卒業式のスーツを教員が男性の場合の選び方わかりますか先生?

 

また、教員が男性の場合にはスーツのデザインや色に合うネクタイも気になりますよね。

 

なお、教員が男性の場合、卒業式は礼服を着なければならないと思うかもしれませんが、卒業生の担任以外はスーツを着用することが一般的です。

 

ですが、スーツであれば何でも良いというわけではありません。

 

卒業式のスーツはどのようなものが適しているのか知っておくことが大切だと言えます。

 

さらには、スーツを着る際には教員が男性の場合なら卒業式に合うネクタイを締める必要があります。

 

これもデザインや色が重要なので、どのような選び方でスーツやネクタイを決めるべきか知り、正しく選ぶことができるようにしておいてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

卒業式のスーツを教員が男性の場合の選び方

 

卒業式の装いは、教員が男性の場合は黒のスーツを選んで着ることが望ましいとされています。

 

校長先生であれば、正礼装のようなフォーマルなものが適しているとされているのでそちらがおすすめです。

 

学校や地域によっては担任以外でも礼服が求められるケースもありますが、一般的にはスーツの参加が多いことを知っておきましょう。

 

ですが、スーツであれば何でも良いわけではないので、教員が男性の場合はどのような選び方をしなければならないのか知っておく必要があります。

 

デザインや色によっては卒業式に不適切だと思われてしまうので、卒業式のスーツの選び方を正しく理解しておきましょう。

 

 

教員が男性の場合、まずは黒色のスーツを選ぶようにすれば失敗することがありません。

 

礼服ではなくスーツであること、色は黒というのが基本です。

 

卒業生の担任の先生が礼服を着用するはずなので、通常は他の教員は一歩引くという理由で礼服以外を選択します。

 

すでに黒色のスーツを持っているという人もいるかもしれませんが、生地が安っぽく見えるものは卒業式に向いていないので注意してください。

 

できれば、しっかりした生地のスーツを購入しておくと良いでしょう。

 

これから先も教員として働くのであれば、ブラックスーツを着る機会はたくさんあるはずです。

 

 

卒業式は毎年行われる行事ですし、基本先生は全員参加でしょうから一着良い物を買うべきだと思います。

 

持っていなかったのであれば、この機会に購入しておくと今後卒業式などで困ることがありませんのでおすすめです。

 

次にダークカラーのスーツを選ぶ方法もおすすめです。

 

ダークカラーとは濃紺もしくは濃いグレーのことを指しており、黒いスーツでは暗い印象になってしまうという先生にはピッタリでしょう。

 

真っ黒なスーツよりは顔色や雰囲気が明るく見えるので、雰囲気が暗すぎる場合はダークカラーにすれば良いです。

 

 

ただし、学校によってはほとんどの先生が黒いスーツを着ているということがあるので、その場合はダークカラーであっても並ぶと浮いてしまう可能性があります。

 

事前に管理職の人や卒業式に参加したことがある教員に相談して、ダークカラーのスーツでも良い場合はこの色にするのもおすすめです。

 

確かめずに着ていくと、全員が黒色のスーツで目立ってしまうので注意しておきましょう。

 

卒業式のスーツは黒かダークカラーを選べば良いですが、無地のものを選ぶということも大切です。

 

デザイン性のあるスーツはチェックや太いストライプが入っていることがありますが、卒業式のスーツには向いていません。

 

 

卒業式では担任の先生や保護者よりも目立つべきではないとされているので、デザイン性の高いものではなく無地を選ぶようにしましょう。

 

真っ黒で無地だと全体的に暗すぎて気になる人もいるかもしれませんね。

 

ネクタイなどで印象を変えることができるのでスーツは派手な柄にすることは避けるべきです。

 

チェックやストライプのスーツを着て参加すると、他の教員や保護者から非難を浴びる可能性があるので、変に目立ち過ぎないためにも基本的には無地であることが望ましいと言えます。

 

卒業式のスーツを男性の教員の選び方であれば、基本は黒色のスーツかダークカラーのスーツを選択することです。

 

ただし、無地のスーツであることに注意して選ぶようにしてください。

 

選び方を間違えてしまうと、せっかくの卒業式を台無しにしてしまったり、恥をかいてしまったりする可能性もあります。

 

ですが、学校によってはローカルルールがある場合もあるので、まずは他の教員に確かめておくことが大切です。

 

一般的な卒業式の恰好で良いのであれば、紹介した3つの選び方に沿ってスーツを選ぶようにしましょう。

 

この方法で着用するものを選択すれば、失敗することが少ないでしょう。

 

スポンサーリンク

卒業式に教員が男性の場合のスーツの色に合わせたネクタイの選び方

 

卒業式に教員が男性の場合はスーツを着ることになりますが、ネクタイのデザインと色にも注意しておく必要があります。

 

担任ではない教員の場合は、白以外で白に近い明るめの色が望ましいとされていることを知っておきましょう。

 

普段の授業ではOK(オッケー)とされている色や柄であっても、卒業式には向いていないと判断されることがあるので注意して選んでください。

 

保護者や他の教員に悪い印象を与えないためにも卒業式のスーツに合うネクタイの選び方を知っておくことが大切です。

 

礼服を着用する必要がある卒業生の担任の先生や校長先生は、ネクタイの色は白色が一般的だとされています。

 

どちらでも問題ない場合もありますが、多くの学校では明るめの白に近い色を着用する教員が多いのです。

 

やはりこれも同じ学校の教員に確認した上でネクタイを選ぶようにしてください。

スポンサーリンク

 

 

卒業式であれば、まずおすすめの色は、シルバーグレーがあります。

 

これは結婚式などでも用いる人が多いですが、白に近くて上品な色だと言えるでしょう。

 

落ち着いた雰囲気や知的な雰囲気を出したい人にもピッタリだと言えます。

 

 

次に、淡いピンク色もおすすめです。

 

卒業式にピンク色のネクタイは不適切だと感じる人もいるかもしれませんが、ハッキリしたピンクではなく淡く白っぽいものであれば問題ありません。

 

むしろスーツが暗い色なので、差し色になって良い雰囲気を感じさせることができるでしょう。

 

他にも卒業式で教員が男性の場合は、黄色や水色、黄緑などで色が薄く白っぽいものを選ぶ人もいます。

 

いずれもスーツのデザインと色に合うはずなので、持っているものから選んでも良いですし、持っていない場合はこれらの色を選ぶと間違いないでしょう。

 

 

色は明るくて白に近いものと説明しましたが、柄についても注意が必要です。

 

大きな柄は目立ち過ぎるため、柄があるとしても小さくてシンプルなものにしてください。

 

ストライプの場合はベースの色とストライプ部分の色の差が大きいと悪目立ちするので、同系色でまとめてあるものを選ぶべきだと言えます。

 

ネクタイの柄も担任や保護者より目立ってはいけないという理由でシンプルにすべきです。

 

気に入っているネクタイがあったとしても派手すぎると感じるものは選ばないようにすることが無難です。

 

大抵はこのネクタイの選び方で問題がないのですが、スーツと同様に学校によるローカルルールがある場合はそれに従うべきです。

 

こちらも、他の教員に確認して問題がなければこの方法でネクタイを選ぶようにすることをおすすめします。

卒業式のスーツを教員が男性の場合に合うネクタイピン・靴下・革靴

 

卒業式にスーツを着るときには、ネクタイピン・靴下・革靴の選び方も知っておく必要があります。

 

まず、卒業式で教員が男性の場合は、スーツのデザインと色に合うネクタイピンを選ばなければなりません。

 

卒業式には先生ならシルバーのものを選択するべきです。

 

スーツやネクタイの選び方と同様に派手すぎるネクタイもNGとなります。

 

ネクタイピンもゴールドやピンクゴールド、ブルーなどを基調としているものもありますが、派手なものはおすすめできません。

 

