年越しに一人!独身の男性や女性が寂しくなく楽しめるおすすめの方法?

イベント

年越しを男性や女性が一人でも寂しくなく楽しむにはどうするといいのでしょう。最近は「お一人様」という言葉が世間で完全に認知されるようになってきました。

 

これにより独身の男女にとっては住みやすい世の中になったのではないでしょうか。でも、普段はそんな一人の時間を満喫してる人でも大晦日年末年始はどう過ごしているのでしょうか?

 

このときばかりは、ふと寂しさを感じてしまうのもきっと当たり前のことかもしれませんね。今日はそんな年越しを男性も女性も一人で寂しくなく楽しめる方法について詳しく紹介していきます。

年越しに独身男性が一人でも寂しくならない方法

男性一人

独身男性でも過ごし方によっては年越しでも寂しくならない方法もいくらでもあります。独身男性が年末年始に寂しさを感じてしまう理由のひとつに年末の仕事が一段落ついて夜は何もやる事がなくなる人もいます。

 

また、年始だとお正月休みで仕事がなくて手持ち無沙汰だということも挙げられますよね。そこでうっかり外出して家族連れを目にすることで一気に独り身の寂しさを感じてしまう。このようなことも少なくないようです。

家族

だから、まず家に引きこもって家族連れとは無縁の時間を過ごす。という方法を考えてみてはいかがでしょうか。もちろんそこで大晦日やお正月を敢えてなかったことにして家に持ち帰って仕事をするというテもあります。

 

でも、これでは折角の休みなのに全く息抜きはできません。ですから、寂しくならない方法で大晦日お正月気分も味わうことのできる楽しみ方を紹介しますね。まず、普段は食べないようなグルメな食品やおせちを全国から取り寄せてみるのも楽しいです。

肉

それを食べながらまったりしてテレビを観て過ごす悪くありません。ただしテレビはこれまた年末特番やお正月の賑わいが満載なので逆に寂しくなってしまうかもしれません。

 

そこでおすすめなのがシリ-ズものの映画やバラエティーを一気に観るということです。スポ-ツが好きな人ならスポ-ツ観戦も悪くないですよね。

テレビ

ポイントは時間に捕らわれず寝たいだけ寝る。前もって用意しておいた食料を食べたい時に食べることです。一年に一度ぐらいそんな怠惰(たいだ)な生活を送っても罰が当たることはないです。

 

安心して完全にリラックスしてすごしてください。普段は忙しくて時間が取れなくても年越しは殆どの人が休みです。

一人でゆっくりと心ゆくまで堪能することが出来るはずです。テレビを観て美味しいものを食べて大晦日や、お正月気分を味わうのも寂しくならない絶好の時間の過ごし方なのではないでしょうか。

年越しに独身男性におすすめのイベントと開催場所

婚活パーティー

年越しには、一歩外を歩けば独身男性にぴったりのイベントがたくさんあります。例えば、恋人募集中の男性や婚活中だというのであれば婚活パーティーもおすすめです。

 

年末年始限定の特別イベントとして開催されるいつもとは一味違った婚活パ-ティ-というのもあります。開催場所は大都市が中心です。参加する女性の方だって中には、敢えて年末年始という時期を選んでいることもあります。

 

そのため女性たちも気合の入り方だっていつもとは違うはずです。もしも年内のパ-ティ-で気の合う人に会えたら思い切って初詣に誘ってみてはいかがでしょうか。

初詣

一人では寂しいと感じられる年越しですからOKが貰える可能性だって高いかもしれませんよ。今のところは独身を謳歌している。だから結婚は考えてはいないという男性でもふと寂しさを感じるときもありますね。

 

たとえば、クリスマスや大晦日、お正月などの全国的な行事の際には少しだけ寂しいのではないでしょうか。次に一人で楽しめるもしくは、必ず一人でなくても構わないというかた向けのイベントを紹介しますね。

 

この場合の独身男性は一人か、または同じような友達を誘って初日の出を見に行ってはいかがでしょうか。

初日の出

東京からなら、割と気軽に行かれて山頂から初日の出が拝める御岳山はおススメのスポットです。ここは毎年、信仰の山として多くの人が1年を通して訪れます。特に年越しは初日の出という1年で最初の大イベントで幸運を祈ろうと大賑わいとなります。

 

大晦日から元旦にかけてケ-ブルカ-も終日運転されています。是非、友人を誘って男同士でワイワイ出かけるのも悪くないでしょう。

男同士

前もって予約をしなければならない訳でもないです。思い立ったら気軽に行かれるのが良いところですよね。ユニ-クなところでは、年越し熱波ロウリュというのがあります。ロウリュとはフィンランドに伝わる入浴法のことです。

サウナ石に水をかけて水蒸気を発生させその蒸気を団扇で仰いで熱風を身体に送り、発汗を促すというものです。

 

そのロウリュを年越しに行うことによって新しい年をさっぱりとした綺麗な身体で迎えようというのがこのイベントの内容です。

開催場所は普段ロウリュのサービスを提供しています。そこの各店舗で飲み物やおつまみ等も楽しむことが出来ます。年が明ける前にサウナに入って1年のアカを落とし新しい年を迎えるというのも男っぽくて良いのではないでしょうか。

年越しに独身女性が一人でも寂しくならない方法

では、次に独身女性が寂しくならない年越しを楽しく過ごす方法を考えてみましょう。基本的に気持ちは男性と同じで普段は一人上等と思っていてもクリスマスや年末年始には寂しさを感じる女性は少なくないようです。

 

そんな独身女性が年越しをやり過ごす方法として考えられるのは、先にも書いたように男性と同じように事前に万全の準備をしておくことです。こうして、男性の場合と同じように、お正月休みは家に引き籠るという方法もあります。

女性

女性が一人で過ごす年越しで、おすすめなのが読書テレビ番組を観ることです。忙しいときにはできなかったゆっくり一人で読書をして過ごすということも年越しなら可能ですね。

 

アウトドア系の女性の中にはそれでは気が済まないという人もいますね。そんな独身女性は、経済的に余裕があるのなら思い切って旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。それも海外旅行ならば、なお良しと言えるでしょう。

海外旅行

狙いはハワイ等の家族連れが必ず参加するような目的地はなるべく避けます。敢えてあまりみんなが行かないような秘境のパッケ-ジを選ぶことです。目的地がマイナ-な場所となると一人参加の割合が多くなります。

 

同じ立場同士の女性と仲良くなれることもあります。また、場合によっては同じ一人参加の男性との出会いだってあるかもしれませんね。もし、このように旅行に限らず、男性との出会いが目的の場合は、おすすめなアイテムが縁結びのお守りです。

こちらを肌身離さず付けているともしかしたら運命の出会いなんかも期待できるかもしれませんね。

秘境

旅行中は非日常ですしツア-なので一人きりになるということもありません。スケジュ-ルも決められているので忙しい日程です。あれやこれやを観光することになり寂しさなどを感じている暇もないはずです。

でも、海外旅行なんかに出かけられるほど経済的に余裕がないという人も中にはいますよね。そんな独身女性は、新しい年を迎えるにあたって今流行の「断捨離」などを実施してみるのも悪くはありません。

断捨離

どうせ大掃除はしなければならないです。思い切って時間をかけてゆっくりと家の中を整理してみてはどうでしょう。いらないものは思い切って捨てて、新しい年に向けて気持ちを新たにするのです。

 

年末のうちにこの断捨離を終えてしまえば年始はデパ地下通販等を利用してみましょう。是非美味しいものを堪能してください。ポイントは普段は食べないようなワンランク上のグルメを選ぶことで気持ちがワクワクしますよね。

デパ地下

スッキリした部屋の中で贅沢なグルメをゆっくりと味わえば、寂しさよりもリッチな気分に浸れることは請け合いです。

 

きっと一人でいることの自由さを十分に満喫出来るひとときを過ごせることでしょう。それが新しい年の滑り出しなのですから、良い一年になることは間違いなしですよね。

年越しに独身女性におすすめのイベントと開催場所

イベント

独身女性も家の中に籠って年末を過ごすよりも外の空気を吸いながら新しい年を迎えたい。こう思う人は少なくないのではないでしょうか。そんな女性は是非、お一人様の友人を誘ってイベント会場に直行しましょう。

大胆

年越しのイベントは探してみれば、想像してる以上にたくさんあるものです。参加を考えるならば出来る限り楽しく過ごせるように事前の調査は不可欠と言わなければなりません。

 

大晦日のイベントで1番ポピュラ-なのは、何と言っても年越しのカウントダウンパーティ-ですよね。

カウントダウン

開催場所は東京や大阪といった大都市を中心に今や日本国内の主な都市で行われています。内容と言えば、もうすぐ年が明けるという12月31日の午前12時の少し前に参加者はカウントダウンを始める心の準備をして待ちます。

 

この時ばかりはそれまで思い思いに過ごしていた人々もカウントダウンの電光掲示板を見つめカウントが始まるのをワクワクしながら待つのです。そして、時間になったらみんなで大きな声で「10、9、8」とカウントダウンが始まります。

 

ゼロになった年明けと共に場所によっては花火が上がったり、くす玉が割れたりといろいろな催し(もよおし)があります。

花火

このイベントの1番良いところは、大晦日のこの時間だけは、誰もがみんな人見知りではなくなるというところではないでしょうか。

 

普段は、少しシャイな女性でも、この瞬間ばかりは知らない人と心を一つにできるかもしれませんね。新年のあいさつを交わしたり、ハイタッチするなど普段より少しだけ大胆に振舞うチャンスです。

2019

そのあとのダンスパ-ティ-にそのまま参加すれば、新しい出会いが見つからないとも限りません。何しろ新しい年の始まりなのですから日頃の内気な自分はこの際去年でお終いにして新しい年は恋愛も積極的に出てみませんか。

 

アーティスト好きの独身女性なら、もう年越しの過ごし方は、いつも決まっている毎年行われるカウントダウンのライブです。

ライブ

こちらは、早めにチケットを押さえておくことを忘れてはいけませんね。お目当てのメンバ-が出てきたたら思いっきり応援しちゃいましょう。1年の終わりと始めに大好きなメンバ-に会えるのですから良い年になることは間違いないですよね。

年越しに独身の男性も女性も楽しめるイベントと開催場所

旅行

カフェやレストランに行くと一人自由にくつろぐ男性や女性の姿が目立ちます。旅行に行くのにも一人参加でも全く周りの目を気にしないで伸び伸びと楽しめるようになりましたよね。

 

このように年末の年越しイベントにはいろいろな催しがあります。この他で男性女性も楽しむことが出来るものと言えば、やはり先にも書いたカウントダウンイベントではないでしょうか。

 

しかも、ただのカウントダウンではなく特別な場所やユニ-クなやり方で行われれば、ずっと後まで心に残るワンシ-ンになるに違いありません。また、元旦には外せない行事のひとつが初詣です。浅草寺はたくさんの参拝者が集まることで有名です。

浅草寺

そのすぐ近くに昭和の時代からあるレトロな雰囲気が満載の「花やしき」があることをご存知でしょうか。花やしきは日本最古の遊園地として知られています。ここでも毎年カウントダウンのイベントを行っています。

 

開催場所は、ここの園内で美しいイルミネ-ションに加えてライブでお笑い等も行われています。開催時間は12月31日午後9時です。

花やしき

この内容だったら男性も女性も楽しめることは間違いありません。そして何と26時まで10個ある乗り物乗り放題というお正月ならではの太っ腹なプランなんですね。あまりにも混雑する場合は入場制限がかかることが予想されます。

 

チケットの購入方法や入手情報は事前にしっかりと調べて行きましょう。そして綺麗なイルミネ-ションに囲まれたカウントダウンを終え、思う存分遊園地の乗り物で楽しみましょう。

後は、すぐ近くの浅草寺に初詣と行きましょうか。その頃には身体も冷えてしまうかもしれません。露店で売っている温かい飲み物を飲めば身体がホカホカ温まることでしょう。

 

この方法ならば年越しのイベントを楽しんだ後に、年の初めには欠かすことが出来ない初詣が一緒に出来るので一石二鳥ですよね。

 

その他にも都内ではいろいろな場所で独自の方法でカウントダウンのイベントを行っています。中には、早くからチケット等を購入しなければ入場が出来ないというところもあります。

チェック

このため、12月に入ったらしっかりとチェックするようにしましょう。どの催しものも独身でも独身でなくても、男性も女性もみんなが楽しめる工夫が凝らされています。

 

家でのんびり年越しをするのも悪くはありません。ですが、新しい年の初めを見知らぬたくさんの人と一緒に祝うというのも、それもまたオツなものですよね。

結び

楽しむ

年越しを独身の男性や女性が一人で寂しくなく楽しめる方法というのも探すといろいろあるものですね。一人ゆっくりテレビ鑑賞をしながら取り寄せてておいた美味しいグルメを堪能するのもいいですね。

 

あらかじめ準備を済ませておいた、海外旅行に一人出かけてしまうのものんびり過ごせていいですね。場合によっては旅行先で同じ境遇男性や女性と知り合うかもしれませんね。

また、国内で大晦日に年を越す場合、おすすめなイチオシは婚活パーティーカウントダウンでしたね。年越しのカウントダウンばかりは、シャイな方も知らない人と心を一つにして祝うことができますね。少しだけ大胆に振舞うチャンスですね。

 

その他にも大晦日に、反省を兼ね今年一年を一人で振り返ってみたりするのも私のおすすめです。私が年越しの晩に行っていることに今年の初めに自分の立てた目標を振り返ってみることをしています。

目標

これは、自分なりに編み出した自己啓発の方法というか、来年は今以上に高いステージに上がるため毎年この大晦日に取り組んでいます。また、大晦日や休日を友達と過ごしたいという場合などの方法は、

 

新年を迎えた喜びをみんなで味わい、あいさつを交わしたりできることも年越しの楽しい過ごし方の一つですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました