自己啓発のために資格取得を始めるときに必要なことは何か?

 

この目的の決め方や社会人が仕事をしながらでも取得可能なおすすめのものは何?

 

そのためには、誰に何を習えば良いのか、何を取得するべきなのかなども重要になってきますね。

 

今日はこの資格取得で自己啓発するときの目的の決め方などを紹介をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

自己啓発を資格取得で行うメリット

自己啓発は自分の意志で何かの能力を習得したり精神的な成長をするために、訓練をすることです。

 

能力を習得するためには技術や知識を習得することがもとめられ、専門家の話を聞いたり本を読むなどして学ぶことが必要です。

 

 

それでも知識を得るために漫然と本を読んだりセミナーに参加するだけでは、自分が主体的に学ぶという意欲が湧きません。

 

何かの目標を持たずに漠然と知識を得ても、時間とお金の無駄になってしまうことがあります。

 

これに対して、何か具体的な目的があれば自分で主体的に学んだり技術を身に付ける動機となります。

 

自己啓発で能力を習得する場合に何かの資格取得をすれば、目標を定めたり意欲的に知識を習得しやすくなるというメリットがあります。

 

一部の資格は講習会に参加するだけで取得することができますが、大抵の資格は試験を受けて合格しなければ取得することができません。

 

資格試験は実施される日時が決まっているので、具体的なスケジュールを決めやすいという利点があります。

 

 

試験を受けると点数や合否の結果を知ることができるので、具体的な成果が分かるという点も大きなメリットです。

 

日本には多くの民間資格国家資格が存在し、難易度が低いものから高いものまで揃っています。

 

自分の能力や知識(文系または理系)に応じて目標とする資格を選び、合格するために勉強をしたり技術を習得することができます。

 

資格を取得した後は仕事や趣味などに生かすことができ、次の段階にステップアップするための足掛かりにすることが可能です。

 

資格を取得することは自己啓発のひとつの手段で、多くのメリットがあります。

 

目標を設定して勉強を行い、合否という成果の形で結果を得ることができます。

 

 

資格取得に成功した後には得られた知識や肩書を活かして新たな仕事をすることで、更に高いレベルに自己啓発をすることも可能です。

 

資格取得を目指す場合の注意点は、単に試験に合格して資格を取得することだけが最終目的ではないことです。

 

資格を得た後に活用して、実務面や精神面で自分を更に伸ばしていくための手段と考えるべきです。

 

そのためには試験に合格して取得した後のことも考えた上で、目標とする資格を選択することが大切です。

 

最初は新たな知識を学んだり習得することには努力が求められます。

 

この過程で自分に合った効率的な勉強方法や訓練の方法を習得することができます。

 

スポンサーリンク

自己啓発のための資格取得で必要な目的の決め方

自己啓発のために何かの資格取得を目指す場合には、最初にいずれかの資格と目的を決めておくことが必要です。

 

単に何かの資格を取得することではなく、後のことも考えて選ばなければなりません。

 

 

自分が取得しようとする資格を選ぶ段階で、最終的に達成すべき目標を決めておくことが大切です。

 

取得を目指す資格の決め方ですが、まず最初に自分が最終的に何をしたいかをよく考えるようにします。

 

例えば仕事に関する内容であれば現在の職場でキャリアを積んで重要な仕事をすることや、独立して開業をすることが考えられます。

 

非営利活動であればボランティアで誰かを助けるための活動に従事することや、趣味やサークルなどで技術を伸ばす事なども考えられます。

 

目標が決まったら、最終的な目的を達成するために必要な知識や資格の種類を考えて見るようにしましょう。

 

 

資格取得は、目的を達成するための手段のひとつに過ぎません。

 

いずれの場合でも学んだり技術を習得するための意欲を保ち続けるためには、自分の知識や関心がある分野で達成が可能な事を目標にすることがポイントです。

 

目標を高く設定しすぎると途中で挫折してしまったり、時間やお金の無駄になってしまいます。

 

逆に簡単に達成することができるような低い目標だと、資格取得で得られる成果が少なくなります。

 

 

自分が努力をすれば最終的に達成可能な目的を考えて、目指す資格を決めることが大切です。

 

自分が達成可能で、取得するためには努力を必要とするような最終目的と資格の種類を選ぶようにしましょう。

 

ある程度難易度が高めで取得が可能な資格を選択すれば、試験に合格するために知識や技術を習得することも自己啓発の一部となって役立てることができます。

 

自分が最終的に目指す目的と取得すべき資格の種類が決まったら、試験に合格をするために具体的な計画を立てる必要があります。

 

 

試験の日時は決まっているので、それまでの間に細かく目標を決めて勉強を進めることができます。

 

例えば具体的な日にちを設定しておき、それまでに特定の項目や試験科目をマスターするといった方法で達成可能な目標を決めて勉強をします。

 

この過程で効率的な勉強方法や、資格取得後にステップアップをする際の目標を決めるための方法を習得することができるでしょう。

 

自己啓発のための資格取得で社会人におすすめなもの

現在は多くの種類の資格があり、社会人の方でも仕事をしながら勉強をしたり講習会に参加して取得ができるものがあります。

 

社会人の方が自己啓発をする際に場合におすすめの資格・検定試験をいくつかご紹介します。

 

