ギグワーカーのギグとは、どのような意味なのかご存知でしょうか?

 

ギグワーカーとは、インターネットで仕事を請ける近年注目を集めている働き方の1つですね。

 

本業だけでなく副業としても新たな潮流になりつつあります。

 

ここでは、今注目のギグワーカーとは何のことなのかや具体的にどのような仕事なのか?

 

また、フリーランスとの違いや仕事の種類と働き方などについても詳しく解説していきますね。

スポンサーリンク

 

ギグワーカーのギグとは?

 

ギグワーカーのギグとは元々音楽用語として用いられる言葉です。

 

大きな会場を使用しない小規模なセッションや、クラブのような場所で一度のみ演奏することをいいます。

 

いわゆるスラングの一種で、主に音楽分野で広まったり定着した言葉となります。

 

ギグワーカーのギグはそこから転じて、単発の仕事を受けたり、独立してフリーランスで働く人を指す言葉になっています。

 

企業に所属するのとは違い、フットワークの軽さと自由度を活かして、顧客からの依頼を受ける人達のことです。

 

新しい働き方なので、明確にイメージするのは難しいかもしれませんが、近年はプロフェッショナル性の高い人材が企業の間で評価され始めた傾向です。

 

つまり、企業は面接を行い雇用しなくても、優れた能力を持つ人材に仕事を任せられる可能性が高まっています。

 

対するワーカーの方も、就職や雇用に縛られることなく、より柔軟かつ自由に働けるようになってきたわけです。

 

その一形態がまさにギグワーカーで、ギグとは単発の案件だったり短期の仕事をする人を表したものです。

 

単発や短期というと、日雇いや職を転々とする印象があります。

 

ですが、いずれも企業に買われる実力や経験がなければ難しい仕事です。

 

確かに不安定な働き方ですが、終身雇用制度が崩壊したり転職を含めたキャリアアップが当たり前の時代においては、このような働き方をする人が増えてもおかしくないです。

 

海外では割と普及している働き方で、例えばアメリカだと過去にギグワーカーの収入が150兆円以上の規模を記録しています。

 

欧米諸国を中心に人気が高まっている働き方です。

 

日本では輸入される形で、遅れて後から注目が集まったり従事する人が増えてきました。

 

単発や短期の仕事で稼ぐのがギグワーカーなので、小さな仕事でも受けられるフットワークや、即戦力になる実力が求められます。

 

働き方が自由とはいっても、実力や経験と信用が物を言いますから、誰でも簡単というわけにはいかないでしょう。




初めて挑戦する人にとってハードルは低いと思いがちですが、安定して仕事を続けるのは難しいと考えられます。

 

いずれにしても、ギグとは音楽用語に由来する言葉で、単発あるいは短期の演奏を意味します。

 

すきま時間を活かせる働き方ということもあって、本業よりも副業で始める人が多いです。

 

副業で経験を積んで人脈を広げたり、名刺代わりになる経歴や実績ができてから、本格的に本業にするといった感じです。

 

勿論、いきなり1本に絞り本業にする人もいますが、そういう人の割合は少なく珍しいです。

 

無事に就職して企業の一員として仕事に従事しても、将来の安定が約束される時代ではなくなっています。

 

公務員は例外ですが、それでも以前ほどの安定のイメージはなく、投資などに挑戦し始める人は少なくないです。

 

副業が禁止される職業だと、ギグワーキングで副収入を得るのは難しいです。

 

しかし副業を解禁する企業は増えているので、今後ギグワーカー人口は増えると予想されます。

スポンサーリンク

ギグワーカーとフリーランスとの違い

 

ギグワーカーとフリーランスは、一見すると似たようなイメージですが、実は違いがあります。

 

ギグワーカーは単発の仕事、短期間の仕事を受けて従事する意味ではフリーランスと共通します。

 

大きな違いとしては、仕事を案件単位で請け負うのではなく、その一部分を受けて仕事をする点が挙げられます。

 

すきま時間を使って、その中でできる仕事をする働き方ですから、より自由度が高くフレキシブルです。

 

まるまる仕事が1つ任され、それを完遂させる働き方ではないので、本当にごく短時間でも働けるスタイルです。

 