なぜかというと卒業生の担任の先生や保護者より目立ってしまうことを避けるという理由からです。

 

そのため、シンプルなネクタイピンを選ぶことが一般的だと言えます。

 

 

デザインに絶対的な決まりはないのですが、ユニークなデザインをしたものも避けたほうが良いです。

 

ワンポイントで大きめのストーンがついているものや動物や何かの形をかたどったデザインもありますが、これらは派手になりがちです。

 

遠目であれば分からないものであっても保護者に近づいたときなどにデザインが見えてしまいます。

 

保護者から卒業式に不向きだと思われる可能性があるので注意しましょう。

 

卒業式では、教員の場合、ネクタイピンはやはりシルバーで、ストレートタイプのシンプルなものを選ぶことが望ましいです。

 

また、卒業式のスーツには靴下や靴の色も変えるべきだろうかと思うかもしれません。

 

靴下は黒色で革靴も黒色のものを選ぶようにしてください。

 

 

これらは普段からこの色である人が多いはずですが、学校で指定されていない場合は色つきの靴下や普段は茶色の革靴を履いているという教員もいます。

 

革靴に関しては茶色でも問題ないケースがあります。

 

しかし、これも学校によって意見が異なりやすい部分なので、他の教員や管理職の意見を聞くことが大切です。

 

靴下に関しては絶対に黒を履くべきであり、長さもスニーカーソックスのように短いものは問題だと思われるので注意してください。

 

 

卒業式のスーツを着るときには、このようにスーツそのものだけではなくネクタイピン・靴下・革靴の色やデザインにも気をつける必要があります。

 

靴下や革靴は目立たない部分だからと気にしない先生もいるとは思います。

 

ですが、外で誘導することになった場合や教室に戻る最中に保護者と近づくこともあるので、適切なものを選んでおくべきです。

 

Yシャツ(ワイシャツ)についても、ももちろん目立ちすぎる色や柄はNGで、おすすめは白です。

 

 

近頃は、若い教員にはおしゃれな方も増えています。

 

それ自体はけして悪いことではありませんが、卒業式という場ではやはりきちっとした正装でのぞみたいものです。

 

中には、黒いスーツに黒いYシャツ(ワイシャツ)というドラマからでも抜け出してきたような方も見受けられるようです。

 

この服装では、親や周りからの非難を浴びかねないので基本は、やはり白かそれに近い無地となります。

 

 

あまりにも派手なものや卒業式に適していないものは、保護者や他の教員から指摘を受けてもおかしくありません。

 

ネクタイピンはシルバーでシンプルなもの、靴下は黒で短すぎないもの、靴は黒い革靴を選ぶようにすれば失敗してしまうことがないはずです。

 

基本的にはこの選び方に沿って、卒業式のスーツに合わせる小物を選ぶようにしてくださいね。

結び

 

卒業式のスーツを教員が男性の選び方やデザインや色に合うネクタイについてはご理解いただけたでしょうか?

 

ここからは、卒業式のスーツを教員が男性の選び方の記事のまとめになります。

 

卒業式のスーツを選ぶ教員が男性の場合は、スーツそのもの以外にもネクタイや小物の色やデザインにも気をつけるようにしましょう。

 

卒業式のスーツは、黒かダークカラー、ネクタイは白に近い明るいものでシンプルなものが一般的です。

 

小物に関してもシンプルなものであることが大切です。

 

ネクタイピンはシルバー、靴下は黒、靴は革靴を履くことを知っておく必要があります。

 

卒業式に教員が男性の場合に適したスーツや、それに合うネクタイの選び方を紹介しましたが、これらは一般的なケースです。

 

学校や地域によっては選び方を変えなければならないときもあるのでそこは注意が必要です。

 

デザインや色について、まずは他の教員に確認し、一般的なもので良いと言われた場合はこのような基準で正しくスーツや小物を選ぶと良いでしょう。

 

スポンサードリンク