのため、校長先生は「正礼装」、教頭先生や卒業生の担任の先生は「準礼装」が一般的です。

 

教員は基本、礼服ではなくスーツを着ることが暗黙の了解となっています。

 

卒業式で校長や教頭以外で礼服や袴を着用するのは、殆どの学校が卒業生の担任のみです。

 

 

ですが、スーツであれば何でも良いというわけではないです。

 

教員が女性の場合にどのような卒業式のスーツの選び方をする必要があるのか知っておきましょう。

 

卒業生の担任であれば、ブラックフォーマルとされる礼服を着用すれば問題ないです。

 

それ以外の教員の場合は、スーツを着用することがほとんどですね。

 

 

ただし、デザインや色によっては不適切だと思われるので選び方には注意が必要だと言えます。

 

まずは黒いスーツを選ぶという選び方がおすすめです。

 

卒業式はおめでたいことなので明るいカラーのスーツが良いと思うかもしれません。

 

しかし、主役は卒業生なので派手な色は主張が激し過ぎるという理由で避けるべきだとされています。

 

そこで、最も失敗しない選び方の1つ目は、黒のスーツを選ぶことです。

 

黒のスーツであれば派手すぎて目立ってしまうことがありませんので、保護者や他の教員から服装が不適切だと思われることがありません。

 

学校や地域による違いはありますが、担任以外の教員はブラックのスーツを選ぶケースが最も多いと言われています。

 

2つ目には濃紺のスーツを選ぶという方法もあります。

 

 

学校の特徴によって異なりますが、完全に黒いスーツを着る教員があまりいない場合は黒だと浮いてしまう可能性があるためです。

 

この場合、濃紺のスーツを着用することをおすすめします。

 

明るい紺色の場合は主張が激しくなりやすいので、しっかり濃紺と分かるような色合いのスーツを選ぶ必要があります。

 

濃紺のスーツはブラックよりも少しだけ明るく見せることができるというメリットがありますね。

 

ですが、生地の質や色合いによっては安っぽく見えてしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

生地が薄手に感じられるものや光沢があるものは安っぽく見えやすい傾向があります。

 

生地がしっかりしていて光沢のないものを選ぶことが望ましいでしょう。

 

基本的にはブラックか濃紺のスーツを選べば問題ないのですが、デザインによる選び方も知っておきましょう。

 

スーツを決める際に重要なことの3つ目には、デザインは無地にするということがあります。

 

オシャレなものには派手な色やチェック柄、太いストライプのものもありますが、これらは卒業式に着用するものとしては向いていません。

 

 

柄の主張が激しくて悪目立ち(わるめだち)してしまう可能性があるからです。

 

なので、デザイン性のあるものを選びたくても我慢したほうが賢明です。

 

スーツや髪の色が全て黒いと暗い印象になると心配になる人もいるかもしれませんが、小物などで明るく見せることができます。

 

学校にもよりますが明るすぎるよりは暗いほうが良いとするケースのほうが多いです。

 

 

やはり卒業式で教員に合うスーツは、デザインを無地にして派手にならないようにしましょう。

 

女性の教員で卒業式の際に着用するスーツで迷っているのであれば、この3つの選び方を参考にして決めることがおすすめだと言えます。

 

多くの地域の学校では教員が女性の場合、卒業式の服装は、こういった基準で決めれば問題ないのです。

 

 

ただし、卒業生の担任以外でも礼服が必須などのローカルルールがある学校の可能性もあるでしょう。

 

その場合は、初めて卒業式に参加する場合は管理職の先生や、その学校の勤続年数が長い先生に尋ねてみることです。

 

学校独自の決まりがあるのか聞いておくことがおすすめです。

 

特に決まりがないようであれば色は黒か濃紺のものを、デザインは無地のものを選択するようにしてください。

 

この方法で選ぶようにすれば、悪目立ちして管理職の先生から注意されたり、保護者から批判を浴びてしまったりするようなこともないはずです。

 

スポンサーリンク

卒業式のスーツを教員が女性の場合のデザインと色に合う小物・アクセサリー

 

卒業式でスーツを着用するのであれば、小物のデザインと色にも気をつけなければなりません。

 

せっかく正しく卒業式のスーツを選ぶことができていても、小物の選び方を間違えると浮いてしまう可能性があります。

 

スーツで卒業式に臨むことができるのは卒業生の担任以外の教員なので、コサージュなどをつけて華やかにする必要はありません。

 

小物やアクセサリーは腕時計やベルト、ストッキングを身につけておけば問題ないでしょう。

 

ただし、スーツのデザインや色に合うものが選べなければ浮いてしまうので要注意です。

 

教員が女性の場合に、どのような小物を選ぶべきか知っておく必要があります。

 

基本的にスーツは黒か濃紺を着用するので、それに合った色やデザインの小物を選ぶことが大切です。

 

腕時計は男性がつけるような黒っぽいゴテゴテしたものやオモチャくさいものはNGです。

スポンサーリンク

 

 

シルバーピンクゴールドなど女性らしい色合いで細身のベルトのものを選ぶことがおすすめだと言えます。

 

スーツ自体の色が黒なので、小物は少しだけ華やかに見えるものを取り入れるべきです。

 

卒業生以外の担任は、コサージュをつける必要がないケースが多いので、真っ黒ではなくシルバーなどの腕時計を身につけましょう。

 

 

パンツスタイルの場合はベルトが必要になりますが、色はスーツと同系色のものを選ぶ必要があります。

 

茶色のベルトを持っている女性の先生は多いようですが卒業式のスーツは黒や濃紺を選ぶので、できればベルトも黒で合わせるべきです。

 

小物で華やかさを出すことは大切ですが、ベルトを華やかなものにすると悪目立ちします。

 

 

ベルトに関してはスーツと同系色でまとめるようにしてください。

 

バックルの色や形も様々ですが、シルバーかゴールドでスクエア型のもの、もしくはラウンド型のものを選ぶようにしましょう。

 

 

卒業式の時期はまだ肌寒いことも多いですが、ストッキングの代わりにタイツを履くことはおすすめできないです。

 

フォーマルな場である卒業式はタイツが不向きだとされることが多いです。

 

また、生徒の保護者からも批判される可能性があります。

 

スカートタイプのスーツを着用するのであれば、必ずストッキングを着用するようにしましょう。

 

 

シンプルなスーツだからと柄などが入ったものにはせず、無地で肌色のものを着用するようにしてください。

 

黒いストッキングは、暗くなってしまうという理由からもおすすめできないので注意が必要です。

 

 

卒業式のスーツに合わせるべき小物にはこのようにいくつかあります。

 

卒業生や保護者よりも目立たないようにしつつお祝いの雰囲気を出すという理由で選び方を知っておくべきです。

 

理由を考えた上で選択すれば失敗することがないです。

卒業式のスーツを教員が女性の場合のデザインと色に合う髪型

 

卒業式にスーツを着るのであれば、デザインや色に合う髪型をする必要があります。

 

教員が女性の場合は特に髪型と色にこだわる必要があるので、注意しておきましょう。

 

卒業式のスーツはシンプルなので、髪型はそれに合わせてシンプルなものにするか少し華やかなものにすることがおすすめです。

 

 

理由とともに卒業式でスーツを着るときに行うべき髪型を知っておきましょう。

 

ポニーテールのような高すぎる位置で髪をまとめると明るい印象にはなりますが、卒業式という場では悪い意味で目立ってしまう可能性が高いです。

 

シンプルで合わせるのであれば、低い位置でひとつに結ぶことがおすすめだと言えます。

 

 

そのため、髪を結ぶ必要がある場合は低い位置でひとつに結ぶようにしてください。

 

スーツなど全体が暗めだから少し華やかにしたいのであれば、ハーフアップがおすすめです。

 

これはどのようなデザインや色のスーツにでも似合う髪型なので、セミロングやロングヘアの女性教員は積極的に行うと良いでしょう。

 

ハーフアップは控えめで上品ですが、少しだけ華やかさを出すことができます。

 

パーティー用のようなしっかりとしたまとめ髪やラフなハーフアップは悪目立ちする可能性があるので、かっちり目のハーフアップを行うと良いでしょう。

 

 

髪が短いめの女性教員であれば、アレンジしようがないと思うかもしれませんね。

 

ですが、大丈夫です。前髪を片側へ斜めに流しておでこを出してスッキリさせる髪型がおすすめです。

 

ワックスやスタイリング剤を少しつけてキープできるようにしておけば、フォーマルな場に相応しい印象の髪型にすることができます。

 

 

ショートカットの場合はそのままでも実は良いです。

 

でも、前髪をアレンジするだけでも卒業式に似合う髪型になるので試してみてくださいね。

 

また、普段と同じ髪色で良いと思うかもしれませんが、髪の色は黒から落ち着いた茶色までにしておくべきだと言えます。

 

教員をしている人で派手な髪色をしている人は少ないです。

 

しかし、若い教員には明るめのブラウンにしている人もいるので注意が必要です。

 

 

普段、学校内などで保護者と会ったときに指摘されることがなくても式典で派手すぎると感じられる髪の色をしていると指摘される可能性があります。

 

その点、男性教員の場合は軽く整える程度で問題ないことが多いのです。

 

女性教員が卒業式にスーツで参加するのであれば、髪型と色についてしっかり考えるようにしてください。

 

フォーマルな場やスーツに合った髪型と色であれば、問題なく卒業式に参加することができます。

結び

 

卒業式のスーツを教員が女性の場合の選び方についてはご理解いただけたでしょうか?

 

また、デザインや色に合う小物についてもお役に立てれば幸いです。

 

卒業式は、袴や礼服で参加しなければならないと思っているかもしれませんが、卒業生の担任以外の教員は基本的にスーツで参加することが多いです。

 

そのため、教員が女性の場合はどのようなスーツを選ぶのかということだけでは終われません。

 

デザインや色に合う小物まで選ぶことができるようになっておく必要があります。

 

卒業式のスーツや小物を間違った選び方で決めてしまうと卒業生や保護者より目立ってしまうこともあります。

 

周りの人から非難されてしまったりする可能性があるので注意が必要です。

 

女性の教員が卒業式にスーツで参加する場合は濃紺の無地のスーツを着用するのがおすすめです。

 

小物や髪型はシンプルなものか少しだけ華やかなものを選ぶことができるようにしておきましょう。

 

ポイントを押さえてスーツや小物を選べば、安心して卒業式に参加することができるようになりますよ。

 

スポンサードリンク