出雲大社の縁結びのお守りはどのような物を求めると良いのでしょう。

 

効果のある持ち方はどうすれば良いのかあなたは気になりませんか。

 

そしてさらには、誰かからいただくのが良いというのは本当?

 

それとも自分で買うのがいいのかも迷うところです。

 

もし、縁結びのお守りを人からもらう場合には、その方法も知っておきたいところです。

 

また、お守りの種類やご利益についても気になるところです。

 

今日は、この出雲大社の縁結びのお守りについて、その効果や貰い方と種類、ご利益など詳しく解説していきますね。

 

スポンサーリンク

 

出雲大社の縁結びのお守りの効果

出雲大社といえば縁結びのお守りが有名ですね。

 

 

そして、その効果は多くの人達に認められています。

 

例えば恋愛成就家族友人などとのに加え、仕事での出会いも深めてくれると評判です。

 

年間200万人もの人達が訪れる神社です。

 

それだけ人気が高く、また縁結びのお守りの評判も高いことが窺えます。

 

出雲大社が縁結びで有名なのは、御祭神の大国主大神に由来しています。

 

これが、沢山の女神達と縁が結ばれているのが根拠の1つです。

 

 

また、国造りに多くの縁が必要だったことも大国主大神が縁結びの神様となった理由といえます。

 

実際に出雲大社の縁結びのお守りを貰い、持ち歩くようになった人の間では、

 

人生における大切な人と出会えたりなくてはならないパートナーと結ばれたなどの話があります。

 

更に、本人以外にお守りを贈った場合は、

 

その人に好きな人ができたり結婚相手が見付かったなどよく聞きますね。

 

このように、こちらも魅力的な効果が現れているようですね。

 

 

勿論、効果はその人によって違ってきます。

 

心から信じているか否かでも変わってくるでしょう。

 

大切なのは、出雲大社の縁結びのお守りには期待できる効果があるようです。

 

訪れる人が多いのもこれまでに多くの人達が結ばれている事実からでしょうね。

 

恋愛以外に関しても、仕事上の付き合いで大切な商談相手と出会えたりする事例もあります。

 

 

また、良いビジネスパートナーができたという話もあります。

 

出雲大社の神様は、人と人を結び付けるのが上手いのでしょうね。

 

関係性に関わらずに新たな出会いを生み出すと考えられます。

 

人は1人では生きていけません。

 

誰かと出会わなければ孤独なままと感じる人もいます。

 

人生で大切な相手を見付けたいのであれば、縁結びのお守りの購入や所持も良いかもしれませんね。

 

 

効果は信じるほど強まり、思い掛けない出会いが発生することもあるようです。

 

こうなると出会いを求めて試してみないのは損ですよね。

 

むしろ早めに持つことによって、大切な相手と早く出会えたりするかもしれません。

 

こうして関係性が深められるようになるかもしれないです。

 

しかし、遅過ぎるということはありません。

 

神様は何時でも歓迎してくれますから思い立った時が相談を持ち掛ける機会となるでしょう。

 

 

お守りは持っているだけでも違ってきます。

 

しかも持ち方によっても結果が変わってくるといわれています。

 

そこで、色々と試行錯誤してみるのもありですね。

 

手元にあるかどうか、そこが一番大きな差となってくるともいわれています。

 

まだ持っていないなら早めのゲットが得策ですよ。

 

お守りなど信じない。

 

そういう人も一度騙されたと思って手にしてみるのも良いかもしれません。

 

案外想像以上の結果に結び付くことがあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

出雲大社の縁結びのお守りの効果を高める持ち方

縁結びのお守りの効果を高めたいのであれば、出雲大社に足を運びましょう。

 

 

こちらで正しい参拝方法をして神様に希望を伝えたいものです。

 

神域との境目にあたる鳥居は、神様が振る舞いを見ている場所です。

 

ここでは、厳かな気持ちで一礼をしたいところです。

 

鳥居をくぐったら祓社(はらえのやしろ)へと出向きます。

 

そこで穢れ(けがれ)を祓ったら手水舎で水を使って心身を清めましょう。

 

 

そうした参拝を正しく行ってこそ、持ち帰る縁結びのお守りの効果を高めることができます。

 

無事にお守りを入手することができたら直ぐに財布などに入れて持ち歩くようにする必要があります。

 

というのも、肌身離さず持ち歩くことが効果を高める持ち方の条件だからです。

 

なので、なるべく体に近いところに入れておくのが賢明です。

 

 

肌に密着させる必要はありませんが、ポケットに無造作に入れるのは出雲大社の神様に失礼です。

 

何か入れ物に入れるのが望ましいです。

 

財布は誰もが持っているものです。

 

 

お守りは持ち歩くのが一般的なので、ここに仕舞うのがベストというわけです。

 

縁結びのお守りをいつも近くに感じれて落としてしまう恐れもなくなります。

 

これこそ一石二鳥以上の持ち方だといえるでしょう。

 

ただ、何時でも持ち歩く条件さえ満たすことができれば、カバンの中に仕舞っておいても大丈夫です。

 

