ムクドリの大群


ムクドリの鳴き声がギャーギャーうるさいと、ストレスが溜まったり日常生活に支障をきたすことさえあります。

 

大群で押し寄せた場合の時期的対策を知ることで、鳴き声が頭痛の種になるだけでなくウイルス感染の心配も出てきます。

 

ムクドリを寄せ付けないための対策をすることで遠ざけたり、悩まされずに済むようにしたいですね。

 

ポイントはムクドリ(椋鳥)の習性を理解すること、そして有効な時期的対策を考えて実践する点にあります。

 

我慢しても解決する問題ではないですから、ただ様子を見つめるのではなく、積極的に対策していくことが大切です。

 

この記事では、ムクドリの鳴き声がギャーギャーうるさい理由はなんでかや大群への時期的対策について解説していきます。

スポンサーリンク

 

ムクドリの鳴き声がギャーギャーうるさいのはなんで!

 

ムクドリ(椋鳥)の鳴き声がギャーギャーうるさいのには理由があります。

 

なんで鳴くのかは他の鳥と同じく、ムクドリ同士のコミュニケーションや安全を確認するものと考えられています。

 

また、うるさい理由は集団で移動する習性と、大群が大勢で鳴き始める点が挙げられます。

 

「ギャーギャー」というのはムクドリにとって普通の鳴き声で、決して悲鳴のような意味はないといえるでしょう。

 

大きさがスズメより一回り大きい体長24cmほどで、翼を広げれば約40cmと、やや低い声で鳴くのが理由の1つです。

 

遠目に見る分には可愛らしいですが、その鳴き声は非常に耳につくので、見た目とのギャップに驚くことがあります。

 

 

その為、ムクドリに悪気はありませんが、人間にとっては単純にうるさいだけで、結果的に害鳥として駆除対象に指定されています。

 

1羽のムクドリの鳴き声の音量はそれなりでも、集まって数が増えるとうるさくなります。

 

お互いがコミュニケーションを取る為に鳴くので、1羽が鳴き始めると、それに応じて他のムクドリも鳴き始めます。

 

 

そうすると収拾がつかなくなり、やがて音量が増す一方で騒音に発展します。

 

数が少ない、あるいは短時間なら許容できるとしても、集団で長時間にわたって鳴くとなれば話は別です。

 

ギャーギャーうるさい鳴き声は、喧嘩中にも発することがあり、興奮が収まるまで鳴き止まないのが問題となります。

 

 

また求愛などの意味でも鳴くので、結局のところはどんな理由でも鳴く可能性があるといえます。

 

鳴き声の違いで聞き分けることはできそうですが、人間がムクドリの鳴き声の僅かな違いを聞くのはとても困難です。

 

つまり、ムクドリのギャーギャーうるさい鳴き声の中から、その理由を当てるのは難しいわけです。

 

普段から観察していたり鳥に詳しい人であれば、時期と照らし合わせて求愛の鳴き声か否かを聞き分けられるでしょう。

 

ムクドリにとって求愛は繁殖の為に重要ですから、多少は大目に見ることが大切だと思われます。

 

 

それでも、ギャーギャーうるさいムクドリの鳴き声は、それだけ大群が近くにいて、騒音だけでなく糞の被害もあることを意味します。

 

「ギャーギャー」というムクドリの鳴き声は、個体の違いや聞く人によって、「ギュルギュル」と唸るように聞こえたり、「ミチミチ」と表現されることもあります。

 

もしくは「ビャービャー」、「ピャーピャー」と特徴的な鳴き方をしますから、人の耳についてうるさく感じられます。

 

ムクドリの習性として、日が暮れる頃に集団で餌探しから戻り、一斉に鳴き始めるというものが存在します。

 

しかも、身体は小さい方で天敵が少なくないですから、常に鳴くことで安全を確認したり、天敵を遠ざける必要があります。

 

寒い時期になると、ムクドリは寒さから身を守る為に声を出し、身を寄せ合って寒さを乗り切ろうとします。

 

 

これもまたムクドリの鳴き声がうるさい理由で、秋から冬にかけて騒音問題が増える一端です。

 

一般的に鳥には、普段の鳴き声の地鳴きと、求愛などの際に発するさえずりがあります。

 

ところが、ムクドリ(椋鳥)はその違いがとても小さく、聞き分ける難易度が高いとされます。

 

おまけに周囲は集団で鳴きますから、求愛中の個体を探すのは骨が折れます。

 

なぜ鳴いているのか理由が分かれば、人間側が理解したり許容する余地もあるでしょうが、ただうるさく聞こえるだけなので難しいです。

 

ムクドリはカラスや鳩、ツバメと同様に鳥獣保護法で守られているので、安易に捕獲できませんし、個人が駆除して個体を減らすことは不可能です。

 

 

だからこそ受動的な対策に留まりますが、しかし勝手に駆除できないとしても、集団でうるさいムクドリを放置するのは疑問です。

 

 

特徴的な鳴き声や音量がうるさいことは分かっていますし、集団で移動したり鳴くことも広く知られているので、後はいかにして遠ざけるかでしょう。

 

小さくて可愛らしくても、我慢が必要だったりストレスでイライラするなら、それは既に被害を受けている証拠です。

 

我慢に我慢を重ねるとフラストレーションが溜まりますから、対策をして平穏な生活を取り戻すことがポイントとなります。

スポンサーリンク

ムクドリの鳴き声がギャーギャーうるさいときの大群への時期的対策

 

ムクドリの鳴き声がギャーギャーうるさいとき、大群に対して時期的対策を要するのがいつか把握しておくことも大事です。

 

ムクドリ(椋鳥)の鳴き声が大きくなるのは、年に1~2回あるとされる繁殖時期が、1つのタイミングです。

 

繁殖期間は3月~7月の間とされ、この間にギャーギャーうるさいムクドリの鳴き声が響くことになります。

 

それも大群となるとまさに騒音ですから、専門の業者に相談するなどして、早めに時期的対策を始めるのが得策です。

 

有効とされる対策の1つは、ねぐらになり得る樹木の剪定です。

 

明るい環境で身を隠せる場所を好みますから、人が住むそういうところの樹木を優先的に剪定すると、ムクドリが寄りつきにくくなります。

 

 

これは地域の問題なので、個人が専門の業者を雇って勝手に実行することはできないです。

 

しかし、時期的対策としては有効ですから、自治体で話し合うなどして具体的な対策を検討したいところです。

 

一時的にムクドリ(椋鳥)が寄りついているだけであれば、天敵を模した模型の設置や、天敵の鳴き声の音声を再生するなどの対策があります。

 

ネットやテグスの設置を行えば、個人宅への接近を遠ざけたり、侵入を防ぐことができます。

 

サイズが小さく隙間に入り込むムクドリは、戸袋と軒下、更には空き家に巣を作ることがあります。

 

春に向けて巣作りが始まり、約1ヶ月ほどかけてヒナが大きく育ちますから、この間にも騒音が大きくなります。

 

一度棲み着くと厄介ですし、何よりウイルスの媒介や巣にはダニが生息していて人に害を与えるので、巣が作られる前の時期的対策が必要です。

 

 

対策は多角的に並行して行うのが基本で、大群を追い払おうとするだけでは駄目です。

 

大群が寄りつかなくなる街づくり、地域づくりに取り組みつつ、巣が作られる可能性がある場所を1つ1つ対策していきましょう。

 

これらの対策方法を知っているのがまさしく専門の業者で、各方面に有効な対策を打ち出してくれます。

 

時期的対策にも精通していますし、効果に期待できる方法を実践するので、最終的にはムクドリの鳴き声を気にせずに済むようになるはずです。

 

ムクドリ(椋鳥)の大群は数が数なので、個別に捕獲したり駆除を行うのは非現実的です。

 

対策には、個人でできることと協力しなければ不可能な2種類がありますから、自分だけで対処が難しいと感じるときは専門知識を持つプロに相談することです。

 

【害獣駆除110番】

 

ムクドリの駆除専門の業者に任せるのが有効な手段です。

 

害鳥駆除には許可が必要ですし、専門知識を持っていないと効果的な対策を講じることはできないです。

 

専門の業者であれば、ムクドリの習性を理解していたり時期的対策も打てるので、頼りになります。

スポンサーリンク

ダーウィンが来た!「大群こそ生きる道!ムクドリ」の内容と放送日や時間はいつ

 

ムクドリの大群に密着したドキュメンタリー作品が、NHKのテレビ番組「ダーウィンが来た!」で放送が組まれています。

 

タイトルは、「大群こそ生きる道!ムクドリ」となります。

 

この番組の放送日と時間は、2020年3月1日(日) 19時30分~20時00分です。

 

番組内容は、各地で目撃相次ぐムクドリの大群に密着した番組となります。

 

番組内容は、ムクドリ(椋鳥)は、なぜ大群で街にやってくるのか?

 

また、ムクドリが群れを動かす驚愕のメカニズムも明白になるようです。

 

さらに、春ともなれば大群は時を同じくして居なくなって、予想もつかない場所で子育てをする。その理由も明かされます。

 

これらのことを知れると、大群で鳴き声がギャーギャーうるさいムクドリの対策に繋がるかもしれませんね。

 

このように身近な所にいるというのに、すべてが解明されていないムクドリの驚きの都会暮らしに迫る内容となっています。

大群こそ生きる道!ムクドリのあらすじと感想

 

5000羽のムクドリ(椋鳥)の大群が現れると報告があったところで今回長期密着で取材が行われています。

 

夕方になるにつれてムクドリが大群で街中に姿を見せています。

 

電線に止まるムクドリの大群の数はなんと数千羽にのぼります。

 

ムクドリが電線の上で同じ動きをする習性の様子とかも番組では見ることができました。

 

昼間は群れも小さく公園などで餌を取っているムクドリですが、夕方になると、その小さな群れが集まりはじめてきます。

 

 

こうして小さなムクドリ(椋鳥)の群れが徐々に合流していき、あげくの果てには約5000羽というスケールの大きい群れになったのです。

 

ムクドリは日中は小さな群れでも夕暮れの時間帯になるとこのように大群となり街に出没しています。

 

これには、ねぐらでスキきができるのを防ぐために大群になることで天敵から身を守るというメリットもあります。

 

ムクドリの群は天敵となるオオタカと都会のまっ只中で凄まじい戦いも展開しています。

 

 

ムクドリの群れに突撃して襲いかかるオオタカも、なかなか獲物を捕らえるのが難しいようで失敗するシーンもありました。

 

その原因は、ムクドリ(椋鳥)が莫大な大群を作ることにあるといいいます。

 

ムクドリが大群となることで、オオタカの視界に混乱効果をもたらしているということがその理由です。

 

小魚の群れも、これに似たような行動をとって、天敵から身を守っていますね。

 

また、ムクドリの大群には指揮して先導するリーダーがいないので、それが幸を生じています。

 

 

ムクドリ(椋鳥)の世界ではリーダーという存在が無いことのほうがメリットとなるようですね。

 

その効果でムクドリが予測不能な行動を取るためオオタカは狩りに踏み入ることができないといいます。

 

つまり、ムクドリが群れでの活動や動きをすることで、オオタカには数多くの獲物が目に写り、捕らえるのが難しくなるようです。

 

 

そんなムクドリですが春ともなれば、あれほど街中に大群でいたのに、急に居なくなってしまいます。

 

ムクドリの大群が押し寄せてくることで、ギャーギャーとうるさいあの騒音や糞(フン)といった被害も出ています。

 

困惑している調査にあたっていた取材班のもとに目撃情報が届きます。

 

情報を元に調べてみると、なんと街中から居なくなったムクドリたちは、民家につがいとなり巣を作っていました。

 

これは、ムクドリは通常なら木の洞に巣を作るのですが、その木が都会化によって減ってしまったのが原因といいます。

 

 

こうして、子育てをして春の終わり頃には育ったヒナが巣立ちしていきます。

 

街に生活する人々にとってムクドリの大群は騒音やフンの被害を受けていると声があります。

 

ムクドリ(椋鳥)は群れの数が増えると、群れが分裂し、別の地域に移動します。

 

この為に、今度は民家のある地域でムクドリの騒音やフンの被害に悩まされる人が出てきます。

 

しかし、鳥獣保護管理法で守られています。

 

これには、ムクドリに悩まされる日本全国の自治体でも悩みのタネとなるようです。

 

「大群こそ生きる道!ムクドリ」の番組出演者は下記となります。

 

語りは、井上二郎さん・龍田直樹さん・豊嶋真千子さんの三人です。

 

声は、山田孝之さんと水瀬いのりさんの二人となります。

 

また、番組内での歌はMISIAさんが担当しています。

ムクドリの生態と都市への進出の関係

 

ムクドリ(椋鳥)の生態は、雑食で虫の幼虫から植物の種子に果物まで何でも口にするのが特徴です。

 

加えて春から夏に繁殖期を迎え、番で人家や樹洞といった場所に巣を作ります。

 

子育てはムクドリの両親が協力して行いますが、この時期に入ると両親は共に食糧を探しに出かけます。

 

その様子は微笑ましいものの、やはり群れを形成して大群が一斉に鳴くとなると大変です。

 

繁殖期間中は巣で寝泊まりしますが、ヒナが育った後は大群でねぐらを作り、ときには10km以上離れた場所からも集まってきます。

 

ムクドリは大群になると数千、数万羽という規模になるので、人が密集して暮らす都市部においては特に騒音被害が問題になりがちです。

 

 

以前は河原や広葉樹もねぐらでしたが、近年は開発が減った関係で、都市に進出するケースが増えています。

 

街中の街路樹で姿を見かけることが多くなったのも、この開発の変化が無関係ではないといえるでしょう。

 

騒音や環境汚染問題が大きく社会問題化したのは、紛れもなく街の開発や環境の変化があったことによります。

 

都市部は夜間も明るいですし、集団で生活をするのに丁度良い環境だと考えられます。

 

天敵と比べて身体が小さく、個体では身を守れないムクドリは、必然的に協力し合って生活することになります。

 

 

昼夜を問わず明るい都市部は、周囲を警戒したり外敵の接近を察知するのに都合が良いです。

 

雑食性のムクドリ(椋鳥)にとっては、いたるところに食べ物が落ちている点も見逃せないです。

 

このように都市への進出は必然的で、騒音が無視できなくなるのは時間の問題だったといえます。

 

人の生活は鳥の生態と無関係ではなく、様々な鳥に影響を与えています。

 

希少な鳥が街で見かけられるようになったり、トンビなどの猛禽類さえも人を恐れず街で巣を作っているほどです。

 

 

スズメなどの小さな鳥は相対的に減少していますが、それも生態系の変化と無関係ではなく、人の生活の変化が影響を与えた事例だと捉えられます。

 

ムクドリも例外ではなく、従来の河原や郊外の広葉樹から、現在の街路樹や戸建ての軒先などに変化しました。

 

人の生活圏に進出してくる以上は、共存を考える必要がありますし、許容できない部分については対策が欠かせないです。

 

鳴き声による騒音は間違いなくストレス源ですし、糞(フン)の被害は環境を悪化させますから、どちらも無視できない問題です。

 

生態の変化や生活圏への進出には自治体も手を焼いており、試行錯誤して有効な対策方法を模索している状況です。

 

その地道な努力の積み重ねのおかげで、有効と思われる対策方法が確立されつつありますし、上手く共存する可能性の道が見えています。

結び





ムクドリ(椋鳥)の鳴き声がギャーギャーうるさい理由はなんでなのかについてはご理解いただけたでしょうか?

 

また、大群への時期的対策についてもお役に立てたなら幸いです。

 

ムクドリの鳴き声がギャーギャーうるさいのは元々で、人の耳につく特徴的な声で鳴くのが原因です。

 

街でムクドリを見かけるようになったのは、都市開発と都市部の環境で、夜でも明るく食べ物が豊富なことが理由としてあげられます。

 

この、都市への進出の切っ掛けと、騒音問題の要因になっています。

 

喧嘩や求愛の際にも鳴きますが、普段からコミュニケーションや周囲の警戒において声を発します。

 

その違いは人にとって聞き分けが難しく、どのような理由で鳴いているにしろうるさく聞こえます。

 

ムクドリ(椋鳥)の鳴き声は、大群で一斉に鳴くこともギャーギャーうるさい一因になっています。

 

身体が比較的小さい方で、周囲には様々な天敵がいますから、群れを作って身を寄せ合うことが不可欠です。

 

天敵を寄せつけない為にも、常に鳴き声を発して警戒する必要があるわけです。

 

一般的な対策は、街路樹の剪定や住宅の侵入防止で、時期的対策としては繁殖期の3月~7月の専門業者に対する相談が有効です。

スポンサードリンク