【サーフィン】五十嵐カノアの身長や体重?出身校とインスタ顔画像も!

五十嵐カノアスポーツ

五十嵐カノアの身長や体重

 

五十嵐カノアさんの身長は180cmで体重は75kgです。

 

背丈があるけれども体重が比較的少な目です。

 

これらの情報からBMI値は23.15で普通体重であることがわかります。

背が高いのは遺伝によるものなのかそれともアメリカンな食生活の影響であるのか定かではありません。

 

そして胸囲はなんと98cmということです!

 

ウェストは77cmと体格の割にはやや細めです。

 

ですが、ヒップは91cm、そして足のサイズは28cmと大きいのが特徴です。

 

サーフィンするのに身長や体重がどのくらいになるのか、マッチョで高身長などからもその期待値は高めです。

 

五十嵐カノアさんは、サーフィンのプロ選手などから期待されています。

 

その名前から一見女性のイメージを持つ人も多いかと思われます。

 

ですが、巷ではマッチョで高身長なイケメンなど、女性からの注目も集めている男性です。

 

五十嵐カノアの身長や体重

 

また、カノアの名前から両親のいずれかが外国人の印象を抱く人も多いようです。

 

しかしアメリカ合衆国のカリフォルニア州に在住で両親ともに日本人です。

 

ちなみに、カノアはハワイ語で自由などの意味を持つ言葉、両親は子の事由といった意味を持つ名前を子供に付けたことになるわけです。

 

五十嵐カノアの出身校

 

五十嵐カノアの出身校はどのような学校になっているのか気になる人も多いのではないでしょうか。

 

五十嵐カノアさんは、アメリカのカリフォルニア州で生まれ育っています。

 

そのため、学歴は小学校や中学校はもちろん、高校や大学などもカリフォルニアの学校なのではないだろうかと予測されます。

 

 

小学校については情報がなくわからなかったのでわかり次第、随時更新します。

 

中学校はカリフォルニアにある「エセル・ドワイヤー・ミドル・スクール」です。

 

高校もカリフォルニアの「ハンティントン・ビーチ・ハイ・スクール」などの情報を集めることができます。

 

ちなみに、お母さんの美佐子さんは五十嵐カノアさんに対して、高校だけは卒業して欲しいといっていたようです。

 

そのため大学には進学していないのではないだろうか、などの情報が存在しています。

 

中学および高校について五十嵐カノアの出身校は明確になっています。

 

ただし、卒業した小学校や大学への進学の有無についてはベールに包まれています。

 

しかしながら、五十嵐カノアさんはポルトガル語をはじめ、英語・スペイン語・フランス語、そして日本語といった具合にマルチリンガルです。

 

このことからも語学力においてとても優秀な人物であることがわかるのではないでしょうか。

 

東京オリンピックではサーフィンが正式競技種目に追加されたことで、日本の中で活躍するプロサーファーからの注目を集めています。

 

五十嵐カノアさんは、オリンピックの中での金メダル獲得として注目を集めている選手です。

 

五十嵐カノアのインスタやツイッターと顔画像

 

東京2020オリンピックは2021年に開催となったわけですが、このオリンピックの開催には一つのテーマが設けてあります。

 

そのテーマとはサーフィンが正規な競技種目として追加されたなどが挙げられます。

 

 

これに伴い、ネットのソーシャルメディアの中ではイケメンで高身長といわれている五十嵐カノアさんに注目が集まるようになっています。

 

ツイッターやインスタなどのソーシャルメディアの中でたびたびその素顔でもある顔画像が公開されています。

 

インスタなどの場合では、顔画像はもちろん全身を映し出している画像も数多く存在しています。

 

五十嵐カノアさん本人だけでなくお父さんやお母さんと一緒に写っている画像や弟さんの五十嵐キヌアさんとのツーショットなどを見ることもできます。

 

アメリカのカリフォルニア州に在住などからも、ツイッターの多くは英文になっているのが特徴です。

ちなみに、五十嵐カノアさんは身長180cmになるのですが、お父さんの五十嵐勉さんとのツーショット画像を見ると2人とも同じくらいの背丈です。

 

若干ではあるけれども五十嵐カノアさんの方が高い印象を得ることができます。

 

なお、五十嵐カノアさんがサーフィンを始めたのは3歳のころです。

 