 

体に近いところに置いておくのが理想的です。

 

でも、多少距離が離れてしまったとしても常に所持するのであれば効果は保たれるようです。

 

財布の中に入れる、実はこの持ち方はとても理に適っています。

 

忍ばせることが縁結びのパワーアップに繋がるからです。

 

仮に堂々と縁結びのお守りを持ち歩けば、誰もがご縁を求めているのだと分かってしまう。

 

こうなると逆に縁が寄ってくるばかりか遠のくといわれています。

 

 

その点、忍ばせて持ち歩くことによって気持ちを知られずに効果を高めるメリットが得られます。

 

この忍ばせる持ち方は、出雲大社に限らず古くから有名なお守りの取り扱い方です。

 

これは、割と幅広く行なわれているポピュラーな方法です。

 

一方で、ご利益があるなら沢山お守りを持ちたくなるのが人情です。

 

しかし本気で結果を出したいのであれば、いずれか1つに絞って持ち歩くのがおすすめです。

 

 

特に同種のご利益があるとされるお守りは、お互いが喧嘩してしまうので同時に持ち歩くのはご法度です。

 

ただし、全てのお守りがこのルールにあてはまるとは限りません。

 

できるかぎり1つだけにして大切に肌身離さず持つのが理想的です。

 

これは、持ち方で高めるだけでなく損なわないようにする注意点にもなっています。

 

出雲大社の縁結びのお守りの貰い方

出雲大社の縁結びのお守りは、当然ながら本人が買うこともできます。

 

でもご利益を得るなら人から貰った方が良いとされています。

 

他人から譲り受けるのもです。

 

そういった意味でこの貰い方をするのがベストだと思われます。

 

 

つまり、出雲大社に足を運ぶ場合は、1人ではなく家族や友人と一緒に出向きましょう。

 

それぞれが縁結びのお守りを購入して交換するとご利益が得られます。

 

1人で縁結びを祈りに行くのは寂しいものです。

 

何より貰って受け取った方がご利益に期待できるので複数人でお守りを買いに行くのがベターです。

 

ただし、出雲大社の神様は懐が深く些細なことで人を見放したりはしません。

 

 

既に1人で縁結びのお守りを買ってしまっていても大丈夫です。

 

これから入手する人が気を付ければ良いので、あまり気にすることはないポイントとなっています。

 

他人から受け取る貰い方は縁結びのお守りのご利益を高めたい。

 

こう希望する人には適しているコツの1つです。

 

もし誰かが観光などで出雲大社を訪れる予定なら、お守りを買ってきてもらうようにお願いすると良いです。

 

 

お土産としてならベストです。

 

代金を後で支払うことになっても、それは直接的な購入とは異なるのでセーフとなります。

 

反対に出雲大社に出向くのであれば、周りに縁結びのお守りを希望する人がいないか尋ねましょう。

 

希望者がいれば購入してプレゼントすると喜ばれます。

 

こういう小さな工夫がご利益を左右します。

 

ちょっと工夫して貰い方を考えたり、あげて喜ばれるようにするのが正解です。

 

カップルで鳥居をくぐる予定なら、同じところから中に入るのは待った方が無難です。

 

 

神様はカップルを見ると嫉妬してしまうようです。

 

時間をずらしたり別々の入り口から入って後で合流すると嫉妬を買わずに済みます。

 

全く気にしないという人もいるでしょう。

 

しかし、折角のご利益が期待できるお守りを入手するチャンスです。

 

ここは、可能な限り損ねないように気を付けたいものです。

 

改めて貰い方を確認すると購入して直接受け取るよりは他人から貰う方が良いです。

 

 

また、人にもプレゼントとしてあげると喜ばれることが分かります。

 

購入を行って持ち歩きたいのであれば、複数人で訪れてお互いが購入しましょう。

 

これを交換する形でそれぞれ受け取るようにすると間接的な貰い方となるのでご利益が発揮されます。

 

なお、鳥居をくぐるさいはルールを守り嫉妬を買わないようにも気を付けたいところです。

 

なお、お守りの処分の際も神様に失礼のないよう正しく行いたいものですね。

 

出雲大社の縁結びのお守りの種類とご利益

 

全国的に有名な神様と、多くの参拝者が訪れるのが出雲大社です。

 

そのため縁結びのお守りを含めた複数のお守りが用意されています。

縁結御守のご利益

出雲大社といえば、やはり縁結びのお守りが代表的で中でも縁結御守は人気があります。

 

縁結御守は表にひらがなで縁結びと書かれていて種類が明確でご利益もハッキリと分かります。

 

特に女性から選ばれていますし、中には大国主大神の縁の力が込められています。

 

肌身離さずに持ち歩くようにすると出会いや人間関係といったご利益が現れます。

えんむすび巾着守のご利益

えんむすび巾着守は、小さくて可愛らしい女性向けのお守りです。

 

 

アクセサリーのように持ち歩ける人気の縁結びのお守りです。

 

こちらもご利益は縁結御守と同様です。

 

一般的なお守りのデザインを苦手としている人でも、これなら気軽に持ち歩けるでしょう。

白いお守りのご利益

出雲大社の側にある北島国造館では、白いお守りというものが噂となっています。

 

これはいわゆる恋愛成就のお守りです。

 

更に厄除けに加えて災難災害から守ってくれるという魅力的な一品です。

 

このお守りは、北島国造館のおみくじ売り場で提供されています。

 

出雲大社に足を運んだらこちらの入手も検討したいところです。

 

 

このように出雲大社では、縁と関わりが深い神様が祀られています。

 

このように縁結びのお守りを中心に取り扱っています。

 

必然的にご利益には偏りが生じますが、その分明確な目的でご利益に期待することが可能です。

蘇り守りのご利益

ただ縁結び以外のお守りもあります。

 

期間限定の蘇り守りなどは、60年に1度しか手に入れることができないレアなものです。

 

蘇り守りは、出雲大社の神様の力が強まった時に作られています。

 

そのため、通常のお守りよりもご利益が得られるスペシャルバージョンとなっています。

 

兎に角凄い一品ですが、入手性が低く手に入れるのは困難です。

 

ここは、参考程度に知っておくのが良いでしょう。

大願成就のお守りのご利益

大願成就のお守りは、願いを聞き届けてくれる上にも守ってくれる。

 

こうしたご利益が魅力的な種類の1つとなっています。

 

縁結びのお守りとは違います。

 

それでも懐の深い神様のちからが込められているので、こちらも効果に期待することができます。

幸せの鐘のご利益

一方、幸せの鐘は変わり種のお守りで文字通り幸福を招来してくれる力がこもっています。

 

 

魔除けになる鈴が付いていて、幸せを呼び込む力があります。

 

運勢を変えたい人におすすめできる種類です。

 

出雲大社は通常タイプの形状の他にも縁結びのストラップブレスレットなども取り扱います。

 

これらはより肌身に身につけやすいです。

 

持ち歩くのを忘れる心配がなくなるので、うっかり忘れ物が多い人はこちらが最適です。

 

 

ストラップやブレスレットタイプでも縁結びのお守りとなります。

 

このように持ち歩き方に合わせて選べます。

縁結びの糸のご利益

また縁結びの糸というものもあります。

 

こちらは効果が絶大だと人気がありネットでも話題です。

 

縁結びだけでなく、恋愛成就のご利益まで付いてきます。

 

恋に発展する出会いを希望する場合に適しているでしょう。

幸縁結び御祈絲のご利益

神在月の期間中は、限定の幸縁結び御祈絲が提供されます。

 

幸縁結び御祈絲は紅白の糸に緑色が加わった特別版で通常よりも効果がパワーアップしています。

 

手首に巻き付けやすいミサンガのような作りです。

 

このため、普通のお守りとは違った形で身につけられます。

安産お守り

安産お守りは説明するまでもないですね。

 

子宝祈願と共に無事に生まれてきますようにとの安産祈願できるものです。

 

持ち歩くことで子供も守られます。

 

そのような目的で入手したり所持することもできます。

 

出雲大社には、厄除けや退魔といったお守りも存在します。

 

このように縁結びのお守り以外も充実しています。

 

総合的に効果を期待できる力の強い神様が祀られている神社です。

 

そこで手に入るものは何でも力がこもっていると思われます。



結び

出雲大社の縁結びのお守り!についての記事はお役に立てたでしょうか?

 

効果のある持ち方や貰い方と種類、ご利益など身につけ方や買い方でも変わるようですね。

 

縁結びのお守りは、出雲大社を代表するお守りです。

 

お守りを自分で購入するよりも人から受け取る貰い方をするとより効果が高められるといいます。

 

他人にもあげると喜ばれます。

 

 

交換する形で縁結びのお守りを渡しあえると、お互いにとって良い効果が発揮されます。

 

一方の持ち方は、見せびらかすよりも忍ばせるのが理想的です。

 

なので、なるべく肌身に近いところで所持するのが賢明です。

 

肌に密着させる必要はないでが常に持ち歩くと良いようです。

 

そこで、落としたりする心配もない財布に入れておくと持ち歩きやすく安心です。

 

 

ポケットに突っ込むのは良くありません。

 

そこは神様の気持ちを考えて持ち方を決めたいものですね。

 

出雲大社のお守りの種類は、やはり縁結びのお守りが圧倒的に多いです。

 

そのため、恋愛成就に安産祈願など多様です。

 

中には期間限定のお守りもあるので入手のチャンスがあるなら是非手に入れたいものです。

 

ご利益は、人との出会いや大切な人との縁結びに加えて開運に退魔といった具合に充実しています。

 

 

実際に得られる効果は、手にするお守りの種類によります。

 

出雲大社の神様は力が強いですから基本的な安全のご利益などは種類に限らず発揮されるでしょう。

 

長い歴史もあり現代に話が伝わる縁結びの神様がいる神社です。

 

そのため、お守りのご利益も期待できる確率もきっと大ですね。

 

スポンサーリンク