お歳暮のバイトはきついのかあなた気になりませんか?

 

 

仕事内容時給募集時期なんかも気になるところではないでしょうか。

 

また、作業日数や募集期間はいつからか把握しておかないといけません。

 

お歳暮バイトに興味はあるものの、きついもしくは辛いなどの意見を聞くと迷ってしまいますね。

 

そこで、実際に働いた経験のある方の評判を動画も参考にチェックしてみました。

 

なお、私も学生の頃に経験したことがあるのでその体験談も交えて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

お歳暮のバイトがきつい理由

年末にかけてお歳暮の短期バイトを検討しているが、きついのか不安という方もいるでしょう。

 

 

最初に私の体験から言ってしまうと、きつい大変なところも確かにありました。

 

そもそも年末になると、お世話になった方へお歳暮を贈るという方が多いです。

 

そこで、百貨店(デパート)やスーパーなどでは特集コーナーや催し物(もよおしもの)が開催されます。

 

そしてイベントなどを行って集客を目指す場合には、期間限定でバイトを雇うというケースも多いのです。

 

お歳暮というのは、12月13日~20日までの間にお世話になった方などへ1年のお礼と感謝の気持ちを込めて贈るものです。

 

 

余裕を持って準備したいと思っていても、忙しい時期なので早めに用意できないという方もいるでしょう。

 

そのため早めに準備できない方が贈る時期が近づくと一斉に準備を行います。

 

こうして、百貨店(デパート)スーパーなどのお歳暮の催し物会場では毎年多くの人が訪れています。

 

多くの人が訪れる場所だからこそ、お客様に対応できるようにするためにお店側も短期で人を雇っています。

 

人が集中して訪れる時期の仕事という点がまずきつい理由の一つですね。

 

 

実際に働きたいと考えている場合には、注意しなければならない点は他にも存在しています。

 

その注意点としてあげられるのが、実際に働いた方の中にはきついので次はやりたくないと感じる方もいるという点です。

 

しかし、お歳暮のアルバイトは短い期間で集中して稼ぐことができます。

 

それでも、きついもしくは辛い(つらい)という気持ちが強くて来年以降は働きたくないと感じる方もいます。

 

ただ、お歳暮の仕事と言っても、多くの種類の仕事の選択肢があります。

 

 

内容を把握したうえで自分に合った形で働くことでそれを解消することもできます。

 

相性の良さそうな選択肢を探ることによって、きついと感じるリスクを減らすことにもつながります。

 

その点を理解した上で百貨店(デパート)スーパーなどのお歳暮のバイトをしてみるのも1つの手です。

 

では、きついもしくは辛いと感じる理由には、どのようなものがあげられるのでしょうか。

 

なお、年末になると忙しくなる職業やアルバイトってほかにもあります。

 

お歳暮のアルバイトの他にもまだまだこんなに忙しい仕事やアルバイトもあるんですね。

 

お歳暮のバイトは人が多くてきつい

きつい理由の1つとして、人の多さがあげられます。

 

 

百貨店(デパート)やスーパーの売り場に訪れる人数は、大規模なところだと1日で1000人以上にもなります。

 

多くの人数に対応しているだけで、気疲れしていまうという方もいるのです。

 

お客様が多く訪れている環境であれば、落ち着いて昼休みなどを取る時間がないこともあります。

 

しかし自分が休憩したいという理由だけでは、途中で休みが確保できるとは限りません。

 

一緒に働いている人が泣き言も言わずに接客をしているのに、自分だけさぼるわけにもいかないのです。

 

 

1日中立ちっぱなしで働くと、慣れていない人は筋肉痛などで悩まされることもあるでしょう。

 

この点は、バイト先によってもその仕事内容できつさ、辛さ(つらさ)が異なります。

お歳暮のバイトは接客がきつい

実際に商品の案内を行うのであれば、どのようなものを扱っているのか覚えておくことも大切です。

 

 

接客を行うといっても、お客様が購入した商品を渡すだけの作業とは限りません。

 

百貨店(デパート)やスーパーなどの売り場で働くならお客様に商品の案内などを行う必要も出てきます。

 

