自己啓発を面接や就職、転職のために活用する人は少なくありませんね。

 

 

ただし、せっかく取り組んだとしても成果を上手く活用できなければ台無しです。

 

言い換えると成果を効果的に活かせれば採用してもらえる可能性が高まります。

 

そう言われても、どうすれば活用できるのか分からない人もいるのでわないでしょうか?

 

今日は、この自己啓発を面接での活用の仕方や履歴書の書き方についての例文の具体例も紹介します。

 

スポンサーリンク

 

自己啓発を面接で活用する方法

自己啓発を面接で活用するときのポイントになるのは、面接での印象を良くする点に注目して考えることです。

 

そのための方法は、具体的に明示する方法と暗に示す方法の2つに分かれます。

 

面接

 

後者は高度なテクニックが必要になります。

 

経験の浅い面接官であれば気付いてもらえない可能性もあります。

 

そのため安全性を重視するなら、前者を選択しておくのが賢い選択です。

 

企業が求める要素はさまざまです。

 

ですが、そのなかには定番になっているものも多くあります。

 

たとえば協調性があることは、たいていの企業が重視する要素です。

 

 

また主体性がある人物を採用したいと考えている企業も多く見受けられます。

 

その他にも、向上心を持って長く働く意志がある人も重宝されやすいです。

 

そのような定番の要素を自己啓発によって磨いておくと面接で活用しやすくなります。

 

ほとんどの面接では自己PRの時間をもらえるのです。

 

そこで前述の要素を伸ばすためのと取り組みをしていることをアピールしましょう。

 

ただし、いくら採用されたいといっても嘘を言うのは良くありません。

 

本当に取り組んでいることが重要です。

 

嘘の場合は百戦錬磨の面接官には見破られてしまいます。

 

少なくとも3カ月前には実際に取り組み始めて実績を作っておくのが望ましいです。

 

実績があれば自信を持って堂々と答えられます。

 

落ち着きのある人物という評価も得られるでしょう。

 

 

つまり重要なのは企業研究や業界研究をして求められている人物像を明確にしておくことです。

 

企業は新入社員に対して自己啓発を促すケースが多くあります。

 

それは理想の社員になってもらいたいからに他なりません。

 

しかし自己啓発のためのサポートは、企業にとってお金と時間のかかる投資という位置づけです。

 

それを逆手にとって、入社前に自己啓発を済ませておくのです。

 

そうすれば企業はお金と時間をかけなくて済むため、魅力的な人材だと感じてもらいやすくなります。

 

スポンサーリンク

自己啓発を面接で活用するための印象の良い履歴書欄の書き方

面接が重要と考えるあまり、履歴書の書き方が疎かになってしまう人もいます。

 

実は履歴書の内容は面接に密接に関係しているので、しっかりと書くことが非常に重要です。

 

履歴書

 

一般的に面接官は、応募者の履歴書に目を通しています。

 

まったく事前情報のない状態で行うわけではないです。

 

履歴書の内容にもとづいて質問してくるということです。

 

そのため聞いてもらいたいことを書いておく必要があります。

 

面接の時間は長くても一人あたり30分程度しかないのが一般的です。

 

読めば分かる内容をわざわざ聞きなおして時間を浪費している暇はないのです。

 

したがって先述のように話したい内容ではないです。

 

このため、質問してもらいたい内容を書いておきましょう。

 

言い換えると質問を誘発する書き方をしておくということです。

 

ドラマやアニメの次回予告をイメージすると分かりやすいです。

 

肝心なところは隠しておいて、気になる終わり方をしているでしょう。

 

 

履歴書欄も予告と同じと考えると良いです。

 

つまり全てを書いてしまわないことです。

 

もっと詳しく知るために質問してみたいと感じさせる書き方をします。

 

ぼかしすぎると意味が分からないのです。

 

そのため、さじ加減が難しいと感じることもあるでしょう。

 

そこでおすすめなのは、具体的な話を聞きたくなるように書いておくことです。

 

自己啓発に取り組んでいることをアピールしつつ、

 

 

具体的な方法を成果や動機を知りたいと感じさせましょう。

 

印象良いことを優先するあまり、美辞麗句(びじれいく)を並べる必要はありません。

 

むしろ失敗した経験談を書くのも良い方法のひとつです。

 

企業に入社して仕事を始めると、誰でも失敗することがあります。

 

仕事ができるベテラン社員であっても、最初から何でも上手くできたわけではないです。

 

 

企業が高く評価するのは、失敗した後に自分で反省して改善していける人材です。

 

つまり自己啓発を始めたきっかけは、何かに失敗したことであっても問題ないということです。

 

大切なのは改善に向けて頑張っていることが分かるように書くことです。

 

自己啓発を面接で活用するための印象の良い履歴書欄の例文

自己啓発に関する質問を誘発するように書きたい。

 

しかし、なぜか上手く書けないという人は少なくありません。

 

その場合は欲張りすぎていないかチェックしましょうね。

 

 

履歴書欄は決して広いスペースではなく、書ける文字数はそれほど多くないのが実情です。

 

いろいろ質問してもらいたくても、内容をできるだけ一つに絞って書く必要があります。

 

字を小さくして複数の内容を書くことも可能ですが、多いからといって印象良いとは限りません。

 

むしろ何をアピールしたいのか分かりにくくなるかもしれません。

 

上記の注意点を考慮した例文としてのポイントとなる具体例は以下のようなものが考えられます。

 

・アルバイトしているときに自分のミスで仲間たちに迷惑をかけてしまいました。

 

・器用だと自覚していたので、一人で複数の仕事を進めようとして失敗したのです。

 

・当時の自分は自信過剰であり、認識に大きな誤りがありました。

 

・その失敗を通じて気付いたのは仲間と協力することの大切さです。

 

・一人でできることには限界があることを実感し、それ以降は他人と効率的に連携するための方法を学んでいます。

 

・アルバイト先ではそれを実践することで売り上げがアップしました。

 

・これから社会人として働いていくうえでも役に立つという自信があります。

 

上記の例文はいろいろな要素が散りばめられているのが分かるでしょう。

 

まずアルバイトでミスをしたことが冒頭で書かれています。

 

 

先述のように企業は失敗から立ち直ることを重視することが多いです。

 

そのため失敗を冒頭に持ってくることで興味を引きやすくなります。

 

次に書かれているのは、仲間との協力が大切であることです。

 

企業では協調性が欠かせないため、これもプラスの評価につながります。

 

 

さらに大事なのは、売上のアップという形で実際に成果が出ていることです。

 

多くの企業が成果主義を取り入れているため高評価を得られる可能性があります。

 

そして締めの部分に、自信について記載されていることもポイントです。

 

新入社員に自信を付けさせるのも新人研修の重要な目的だからです。

 

すでに自信を持っていることに好感を持ってもらえる場合があります。

 

履歴書欄でこれだけの前振りをしておけば面接では具体的な話を聞くための質問が来るでしょう。

 

自己啓発について面接で質問されたときの回答例

面接において、自己啓発に関して質問されるパターンはさまざまです。

 

履歴書に書いた内容から、どのような質問をされるのかを予想して対策を考えておきましょう。

 

 

的外れな回答をするのは問題外ですが、整合性がとれていない答えを述べるのも良くありません。

 

たとえば履歴書には大胆さを習得する取り組みについて書いたのに、面接で繊細さをアピールすると印象が固まりません。

 

必ず履歴書に記載した内容と整合性の取れた回答をしましょう。

 

たとえば上記の文例について、具体的な取り組みを教えてほしいと質問された場合の回答例は以下になります。

 

・自治体がボランティアを募集していたので応募しました。

 

・災害の被害があった地域の復興を手伝うのが主な目的です。

 

・災害の前では、一人でできることは微々たるものでしかありません。

 

・必然的に他のボランティアスタッフと協力することになります。

 

・はじめて会う人ばかりでとても緊張したことを覚えています。

 

・しかし被災者を助けたいという気持ちは同じだったので、共通の目的に向かってすぐに協力できるようになりました。

 

・失敗したときはフォローしてくれましたし、逆に自分がその役目を果たすことも多かったです。

 

・そのようにチームとして活動することで、予想より2日も早く作業を完了させられました。

 

・とても大きな充実感があり、それ以降ボランティアの募集があれば積極的に参加するようにしています。

 

上記の回答例を聞くと、多くの面接官は応募者に対して好印象を抱くでしょう。

 

 

ポイントになるのは、取り組みの内容が社会的に賞賛されるべき内容であることです。

 

災害に関するボランティア活動に取り組んでいる企業は少なくありません。

 

そのような活動を個人のレベルで行っていることを聞いて心証が良くなる面接官は多いと考えられます。

 

文例と同様に、具体的な成果が述べられていることも大切なポイントです。

 

 

企業では仕事の効率化が重視されているので、2日も削減できたというのは評価に値します。

 

わざわざアピールしているため、作業の効率アップの重要性を認識していることも分かってもらえるでしょう。

 

このように、回答を考えるときは面接官の立場になって印象をイメージしてみることが大事です。

結び

自己啓発を面接で活用する方法についての記事はどうでしたか?

 

自己啓発を面接で活用するときのカギになってくるのは、面接においての印象を良くすることでしたね。

 

企業が求める要素は、協調性・向上心・主体性がある人物を採用したいと考えている企業も多いです。

 

 

このように企業研究や業界研究をして、必要とされる人物像をはっきりしておくことです。

 

また、履歴書ですが内容は面接に密接に影響しているものです。

 

このため、きちんと書き込むというのが思っている以上に重要となりましたね。

 

なお、自分自身の話したい内容を書くのとは違うので気をつけましょう。

 

それとは逆に一番話したい点はあえて書かないということも重要です。

 

印象の良い履歴書欄は、内容をできる限り一つに的を絞って書くことが大切です。

 

また、面接で質問されたときに回答するには、

 

どういった質問を受けるのかについて予想して対策を考えておいた方が良いでしょう。

 

不適切な回答をおこなうのは問題外でしょう。

 

しかし、整合性がとれていない回答を伝えるというのもやめた方が賢明です。

 

自己啓発の正しい使い方や目標の設定の仕方については下記のページで詳しく紹介してみました。

 

 

回答を想定する際は面接官の立場となって状況を感じてみることも大切です。

 

スポンサーリンク