 

20代の方で取得後にすぐに生かすことができる資格は、マイクロオフィススペシャリストです。

 

これは資格取得の過程でExcel・Word・PowerPointのスキルを伸ばすことができるので、高校を卒業して仕事をしている方などにおすすめです。

 

マイクロオフィススペシャリストは民間資格ですが、就職や転職活動をする場合に履歴書に書けば有利になることが多いです。

 

事務系の仕事をしている方でパソコンを使いこなすことができる方であれば下記のようなものもおすすめです。

 

医療事務ファイナンシャルプランナーITパスポート試験販売士試験などを目指すこともできます。

 

これらは事務面で専門的な知識を習得してキャリアアップをするために役立ちますね。

 

 

資格取得の過程で効率的な勉強方法を習得することで、難易度が高い資格に合格するためのスキルを身に付けることができます。

 

30代以降の方であれば、もっと難易度が高くて専門的な知識を身に付けられる資格取得を目指すことができます。

 

美術やデザインに関心を持つ女性の方であれば、インテリア系の資格が人気を集めています。

 

例えばインテリアコーディネーターインテリアプランナーは、自分の美的センスとコミュニケーション能力を必要とします。

 

インテリアデザイナーキッチンスペシャリスト照明コンサルタントカラーコーディネーター/色彩検定マンションリフォームマネジャーなどもおすすめです。

 

 

仕事をしている方であれば、Web系やネットワーク系の資格取得を目指すことも出来ます。

 

趣味を仕事にして独立開業を目指す女性の方であれば、ネイリストとしてネイルサロンを運営する方法があります。

 

ネイルサロンを開業するためには、JNECネイリスト技能検定1・2級JNAジェルネイル技能検定上級ネイルサロン衛生管理士を取得する必要があります。

 

会社などで仕事をしたり、自分で独立して仕事をするのに生かすことができる資格・検定試験が多く存在します。

 

自己啓発で自分に合う方法の見つける方法などは下記のページでも説明してみましたので参考にしてください。

 

このように、自分が達成可能な目標と資格を幅広く選ぶことができます。

 

自己啓発のための資格取得で社会人でも取りやすい国家資格

国家資格を取得すれば、仕事に生かすのに大いに役立ちますね。

 

一般的に国家資格は民間資格と比較して難易度が高いものが多く、時間をかけて勉強をしなければ取得することができません。

 

 

それでも中には社会人で仕事をしながら勉強をして取得ができる資格が存在します。

 

自己啓発のために仕事のスキルやステータスをアップさせるのに役立つ国家資格で、比較的取りやすいものをいくつかご紹介します。

 

多くの方にとって身近な資格といえば、自動車の運転免許がありますね。

 

普通自動車の運転免許は誰でも取得しています。

 

営業車の運転ができる二種免許や中型大型自動車けん引大型特殊などの「プロ免許」を持っている人は多くありません。

 

最近は人手不足でトラックやバスの運転手が不足しているので、プロ免許の資格取得を目指すことはキャリアアップに役立ちます。

 

 

若い方で営業の仕事をしている方であれば、登録販売者もおすすめです。

 

これも独学で勉強ができる国家資格で、すぐに役立てることができます。

 

銀行やノンバンクなどで金融関係のお仕事をしている方であれば、ファイナンシャルプランニング技能士がおすすめです。

 

これは貯蓄計画や相続対策など資産運用についてアドバイスをするのに役立ちます。

 

製造業や運輸関係の仕事に従事している理系の方であれば、「危険物取扱者」があります。

 

危険物取扱者には難易度が低い順に丙種乙種甲種の3段階があります。

 

大学や研究機関で化学物質を扱う仕事に従事している方であれば、甲種危険物取扱者の資格を目指すと良いでしょう。

 

 

甲種危険物取扱者資格の合格率は約30%なので、ほとんどの人は2~3回程度試験を受けて合格しています。

 

工学系または理学系の学士・修士・博士のいずれかの学位を取得している方であれば、衛生工学衛生管理者がおすすめです。

 

これは5日間にわたる講習会に参加して確認テストに合格するだけで、簡単に取得することができる国家資格です。

 

衛生工学衛生管理者の合格率は約9割で難易度が低いのですが、有資格者の人数が不足しているのですぐに仕事に生かすことができます。

 

趣味(旅行)を仕事にしたい方であれば「旅行業務取扱管理者」を取得して旅行関係の仕事に従事したり、自分で旅行会社を独立開業する方法もあります。

結び

自己啓発のための資格取得で必要な目的の決め方についてはお分かりいただけたでしょうか?

 

社会人が仕事をしながらでも取得できるものも、いろいろありましたね。

 

 

また、資格取得をしていけば、目標を設定したり積極的に知識を会得しやすいように変われるというメリットもありました。

 

自己啓発のための資格取得で必要な目的の決め方については、取得を目標にする資格の決め方が重要でしたね。

 

なお、自己啓発を挫折しないで続けるコツというのもありますが、それについては下記のページで書いてみました。

 

 

まずは、あなたが結局のところ何をしたいと思うかをじっくりとイメージすることからしていきます。

 

そして、あなた自身の知識や気になる分野で達成が望める事を目的にするということがコツになります。

 

スポンサーリンク