少しずつ時間を切り売りして、好きな時に好きな分だけ働ける感覚です。

 

従来のフリーランスは、仕事を案件単位で請け負うケースが殆どで、単発の仕事でも拘束される時間が長かったといえます。

 

1回の仕事時間が長くなると、他の仕事を受けるのが難しくなりますし、並行して取り組むにも限界があります。

 

しかし、ギグワーカーは1つの仕事の時間が短いので、僅かな時間を有効活用して稼いだり、複数の仕事を少しずつこなせたりします。


そこが両者の間にある明確な違いで、新しい働き方として注目を集めている理由です。

 

自由度の高い働き方といえばアルバイト、フリーターが主流でした。

 

ですが、1日あたりの仕事時間が抑えられるとはいえ、一定時間は拘束されることになります。

 

シフトを調整して労働時間を減らしたり、代わりを立てて休むことはできます。

 

しかし、雇用主や職場環境次第の部分が大きく、あまり融通がきかなかったりします。

 

ギグワーカーの前身、もしくは先祖ともいえるフリーランスは、雇用に縛られる状況から解放される働き方です。

 

フリーランスは自ら仕事を探したり、顧客に売り込んで仕事のチャンスを掴む必要があります。

 

実力主義が強まった傾向ではありますが、経験を積み能力を磨いて次に繋げるのが得意な人にとっては、こういう自由な働き方の方が気が楽です。

 

ギグワーキングは、更に一歩踏み込み仕事をもっと小さい単位に分解してすきま時間を活かせるようにした、次世代のワークスタイルです。

 

インターネットを主戦場として、パソコンやスマホを片手に小規模の仕事を受けて貢献する、これがギグワーカーのイメージです。

スポンサーリンク

 

納期の期限は決められるとしても、何時どこで仕事をしなければいけないという条件は特に定められないのが、このスタイルの仕事です。

 

部分的な作業をできる時にやる感じなので、好きな時に始めやすく、辞めたくなれば契約を終了して他の仕事を探すこともできます。

ギグワーカーの仕事の種類

 

ギグワーカーの仕事は大きく分けて、身体を使って足で稼ぐ方法と、頭脳労働をする種類があります。

 

日本でも定着しつつあるUberEATS(ウーバーイーツ)は、商品の宅配を希望する顧客と、その希望に応えられるワーカーをマッチングするサービスです。

 

宅配の依頼者の近くにいる人がマッチングされ次第、商品の回収と配達を行う仕事なので、1回あたりの労働時間が短い上に気が楽です。

 

服装の自由度は高く、休みたい時は自由に休めるので、シフトに縛られるアルバイトとは比べ物にならないでしょう。

 

自由とはいっても、顧客の印象を悪くすると悪い評価をつけられます。

 

今後の働くチャンスを損ないかねないので、一般常識やTPOはわきまえるのは基本です。

 

マッチングを提供して物流業界を支えるプラットフォームは増えているので、今後は種類が増加して選択肢はより充実するでしょう。

 

マッチングで仕事が探せるプラットフォームは、クリエイター向けのオンラインマッチングサービスや、スタイリスト向け、ミュージシャン向けとったものが増えています。

 

日本では、建設業界と職人をマッチングするプラットフォームが登場しているので、大工もギグワーカーとして働く時代だといえるでしょう。

 

現場に出向き、身体を使って働く種類のギグワーカーは、まだまだ時間に縛られる部分があって少なからず拘束されます。

 

ところが、オンラインで仕事が完結するものだと、働く時間は自由で場所も拘束されずに済みます。

 

クリエイティブな職業にこそ、ギグワーカーという働き方は相性が良いですから、プログラマーを中心に広まっている形です。

 

また、オンラインで作品を公開したり、直ぐにやり取りできるSNSでは、イラストレーターもまたギグワーカーが増えている傾向です。

 

作品単位で請け負う場合はフリーランスですが、大きなプロジェクトの一員として参加するケースでは、ギグワーキングの働き方となります。

 

オフィスに出向いて作業をする必要がなく、納期の期限までに仕上げて収めれば良いので、自由度が高い理想的な働き方の職業です。

 

結果重視で過程はあまり問われないので、ワーカーの側はクラウド的な印象を与えます。

 

日本は後発でこれから普及、進化する可能性を秘めています。

 

将来的にギグワーキングが導入される職業が増えたり、選べる種類が増加していくものと思われます。

 

求人がインターネットで探せるのはもはや当たり前の時代ですね。

 

契約を結び依頼をこなして納品に至るまで、全てオンラインで完結することも珍しくないほどです。

 

映像編集やウェブデザインといった、インターネットと相性の良い種類であれば、何から何まで終始オンラインだけで仕事ができるでしょう。

スポンサードリンク

ギグワーカーの働き方

 

ギグワーカーは、本業に取り組みながらすきま時間を副業に活かしたり、働きたい時にだけ仕事をする働き方が選べます。

 

1日数時間だけ働くこともできますし、仕事をする気分でないなら断りを入れずに休むことも可能です。

 

浮いた時間は遊んだり趣味に没頭するなど、自由に過ごすことができるのが魅力的です。

 

キャリアアップを目指す為に、一時的に仕事と資格の勉強を両立するのも、ギグワーカーの働き方の1つでしょう。

 

アルバイトだと時間的に拘束されてしまいますが、単発の小規模な仕事をするスタイルなら、資格勉強の時間を確保しつつ収入も得られます。

 

子供が生まれて育児に従事する人は、会社に勤めていても休暇を取って休む必要があったり、一定期間収入が減少することになります。

 

育児に専念できるのは良いとしても、収入が減ってしまうのは困りますし、かといって働きに出るのも難しいです。

 

その点、ギグワーカーだと自宅にいながらでも仕事ができますし、子供の様子を見守りながら短時間で仕事がこなせます。

 

収入が減少するのは仕方がないとしても、育児休暇で大幅に減るよりは、心理的にもかなり気持ちが楽になるでしょう。

 

仕事をしながら育児を両立できるのも、ギグワーカーならではのメリットです。

 

両立といえば、高齢の家族の介護をしながら働き続けられるのも強みです。

 

介護の難易度は程度によりますが、要介護度の高い人だと、1日の大半をつきっきりでお世話をすることが必要です。

 

これでは働きに出ることは不可能ですし、短時間のアルバイトすら難しいでしょう。

 

仕事を辞めて介護に専念するにしても、失業保険の給付が終われば貯蓄を取り崩したり、身の回りのものを処分して生活費を工面することになります。

 

それも何時までも続けられるわけではありませんから、持続する収入源を確保する必要性が出てきます。

 

ギグワーカーなら自宅でできる仕事も多いですし、育児と同様に非介護者を見守りつつ、働いて収入が得られます。

 

単発仕事を受ける働き方なので、安定性については他の働き方に譲りますが、時間の使い方が柔軟に行えるようになるのは強力です。

 

時間に余裕がなければ簡単な仕事を選べば良いです。

 

時間ができて集中的に稼げそうであれば、複数の仕事を受けることもできます。

 

人々がまだ眠っている時間に仕事をしたり、急な仕事にスピーディーな対応で期待に応える働き方もあります。

 

1人暮らしでギグワーキングをするなら、アルバイトの形で仕事をしなくても良いので気が楽ですし、アルバイトと並行して取り組むのも自由です。

ギグワーカーのギグとは?フリーランスとの違いや仕事の種類と働き方!のまとめ





ギグワーカーのギグとは音楽用語が由来で、単発や時間の短い仕事を指す言葉です。

 

フリーランスとの違いは仕事の受け方が主です。

 

1つの仕事を請け負うフリーランスに対し、ギグワーカーは仕事を細分化した一部分を受ける点が異なります。

 

仕事の種類は足を使う宅配や物流、美容業界や音楽業界、現場に出向いて作業を行う大工などがあります。

 

一方では、オンラインで完結するプログラミングやイラスト、映像編集にウェブデザインなどの仕事の種類も存在します。

 

むしろオンライン完結型の仕事と相性が良いです。

 

そのため、クリエイティブな分野でギグワーキングは普及していくものと考えられるでしょう。

 

働き方は本当に自由で、短時間で済む単発の仕事を好きなだけ受けたり、働く時間を決めずに好きな時に受けることもできます。

 

資格勉強や育児、介護をしながらの働き方に最適ですから、柔軟に働ける魅力が注目や人気を集めています。