ハロウィンのつづりをあなたは英語で書けますか、読み方はわかりますか?

 

Halloween

 

さらに、アイルランド語やイタリア語となればどうでしょう。

 

また、その語源や由来ともなればそれこそいろいろと違ってきます。

 

そこで、今日はこのハロウィンについて詳しく紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

ハロウィンのつづりの英語の書き方と読み方

ハロウィンの英語の書き方と読み方ですが、表記がHalloweenとされていて読み方もそのまま「ハロウィーン」と読みます。

 

 

ただし、英語の場合にはまた違う書き方もありHallowe’enとなされています。

 

こちらの場合には、単語の特有のものであり単語を短くしたつづり、とも言うべきものであるため発音は変わりがありません。

 

英語と米語の違いはありますが、実は日本の方々でもこの違いをあまり知らない方が多いです。

 

基本的に、日本の中学校などで学ぶ英語は、そのまま英語と書くようにイギリス系のものが多いとされています。

 

逆に、中国などの富裕層などの方が学ぶ場合には米語での学びとされているのです。

 

このため、大学などに入られた際にイントネーションなどや読み方がおかしい、違う、と感じられる方々が多いのです。

 

これが国によってどちらの言葉を学んできたのかの点です。

アメリカ人のハロウィンの意味や捉え方

日本はハロウィンの影響をアメリカから、最も受けたともいわれています。

 

 

これは、クリスマスやバレンタインなども、アメリカからの影響が大きなものであったとされていることと同じです。

 

ただし同じ言語でありながらも、英国ではハロウィンに関してはあまり積極的ではないです。

 

むしろ静かに過ごす日、などとされておりこの点に違いが見受けられます。

 

英国の場合には、イギリスでの宗教観がアメリカと異なるためなのか意味が変わってきます。

 

または、宗派などのためかは不明ですが大騒ぎをするイベントではないです。

 

 

静かに一日を過ごされる方の方が多い、とされているほどです。

 

イギリス、英国ではハロウィンよりももっと重要な記念日ともされる日があります。

 

そのためか、11月に入ってからのガイ・フォークス・ナイトのような厳粛なイベントの方に注意が向けられているとされています。

 

これが11月5日に行われる粛々とした日でありますから、大騒ぎなどよりもこちらに集中をしたいという意味合いかもしれません。

 

ただし、決して全体的にハロウィンを嫌悪するというわけではないです。

 

 

お店ではランタンなどが売られているなど、少しだけイベント的なものがあるとされています。

 

アメリカの場合には大々的にお祭り騒ぎになることに対して、同じ言語でありながらも不思議な印象を受けます。

 

しかし、アメリカ日本カナダなどと比べると英国の場合にはそのような雰囲気は醸し出されないという不思議さがあるのです。

 

宗教観の違いによっては、全面的に否定する国もあるためこうした背景から大々的なものになるのかどうかが決められる傾向にあります。

 

スポンサーリンク

ハロウィンのつづりのアイルランド語の書き方と読み方

アイルランド語ではどのようなつづりになっているのでしょうか。

 

Oíche Shamhna

 

書き方と読み方については、Oíche Shamhnaと表記します。

 

非常に読み方は難しく、「イーハーハウナー」と読みます。

 

これはかなり英語に精通した方でも、読みづらい言葉であり、英語圏の方でも読みにくいとも言われています。

 

つづりは、英語に似ている個所もあります。

 

しかし、頭文字にOが入っていることとハウナーの部分にSが入っていることで、かなり読みづらいとも言える表記です。

 

アイルランド語で読むと、全くに日本人にとっては意味が分からないとも言えるほどです。

 

これらとは別にアイルランドの人は、ハロウィーンのことをSamhainとも呼んでいます。

 

Samhain

 

これは、収穫、夏の終わりを意味する言葉として伝わっているものです。

 

夏には収穫が出来る時期であり、そしてその収穫の終わりを意味しているものを意味してこちらの「サワン」という呼び方をします。

 

これがもう一つのハロウィーンの呼び方でもあるとされています。

アイルランド人のハロウィンの意味や捉え方

ハロウィンは元々、ケルトの文化が始まりであるとされています。

 

 

アイルランドにはケルト人が住んでおり、現在でも日本での熱狂ぶりには目を見張っている方々がおられるほどです。

 

アイルランド語とケルトの文化であったハロウィンは、ある意味では切っても切り離せないものです。

 

もともとの由来がケルトの文化からでありますからアイルランドの方にとっては、このように流行をしてくれることを喜ばれる方もいます。

 

日本でもそうですが、死者という存在は昔から恐れられてきました。

 

勿論、死者と言っても家族などが亡くなり、そして自分たちの元にやってきてくれることは嬉しいことです。

 

 

これらのことはアイルランドの方にも伝わっています。

 

しかしそれでもハロウィーンが畏怖(いふ)されるのは、そこに悪霊も一緒にやってきてしまうからとされているのです。

 

アイルランド、ケルト系の文学や文化はとても美しいものです。

 

同時に精霊などやドラゴンなどの伝説的な神獣もとても尊いものであるとされています。

 

こうした中で生まれたものがハロウィンというわけです。

 

アイルランド人は、古代より不可思議な良い意味で幻想的な物語を紡いできました。

 

異教徒の儀式、と聞くと怖いものがありますが、それもハロウィンにつながっているとされています。

 

 

怖い服装をしてくださいという意味には親御さんがお子さんを守るための愛情が隠されているともされています。

 

決して子供を命のないものにしたくないという思いからです。

 

アイルランドは、大変に美しい物語や精霊などの物語が多いのも特徴ですね。

 

そのためにハロウィンの時期には子供たちが幽霊によって、連れていかれてしまうということが信じられてきました。

 

その中で子どもを守るために、幽霊撃退方法として使用されたものが意外にも卵の殻などやおし麦とされています。

 

ハロウィンのつづりのイタリア語の書き方と読み方

イタリア語のつづりについてですが、イタリア語でハロウィンはHalloweenと表記がされます。

 

Halloween

 

英語ととても似ていると感じられる方が多いかもしれませんね。

 

基本的にドイツ語などもそうですが英語は多くの国の言語、特にヨーロッパの国々に影響を与えた言語です。

 

そのため、このように表記がそっくりになっていることもあります。

 

読み方もほぼ、そのまま「ハロウィーン」と呼ぶ形になっています。

 

ただしネイティブの方々が発音している場合と、日本人でまだイタリア語を習い始めた方との場合には違いがあります。

 

イントネーションが難しいので、気になる場合には講師の先生などの発音を聞くと違いがしっかりと分かります。

 

書き方と読み方はこのようになっています。

イタリア人のハロウィンの意味や捉え方

ハロウィンは日本では、渋谷などで大騒ぎになっている賑やかなイベントになっていますね。

 

 

しかし、イタリアではこのような大騒ぎにはなっておらず、どちらかというとあまり浸透がされていないものです。

 

日本では10月の末日からハロウィンに関する情報などが飛び交うイベントです。

 

ですが、イタリアでは聖なる人をお祭りする、心から尊敬する期間が11月からとされています。

 

このため、イタリアではハロウィーンの期間は逆に静粛に過ごすべき日々とされていて日本での行いは異質ともされている傾向です。

 

これが同じキリスト圏内の国でも違う反応のある点ですね。

 

イタリアでは10月を過ぎて11月になると、神聖な儀式が始まります。

 

 

日本でも有名なコルベ神父様のような聖人、キリスト教を愛し、マリア様を愛した方々など聖人の方々を尊ぶ儀式に入ります。

 

このためにどちらかというと、敬遠されている傾向があります。

 

同じヨーロッパ系の諸国でも、アイルランド語などを嗜む(たしなむ)方々にとってはこのようにハロウィンが日本で浸透していることに喜びを得ている人もいます。

 

このため、イタリアと日本との温度差はかなりのものがあります。

 

それでも日本に留学に来られている方々で10月末のお祭りには、参加してみようという方も勿論存在します。

ハロウィン(ハロウィーン)の語源や由来

ハロウィンは昨今では日本でも大きくニュースに取り上げられてきたイベントとも言えます。

 

 

おおよそ20年ほど前には辞書にすらその語源などや意味が載っていないほど、知られていないものでありました。

 

語源についてですが、これには諸説あるものの、聖人様のための前夜を略したものとなっています。

 

それがかなり縮小された言葉が「Halloween」とされています。

 

よく、キリスト教などの関連のお祭りとしてクリスマスなどと同列される方々がいますが、実際には全くと言っていいほど関係がありません。

 

バレンタインデーなどと同じくお菓子などを貰う、そのようなイベントではあります。

 

 

ただし、バレンタインがキリスト教の聖職者の方を尊ぶお祝いに対して、ハロウィンは違うものと認識がされています。

 

まずキリスト教をしっかりと受け継いだ価値観の国々などでは、ハロウィンがキリスト教と関連があるものとはされていません。

 

そのため、かなり厳粛な教徒の方々がおられる地域などでは特にお祝いなどをすることもなく、同時に嫌う傾向などがあるとされているほどです。

 

ハロウィン(ハロウィーン) の由来に関しましては、遥か昔からの起源があります。

 

 

ケルトの方々の文化が基本となって広がった文化であると言われています。

 

日本では八月にお盆がありますが、お盆にはあちらの世界からご先祖様たちが返って来られるとされています。

 

それと同じように古代のケルトでも10月の末日にはあの世から人々が幽霊になって返ってくるとされていました。

 

そこからハロウィン(ハロウィーン)の由来が生まれています。

 

 

お化けの格好をして、また奇抜な格好をしている理由は自分自身や家族が冥界から帰ってきた者に連れていかれないという理由からです。

 

今の日本のハロウィンの場合には、仮装はあるものの多くの人がアニメのコスプレなどをしている世界になってしまっています。

 

しかし、本来の意味とは大きく異なっています。

 

かなり奇抜な服装をすること、お化け、幽霊ですら慄く(おののく)ほどの格好をすることで攫われ(さらわれ)ないようにするためです。

 

これが本来のハロウィン(ハロウィーン)の目的であり由来となっているのです。

 

ただし、厳粛なキリスト地域ではそもそも聖人様のためのイベントではないともされています。

 

そのためどちらかというと、お子さんたちが楽しむためのイベントになりつつあるのかもしれません。

 

 

諸説が多いのですが、仮装を行うことはお子さんを守るため、

 

またお菓子を貰うために、お子さんたちが「お菓子をくれないとイタズラするぞ!」と言いながら歩きます。

 

こう言いながら歩くのは、幽霊のための食事から派生していったものとされています。

結び

ハロウィンの英語、アイルランド語、イタリア語のつづりや書き方、読み方についての記事はお役に立てたでしょうか?

 

ハロウィーン

 

また、語源や由来についてもお分かりいただけましたでしょうか。

 

この章では、ここまでの要約を載せていきますね。

 

ハロウィンのつづりは、英語とイタリア語はとても近いものなどがありました。

 

しかし、アイルランド語では、かなり難しい読み方となっております。

 

ただ、ハロウィンが誕生したきっかけはアイルランドの方々、ケルト文化の方々からです。

 

語源、由来には死者から家族を守るため、といった意味が存在しています。

 

 

不気味な服装を行うこと、お菓子を用意しておくこと、これらは大切な家族を守るためです。

 

同時に幽霊をもてなすという意味合いも含まれているとされています。

 

日本でもお供えものはなされますが、ハロウィンでのお菓子や料理は、冥界からやってきた方々への贈り物ともされています。

 

 

冥界から来た方と今を生きている方との食事の区別としても考えられているのです。

 

食事を全て冥界の方にもらってしまわれたら困る、そのような意味でお菓子などが派生したともされています。

 

家族を守るため、また死者をもてなすという意味合いなどがあり、ハロウィンが現在の形になったとされています。

 

スポンサーリンク