夫が低収入でも後悔しないで幸せに暮らす方法?賢く節約するやりくり!

ビジネス

夫が低収入でも、後悔しないで幸せに暮らす方法はあります。そこはやはりあなたが上手にやりくりすることです。また、夫婦共働きなら更に収入が生まれます。夫の収入が失速するなか、妻の収入は10%ほどアップしているとのデータもあります。

 

これは、平成24年~25年度の総務省統計局のリサーチで確認されています。工夫次第で生活に余裕ができたり、将来の不安も小さくなりますね。大切なのは低収入だと嘆くだけでなく、何ができるか考えたり実践して賢く生活することです。

 

ここでは、夫が低収入でも後悔しないで幸せに暮らす方法について紹介していきます。

夫が低収入でも後悔しないで幸せに暮らす方法

夫が低収入でも後悔しない為には、現状の出費を見直して無駄を1つずつ減らしていくことです。これも夫が低収入でも幸せに暮らすコツのひとつです。お金がない時は頭を使う、それこそが現状を打破したり改善する基本です。収入が低い以上、ポイントとなるのはやはり賢く節約することです。

賃貸を引っ越して出費を減らす

夫が低収入でも後悔しないためには賃貸生活であれば、家賃を見直して安いところに引っ越すのも効果的でしょう。住居費は固定されてしまう傾向です。もし、安い家賃で暮らせるならそれに越したことはないです。しかし家賃は建物の築年数だけでなく、利便性とも直結しています。

少し不便を許容できれば案外安いお部屋が借りられます。具体的には駅から離れた場所にある物件です。こういうところに掘り出し物が存在していたりするので調べてみることをおすすめします。

外食より自炊して出費を減らす

固定費といえば、食費もまた生活の負担を左右する大きな要因の1つです。収入が増減して生活スタイルが変わらない限り、食べるものはあまり変化しません。そのため、出費も固定される傾向です。言い換えれば、外食が多い人はそれだけ食費が多く掛かります。

結果、夫が低収入だと生活を圧迫してしまっているといえますね。自炊だと手間は掛かりますが、節約目的なら効果絶大です。こちらの場合は、優れた費用対効果に期待が持てるでしょう。おかずはまとめて作って冷凍しておくと良いです。

セールの日に食材を買い込み、料理のバラエティを増やすなどができます。夫婦や家族であれば、人数分を一度に作れます。こうすることで、非常に効率的で時間の無駄も節約可能です。外食は月に数回の楽しみにしておくと節約にはとてもいいですよ。

 

後は自炊で食費を上手くやりくりすることです。このようなことも夫が低収入でも後悔しないで幸せに暮らす為のポイントになります。

携帯電話の通信プランを見直す

夫が低収入だと携帯電話の通信費もばかにならずその出費は生活を圧迫しますよ。後悔しないためには、不要なオプションは解約して毎月の出費を下げることです。データ通信は特に毎月の負担を左右します。

そのため通信量の多い高速通信プランは見直すことをおすすめします。

 

インターネットはWiFiでもできます。仕事でどうしても必要でない限りは、低料金のプランに乗り換えるのが賢明です。このような出費の見直しは一見すると手間に感じられます。しかし、工夫が節約に繋がる実感が得られれば逆に楽しくなってくると思いますよ。

住宅を手放して出費を減らす

夫が低収入でも後悔しないためには大きな出費を減らすことです。住宅を購入してローンを支払っている場合は、思い切って手放してしまうのもありでしょう。ローンは支払い終えるまで逃れられません。

 

建物は時間の経過とともに傷むので数年後~数十年後に修繕費が発生します。それも結構な額になったりもしますね。夫が低収入で上がらないままでは、いずれ今よりもお金に困ることになるかもしれません。

 

賃貸生活は引っ越しの自由度が高いです。なので家賃が負担に感じられれば、何時でももっと安いお部屋に引っ越しできます。固定費を低めにすることは、幸せに暮らす後悔しない方法の基本です。改めて毎月出ていく支出に目を向け、無駄がないか念入りにチェックしましょう。

夫が低収入でも賢く節約するやりくりの方法

夫が低収入なのは、本人を責めても仕方がありません。そこは家族いちがんとなって賢く節約することで乗り越えたいものですね。まず、必ずいつか使わさる物のためにその購入費は取っておくことをおすすめします。

 

とはいっても、いっぱいいっぱいで生活しているとよく聞きます。もし本当に明日の生活にも困るほどなら、こうしてサイトも見れないかもしれません。後悔しないためには切り詰められるところは、僅かづつでも切り詰めていくことをおすすめします。

 

なお、ご主人のお小遣いも必要最小限でやりくりしてもらえるよう話し合いましょう。

子供への出費はルールを作る

夫が低収入でも後悔することなく賢く節約するとなると子供に関する出費もまた避けては通れないところです。ただ、成長期は食べざかりで生活の質が今後に影響します。このため、栄養には生活費を掛けるのが理想的です。

おやつやジュースはある種の嗜好品(しこうひん)なので買い与え過ぎないことが大切です。

 

ゲームセンターやゲーム機についても同じことが言えます。もちろん、子供にとってはどれも楽しみの1つです。節約の為とはいってもやはり完全に廃止するのはNGでしょう。そもそも夫が低収入なのを理由におやつを買い与えないのは親子にとって非常に惨めです。

これでは幸せに暮らす目的が果たせません。やりくりの方法を考えて上手にお金を使い、節約と同時に幸せも手にするのがベストです。おやつは金額を決めてその中で子供に選ばせると良いでしょう。あるいは、お小遣いで買うようにルールを作るのもおすすめです。

 

選ぶ権利や自由を与えることで責任や楽しさを学び取れます。お子さんも自分で考えてお金を使う習慣が身につくので一石二鳥です。

食費や光熱費を節約する

夫が低収入でも後悔しないよう外食や嗜好品といった食費の無駄を見直しましょう。こうしていけば生活費に余裕が生まれてお小遣いも出せるようになります。自炊するときは、野菜は形が悪く安い訳あり品を選ぶことです。

農家をしている人から直接分けてもらうなども、賢く節約するのに効果的です。

 

当然ですが、水道光熱費も賢く節約するのに欠かせないポイントなります。無駄遣いをしないように家族でルールをしっかり決めましょう。電気はこまめに消したり冷暖房の設定を緩めに設定する。水は使う分だけその都度出すようにしましょう。

あたりまえのことなんですがなかなかできていない家庭もあります。夫婦なら人数分の食事をまとめて作ることができますから光熱費の節約ができます。ところが離婚をして1人になると光熱費節約の効率が減ったり作るのが面倒になって外食に頼りがちです。

 

徐々に節約に甘えが出始める恐れもあります。こうなると、やがてコンビニやスーパーで買って帰るようになるかもしれません。その点、協力し合うパートナーが身近にいると甘えが出にくくなります。結果として節約のモチベーションが保てたり無理なく続けられるわけです。

キャッシュレス決済にする

政府がキャッシュレス化を推進する現在です。なので、現金払いよりもキャッシュレス決済のほうが何かとお得です。それは割引の適用やポイント還元などいろいろあります。1回あたりの買い物の還元は限定的でも塵も積もれば山となります。

 

このように、夫の低収入でも後悔しないためには見直すべきところはいくつもあります。最初は使い方を覚えるハードルがあるとしても使いこなせれば決済の時間短縮と節約に繋がりますよ。

子供にお下がりも着てもらう

夫が低収入でも後悔しないよう衣類などの被服費は、お下がりを貰ったり古着を着回すのが賢いやりくりとなります。子供は伸び盛りだと直ぐに服のサイズも合わなくなります。見栄をはらず、新品に買い換えるよりもお下がり、もしくは古着で十分です。

 

その分、学校で必要になるお金を残しておき、必要な時に惜しまず出すことができます。時代の流れを読んで損をせず得が上回るお金の使い方をするのも大切なことです。新品はここぞという時に着る為に保管しておくことです。

 

これは、お子さんに限らず親もできる限り必要以外は出費を抑えることができますね。ただし、こちらは子供の意見も尊重して決めてくださいね。友達や周りと極端に違うものだと、それがもとでトラブル恐れもあります。

夫が低収入でも離婚しないほうが良い理由

夫が低収入だとしても離婚しないほうが良い理由もあります。離婚すると世帯収入が減少してしまうので自分に何かあると収入が減ったり途絶えてしまいます。夫の低収入を嘆いたり叩いても非建設的です。

愚痴を言う程度ならともかく、別れようとするのは待ったほうが良いケースもあります。

 

まずはお互いに何ができるのか、良く話し合って賢い節約を始めるのが正解です。ただし給料の安い夫にも節約の協力を受ける必要はあります。冷静に考えてみると離婚することのほうが出費の無駄を増やすこともあります。

これは、生活のハードルが上がることにもなり得ます。仕事をしていて収入があるなら離婚は保留にするのが賢明でしょう。当然ながら、お小遣い以上の浪費癖があるならそれを直してもらいましょう。

 

夫が低収入でも収入を得ているなら離婚はしないほうをおすすめします。何かと1人あたりの負担が減って生活のハードルが低くなります。時に収入の少なさを補える良き関係性の構築に結びつきます。

夫が定収入でも協力し合える関係は思いの外強力です。子供がいる場合は特に、一緒に世話をできるパートナーがいると心強いものです。時間やお金にも余裕が生まれるので、やはり直ぐに離婚を考えるのは早計でしょうね。

無職で何時までも仕事を探さない夫(パートナー)は論外ですよ。ただし、夫が非協力的であれば離婚を考える理由になります。

配偶者控除が受けれる

夫婦なら配偶者控除が受けられるチャンスがあります。これにより離婚せず2人の方が税金を安くできる結果が得られます。別れて1人ずつになると、それぞれに家賃も発生します。

買い物も自分でしなければいけなかったり収入の変化に関する不安が強くなります。

 

しかし、夫婦なら家賃の負担を分け合えますね。また、買い物がまとめて済ませられたり収入の増減が吸収できます。税金の優遇は離婚しないほうが良い理由の1つに過ぎません。その点、低収入であれば他の公的支援が受けられる可能性もあります。

 

単身は何かとお金が多く必要となってきます。なお、税金などの優遇が限られてしまっています。離婚はこれ自体が時間と労力のコストを消費します。上手く話がまとまらなければ、お互いにとって生活が苦しくなるだけです。

結び

夫が低収入でも後悔しないで幸せに暮らす方法はお役に立てたでしょうか?賢く節約するやりくりの紹介についてもご理解いただけると光栄です。夫が低収入でも後悔しない、それには賢く節約することが大事です。

 

これが、給料が安くても幸せに暮らす原動力になります。家賃や食費に水道光熱費と通信費などはいずれにも使い方を見直すポイントが存在します。家賃はより安い住宅に引っ越すことで毎月の固定費の削減に繋がるでしょう。

 

食費は外食を減らし安い食材を仕入れたり自炊の工夫をして家計を支えることができます。嗜好品はついつい欲しくなってしまいますね。子供はおやつを大人も贅沢品を少し我慢するだけでも違います。

 

通信費はWiFiを上手に活用するのもおすすめです。こうして、費用が膨らみがちな高速通信の利用を控えめにするのが得策です。離婚しないほうが良い理由は、生活における様々な無駄が減らせる点が大きいです。

 

家賃も水道光熱費の負担も分け合えます。食費はまとめて作ることで時間や調理の手間が節約できます。共働きなら夫が低収入でも不足を補えます。なお税金の控除や公的支援が受けられます。そういうところを考えても離婚しないほうがお得だと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました