卒業式の主役が生徒であるのは間違いありません。

 

しかし、胸にこみあげるものがあるのは先生も同じです。

 

自分が心を込めて指導してきた生徒たちが卒業することを嬉しく思っています。

 

生徒のなかに感謝の気持ちがあるなら、それを表現したいと感じることもあるでしょう。

 

先生を泣かせるくらいの感謝の気持を贈りたいものです。

 

また、合唱ならこちらも心に響く曲を贈りたいですね。

 

そう言われても、どうすればサプライズになるのか見当がつかないという人も多いでしょう。

 

どのような言葉や曲でサプライズをすると良いのか迷うところです。

 

ここでは卒業式で先生を泣かせるサプライズの仕方を詳しく紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

卒業式で先生にサプライズする方法

あくまでも先生と生徒という関係である以上、いくら感謝の気持ちが強くても行えることは限られてしまいます。

 

 

そこで有効な選択肢となるのは、卒業式でサプライズの演出をすることです。

 

普通にお礼を述べることも大切ですが、実際のところ言われなれているケースがよくあります。

 

そのため、自分たちの想いを心にずっと留めてもらいたいなら、これまでとは違った印象的な方法を選択しなければなりません。

 

人生において卒業式は何度もあるものではありません。

 

そのため、印象的な演出と言われてもうまくイメージできないのは自然なことです。

 

逆説的な表現になってしまいますが、サプライズといっても必ずしも驚かせることを意識しなくても大丈夫です。

 

自分の知らないところで、生徒たちが自分のために何かをしていたというだけでも先生にとっては感動に値するものだからです。

 

つまり、自分たちなりにしっかり考えたものなら何でも良いのです。

 

それをしっかりと内緒で練習しておくことがポイントになります。

 

 

卒業が近づいてくると生徒はいろいろと忙しくなるのが一般的ですね。

 

そのため、なかなか練習の時間を取れないというのが実情でしょう。

 

先生もそれを分かっているからこそ、練習してくれたことを感じ取ると非常に嬉しくなるものです。

 

全員で練習するのが難しければ、できるだけ多くの日を設定して、自由参加のスタイルにするのも得策です。

 

具体的なサプライズとしては、感謝の言葉や歌を贈る方法が挙げられます。

 

ただし、内容や目指す完成度によって練習に必要な時間は異なります。

 

最初にどれくらいの時間が必要か検討して卒業式の日から逆算して練習日を割り当てましょう。

 

これをスムーズに行いたいならリーダーとサブリーダーを決めておくことも大事です。

 

 

毎回少なくともどちらか一方が参加するようにして練習の進捗を共有する必要があります。

 

完成度が低すぎるとサプライズの効果が半減してしまうので一定の水準を超えるまでは進捗(しんちょく)をしっかり管理していくことが欠かせません。

 

リーダーだけだと参加できない場合に困ったり自分だけで悩んだりすることになりなる恐れがあります。

 

あくまでも先生に感謝の気持ちを表現することが目的ですが生徒にとっても素敵な想い出にすることを目指しましょう。

 

そのためには、リーダーだけに負担がかかるような事態になっていはいけません。

 

サブリーダーや他の生徒たちも積極的に練習することが卒業式でサプライズを成功させる秘訣です。

 

当然ですが、先生に勘付かれないように配慮することも重要ですよ。

 

スポンサーリンク

卒業式で先生を泣かせる感謝の言葉と贈り方

卒業式で感謝の言葉を贈るときは、できるだけ先生の琴線(きんせん)に触れることを言いたいと考えるのではないでしょうか。

 

 

しかし、ドラマの演出家でもない普通の生徒にとって相手を泣かせる言葉を選ぶのは簡単なことではありません。

 

そう言われると学園を舞台としたドラマや小説のセリフを参考にすれば良いと思う人もいるかもしれません。

 

たしかにそれらには感動を呼び起こす要素がたくさん詰まっています。

 

ですが、その代償としてチープに聞こえやすいというリスクもあります。

 

流行したものほど多くの人が見たり読んだりしていますし他の作品にも類似のセリフが多く用いられているからです。

 

そのため、言われた先生も何となく聞き覚えや読み覚えがある言葉だと感じる可能性があります。

 

そのような失敗を避けて泣いてもらいたいと考えるなら、しっかりと誠意を込めることが欠かせません。

 

 

立派な態度で臨むことにより自分の指導が間違っていなかったと実感してもらえます。

 

いきなり言葉の贈り方について検討するのではなく、まずは制服や頭髪が卒業生として相応しいかチェックすることから始めてください。

 

少なくとも先生が何も心配することなく送り出せるようにする必要があります。

 

それを意識して準備を行い自信がついたら具体的な言葉を考えましょう。

 

本当は自分たちの素直な気持ちを表現するだけで十分です。

 

それでも、実は先生が嬉しく感じやすい言葉があります。

 

それを効果的に盛り込むような贈り方を心がければ、泣いてもらえる可能性が飛躍的に上がります。

 

感謝の言葉というと「ありがとうございます」というようなお礼のセリフをベースにして考えがちです。

 

もちろん、お礼のセリフは必須です。

 

 

でも、それだけ言われてもあまり心に残らないのも事実です。

 

何を言われたら一番嬉しいのか考えて言葉の構成を組み立てることが求められます。

 

たとえば「学校生活が楽しかった」というのは、指導する側にとって言われると非常に嬉しい言葉です。

 

振り返ってみると学校生活でつらかったことはたくさんあるでしょう。

 

クラスで揉め事が起こったり部活で意見が対立したりするなど先生も巻き込む形でネガティブな状況になるのはよくある話です。

 

そのため、生徒に対して学校生活を楽しめなかったのではないかと心配しているケースは少なくありません。

 

そんな不安を抱えているなかで十分に楽しめたことを理由としてお礼を言われると安心して涙腺が崩壊しやすくなります。

 

また、同じ方向性で感謝の言葉を選ぶなら上記のようなネガティブな状況を先生のおかげで乗り越えられたと伝えるという手もあります。

 

 

迷える生徒たちを正しい方向に導くのは教師の重要な勤めです。

 

しかし、十分にこなせているケースは多くありません。

 

 

前述のような言葉を贈られると自分はそれを行えていたとお墨付きをもらえることになります。

スポンサーリンク

 

照れくさいかもしれませんが気を引き締めて姿勢を正し、しっかり目を見てはっきりとした声で伝えましょう。

 

卒業式で先生を泣かせる合唱におすすめの曲

卒業式で曲(歌)を贈りたいなら練習が大切なのは言うまでもありません。

 

 

ですが、それと同じぐらいの曲の選び方も重要なので注意しましょう。

 

特に、泣かせるほど感動させたいなら、いろいろな観点からしっかりと選ばなければなりません。

 

おすすめの曲もあるのでチェックしておくことが大切です。

 

ただし、前提として先生の好みを考慮するのを忘れてはいけません。

 

もし好きだと言っているアーティストや曲があるなら、よほど卒業式と雰囲気がマッチしない場合を除いて有力な候補にしてください。

 

自分の好みまで考えてくれたという事実が嬉しさを倍増させる大きな要因になるからです。

 

激しい曲を演奏するロックバンドなどでも楽曲のなかにはバラードが含まれていることもあります。

 

先入観で決め付けないで一通り調べてみることが大切です。

 

 

先生にそのような好みがないなら合唱コンクールで歌った曲がおすすめの曲となります。

 

合唱コンクールで歌った曲は、大人になってからも覚えていることが多いでしょう。

 

歌った瞬間に当時の想い出が強く蘇ってくるという人は珍しくありません。

 

卒業式においても同様で歌う側も聴く側の脳裏にも合唱コンクールに向けて特訓した日々の光景がよみがえってきます。

 

また、もう一つのメリットとして、あまり練習に時間を割かなくても良いという点が挙げられます。

 

合唱コンクールからどれだけ日が経過したのかにもよりますがゼロから曲を選んで練習するよりもずっとうまく歌えるからです。

 

ただし、いきなり卒業式の日に披露しようとするのは良くありません。

 

想像以上に歌い方を忘れていて戸惑っているうちに終わってしまうケースもあるからです。

 

 

少なくとも3回ぐらいは事前に合わせるようにしておきましょう。

 

上記のケース以外だと、やはり世間的に定番になっている卒業ソングがおすすめです。

 

ただし自分たちが好きだからといって最近の流行歌を選択するのは良くない場合もあります。

 

世代間のギャップがあるため、先生にとってはまったく馴染みがないかもしれません。

 

歌詞をよく聞き取れなかったり卒業ソングということすら理解してもらえない場合もあります。

 

そこで大切になるのは、できるだけ先生の世代に合わせて選曲することです。

 

具体例としては、1970年代に若者であった先生なら「卒業写真」や「チューリップ」などが感動しやすいと考えられます。

 

先生が1980年代であれば「思い出がいっぱい」が定番です。

 

また、先生が1990年代なら「空も飛べるはず」が人気です。

 

これらは世代が合っていればよく耳にしたはずの曲であり、どれも先生を感動させるフレーズが入っています。

 

歌詞を知っているというメリットがあります。

 

それを自分たちからのメッセージとして聞き逃さずに受け止めてもらえます。

 

ただし、1970年代や1980年代の曲は生徒にとってまったく馴染みがないかもしれません。

 

そのため、難易度や覚えやすさを選択基準に入れておくことも重要なポイントになります。

卒業式で先生にサプライズするおすすめの場所と時間

準備をしっかり行っても、あまりサプライズの効果が高くならない場合もあります。

 

 

たとえば、実施する場所と時間について十分に考えておらず、慌ただしく行ってしまったケースなどです。

 

時間に追われて流れ作業のようになると淡々と済ませることになるので感動させるのは困難です。

 

落ち着いて行いたいなら、やはり最終のホームルームに行うと良いでしょう。

 

これまで毎日行われてきたホームルームであり、最後だと思うと寂しさがこみあげてくることもあるでしょう。

 

担任から祝福の言葉が贈られたり卒業アルバムが配られたりするのが一般的です。

 

クラスの仲間たちと過ごす最後の時間をしっかりと胸に刻みこんでください。

 

そうすることでサプライズの披露に向けて温かい気持ちをクラスメイトが共有できるようになります。

 

 

先生の話が一区切りついたところで学級委員などの代表者が挙手(きょしゅ)をして先生に少し時間をもらえるようにお願いしましょう。

 

普段と違って伝えることが多いホームルームではありません。

 

たいていの先生は驚きながらもその要望を受け入れてくれるでしょう。

 

ここからの流れは自分たち次第なので、いろいろと相談をして意思を統一しておくことが欠かせません。

 

たとえば、代表者の掛け声とともに一斉に立ち上がって全員でいきなり合唱を始めるのも一つの方法です。

 

また、感謝の言葉が書かれた垂れ幕を急いで黒板にかけるような手段もあります。

 

ただし慌ただしくないといってもスケジュールが決まっているので何十分も使えるわけではありません。

 

目安としては5分ほどをイメージしておけばよく長びいたとしても10分程度に収めることが肝心です。

 

 

途中で終わってしまうと後味が悪くなりかねないので時間の管理はかなり大切といえます。

 

もし何らかの事情でホームルーム中に行えない可能性があるなら卒業式が完全に終わってから行うことも検討してみてください。

 

卒業式の会場として多いのは体育館ですね。

 

そのため、どの会場でも式が終わると卒業生の退場を在校生や先生が見送ることになります。

 

そのまま帰宅する卒業生もいますが、しばらく運動場などに残って写真を撮り合うようなケースも少なくありません。

 

たいていの場合、会場から出てきた先生と話す機会を持つことも可能です。

 

したがってクラスメイトと打ち合わせをして先生を待っていれば、卒業式の後にでもサプライズの演出を行えます。

 

ただし、教室に戻ることは不可能なケースが多いです。

 

 

この場合、外で行える演出に限定されることになるでしょう。

 

合唱で音楽をかけたいならポータブルのプレイヤーなどを用意しておく必要があります。

 

また、他の人たちにも見られることなるので少し恥ずかしいと感じるかもしれません。

 

照れてしまって萎縮すると台無しになってしまうので他人に見られることを想定したうえで練習しておきましょう。

 

このように最終のホームルームか卒業式の後がサプライズのタイミングとしておすすめです。

結び

卒業式で先生へのサプライズで泣かせる感謝の言葉の贈り方はお役に立てたでしょうか?

 

 

合唱におすすめの曲についてはいかがでしたでしょう。

 

卒業式は生徒にとって大切な人生の節目です。

 

その価値を高めたいなら自分たちを卒業に導いてくれた先生への感謝の気持ちを持たなければなりません。

 

卒業式をただの行事だと考えて無難に終わらせてしまうと人生を振り返ったときにあまり思い出すことがないでしょう。

 

逆にしっかりと記憶に残せると、これから困難なことがあっても立ち向かって乗り越えていく勇気を得やすくなります。

 

自分の記憶に留める手段としても先生にサプライズをしかけることは非常に有効です。

 

「楽しかった」というメッセージを込めた感謝の言葉はおすすめです。

 

また、「卒業写真」のような合唱におすすめの曲について、どれが良いのかしっかり検討してください。

 

泣かせるほどの感動を呼び起こすには、それ相応の努力が必要になります。

 

難しそうに感じるなら披露する側である自分たちも一緒に感動できるような演出を考えましょう。

 

スポンサードリンク