扱っているギフトの種類などを把握しておくことで、お客様の要望に合わせたものを案内することが可能です。

 

接客時にスムーズに選ぶ方もいれば、長い時間をかけて決めるという方もいます。

 

中には長い待ち時間が原因でイライラしているというお客様もいるでしょう。

 

 

さまざまなタイプのお客様に長時間対応することで、精神的に辛いと感じる方もいるかもしれません。

 

またきつい理由としてあげられるのは、お客様への対応の部分だけではありません。

 

例えば販売接客の仕事をする場合であれば、休憩時間は立ちっぱなしになるということもあるでしょう。

 

立ちっぱなしだと筋肉痛など辛い思いをする方も多くいます。

 

忙しい時期は一日中接客をするようなこともあるので、気疲れなどをしてしまう方も見られます。

 

毎日シフトに入って接客をしているような場合だと、辛いと感じてしまう方も多くいます。

お歳暮のバイトは体力的にきつい

悪い評判には、体力勝負になるという意見も存在しています。

 

 

商品の補充など、体力勝負になる部分もあるので注意が必要です。

 

品物を運ぶ作業も多い仕事なので、運搬作業で疲れてしまうという方もいます。

 

多くのお客様が来店する職場の場合には、こまめに商品を補充する必要があります。

 

 

売り場と商品の保管場所を何度も往復して品物を運ぶのは、普段から体を動かしていない人にとっては特にきつい作業です。

 

実際に商品の運搬を行うといっても、どのくらいの距離になるのか?

 

この点は、売り場の構造によっても変わってきます。

 

台車などを利用できる場合もありますが、品物を持ったままで階段の上り下りなどの移動があるケースも見られるので注意しましょう。

 

 

そしてお歳暮バイトで注意しなければならない点は、1日だけの仕事ではないという点です。

 

連続して働く方は、疲れを残さないように1日の終わりのお風呂に入ってマッサージをするのも1つの手です。

 

疲れをしっかりと取ることで、無理なく働くことにもつながります。

お歳暮のバイトを理解してなかったのできつい

バイトの仕事内容がどんなものなのか全く理解していない状態だと後悔することもあります。

 

 

こうなると、働いてみてから思っていたのと違ったとなってしまいます。

 

多くの場合は、3日や1週間などの形で数日間の短期バイトというケースになっています。

 

1日だけであれば、多くのお客様に対応した気疲れがあります。

 

立ちっぱなしの作業や荷物の運搬による筋肉痛でも我慢できるかもしれません。

 

ですがきつい、辛い(つらい)作業を何日も続けるのであれば、嫌だと感じてしまう方も多いのです。

 

実際にお歳暮バイトに興味を持っている。

 

このような方は、短期で集中してアルバイトができる一方で忙しい仕事だという点を理解しておきましょう。

 

 

経験者のきつい理由などを理解しておくことで、覚悟して働くことにもつながります。

 

楽だと思って働くよりは、きつい可能性があるという覚悟があれば乗り切りやすくなります。

 

また求人に応募する前に、どのような職場か情報を得ておくのも1つの手です。

 

人気の百貨店(デパート)やスーパーなら、お歳暮の時期の来店者数が多くなるので忙しい仕事の可能性が高いのです。

 

お店の情報や実際に働いた方の意見を参考に、自分が働くか検討することも選択肢の1つです。

 

このように、お歳暮のバイトといっても、さまざまな仕事の種類や内容があることがわかります。

 

スポンサーリンク

お歳暮のバイトの種類や内容

お歳暮のバイトと聞くと、百貨店(デパート)やスーパーなどの販売接客をイメージする方も多くいるかもしれません。

 

 

ですが実際には、販売接客のほかにも仕事は存在しています。

 

実際に百貨店(デパート)やスーパーなどでお歳暮バイトをするのであれば、商品を購入する手続きと配送の手配などを行います。

 

多くの場合、お歳暮は直接手渡すのではなく配送されて相手まで届けられることになります。

 

そのためお歳暮で人手が必要なのは、配送業界も含まれているのです。

 

実際にお歳暮の時期を狙って働きたいと考えているのであれば、仕事の種類や内容と時給を考えていくことも欠かせません。

 

 

仕事の種類や内容などに応じて、辛いと感じるのかという点は人によって変わってきます。

 

さらにモチベーションを保つためにも、どのくらいの時給がもらえるかというのも大切なポイントの1つです。

 

多くの方がお歳暮バイトでイメージする販売接客ですが、人と話すのが苦手という方にとっては辛いと感じやすいものです。

 

そこで人と話すのが苦手という方は、裏方の仕事を探してみるのも1つの手です。

お歳暮のバイトの梱包仕分の内容

接客以外の仕事の候補として、梱包仕分けがあげられます。

 

 

配送されるお歳暮の品物は、梱包仕分けが途中で行われたうえで実際に贈る相手のもとへ届けられることになります。

 

そもそもギフトの品物を梱包するという作業は、人の手で行われるケースが多くなっています。

 

このような時期では、梱包の作業のみで人員を募集しているケースもあるのです。

 

人と話すのが苦手という方は、梱包のみの仕事に注目してみるのも選択肢の1つです。

お歳暮のバイトの配送の内容

一方で宅配業者の場合も荷物を配送する際にある程度の仕分けが必要になります。

 

 

機械で行われる部分もありますが、人の手が必要な部分も存在しています。

 

毎年お歳暮などの荷物が増える時期は仕分けのための人員を募集しています。

 

興味があるなら求人情報が出ていないか探してみるようにしましょう。

 

そして梱包仕分け以外にも、配送業者も荷物を届けるための人員を募集しているケースが多く見られます。

 

実際に配達する人手が不足していたら、大量の荷物を届けることができなくなります。

 

だからこそ短期のバイトを募集していることが多いので、興味がある方は求人情報を調べてみるのも1つの手です。

お歳暮のバイトのコールセンターの内容

また直接人と会うのが苦手という方や、大量の品物を運ぶ力仕事は自分には向いていないという方もいるでしょう。

 

 

そのような場合であれば、コールセンターで働くという選択肢もあげられます。

 

お歳暮のシーズンであれば、関連会社は商品に関する問い合わせの電話が多くなるケースも見られます。

 

多くかかってくる電話に対応するために、コールセンターでもバイトを募集していることがあります。

 

お歳暮のバイトの時給いくら

お金のためとはいっても、やりがいがある働き方ができるかもポイントの1つです。

 

 

やりがいを感じられるようにするためにも、仕事の種類や内容を確認することを忘れないようにしましょう。

 

やりがいは仕事の内容だけではなく、どのくらいの時給がもらえるのかという点も影響します。

 

多少きつい仕事であったとしても、時給が高ければモチベーションを維持しながら働けるという方も多くいます。

 

では実際に働くのであれば、どのくらいの時給が期待できるのでしょうか。

 

同じお歳暮バイトでも、もらえる時給というのは職場に応じて異なります。

 

 

限られた期間で作業を終わらせるために、時給は1000~1200円と高めに設定されています。

 

高めの時給を用意することで、作業を期間内に終わらせるための人材を確保しているのです。

 

あなたがもし、高めの時給が欲しい場合におすすめなのが夜間の作業や毎日の勤務となります。

お歳暮のバイトは夜間の作業ができると時給が高い

例えば梱包仕分けのような作業の中には、夜間の作業になる可能性もあります。

 

 

同じ時間だけ働くとしても、夜間の作業のほうが時給は高くなります。

 

少しでも時給を高くしたいのであれば、連続勤務でボーナスが用意されていないか確認するのも1つの手です。

 

お歳暮の商戦というのは、1週間などの限られた期間内で行われます。

お歳暮のバイトは毎日勤務できると時給が高い

そしてバイトを雇うときに、お歳暮向けの催し物で毎日勤務できる人材のほうが喜ばれる傾向があります。

 

 

1週間連続で働くなら、時給がプラス100円というようなボーナスを用意しているケースも見られます。

 

そのようなボーナスの制度に注目して、少しでも良い条件で働けるようにしましょう。

 

中には実際にバイトを募集するときに、友達同士で応募するとボーナスがもらえるような設定をしていることもあります。

 

多くの人手の確保が必要な時期だからこそ、募集する側も応募者が集まるようにボーナスを用意していることも多いのです。

 

ボーナスの内容に注目しながら、働きやすそうな環境を探っていくこともポイントの1つです。

お歳暮のバイトの募集時期はいつ

期間限定で高時給が期待できるお歳暮のバイトに興味を持っている。

 

 

このとき気になるのが、どのようにして仕事を見つけたらいいのかという点ですね。

 

募集時期がいつか知らないと、ぼやっとしている間に求人が終わってしまうかもしれません。

 

興味を持っているのであれば、早めに準備をして働けるための環境を整えていくようにしましょう。

 

お歳暮は12月の中旬に届くように贈るものですが、11月くらいになると少しずつ購入する方が増えていきます。

 

そのため働く時期としては、11月から12月半ばまでの1ヶ月半くらいです。

 

 

ギリギリに購入する方向けに、12月に入ってからお歳暮の催し物を開催するというケースも見られます。

 

何らかの催し物を行うところだと、1週間の期間限定で人材を募集するということもあります。

 

実際の募集時期はいつからかというと、10月あたりから開始しています。

 

働きたいのは12月だけなので、11月になってから動けばいいと思っている方もいるでしょう。

 

しかし高時給が期待できる職場などは、すぐに募集が終了してしまう可能性もあります。

 

少しでも良い条件で働きたいと考えているのであれば、10月になったら早めに動き始めることが大切です。

お歳暮のバイトの見つけ方

では実際にお歳暮のバイトをしたいのであれば、どのような見つけ方があげられるのでしょうか。

 

 

実際の見つけ方としては、複数の選択肢があげられます。

 

多くの方が利用する方法が、インターネットの求人サイトを利用することです。

 

自分の住んでいる地域などの条件を考慮したうえで検索できるので、多くの方が活用しています。

 

基本的に求人サイトは無料で利用できるので、どのような募集情報があるのかチェックすることも大切です。

 

また自宅近くの百貨店(デパート)などで働きたいという方もいるでしょう。

 

そのような場合であれば、店頭に募集に関するチラシが貼られていないかチェックするのも1つの手です。

 

 

百貨店(デパート)やスーパーなどの場合、店頭や店内の掲示板などに求人情報を掲載しているケースも多いです。

 

そのような情報をチェックすることで、自宅近くの百貨店(デパート)などの募集情報を見つけやすくなります。

 

ほかにも募集情報の見つけ方には、地域のフリーペーパーの利用などの選択肢があげられます。

 

少しでも良い条件で働きたいという方は、求人情報をいろいろ調べてみることです。

 

こうして複数の情報源をチェックして応募する求人を探していくのも選択肢の1つです。

 

ただし条件が良いものは、応募人数も多いので早めに行動することが大切です。

結び

お歳暮のバイトはきついの記事はあなたのお役に立てたでしょうか?

 

 

仕事の種類や内容と時給はいくらで募集時期はいつなのかについてもお分かりいただけたでしょうか。

 

この章では、ここまでの要約を載せていきますね。

 

年末年始のためのお金を稼ぐために、お歳暮のバイトをしようと考える方もいるでしょう。

 

ですが興味を持っていても、きついという理由からためらってしまう方もいるかもしれません。

 

そもそもきつい理由としてあげられるのが、多くの人が同じ時期に買いに来るという点です。

 

 

販売接客の仕事でも、1日で多くのお客様の対応をしなければなりません。

 

またお歳暮のバイトといっても、複数の仕事の種類が存在しています。

 

販売接客だけではなく、配送梱包仕分けさらにはコールセンターなどの選択肢もあります。

 

そこで仕事の種類を把握したうえで、自分に合った働き方を探ることも大切です。

 

自分に合った働き方を探ることで、きついと感じにくくできるかもしれません。

 

 

実際に働きたい場合には、募集時期は10月頃からスタートしています。

 

11月から12月半ばまでの仕事とだからといって呑気にかまえていてはいけません。

 

10月の初めから探さなければ、時給が良い職場の募集はすぐに終わってしまいます。

 

1500円ほどの時給が期待できる職場もあるからこそ、早めに動き始めるようにしましょう。

 

スポンサーリンク