クリスマスイブっていつが正しい日なの?

 

 

はたして24日で良いのでしょうか?

 

それとも厳密には違うのでしょうか?

 

そこにはキリスト教が定める正しい始まりの決まりがあります。

 

今日は、このクリスマスイブはいつなのかについて詳しく紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

クリスマスイブはいつ

イブはいつか、12月24日がクリスマスイブです。

 

クリスマスイブ

 

イブがいつかという疑問は、クリスマスの意味とイブの違いを知ることで分かります。

 

クリスマスとは、キリスト教におけるイエスキリストの誕生を記念の日で毎年12月25日とされています。

 

以前、この日をイエスキリストが生まれた日とされていましたが、それは誤解で正確にはお祝いをする日です。

 

イエスキリスト

 

また、欧米では盛大にパーティーを開催したりします。

 

ですがキリスト教で最大のお祭りは復活祭なので、そこが日本におけるクリスマスのイメージとは違います。

 

一方のクリスマスイブのイブは、クリスマスの前夜を指します。

 

このことから1日単位で考えるなら24日が正解ということになります。

 

近年、日本では24日から本格的に祝う風潮になっているので本番の25日と混同してしまっても無理はないです。

 

しかし、25日とその前日では意味が異なってきます。

 

クリスマスイブの日付と意味を正しく覚えて、お祝いをするように心掛けることが大切です。

 

もしクリスマスイブがいつなのかと迷った時は、イエスキリストの生誕記念の25日を思い出してください。

迷う

 

その前日と考えれば基本的には大丈夫です。

 

クリスマス本番に備えて準備をしたり、お祝いムードが高まります。

 

そういった意味ではクリスマスイブもまた特別でしょう。

 

いつがクリスマスイブかという疑問が解消したら、これでもう堂々とお祝いのお祭りを楽しむことができます。

 

元々日本はキリスト教が中心の国ではないのでクリスマスといっても厳密に守られているわけではないです。

 

 

更に、宗教的なイベントといった感じよりも単なる1年で最後のお祭りという意味合いが強いです。

 

キリスト教徒でもない限りは、厳密に守る必要はありません。

 

なので、お祭りとして楽しむなら24日でも25日でも構わないです。

 

逆にキリスト教を重んじたり、お祭り以上に生誕をお祝いしたい場合は24日の午前中に準備を済ませたることです。

 

このように24日から25日に掛けてお祝いをするのが正解です。

 

 

どのような形にしても世界的に特別で日本でも幸せな気分にさせる日なのは間違いありません。

 

なのでイベントの背景を理解して楽しむのが良いでしょう。

 

街中がお祝いムードになる2日間なので仮に宗教的な意味合いが良く分かっていないとしても特別な日ということは理解できます。

 

25日のクリスマスに対して、イブはいつかと疑問に思った時は、前日の24日だと思い出せば解消します。

 

スポンサーリンク

クリスマスイブはいつまで

クリスマスイブは、いつまでなのか12月24日までか12月25日のどっちかで迷いがちです。

 

日没

 

同時に正しい日付はいずれか1日に絞り込まれます。

 

一般的には12月25日一杯をクリスマスとしているのでイブは必然的に12月24日に定まります。

 

正確には一般とキリスト教の暦で違いがあり厳密には12月24日の日没を25日の始まりと捉えています。

 

その時間帯がキリスト教におけるクリスマスイブとなります。

 

日没を過ぎて12月25日を迎え、その日の日没を迎えるまでがクリスマスです。

 

 

から一般的な暦とは時間がズレているといえます。

 

ただ通常は1日単位で区切っても問題はないです。

 

12月24日をクリスマスイブと覚え、12月25日を本番のクリスマスと考えることができます。

 

25日を前日のイブだと捉えてしまうと26日がクリスマス本番になるので違和感が生じますね。

 

 

でも反対に23日がイブということもあり得ませんね。

 

なのでクリスマスの正しい日付が分かっていれば、自然とどっちが正しいクリスマスイブの日か気が付けるでしょう。

 

12月25日にイエスキリストの生誕をお祝いするので12月24日はその準備や心構えをする日になります。

 

お祭りの本番を控えた前日の気持ちが高揚する1日と考えれば、どっちが正しいか直ぐに覚えることができます。

 

キリスト教の国でない日本では、クリスマスをお祭りのイベントと捉えているのが現状です。

 

お祈り

 

そのため24日にクリスマスを済ませても不思議ではないです。

 

キリスト教では、24日のイブは25日と同様に特別です。

 

なのでそれを誤解して正しいクリスマスの日が分からなくても仕方がないです。

 

それでも、正確には24日がクリスマス前日のイブなので25日本番に合わせて1日を過ごすのが正しいでしょう。

 

25日の日の入りをお祝いの瞬間だとイメージすると24日の日没までがイブとなります。

 

その夜が特別な時間だと考えると辻褄(つじつま)が合って理解が深まります。

 

25日が1年で特にスペシャルな24時間なのは間違いなく前日に位置する24日もまた特別です。

 

ここのところの意味を正しく覚えれば迷うことはなくなりますね。

 

どっちでも良いという考え方も存在しますがイブは12月の24日以外にあり得ないです。

 

 

どちらが正解かと問われれば迷うことなく24日の一択です。

 

世間一般的にはどっちでも構いませんがキリスト教的には1日の違いが重要です。

 

どう過ごす予定であっても正しく理解して過ごすことが肝心です。

 

アメリカを始めとしたキリスト教の国では、24日と25日で雰囲気が大きく変わるので体感的に違いを覚えられるのが日本との差です。

 

クリスマスイブの意味

クリスマスイブは、日本だとクリスマスの前日と覚えられていて、それは必ずしも間違いではありません。

 

晩

 

しかし正確にはクリスマスの始まりを意味します。

 

クリスマスイブのイブは、夜や晩を意味するイブニングの古語、イーブンに由来しています。

 

このイーブンの語尾、エヌの音が消失したことで現在のイブとなりました。

 

つまり、12月24日のクリスマスイブはクリスマスの前日ではなく、クリスマスの前夜が厳密には正しいわけです。

 

聖夜という言い方がありますが、これも25日を迎える前日の夜を指しています。

 

外国では12月24日に日付が変わったその時から同日の日没までクリスマスの準備をして日没と共にお祈りを捧げる風習があります。

 

この日になると、日本では恋人同士で過ごすことの多い夜になりますね。

 

しかしクリスマスやイブを重んじるキリスト教からすると少し複雑な気持ちになる過ごし方だと考えられます。

 

 

外国においては家族と過ごしたり教会で祈りを捧げて日の出を待つのが一般的です。

 

また、日本では24日も25日も街中がイルミネーションで輝きます。

 

お店は書き入れ時として商売に精を出しますがキリスト教的には静かに過ごす時間です。

 

アメリカだとお祭り気分は、クリスマスイブの24日夜までです。

 

その夜から25日に掛けて家族と過ごし25日の特別な日を迎えるとその年のイベントは終了です。

 

ヨーロッパ諸国でも、同様にお祭り騒ぎをしていたことはありました。

 

しかしクリスマスやイブの意味が見直された結果、本来の静かに過ごす日に戻っています。

 

 

クリスマスイブ自体には、クリスマスの前夜以上の意味はなく24日全体を含む場合もあります。

 

なので本来は日没から25日に掛けての始まりを指す言葉です。

 

日本では外国ほど厳密な理解や解釈は求められないので24日を1日まるごとイブとして受け入れています。

 

そのため25日を特別と考えてその前日と捉えるケースが殆どです。

 

勿論、日本でもキリスト教徒なら意味を理解しています。

 

厳格な風習を持つ外国と同様の過ごし方をすることもあります。

 

 

クリスマスを迎える日没後の前夜と覚えておけば、言い換えるなら前夜祭と把握することです。

 

こうしておくとクリスマスイブの理解が深まったり感じ方が変わってくるでしょう。

 

25日はイエスキリストの誕生日ではありませんがキリスト教では同等の価値があると考えてイブを過ごします。

 

クリスマスとその前夜は、本来はイエスキリストやキリスト教徒の為にあります。

 

それを宗教(キリスト教)に関係なく特別な夜と捉えるのはいささか不思議な感じです。

クリスマスの意味

クリスマスの意味はイエスキリストの誕生、いわゆる降誕を祝うものです。

 

 

イエスキリストが生まれた瞬間がキリスト教の始まりです。

 

そう考えると言葉の重みがあります。

 

お祝いをするお祭りの日という解釈もあります。

 

ですが正確にはイエスキリストの誕生を祝福する、これが正確な意味でのクリスマスです。

 

イエスキリストの誕生日は聖書や他の歴史的な資料の何処にも記されていないので、そのままだとお祝いができないです。

 

そこでキリスト教徒は12月25日に誕生をお祝いする日を位置付け現在のイベントとして外国で広まっています。

 

日本では、1552年に行われたカトリック教会でのミサが国内で最初のクリスマスだとされます。

 

その後、日本は禁教令によって宗教活動が難しくなりました。

 

 

このため明治時代を迎えるまでクリスマスが一般に定着することはありませんでした。

 

日本で一般的に知られるようになり定着を見せ始めたのは1900年の銀座が始まりです。

 

輸入品を取り扱っている明治屋が銀座に進出したのを機に年末ビジネスの一環としてこのイベントを採り入れています。

 

これが幅広く知られる切っ掛けにはなりました。

 

しかし、まだ一般家庭でお祝いするまでには至らず現代ほど深くは浸透していなかった状況です。

 

 

ただし、その後は時間を掛けて少しずつ定着していきました。

 

大正時代には子供向け雑誌に挿絵の付録がつきはじめました。

 

昭和になるとツリーが飾られるまでになります。

 

日本で定着が決定的になったのは、大正天皇の崩御による12月25日の大正天皇祭の制定です。

 

この日が休日になったのとクリスマスが浸透を見せていました。

 

こうして相まって一般的に12月25日は特別なイベントだと捉えられるようになります。

 

 

先にも書いたようにイエスキリストが生まれた日というのは、長く日本で誤解されていたことです。

 

より正確な意味としては、誕生日が不明なキリストを祝う為に作られた記念日です。

 

つまり厳密にはキリスト教徒以外には関係がありません。

 

仏教や神道が主流の国で町をあげて飾り付けをしたりお祝いムードになるのは不思議なことかもしれませんね。

 

日本ではクリスマスやイブを外国と意味の捉え方が違っています。

 

それでも定着していることには変わりがなく特別な意味があると捉えられているのは確かです。

 

 

国によってはお祭り気分が色濃く表れます。

 

誰もが厳かな雰囲気の中で過ごすかといえばそうではないでしょう。

 

イエスキリストとキリスト教の誕生によって始まりを迎えたこのイベントは、今では世界的な広がりを見せています。

 

クリスマスイブとクリスマスの違い

クリスマスイブとクリスマスは、イエスキリストの誕生を祝う1日と、前夜を迎える1日の違いです。

 

 

外国でも日本でも基本的な意味や定義は変わりません。

 

どちらにも共通するのはイエスキリストの誕生日ではなく前夜でもないということです。

 

1日違いのクリスマスイブとクリスマスですが意味的には大きく異なっているのが特徴です。

 

このイベントにはまず、クリスマスという特別な1日の大前提があって、その前夜を差すのがクリスマスイブです。

 

前者がなければ後者もあり得ませんから、お互いに独立したイベントではないです。

 

そのため1つの大きなイベントを日付や時間で分割したものと捉えられます。

 

 

2日間に及ぶ長いイベントの中で後半の本番にあたる1日をクリスマスと呼んでいるわけです。

 

外国においてもその解釈は日本と同様です。

 

むしろ厳密な捉え方を重んじるキリスト教の国々だと日本よりもクリスマスイブとの境目が明確にされます。

 

日本では、12月24日から日付が変わるまでの間を、1日まるごとイブとして考えたり捉えている傾向です。

 

外国にも同じように考えている国もあります。

 

この考え方は厳密には間違いで日が出ている間はまだイブではないです。

 

 

キリスト教の解釈だとイブは24日の日没後ですから午後を過ぎて日が落ちてからがイブの本番です。

 

ユダヤ暦をルーツとする教会暦では、日没を境に1日を区切っているのが一般的な日付の解釈と異なるところです。

 

一般的には、12月24日の23時59分までをイブ、翌0時から23時59分までを本番と考えます。

 

しかし教会暦の解釈ではこの境目が24日の日没になります。

 

これらの宗教が誕生した頃は、まだ現代ほど正確な時計は用いられていなかったのもこうなった理由のようです。

 

そのため日没というやや曖昧な判断基準を元に日付が決められています。

 

 

イエスキリストの教えを厳格に守る教会では、日没を用いる教会暦を尊重してイブの判断を行っているわけです。

 

日本に限らず外国でも、一般家庭と教会などでイブに関する解釈に違いがあります。

 

しかしどちらも間違いではありません。

 

24日をまるごとイブとする解釈も現代では幅広く受け入れられています。

 

 

本来の意味では24日の日没がクリスマスイブで25日に本番を迎える始まりをクリスマスと捉えるのが正解でしょう。

 

1日の差ですが、この2日間には長い歴史と国による文化の差があります。

 

正しい意味と様々な解釈の存在を理解して2日間を過ごすようにするのが理想的ですね。

結び

「クリスマスイブはいつ!」の記事はいかがでしたでしょうか?

 

 

私たちが普段あまり気に留めないで行なっていたこのイベントの日にと時間について理解していただけましたか。

 

正しい日にちと時間帯という始まるタイミングがありましたね。

 

 

なお、クリスマスカードを英語で贈る方法について、下記のページで詳しく紹介してみました。

 

こちらも是非参考にしてみてくださいね。

 

 

今年のクリスマスイブに今日の記事を思い出していただけるといつもと少し違う感覚でイベントを迎えられるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク