ショウリョウバッタの卵が孵化する時期はいつ!生息地別に時間と場所はどこ?

ショウリョウバッタが孵化する時期昆虫

ショウリョウバッタの卵が孵化する時期はいつ

 

ショウリョウバッタの卵が孵化する時期はいつかといえば一般的に5月から7月となります。

 

このように時期的には、梅雨時期および梅雨明け頃といわれています。

 

北海道・本州・四国・九州、そして南西所得など幅広い分布を持つ昆虫です。

 

ショウリョウバッタの雌

 

ショウリョウバッタの成虫は7月頃から10月頃までといわれています。

 

生息地別で見ると北海道・本州・四国・九州などそれぞれの地域により違います。

 

このように卵が孵化する時期や成虫を見ることができる期間には若干の違いがあります。

 

生息地別でいつ頃にショウリョウバッタの卵は孵化するのか?

 

これは昆虫採集をする少年や少女にとって非常に気になる部分ではないでしょうか。

 

ショウリョウバッタの子供

 

ちなみに、ショウリョウバッタは日本だけに生息する昆虫ではないです。

 

ユーラシア大陸の熱帯地方から温帯地方など幅広い分布を持つ昆虫となります。

 

なお、ショウリョウバッタは卵が孵化した後は脱皮を繰り返して成長していきます。

 

ショウリョウバッタの脱皮や成虫の大きさについては下記の記事で詳しく紹介しています。

 

 

 

 

現代では北海道でも分布されています。

 

しかし、これは20世紀の後半頃からといわれています。

 

それ以前は、北海道にショウリョウバッタは生息していない昆虫でした。

 

孵化する時期と梅雨の関係

 

ショウリョウバッタの卵が孵化する時期は生息地別に梅雨の気候との関係があります。

 

日本の中で最も早く梅雨を迎える沖縄県や南西諸島などです。

 

この地域ではゴールデンウィークが終わり1週間から10日ほどで梅雨入りを迎えます。

 

ショウリョウバッタの赤ちゃん

 

なので、日本の中でも最も早い時期にショウリョウバッタの卵が孵化することになります。

 

目安としては5月の初旬から中旬頃にかけて卵が孵化し始めます。

 

本州は九州から四国中国地方などのように順番に梅雨入りします。

 

ショウリョウバッタの孵化する時期と梅雨の関係

 

5月の終わりから6月の中旬頃が卵が孵化する時期の目安と考えると良いでしょう。

 

関東から東北、そして北海道などそれぞれの地域で梅雨入りのタイミングが変わります。

 

ですが、6月の半ば頃から7月の初旬頃がそれぞれの生息別における孵化のタイミングです。

 

孵化する時期はイネ科の植物が成長をする時期

 

梅雨のときは、イネ科の植物が成長をする時期でもあります。

 

ショウリョウバッタはイネ科の植物を好んで餌にする昆虫です。

 

このような時期に卵から孵化するなどのメカニズムがあるのではないでしょうか。

 

 

それと、ショウリョウバッタが卵から孵化するタイミングは梅雨との関係性が非常に強いです。

 

生息地別で見ると5月から7月の梅雨明けにかけてが多いです。

 

それぞれの地域の梅雨を把握することで卵が孵化するのがいつ頃なのかわかります。

 

ショウリョウバッタの卵が孵化する場所はどこ

 

ショウリョウバッタの卵が孵化する場所を知るには、親の生息地を知ることです。

 

ショウリョウバッタは全国各地に分布している昆虫の一種です。

 

生息地も、都市部の公園や芝生、河川敷など様々な場所に広く分布しています。

 

 

イネ科の植物を餌にするなどからも背丈が低いイネ科の植物が生えている場所を好みます。

 

その中でも明るい草原に生息しているのが特徴です。

 

11月頃になるとメスはイネ科の植物や双子葉植物が多い田園や草原の土の中に卵を産み付けます。

 

そして、ショウリョウバッタは生涯の幕を閉じることになります。

 

 

晩秋までの間にそれが行われます。

 

産み付ける場所は、卵が孵化してからすぐに餌を捕獲できるようなところです。

 

このためイネ科の雑草が群生しているようなところとなる理由もあるようです。

 

ショウリョウバッタのメスが卵を産む場所は草が生い茂るような土の中などとなるわけです。

 

つまり、ショウリョウバッタの卵が孵化する場所も卵を産む場所ということになります。

ショウリョウバッタの卵の大きさはどれくらい

 

ショウリョウバッタの卵の大きさがどれくらいかといえば実体その物だけだと2~3mm前後です。

 

ショウリョウバッタの卵の大きさはどれくらい

 

この大きさは卵を守る卵鞘(外側のカバーの様な物)込みか否かで変わります。

 

形は少し細長い成りをしていて、色は茶色です。

 

外殻がある事もあって卵は越冬可能な生命力を持っています。

ショウリョウバッタが卵を産む数は数はどのくらい

 

ショウリョウバッタが、どのくらいの数の卵を産むか?

 

実は詳しい事は未だ分かっていません。

 

ショウリョウバッタはカマキリ等の様に見えやすい場所に分かりやすく卵を産まないためです。

 

カマキリの卵については下記の記事で詳しく解説しています。

 

 

トノサマバッタが50~100個で、オンブバッタが40~50個程度と言われています。

 

恐らく数十個から100個未満というのが一般的な見方となります。

 

ただし、バッタ種は基本的に生命力が強いです。

 

 

繁殖時期になるとオスを変えてメスは10回以上産卵する事等も珍しくありません。

 

それを基盤に考えるなら産卵期が終わるまで数百以上産むという事も当然あり得ます。

 

裏付けとしては、お米の刈入れ時の大量発生の事等を考えておくと齟齬が無いです。

 

現場を目撃出来たとすれば結構レアケースとも言えます

 

まとめ

 

ショウリョウバッタの卵が孵化する時期は梅雨に入った頃から梅雨明けの季節です。

 

生息地別で見ると沖縄などでは梅雨に入るのが早いため5月頃となります。

 

本州は6月頃、北海道などでは7月頃といわれています。

 

 

卵が孵化するのはいつなのか、時間と場所はどこになるのか?

 

早朝などの時間帯で土の中からショウリョウバッタの赤ちゃんが出て来ます。

 

ショウリョウバッタの雌は産まれて子供が直ぐに外敵に襲われないようような産卵場所を選びます。

 

 

 

 

そのため、草が生い茂るような場所に卵を産んでいます。

 

植物の中でも餌になるイネ科の雑草があるような場所を好みます。

 

ちなみに、ショウリョウバッタの親は卵を産むと孵化するのを見ることなく生涯の幕を閉じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました