小学校の卒業式を欠席したらどうなるのか気になりますよね。

 

はたして小学校を卒業できるのでしょうか?

 

卒業証書は貰えるのでしょうか?

 

小学校の卒業式は多くの児童にとっては良い思い出となるものです。

 

しかし、中には様々な事情で欠席せざるをえないケースもあります。

 

その際には欠席したらどうなるか不安に考える人も少なくありませんよね。

 

呼名(こめい)不登校の場合はどうなのかといった不安を持つことも多いものです。

 

なお、卒業証書の渡し方やその他の様々な点に関して不安を持つ人も少なくありません。

 

ここでは、小学校の卒業式を欠席したらどうなるかについて説明します。

 

さらに、卒業できるのか、卒業証書は貰えるのかについても解説していきますね。

スポンサーリンク

 

小学校の卒業式を欠席したらどうなる

 

小学校の卒業式を欠席した場合には、第一に卒業できるのかと言う不安があります。

 

基本的に特別な事情がない限りは留年などをする心配はないです。

 

小学校は義務教育であるため、特別な事情がない限りは卒業できることになっています。

 

このため、多くの場合には小学校を卒業できるものです。

 

万が一急な病気などで卒業式に出席できない場合でも卒業をすることができます。

 

また卒業証書も別途受け取ることができる場合が少なくありません。

 

ただし、実際に卒業式を欠席したらどうなるかに関しては、それぞれの学校によってその対応が異なるため確認をすることが必要です。

小学校の卒業式を欠席したら名前は呼ばれるか

 

基本的に卒業式では一人ひとりの名前が読み上げられ、校長先生などから直接卒業証書を受け取ることになります。

 

これを欠席した場合に名前が読み上げられ、欠席していることを伝えられてしまうのではないか

 

このような不安に思う親も多いものです。

 

実際は学校によって異なり、欠席者は呼名されると言うところもあれば、名前を呼ばれないと言うところもあります。

 

そこで、卒業式の事前に確認をすることが大切になります。

 

最近では特に様々な事情で不登校になってしまうことも珍しくありません。

 

この場合に名前を呼ばれると他の父兄に対して入らない疑心暗鬼をさせてしまう恐れもあります。

 

 

そのため、あえて名前を呼ばない小学校もあります。

 

基本的に欠席者は呼名は本人の希望としていることも多いです。

 

このように、プライバシーに配慮した形にしているところも少なくありません。

 

最近では学校でもいじめやその他の様々な問題が発生することがあります。

 

こうしたことがきっかけで不登校となってしまう子供も多いです。

 

子供が卒業式で出席をしていないのにもかかわらず名前を読み上げられると他の子供たちや父兄に対して違和感を与えるかもしれません。

 

このようなことを避ける意味で、呼名しないケースも増えてきています。

 

さらにこのような場面で名前が読み上げられることにより、いじめや中傷の対象となってしまうケースもあります。

 

 

学校内でもその対応に関しては苦慮しているところが多いようです。

 

ただし基本的には出席日数が足りなかったり、学力面で著しく劣っているなどといった大きな問題がなければ小学校で留年と言う事はないです。

 

このように多くの児童が小学校を卒業できる形となります。

 

その際の対応は学校によってまちまちではあります。

 

多くの人の前で名前が読み上げられ一緒に卒業していることを生徒や父兄全員に知らせるようにしていると言うところもあります。

 

それとは反して、あえて名前を呼ばずに一切その件に関しては触れないと言う学校もあります。

 

それぞれの小学校で、その対応が異なっています。

 

学校によっては本人や父兄の希望を聞いてくれるところもあります。

 

 

不登校で様々な問題があり、卒業式に出席できない場合はどうでしょう。

 

この場合は、あえて名前を呼ばずに別途個別に卒業証書を受け取ると言う仕組みをとっているところも少なくありません。

 

また病気などで欠席した場合もありますね。

 

このようなときは状況に応じて、みんなと一緒に卒業していたことを知らせるために名前を読み上げる場合もあります。

 

古くは欠席者はその理由をみんなの前で明確にした上で名前を呼びました。

 

これで卒業したことを示すと言うことも少なくありませんでした。

 

さらに、本人が出席できない場合にはその子の親が代理で出席をし卒業証書を受け取ると言う仕組みを持っていた学校もあります。

 

 

しかし、現在ではこのような形はプライバシーに対する配慮からほとんど行われていません。

 

卒業式を欠席する理由が従来のように病気やその他の急な事情と言うだけではないからです。

 

学校生活における様々なトラブルが原因となっていることも多いためです。

 

しかしこれも小学校によってそれぞれ対応が異なります。

 

基本的に卒業は特段の事情がない限りはすることができます。

 

ただし、当日名前を呼ばれるかはそれぞれの学校に相談をすることが大切です。

スポンサーリンク

小学校の卒業式を欠席したら卒業証書は貰える

 

小学校の卒業式を欠席した場合に、卒業証書は貰える(もらえる)のかと言う不安を抱える人も少なくありません。

 

卒業証書はもらうことができないと考えられている場合も多いです。

 

みんなの前でもらうことができなかった場合にはもらうことができるのか?

 

またいつ場所と言ったことを知りたいと言う場合も多いものです。

 

小学校の卒業式の受け取り方は、これもその学校によってそれぞれ異なる場合が少なくありません。

 

基本的に小学校は義務教育となります。

 

様々な事情を鑑みて(かんがみて)総合的には学校や教育委員会で判断をすることになります。

 

 

ですが、基本的には卒業はすることができるため、卒業証書も個別にもらうことができると言う形となる場合が多いです。

 

学校によっては個別に日時を決めて校長室に呼ばれ、校長先生から直接手渡されるということが多いです。

 

なお、どうしても学校に行きたくないと言う場合には郵送の形となる場合もあります。

 

中には、学校と友人が相談をして本人が出席できる日に改めて個別に小さな卒業式を行ってくれたと言う例もあります。

 

その状況によってそれぞれケースが異なると言うことが多くなっています。

 

特に病気で欠席をした場合などは、友達が集まって新たな卒業式を個別に企画してくれると言うことが多いです。

これが良い思い出となっていると言う人も少なくありません。

 

不登校の場合でもその原因によっては仲の良い友達などが個別に企画してくれる場合もあります。

 

このように本人が卒業証書を受け取りやすい環境を整えることが多くなっています。

 

卒業証書はあくまでも卒業をしたと言う証明です。

 

卒業自体が認められていれば卒業証書をもらうことができないと言う事はありません。

 

その受け取り方は学校によってまちまちです。

 

不登校の生徒の場合には郵送したり、担任の先生が家まで届けてくれると言う例もあります。

スポンサーリンク

 

 

卒業式に出席をしない理由はそれぞれに事情がありますね。

 

最も多いのは当日どうしても出席できない事が発生すると言う場合です。

 

当日急に熱を出してしまったり、また親に急用が発生したりという場合もあります。

 

そのため、出席ができないと言うケースも起こり得るものです。

 

これまでずっと小学校に通っていたのに卒業式に出席できなかったからといって卒業証書がもらえないと言う事はないのです。

 

基本的には学校側で様々な配慮をしてくれるのが一般的です。

 

そのため、その事情に応じて適切な対応をとってくれるものです。

 

体調が悪いのに無理をして卒業式に出席する事はないと思います。

 

本人のためだけではなく周囲の友人やその親にとっても様々な影響を及ぼすことになりかねません。

出席ができない理由がある場合には無理をせずに安心をして休むことが必要です。

 

また不登校の影響で卒業式に出席できないと言うケースもあります。

 

このような理由でも事前に学校に相談することで適切な対応をしてくれるケースが多いです。

 

この場合にも学校に相談をしてみることが大切になります。

 

小学校の卒業式は非常に思い出に残る大切なイベントではあります。

 

でも、これに出席をしなかったからといって卒業ができなくなる事はほとんどないです。

 

また卒業証書がもらえないと言うこともありません。

 

そのため状況に応じて安心して卒業式を欠席する選択をするべきですね。

小学校の卒業式を欠席したら卒業証書を貰えないケース

しかし小学校によっては、卒業式を欠席したら卒業証書を受け取ることができないと言われるケースもあります。

 

一般の公立の小学校の場合には児童一人ひとりの状況などを鑑み、個別に対応をすることも多いです。

 

ですが、私立の小学校は決められた教育をしっかりと教えることに主眼を置いています。

 

そのため、卒業式を欠席したら卒業することができないと言う場合も少なくありません。

 

この場合には卒業証書をもらうことができないこともあります。

 

もう一度その学年をやり直さなければならないと言うケースになっていることも多いので注意が必要です。

スポンサードリンク

小学校の卒業式に生徒が欠席する理由と出席する理由

 

小学校の卒業式に生徒が欠席する理由は、様々なものがあります。

 

同時に出席をする理由にも様々なものがあり、その理由を十分に理解することが必要となります。

 

欠席する理由で最も多いのは、急な体調の不調により学校に行くことができないと言う場合です。

 

小学校の卒業式は幼稚園の卒園式などとは異なりますね。

 

子供たちにとっては卒業式は1つの大きなイベントと意識されることが多いものです。

 

多くの学校では前日いやそれ以前から練習を重ね、その式次第や段取りなどをしっかりと子供たちに意識させることが多いです。

 

子供たちの中ではいやがおうでも緊張感が高まっていることが少なくありません。

 

 

初めてみんなの前で大舞台に立つような心境となってしまうこともあります。

 

その緊張や恐怖心から体調不良を起こしてしまうと言うことも多いのです。

 

本人は出席したいと思っていても緊張のあまり体が言うことを聞かないケースは子供の頃にはよくある話です。

 

そのために欠席をせざるをえなくなってしまうことも少なくありません。

 

基本的に出席する理由は卒業証書をもらうことが目的と言うこともあります。

 

しかし、それよりも練習の成果を多くの後輩や父兄の前で披露したい。

 

また、仲の良いクラスメイトと有終の美を飾りたいと言う希望から来るケースがほとんどです。

 

 

学校の先生方とも最後の挨拶をしっかりしたいと言う責任感を持っている子供が多いです。

 

その責任感や希望から出席したいと考える子供がほとんどです。

 

基本的に小学校は義務教育であるため、親は子供に小学校に本人の希望によって通わせる義務があります。

 

ですが、正確には子供にとっては学校が嫌であれば行かなければいけないと言う義務はありません。

 

そのため友達にいじめられたり、その他の理由で不登校となってしまった場合には学校に通い続ける義務はないです。

 

卒業式に出席する義務もないため、このような子供は出席をしないことが多いです。

 

ただしこのような登校拒否の子供であっても、小学校を卒業したと同じような学力を備えていると認められれば基本的に卒業をすることができます。

 

 

無理をして小学校の卒業式に出席する必要はないと考えている人も増えています。

 

昔は親にとっても卒業式に自分の子供が出席し、校長先生から自分の手で卒業証書を受け取る姿を見ることでその成長を確認すると言う風潮がありました。

 

しかしその風潮は最近では大きく様変わりしています。

 

あえて卒業式には出席せずに様々な行動をさせると言う親も増えています。

 

最後までみんなと一緒に有終の美を飾りたいと考える子供がいても、親がその協調を阻む場合もあるため注意をしなければなりません。

 

従来とは違い子供たちを取り巻く環境や学校のあり方も様変わりしています。

 

卒業式に出席しない理由はそれぞれがあり、これが広く認められるようになっているのは現代の傾向です。

小学校の卒業式に親が欠席・出席する理由

 

その一方で親が欠席・出席する理由は様々です。

 

単純に子供が成長した姿を見たいと言う本来の目的があります。

 

その他にも学校の先生に最後の挨拶をしたいと言った理由もあります。

 

あるいは学校に対して影響力を持ちたいと言う目的を持っていることもあります。

 

特に最近ではPTAの形で学校に影響力を持っている親も多いです。

 

このような親の場合には本来の保護者の席ではなく来賓席にその席が用意され、卒業式に出席をすると言う親も存在しています。

 

 

このような例が良いか悪いかはそれぞれの判断にはよります。

 

しかし、子供の前でも自分自身は他の父兄とは異なるのだと言うアピールをしたい親も存在しているのが事実です。

 

最近では子供の心境にも様々なものがあり、学校そのものが嫌だと感じている子供も存在しています。

 

そのため、卒業式にも行きたくないと言うケースも増えています。

小学校の卒業式を欠席したらどうなるのまとめ





小学校の卒業式を欠席する理由はそれぞれ個別に理由があります。

 

特に現代では必ずしも卒業式に出席しなければ卒業できないと言うケースは非常に少なくなっています。

 

そのため卒業式を欠席したらどうなると言う疑問に対しては、基本的に特段の事情がなければ卒業できます。

 

そればかりでなく、卒業証書も貰えると言うのが一般的です。

 

さらに欠席をした場合にみんなの前で名前を読み上げられるかどうか。

 

これに関しては、従来は読み上げられることが多かったです。

 

しかし、最近ではプライバシーに配慮して本人の希望により対応することが非常に多くなっています。

 

基本的には最後の締めくくりであるので体調を万全に整えて出席をした方が良いと考えられます。

 

ですが、万が一出席できなくても個別の形で卒業式を行ってもらえる例もあるので、安心することが大切です。