ショウリョウバッタが茶色くなる理由をお分かりでしょうか?

 

また、緑色との違いや生息数なども気になるところですね。

 

ショウリョウバッタは、日本に分布するバッタの中では最大種となります。

 

斜め上には尖った頭部があり、別名をショウジョウバッタとも呼ばれます。

 

このバッタの個体は周囲環境に擬態した緑色が多いのですが、茶色だけの個体を見ることもあります。

 

さらに、2色が混ざった個体も見つかることもあります。

 

このようにショウリョウバッタには、気になることがたくさんあります。

 

ここでは、ショウリョウバッタが茶色くなる理由や緑色との違いには何があるのか。

 

茶色の個体の生息数など緑色と茶色の個体の比較を行うと意外なことがわかるかもしれません。

スポンサーリンク

 

ショウリョウバッタが茶色くなる理由

 

バッタには緑色と茶色、両者の色が混ざっているものなどを見かけますね。

 

なぜ個体の色が違うものがいるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

ショウリョウバッタは同じ種類でも、周りの環境により体の色や形、行動や性格などが変わるといいます。

 

仮に、周りに仲間がいる場合にはバッタは緑色になる事が多いです。

 

ですが、大発生して仲間が多数いるときには黒っぽい茶色になるようです。

 

緑色から茶色に変化するのはいつ頃なるのか、これは生態を知ることである程度予測ができます。

 

ショウリョウバッタは孤独相と群生相の2つにわけることができるといわれています。

 

 

茶色くなるのは、仲間が大勢周囲にいると個体が茶色になる性質が理由になっています。

 

元の体の色は緑色であり仲間が大勢集まると同時に少しずつ変化しながら茶色に変化するのではないかといわれています。

 

2色が混ざっているものは時間とともに全身が緑から茶色に変化するのが特徴です。

 

 

昆虫採集をしていると、緑色の個体が見つかったときには周りには同じ種類のバッタが少ないです。

 

逆に茶色だけの個体のものや緑色から茶色に変化する途中のバッタが見つかることもあります。

 

この場合、その周囲には他にも多数の個体がいる可能性が高いわけです。

スポンサーリンク

ショウリョウバッタの茶色と緑色との違い

 

ショウリョウバッタは、生まれたときの環境で性格が変わる昆虫です。

 

緑のままのものや身体の全てが茶色になる・ならないといった個体も存在しています。

 

緑色の個体の孤独相と茶色になっている個体、茶色だけの個体の群生相がいます。

 

そしてさらに、茶色と緑色が混ざっている転移相という3つにわけることができます。

 

自らが生まれたときにどれだけ仲間がいるのかで茶色と緑色のいずれかが決まって来ます。

 

ショウリョウバッタには、このような特殊な生態があるわけです。

ショウリョウバッタの群生相の色と特徴

 

群生相は大食いで飛んで遠くまで移動します。

 

仲間と集まり行動するなどの特徴があり個体色ですが正確には黒っぽい茶色(褐色)に変化するのが特徴です。

 

群生相の性格は荒々しく攻撃的です。

 

個体のサイズが小さい理由は遠くまで飛ぶため体が小さいといわれています。

 

群生相は周りに仲間がいることを好む個体、人間社会と同じく集団の中では攻撃的になりがちです。

 

こうして荒々しい性格を持つのが茶色の個体の群生相です。

 

卵を産んだときに成虫の周りに仲間がいれば群生相に変化することもあります。

 

茶色と緑色の違いは、孤独相と群生相それぞれの性格や個体の大きさなどがあります。

ショウリョウバッタの孤独相の色と特徴

 

ショウリョウバッタは、幼虫のときに周りに仲間がいないと孤独相の性質を持つようになります。

 

孤独相のバッタが卵を産んだとき、餌となる草原が増えるとバッタの数が増えることになります。

 

しかし、山火事や干ばつなどのような自然災害により草原が縮小されるとバッタが住める環境ではなくなります。

 

そのため、死滅してしまうショウリョウバッタも多く出て来ます。

 

ショウリョウバッタの孤独相は体の色が緑色をしているのが特徴です。

 

おとなしくて用心深い性格を持ちます。

 

 

孤独を好むわけですから、周りから攻撃されないように用心深くなります。

 

また、マイペースで移動をするなどからも体は比較的大きめ、飛び跳ねながら1匹で行動するのが孤独相の性質です。

 

孤独相は飛び跳ねて移動し、1匹だけ生活するなどの行動を持ちます。

 

おとなしいけれども用心深い性格を持ち、個体は群生相と比べると大きめです。

 

仲間がいないときには孤独相となり生涯を終えるなどの生態があるなど、生まれたときの環境で性格が変わる昆虫です。

ショウリョウバッタの転移相の色と特徴

 

さらに、バッタの糞の中にはフェロモンや個体同士がぶつかり合う刺激により転移相に体は変化します。

 

ちなみに、群生相と孤独相との中間ともいえる転移相は、両者の性格を持つショウリョウバッタといえます。

 

転移相の個体も周りに仲間がいない状態で卵を産んだときには、孤独相のバッタが誕生することもあります。

 

自然の力の一つでもある風によりバッタが飛ばされて1か所に集まってしまうこともあります。

 

この段階で周りに仲間がどれだけいるのかで、孤独相もしくは転移相の分岐点になるわけです。

 

スポンサーリンク

 

このようにショウリョウバッタは環境により変わることがわかるのではないでしょうか。

 

周りに仲間がいなくなるシーンには、移動の際にはぐれてしまったケースがあります。

 

また、餌が少なくなって天敵に食べられてしまうなど全体的な数が減るなどが挙げられます。

 

逆に幼虫のときに周りに仲間がたくさんいると転移相の性質を持つようになるといいます。

 

なお、転移相の世代は何度か繰り返して行く間に群生相に変化するともいわれています。

スポンサードリンク

ショウリョウバッタの茶色と緑色の生息地や生息数の比較

 

ショウリョウバッタは、ユーラシア大陸の熱帯地方から温帯地方に広く分布しています。

 

日本の中でも南は沖縄県から北は北海道まで広く分布している昆虫です。

 

北海道においては20世紀後半頃から見られるようになりました。

 

それ以前は北海道では見ることがなかったなどといわれています。

 

これも地球の温暖化などが影響している可能性は決してゼロとはいい切れません。

 

茶色と緑色の生息数の割合は、生態を比較することである程度の把握はできるわけです。

 

生息数が多いのは茶色の群生相のバッタ、次に多いのが緑色の孤独相です。

 

そして移相ともいわれている2色が混ざったものは少ないようです。

 

日本の中での生息地は、草原や河川敷、緑が多い公園などです。

 

 

茶色と緑色の個体は、同じ場所に生息していることは少ないです。

 

茶色の個体は群生相ですから1匹見つけると他にも見つかる可能性が高いです。

 

その反面緑色の個体は孤独相なので、1匹見つかっても他に見つかることが少ないなどの違いがあります。

 

ただ、イネ科の植物が大好物ですから、緑色の草の場所を探せば見つけることは可能です。

ショウリョウバッタの生態

 

ショウリョウバッタの成虫が発生するのは梅雨明け頃から晩秋にかけてになります。

 

背丈が低いイネ科の植物が生えている比較的明るい環境を好みます。

 

そのため、ショウリョウバッタは草原などに行くと見つけることができます。

 

食性は植物食でイネ科の植物の葉を好んで食べます。

 

芝生に使う芝もイネ科の植物などからも、ゴルフ場などで見かけることもあるようです。

 

都市部の公園や芝生、河川敷などにも生息しており日本に生息するバッタの中では比較的良く見かけることが多い種類です。

 

生息している場所に入ると、オスの個体はチキチキなどのような音を出してジャンプもしくは飛行します。

 

 

音を出す理由には、ジャンプや飛行前に前後の翅(はね)と呼ぶ部位を位置合わせることで生じる音です。

 

この翅とは昆虫の翼のようなものです。

 

そのため、メスの個体はほとんどジャンプすることはないです。

 

音を出さないもしくは飛行しないものはメスといっても良いでしょう。

 

ただ、昼間の高温の時間帯などではメスも稀に飛ぶこともあるようで、音だけでは判断はできないようです。

 

ショウリョウバッタの成虫は秋になると産卵して死んでしまいます。

 

卵は越冬して翌年の5月から6月頃にかけて孵化、成虫はイネ科の植物をたべて急速に成長します。

 

そして6月中旬頃から7月頃の梅雨時期に羽化といったサイクルを繰り返しています。

 

ショウリョウバッタはこのような生態を持つ昆虫になるわけです。

ショウリョウバッタの別名称

 

ショウリョウバッタは、飛ぶときにチキチキなどの音を出すことからチキチキバッタと呼ばれることも多いです。

 

子供頃に昆虫採集をしていた人の中にはチキチキバッタと呼んでいた人も多いのではないでしょうか。

 

俗説ではありますが、ショウリョウバッタは、旧盆のときに姿を見せることが多いです。

 

そのため、精霊流しの際に使用する精霊船の形に類似しているなどからこの名前が付けられたといわれています。

 

別の名称が付けられるようにも思えるなど、天と地ほども異なるなどの意味からショウジョウバッタとも呼ばれるようです。

 

ショウリョウバッタのオスとメスの性格には大きな差があるのも特徴です。

 

オスは人が近づくと飛行して飛んで行ってしまい捕まえることが難しいのです。

 

 

しかし、メスの個体はほとんど飛ぶことはないので比較的容易に捕まえることができます。

 

後ろ足を揃えた形で持つと、体を縦方向に振る動作をするなどからコメツキバッタともいわれていることも少なくありません。

 

そのため、チキチキバッタとコメツキバッタは別ものなどのイメージを持っていた人もいるようです。

 

このような知識を得ることでチキチキバッタはオスのショウリョウバッタのことをいいます。

 

また、コメツキバッタはメスのショウリョウバッタであることがわかるのではないでしょうか。

結び

 

ショウリョウバッタは、すべて緑色をしているバッタと思っている人もいるようです。

 

ですが、昆虫採集をしていると茶色の個体の方が多いように感じることもあります。

 

このようにショウリョウバッタの生息数は緑色よりも茶色が目につくこともあります。

 

もしくは2つの色が混ざったショウリョウバッタの合計数の方が多いようです。

 

茶色くなる理由は、卵から産まれたときに周りに仲間がいないと孤独相の性質になりやすいです。

 

仲間な大勢いる場所で生まれたときには、茶色と緑色が混ざっている転移相の性質になりやすいといいます。

 

転移相の親が卵を産んで、生まれたときに仲間がいないと孤独相になりやすいです。

 

仲間がたくさんいるときには、黒っぽい色の群生相の性質になりやすいなどの生態を持ちます。

 

緑色との違いは個体の大きさなどが挙げられます。

 

茶色の個体は遠くまで飛行しながら移動を続ける関係から体が小さめです。

 

シーズンを迎えるとショウリョウバッタが飛行しながら移動する様子を見かけることがあります。

 

なお、生息数の比較をすると群生相の茶色のバッタが多く、緑色は比較的少ないようです。