成功者


自己啓発の正しい使い方についてあなたは何か特別な取り組み方をおこなっていますか?

 

この使い方を間違えてしまうとその効果が表れるのが遅れたり、無かったりもしますね。

 

最悪な場合、自身の人格を高めるための自己啓発が裏目に出てしまい逆効果となる例もあるようです。

 

なぜ自己啓発に取り組んでいるのに結果を出せずにいるのでしょうか。

 

今日はこの自己啓発の具体的な使い方や夢を叶える設定の仕方などについての紹介をしますね。

スポンサーリンク

 

自己啓発の正しい使い方

ビジネス

 

あなたは自己啓発と言われるとどのようなものをイメージするでしょうか。

 

読書やコンサルティング、講演会、セミナーなど、このようなものが挙げられるのではないでしょうか。

 

これらを通じて学んでいくことによって、自分自身の生き方や行動を変えていくというものです。

 

ビジネスで結果を残したり成功を収めたりするためや、自分自身の人間力を高めるために自己啓発に取り組んでいる人も多いですね。

 

関連記事

自己啓発の種類!自分に合う方法の見つけ方や失敗する理由と続け方?

自己啓発を面接で活用する方法!印象の良い履歴書欄の書き方と例文?

自己啓発で目標を設定する方法!夢を実現するのに必要な行動と課題!

生涯年収の学歴別の比較!年齢や性別での違い?都道府県の上位7選!

残業好きの人たちの理由に驚愕!手当つかなくても?嫌いな人の意見も!

大晦日の過ごし方!友達と楽しめる年越しのおすすめの遊びや場所は?

年越しに一人!独身の男性や女性が寂しくなく楽しめるおすすめの方法?

ママ友に無視される4つ理由?子供同士のトラブルや集団LINE既読無視!相談相手いない

 

これをすることによって無駄なく目標達成へと進んでいくためです。

 

そもそもなぜ自己啓発が自分自身に必要かということは次のことが理由となります。

 

成功者の歩んできた足跡考え方を学び、自分も同じように行動を起こすためです。

 

他者の意見を取り入れるということは、とても大事なことですからね。

 

自分の尊敬する人や師から啓発をしてもらうことで気づきもあります。

 

 

多くの人は自分なりに自己啓発に取り組んでいますが、実際にはうまく目標達成することができていないようです。

 

実際多くの成功者は、自己啓発によって仕事に対する知識や技術だけではなく人間としてより高いステージに進みます。

 

ではなぜ自己啓発を行うかというと結果的に自分の夢や目標を達成することができているからです。

 

あなたも今まで誰かに聞いたりした言葉が座右の銘となっているようなことはないでしょうか。

 

まず自分自身のメンター(指導者)コーチ(助言者)を見つけることです。

 

その人から学んだことを素直に実践していくことが、成功への近道となるのです。

 

近道

 

なお、自分に合う最良の自己啓発を会得しようとそればかりが目的となってしまうことです。

 

重要なのは自身を一人の人間として今を超えるステージへ進展させようと試みるための行動です。

 

自分の取り組みやすい方法で行うことも確かに大事なことです。

 

ただし、今日はこれを試そう明日はあれをやってみようと取り組みすぎるのも良くないです。

 

こうなってしまうと知識だけある頭でっかちになるばかりです。

 

知識

 

または、自己啓発の学びすぎです。

 

つまり学ぶことばかりに没頭して肝心な行動が伴っていないことです。

 

このようなことばかりに囚われていては、一向に自分が前に進めなくなってしまいます。

 

肝心な人格の向上目標を叶える、達成するといったところを忘れないようにしましょうね。

スポンサーリンク

自己啓発に最も大事な目標設定

セミナー

 

自己啓発のための書籍を読んだり、講演セミナーを受講されたという方は多くおられると思います。

 

これも自己を高めるのが目的となりそれに向かうためには目標設定をしっかり立てて行動することです。

 

しかしそれでも、自分なりの結果を得られなかったという人も少なくありません。

 

これはどうしてなのでしょうか?

 

自分自身の生き方行動を変えていくために会得することは大切です。

 

メンターやコーチから多くのことを学ぶということ自体はとても良いことです。

 

メンター

 

しかしあくまで実際に行動するのは自分自身だということです。

 

そのため自分自身がしっかりとした目標を定めて、その目標に向かって行動し続けなければなりません。

 

中には書籍を読んだりセミナー動画を拝聴したりすることだけで満足してしまう。

 

このように自分の行動に結びつかないという人がいます。

 

こうして学ぶことは大事なことです。

 

ですが、さらに大事なことは学んだことをどう活かしていくかということです。

 

そのためには自分自身の目標をしっかりと定めておかなければ、学んだことを行動に移すことはできないでしょう。

 

行動

スポンサーリンク

 

まずは自分の夢や目標を明瞭にしておくことです。

 

また、自己啓発で挫折しないための目標設定については下記のページでも詳しく書いてみました。

 

 

私もいろいろな知識を取り入れることは大事なことだとは思います。

 

しかし、そればかり詰め込んで行動に移せない、移す時間がない取れないとなれば本末転倒ですね。

自己啓発で成果を出すための取り組み方

スケジュール

 

大多数の人は行動に移せていないために目標達成することができていません。

 

中には自己啓発の勉強を続けてはいるものの行動できないという人すらおられます。

 

これは、難しく考えすぎている人が陥りやすいようです。

 

人間は誰しも、自分自身が変わることにおいては、労力を要する仕組みになっています。

 

そのわけは維持することを好み、変化を嫌っているためです。

 

そのため目標を達成するためには、行動自体を日常的なものにしてしまう必要があります。

 

自己啓発とは自分自身を改善するのが目的ですので決まったやり方は存在しません。

 

コツコツ

 

たとえば、テレビ鑑賞や読書などでもかまいません。

 

それがあなたの改善や進歩につながるようでしたら自己啓発となります。

 

行動を日常化できれば今度はそれを維持しようと働きますから続けることが容易になるのです。

スポンサードリンク

自己啓発で成果を出すための具体例

具体例としては、夢や目標を叶える、達成するために自分のできることを始めてみることです。

 

そのために資格を取得するというのもおすすめの方法です。

 

これについては下記のページで詳しく紹介してみたので是非参考にしてみてください。

 

 

1日5分でできるような簡単なことでも構いません。

 

続けるという行為が重要なことです。

 

こうして行動し続けることによってそれを習慣化させることが大事です。

 

習慣化

 

行動が習慣化すれば少しずつ行動にかける時間負荷を上げていくことも可能になります。

 

つまり徐々にステップアップすることで力をつけてくということです。

 

次にその夢や目標がすでに叶っている状況を思い浮かべることもモチベーションを保つためには有効です。

 

ただしこれについては神がかりなものではなく、モチベーションを維持させるためのものです。

 

スピリチュアル

 

稀に、この主旨を取り違えてる方や弱みに付け込み勧誘するものには気を付けましょう。

 

あくまで、自己のメンタル面を改善して育てていくのが意図で必ずしも怪しいものではないです。

 

思い浮かべるだけで叶ったり達成できると勘違いしないでくださいね。

 

少しずつでも自分の目標に向かって行くことができるので自分自身のモチベーションアップにも繋がるでしょう。

結び

目標達成



自己啓発の使い方と夢や目標を叶えるための記事はいかがでしたでしたか?

 

自分自身の夢や目標を叶えるために、どのように自己啓発を使っていけばいいのかお伝えしました。

 

それには、自分の夢や目標を明瞭にして少しづつでもいいので行動を続けて習慣化することが大事でしたね。

 

自己啓発の講演会ばかりに没頭してしまいがちの方は真面目な努力家が多いです。

 

これをやっていれば必ずすべてが変われると思わないことです。

 

何度も言いますが行動することです。

 

成功

 

自己啓発がなぜ必要なのかについては成功者の考えを学んでいき同じように行動を誘発するためでしたね。

 

そのためには自分自身の生き方や行動も変えていき人間力を高めていくことです。

 

そして、自分のメンターコーチを見つけることも大事でしたね。

 

ただしどれだけ素晴らしい考え方があったとしても変われないこともあるものです。

 

つまり実行しなければ、いつまでたっても自分自身が変わることはできないということです。

 

実行

 

なお、これは私の自己啓発のやり方ですが毎年大晦日に反省しています。

 

自己啓発に取り組んで叶ったことや叶わなかったことを大晦日にすべて見つめ直しています。

 

この日だからこそ出来るというか最適な日だと私は思っています。

 

自分の目標や夢の設定や使い方で何がよくて叶ったのか足りなかったことは何かなどを反省しています。

 

自分自身が自己啓発によって学んだことの中で「これに取り組んでみる」と思ったもの。

 

それがあったならば、素直に第一歩を踏み出してみるべきです。

 

その第一歩が、成功のための足跡となるのですから。