タカ
タカ

なお、お父さんの五十嵐勉さんもサーファーです。

 

幼少期からお父さんのサーフィン姿を毎日眺めていたなどから自分もやってみたいなどの理由から始めています。

 

以降、お父さんと弟さんと一緒にサーフィンを楽しみながら技術を磨きました。

 

プロへと転身した2009年には同世代に敵がないほどの実力者になっています。

五十嵐カノアのサーフィンでの過去の戦歴や活躍

 

五十嵐カノアさんは、プロのサーフィン選手です。

 

2009年にはNSSA主催の大会の中で1シーズン30勝といった驚異的な成績を残しているのが特徴です。

 

 

2009年NSSA年間最多優勝回数30勝達成
2010年NSSA全米ナショナルチャンピオン
2012年USAチャンピオンシップU-18最年少優勝
2012年WCT Billabong Pipe Masters準優勝
2017年WSL Vans US Open of Suring優勝

 

2009年のNSSAによる大会では年間最多優勝回数30勝達成といった成績をおさめ、以降も様々な成績を残し活躍しています。

 

2010年にはNSSA全米ナショナルチャンピオンを獲得し、その2年後の2012年にはUSAチャンピオンシップU-18では最年少優勝を果たしています。

 

ちなみに、2009年の年間最多優勝をしたときの年齢は11歳で、2010年の全米チャンピオンを獲得したときの年齢は12歳です。

 

2012年のWCT Billabong Pipe Mastersでは惜しくも準優勝となりました。

 

ですが、2017年開催のWSL Vans US Open of Suringをはじめ、2018年や2019年に開催された大会などでは3つとも優勝を獲得しています。

 

このようなことからも実力あるサーファーであることがわかるのではないでしょうか。

 

このように数多くの活躍を過去にしています。

 

これらの戦歴に加えて五十嵐カノアさんは顔もイケメンなどからも企業スポンサーからのオファーを貰うことも少なくありません。

 

顔はイケメンだし、肉代も引き締まったボディなどからもCMだけでなく雑誌の中でも注目を集めている、映えた写真や映像を目にすることも多いわけです。

 

なお、過去に取材時に提供された写真の中には家族4人で写っているものもあります。

 

そこにはサーフボードを抱えた五十嵐カノアさんと弟さん(いずれも子供頃)とお父さんとサングラスをしているお母さんの姿もみることができます。

 

愛用しているサーフボードはシャープアイサーフボードのストームズといいます。

 

このサーフボードは日本のサーフショップなどでも買うことができます。

 

サーフィンをやっている人の中でも利用されている人も多いのではないでしょうか。

 

五十嵐カノアの弟や両親もサーファー

 

ちなみに、五十嵐カノアさんには、五十嵐キアヌさんという弟さんもいます。

 

 

兄弟ということもあり、顔がとても良く似ています。

 

兄譲りで全米アマチュアサーフィン連盟開催の2018年および2019年の両者において堂々総合ランキング1位を獲得しています。

 

なお、お父さんも元サーファーで、現在ではスポーツトレーナーの会社を経営しています。

 

お母さんもサーファーといった具合に家族全員がサーファーといった特徴もあります。

 

人によっては五十嵐カノアさん、および弟さんはサーファー界のサラブレッドなどという人もいるようです。

 

五十嵐カノアさんがサーフィンを始めたのは両親の影響によるもの、これは家族全員がサーファーなどからもこのような推測ができます。

 

まとめ

 

今までサーフィンのことに興味がなかった人も、五十嵐カノアの情報を見ることで何となく興味がわいて来たりするのではないでしょうか。

 

五十嵐カノアさんの活躍をもっと知りたいと感じる人も多いのでしょう。

 

サーフィンをやっている人は多いけれども、

 

家族全員がサーファーといったケースは非常に少なくこれだけでも話題性にあふれた要素といえましょう。

 

出身高校は15歳で2年飛び級で卒業といった学歴があるのですが、これはアメリカならではといえる制度です。

 

アメリカには飛び級制度と呼ぶものがあります。

 

成績が優秀な学生さんの場合であれば高校卒業試験に挑戦できます。

 

そして15歳のときには2年間も飛び級を行い高卒の認定試験でもあるGEDに合格しています。

 

このようなことなどからも成績が優秀だったことがわかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました