簡単な手品を派手に子供に見せる3つ方法!種明かし動画も紹介!!

簡単な手品を子供に派手に見せる方法ハウツー

簡単な手品を派手に子供に見せる3つ方法

 

簡単な手品(マジック)を派手に子供に見せるには?

 

それなら身近にあるもので手品を派手に見せる方法を実践するのが効果的です。

 

身近なものが驚きを与えるのがポイントで、派手な驚きほど子供は大きく喜ぶでしょう。

ハンカチが生きているように動く手品(マジック)

 

ハンカチを使う簡単な手品は定番中の定番ですね。

 

この手品はハンカチさえあればすぐにできるのが魅力の超初級編です。

 

ハンカチが動く手品

 

手順・やり方としては適度な厚みのあるハンカチを用意します。

 

そのハンカチの中心をつまみもう片方の手で四隅を集めて握ります。

 

つまり、中心部分が上向きで垂直に立たせた状態が、手順・やり方の基本となるわけです。

後は話術やハンカチを握っていない方の手の動きを組み合わせて動かします。

 

子供に手品を派手に見せるにはハンカチがまるで生きているかのように出来れば成功です。

 

トリックといっても、握っている手の親指で倒したり、両手の動きを連動させるだけなので簡単です。

 

ストローが一瞬で消える手品(マジック)

 

ストローと両面テープがあれば、ストローが一瞬で消える簡単なマジックができます。

 

手順・やり方はまず、ストローを親指くらいの長さにハサミで切って、先端を両面テープで親指の爪の下あたりに貼ります。

馴れてきたら、切ってない普通のストローでも挑戦してみましょう。

 

準備はこれだけですから、仕込みよりも派手に見せる方法の方が重要だといえるでしょう。

 

ポイントはストローを握っているように見せること、そして素早く親指の裏に隠すことです。

 

スピードが遅いと子供に手品のトリックが見破られてしまいます。

 

クイックに親指を立ててバレないようにしましょう。

 

また、この手品は何度もやるとバレてしまう恐れもあります。

 

話で雰囲気を盛り上げる工夫をして、なるべく少ない回数に留めるのが無難です。

透明な水が一瞬で色を変える手品(マジック)

 

透明な水が一瞬で色を変えるとしたら、子供が驚かない理由はありません。

 

誰でも容易に驚く顔を想像したり思い浮かべられるはずです。

この手品は一見すると大人でも驚いたりトリックが分からないこともあります。

 

簡単な手品の種はペットボトルに水を入れてキャップの内側に細工をするだけです。

 

具体的な手順・やり方は、ペットボトルの半分くらいにまで水を入れます。

 

そして次にキャップの内側に水につけたい色のインクを塗ります。

 

水の色が一瞬で変わる手品

 

インクは水溶性が最適で、適度に粘りのあるものが使いやすいでしょう。

 

キャップでペットボトルにフタをしたら、子供達を集めて目の前で思いっきり振ります。

 

インクが水に溶け出すという、種明かしをすればシンプルなトリックです。

手品(マジック)子供に派手に見せるポイント

 

手品(マジック)子供に派手に見せるポイントは期待させてから驚きを与えることです。

 

このように派手に見せる方法によって、簡単な手品を凄いものに変えられます。

 

大切なのは手品をすぐに披露しないことです。

 

子供に問いかけを交えながら興味を惹きつけたり、結果を想像させて実際にやって見せることです。

 

簡単な手品を派手に子供に見せるネタ動画

 

簡単な手品(マジック)を派手に子供に見せたい。

 

そのためには子供が喜ぶネタ動画を参考にするのが良いでしょう。

 

保育士向けのネタ動画は単純なのにインパクトが大きく、誰でも簡単に始めることができます。

 

タカ
タカ

実際に子供と接する保育士の視点で作られているネタ動画です。

 

やる方は簡単なのに内容以上に派手で、労力に対して得られる効果が大きいといえます。

 

端的に言えば、容易に子供が喜ぶ簡単な手品ができる。

 

というのが、子供に派手に見せるネタ動画が有効な理由です。

 

【保育士必見】一瞬で!?注目を集める超簡単手品【5選】はおすすめです。

 

タイトルの通りに一瞬で子供達が集まったり、子供が喜ぶ雰囲気を作り上げられる動画です。

簡単な手品(マジック)ですが、トリックを知らないと大人でも騙されてしまいます。

 

子供のように驚いてしまう人もいることでしょう。

 

しかし、手品の種が分かれば納得ですね。

 

大人や子供を問わず説得力のあるトリックだと分かるはずです。

 

簡単な手品なのに子供に派手に見せることができて驚きを与えられる。

 

そういう魅力が伝わる手品になります。

 

タカ
タカ

手品のやり方が学べるので教材にもなりますね。

 

もう一方で簡単な手品を子供に派手に見せるネタ動画もあります。

 

こちらは、トランプ3枚で済む子どもも簡単にできる手品も要注目です。

 

こちらも子供ができるくらいの難易度です。

 

大人にとってはとても簡単な手品ですが子供に派手に見せられます。

 

必要なものや準備が最小限で済みますから用意が簡単で後片付けが楽なのも魅力的なポイントです。

 

手品といえばトランプカードは王道ですね。

 

やはりカードでできるマジックを1つ知っていた方が便利です。

 

トランプはカードの枚数が多いと扱いにくいです。

 

でも、3枚ならシャッフルしたり扇状(せんじょう)に広げるのも容易ですね。

また、トランプカードが3枚なら落としたり失敗するリスクも小さいです。

 

プロのように子供に派手に見せるには、それなりに練習は必要です。

 

なので、子供が喜ぶ見せ方が分かれば割と簡単です。

 

手品(マジック)がどう見えるかはマジシャンの振る舞いによる部分が大きいです。

 

どれだけ凄いマジックでも淡々と進めてしまえば地味です。

その点、話術や少し大げさな動き、注意を逸らす工夫などを盛り込めばOKです。

 

簡単な内容でも子供が喜ぶ驚きのマジックに仕上げられるでしょう。

 

とはいえスムーズな進行や手品の成功が大前提となります。

 

なので、本番で失敗なく披露できるように練習することが大切です。

 

前後の変化や鮮やかな色、演出といった要素を盛り込むと地味な手品も派手になります。

 

後は何をどう見せるかが肝心です。

 

簡単な手品を派手に子供に見せる種明かし動画

 

簡単な手品を子供に派手に見せるなら、種明かし動画を知っておく必要があります。

 

種明かし動画は簡単な手品を見せた後に、トリックをバラして手順・解説が行われるものです。

 

つまり最初は誰もが子供と同じく驚いて、次にトリックが分かり納得できるのが種明かし動画です。

簡単な仕掛けで、魔法みたいな封筒マジックは身近にある封筒と簡単な準備でできます。

 

種明かし動画もとても分かりやすいです。

 

手品(マジック)の方法・やり方の丁寧な説明があります。

 

この動画を見ると、上手に見えるやり方も分かります。

 

子供に簡単で派手に見える手品を覚えたい人に適しています。

 

導入や盛り上げ方、そして披露と流れが分かる内容となっています。

 

手品の経験がなかったりマジックが不慣れな人でも参考になります。

 

封筒自体は素材も色も地味ですが、その分驚く手品を見せた場合の効果が大きくなります。

元々保育園や幼稚園向けにまとめられている簡単な手品の動画です。

 

そのため、簡潔で無駄がなくて5分ほどあれば一通り目を通せます。

 

手品の実践も簡単でハードルは低いです。

 

少し練習すれば翌日か当日中には本番で見せられるようになるでしょう。

 

簡単な手品(マジック)といっても、子供に派手に本格的に見せるには相応の見せ方が重要です。

 

相手を子供だと考えて手品を見せてしまうと、子供はそれに気がついてあまり盛り上がらなくなります。

 

子供も大人と同様お客さんと捉えたり、大人に見せるつもりで本気で手品を披露することが大事です。

 

魔法の新聞紙は誰もが一度は目にしたことがある手品です。

 

しかし、実際に目の当たりにすると驚きが違います。

 

水に弱い紙でできている新聞紙と、その水を組み合わせて行うマジックです。

そのため、トリックが分からないと大人でも驚きます。

 

この手品は準備と演技力が物を言います。

 

しかし、トリックの難易度的には簡単な手品(マジック)に分類されます。

 

これだと初心者でも十分に挑戦できる余地があります。

 

動画の時間は短いものの、方法・やり方が1つ1つ丁寧に解説される種明かし動画です。

 

このトリック動画は一見の価値があるといえるでしょう。

 

手順・解説が初心者向けですし、マジック本を見ながら覚えたり練習するのとは理解のしやすさが段違いです。

 

またポイントが押さえられています。

 

どこに注意すべきか分かりやすいのも魅力です。

 

このマジックは、お客さんの視点でトリックの解説が行われます。

 

自分が披露する状況をイメージしながら、方法・やり方を確認したり練習できます。

 

使うものといえば新聞紙と紙コップ、そして水くらいなものですから安全です。

 

なので、保育園や幼稚園でも実践可能です。

 

簡単な手品を派手に子供に見せる人気のグッズ

 

簡単な手品(マジック)ができるグッズは珍しくありません。

 

しかし子供に派手に見せたいならハンカチがスマホを貫通する手品もあります。

 

このスマホイリュージョンが出来るグッズがおすすめです。

 

硬くて貫通しないスマホに、いとも簡単にハンカチがめり込むスマホイリュージョンは子供だけでなく大人にも人気です。

理由はやはり単純明快なこと、誰も想像しない展開を見せる手品にあると思われます。

 

普通に考えれば決して簡単な手品ではありません。

 

ですが、グッズを使えば誰でもプロ顔負けの手品を披露できます。

 

更に盛り上げたいなら他のマジックも一緒に披露して見せるなどの工夫が必要です。

 

ただ、これ1つでかなり盛り上がります。

 

場を暖めて中盤辺りでブーストを掛けたい時などに最適です。

 

玉子になるハンカチーフは薄くて容易に形を変えるハンカチが、丸くて硬い玉子に形を変えるグッズです。

こちらも玉子とハンカチという分かりやすい組み合わせです。

 

子供に派手に見える簡単なマジックが披露できることから人気があります。

 

手品グッズに含まれるのはおもちゃの玉子です。

 

なので、子供と少し距離を取ったり、本物に見える工夫をする必要があるでしょう。

 

小さい子供が相手ならおもちゃでも十分です。

 

最初にハンカチを触らせるなどの準備をしておけば、例えおもちゃであっても変身の驚きが増します。

 

タカ
タカ

勿論、トリックがバレないように細心の注意は必要ですよ。

 

なお、手品を披露するときには本物の玉子も用意しておきましょう。

 

アンコールを受けたら今度は本物で2回目をやると更に盛り上がりますね。

 

奇跡の予言カードは、名前のように予言でカードを言い当てる簡単なマジックグッズです。

 

この手品はプロのテクニックが容易に手に入ります。

普通のトランプカードでやろうとすると、準備も必要で大変です。

 

ですが、こういう人気のマジックアイテムも手元にあれば簡単です。

 

こちらの手品グッズには必要なものが一通りパッケージになっています。

 

なので、準備は万端で揃えるものは揃っています。

 

手順を確認して練習するだけでテクニックが身につきます。

 

タカ
タカ

予言といってもあくまでも手品ですが、カードを言い当てられれば子供も大人も驚いて盛り上がるでしょう。

 

人気の理由は言うまでもなく、単純に分かりやすくて大きな驚きが得られることにあります。

 

披露する側にも、プロの気分が味わえることからおすすめです。

 

成功すれば自信がついて他の手品にも興味が湧いてくるでしょう。

 

初心者だけでなく、中級者にも使いやすくて便利です。

 

トランプも簡単な手品のラインナップに加えることをおすすめします。

 

まとめ

 

簡単な手品を派手に子供に見せるには見せ方や工夫が大切なポイントです。

 

ハンカチやスカーフを使った手品でしたら、実はちょっとした準備と練習で出来ます。

 

上達すれば子供に驚きや感動を与えることもできます。

 

練習には子供が喜ぶマジックのネタ動画を参考にするのも良いのでおすすめです。

 

子供に派手に手品を見せる方法は身近にあるものを使ったり、工作や視覚的なやり方でインパクトを与えるのが効果的です。

 

また、人気の手品グッズで派手に見せるのもありでしょう。

 

大人だけでなく子供もできる簡単な手品は、難易度が低くて大人も覚えやすいことからおすすめです。

 

また人気の手品グッズには相応の理由があって、やはり簡単なのに派手だからこそ人気があります。

 

結局のところ、子供に派手に見せる方法の基本はまず大人が見て驚きます。

 

種明かしを知り練習して実践することが成功への近道となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました