アメリカモモンガの一人暮らしの飼い方?臭い対策となつくのかも検証!

アメリカモモンガの一人暮らしの飼い方哺乳類

アメリカモモンガの飼い方は一人暮らしの場合どうする

 

アメリカモモンガを飼ってみたと言う人が増えているようです。

 

なかには一人暮らしだけどアメリカモモンガをペットで飼ってみたいと考えてる人もいることでしょう。

 

それには、まずはモモンガという動物の特徴について知っておく必要があります。

 

 

アメリカモモンガは憶病で神経質な性格をしているため、最初は飼い主に対して威嚇をすることも多いです。

 

アメリカモモンガを子供の頃から飼育をしたり、好みの餌を与えるなどして根気よく付き合っていきましょう。

 

モモンガの仲間は小型の哺乳類であり、主に森林地帯に生息しています。

一生のほとんどを樹上で過ごしますが、両前脚から両後脚にある飛膜を広げて木から木へ飛び移ることができます。

 

50m近くの距離を滑空することもあり、部屋の中で飼っている時もその姿を見ることができますよ。

 

夜行性なので日中は暗い場所などに潜んでいますが、夜になると活発に動き回ります。

 

 

アメリカモモンガはアメリカやカナダ、メキシコなどに生息するモモンガです。

 

体長は13~15cm程度の小動物で寿命は5年ほどです。

 

茶色っぽい体毛に覆われており、腹部はクリーム色をしていることが特徴です。

 

アメリカモモンガを一人暮らしが飼うときの注意点

 

アメリカモモンガは歯が伸び続けるため、定期的なケアが必要となります。

 

病院で切ってもらう方法もありますが、固い木でできた玩具(おもちゃ)などで遊ばせるという方法もあります。

 

ちなみに、モモンガは神経質でストレスに弱いため、飼育環境に気を付けることが大切です。

 

モモンガは神経質でストレスに弱い

 

ちょっとしたことがストレスになって早死にしてしまうこともあるので注意しましょう。

 

体が小さいということはもちろん、犬や猫のような一般的なペットとは異なる特徴があります。

 

また、一人暮らしだと大抵の場合、部屋自体が狭い事が多いです。

 

アメリカモモンガが入り込んでしまうような隙間がないので、そこは安心して遊ばせられることもポイントです。

 

 

ただし、注意点としては浴槽の水を抜いておくか蓋をしておくということです。

 

これは、アメリカモモンガが溺れないようにするためです。

 

一人暮らしだと他にアメリカモモンガの世話をしてくれる人がいないです。

 

家を空けるときにはアメリカモモンガに危険が及ばないよう注意しましょう。

 

小さい動物なので洗面器の水が残っている時でも危険なんです。

 

石鹸なども間違って食べると大変なので、しっかり片付けてから遊ばせるのがおすすめです。

 

アメリカモモンガの餌(エサ)やりを一人暮らしがする方法

 

アメリカモモンガをペットを飼うためには餌やりが必要となります。

 

ただし、動物は人間と体の仕組みが異なります。

 

人間と同じものを与えるのは良くないとされています。

 

 

特に体が小さいモモンガの場合、添加物が入った食べ物を与えるのは危険です。

 

病気のリスクが高まるため、専用の餌を用意して上げましょう。

 

一人暮らしだと最初は面倒に感じるかもしれません。

 

ですが、大切なモモンガのためにも餌やりのポイントを確認しておくべきです。

 

アメリカモモンガは雑食性の動物なので、野菜や種子などの植物性の食べ物だけではいけません。

 

そこで、昆虫などの動物性の食べ物が必要になってきます。

 

アメリカモモンガの飼い方

 

モモンガ専用のフードなども販売されていますが、それだけでは十分な栄養が摂取出来ないとされています。

 

そこで、モモンガ専用のフードに加え、新鮮な野菜や種子、昆虫を与えるという方法がおすすめです。

アメリカモモンガも野生では樹液などを摂取することもあるため、おやつとして昆虫用のゼリーを与えても良いでしょう。

 

しかし、モモンガは偏食が激しいため、おやつばかり与えてしまうのは良くありません。

 

他の餌を食べなくなってしまうこともありますし、おやつは普通の餌と分けて与えるなどの工夫が必要です。

 

 

モモンガ専用のフードと種子、昆虫はペットショップか通販サイトで購入するのがおすすめです。

 

野菜はスーパーなどで購入することもできますが、無農薬のものを選ぶようにしましょう。

 

アメリカモモンガを飼う時には餌以外にも必要なものがあります。

 

アメリカモモンガを一人暮らしが飼うときの臭い対策

 

アメリカモモンガを飼う場合、臭いが気になってしまうのではないでしょうか。

 

一人暮らしだとすべてを自分でしなければならないので、なおさら心配になるかもしれませんね。

 

確かに動物の中には臭いが強いものやキツイものもいます。

 

アメリカモモンガの臭い対策

 

臭いに敏感な人がペットを飼うのを躊躇ってしまう理由の一つにもなっています。

 

普段あまり気にしないかもしれません。

 

しかし、人間が快適な生活を送る上では気になる臭いがしないということも大切です。

 

モモンガの中には臭いが強い種類もいますが、アメリカモモンガは臭いが少ないことが大きな特徴なんです。

 

 

そのため一緒に生活をしていても、他の動物のように臭いが気になってしまう心配はないと言えるでしょう。

 

アメリカモモンガの臭い対策は特に必要ないので、一人暮らしには楽です。

 

また、アメリカモモンガは抜け毛が少ないという特徴もあります。

 

 

これも一人暮らしには犬や猫よりも飼いやすいところです。

 

ただし、室内飼育をすることになるのでこまめに掃除をする必要はあります。

 

モモンガは決まった場所でトイレをするという習性がなく、ケージの中のいろいろな場所で排泄をしてしまいます。

 

そのためケージの周りも汚れやすいです。

 

それが臭いの原因になってしまうことも考えられます。

 

こまめに掃除をすれば排泄物の臭いも気にならないため、快適に生活できるようになるでしょう。

 

ケージは風通しの良い場所に置き、しっかり換気を行うこともポイントです。

 

モモンガを飼う時には時々外に出して遊ばせてあげる必要があります。

 

 

しかし、ケージから出している間に排泄をしてしまうこともあるため、汚されて困るものは先に片付けておきましょう。

 

一人暮らしがアメリカモモンガの臭い対策におすすめなのは、浴室で遊ばせてあげるという方法です。

 

浴室なら排泄をしてしまってもすぐに洗い流すことができます。

 

タカ
タカ

掃除が楽というメリットが挙げられ、一人暮らしにはこの方法が便利ですね。

 

アメリカモモンガをペットで飼うとき、一人暮らしの人になつくのかどうか気になるかもしれません。

 

モモンガは犬や猫などのペットより飼いやすい動物として知られています。

 

しかし、体の小さい動物は一般的に憶病で人になつきにくいと言われることもあります。

 

アメリカモモンガをなつかせたいという場合、小さい頃から飼い始めるというのがおすすめです。

大人になったモモンガを飼う時には、好みの餌を用意するなどして飼い主に慣れさせていきましょう。

 

アメリカモモンガも犬や猫などの動物と比べて体が小さいですし、憶病で警戒心が強いという性質を持っています。

 

また、とても神経質なので飼育を始めたばかりの頃は、飼い主に対して威嚇してくることもあります。

 

野生では樹洞を巣として利用しており、人前に姿を見せないことも多いです。

 

アメリカモモンガが一人暮らしの飼い主になつきづらいときの対策

 

アメリカモモンガもなつきにくいとされる動物にはなります。

 

ですが、もちろん全くなつかないというわけではありません。

 

一人暮らしだと、アメリカモモンガと接する時間や他に人もいないことが多いです。

 

 

そのため、案外飼い主になつくのは早いのではないでしょうか。正確には個体差もありますし、すぐになついてくれる場合もあるでしょう。

 

信頼してもらうためには、無理に抱き上げたりせず時間をかけて慣れてもらうことが大切です。

 

特に飼い始めたばかりの頃の接し方には注意しましょう。

 

一人暮らしだと、アメリカモモンガとたくさん触れ合いたいと感じるかもしれません。

 

しかし、無理矢理コミュニケーションを取ろうとすると動物にとってはストレスとなってしまいます。

 

 

そこで最初の3日間は餌を与える以外のことは何もせず、新しい環境に慣れてもらうことを優先しましょう。

 

その際には飼い主の臭いのついた布などを巣箱に入れると良いです。

 

そうすることで飼い主の臭いを覚えてもらうということです。

 

ちなみに、アメリカモモンガは夜行性の動物であり、昼間は主に巣穴の中で寝ている事が多いです。

 

 

そのため昼間はしっかりと休ませてあげるのが良く、夜になったら遊んであげるようにしましょう。

 

夜に遊ぶ時も電気をつけたままにするのは控えましょう。

 

部屋を薄暗くするなどしてアメリカモモンガが過ごしやすい環境にしてあげることがポイントです。

 

もちろん個体差もありますし、中には昼間によく活動するモモンガも中にはいます。

 

その場合はモモンガの生活に合わせて世話をしてあげることが大切です。

 

アメリカモモンガを飼うときに一人暮らしにおすすめのゲージ

 

アメリカモモンガは昼間は寝ていることがほとんどで夜になると活発に動きまわります。

 

ケージが狭いと運動不足になってしまうため、できるだけ大きいケージを用意するようにしましょう。

 

一人暮らしだと家を空けると誰もいなくなるので、餌入れや水入れは適度な重さのあるものがおすすめです。

 

 

動いてしまったり、ひっくり返ったりしないものを選ぶことがポイントです。

 

アメリカモモンガがゲージを噛むことを考えると塗装はされていないものの方が安心です。

 

そして、ケージの中には止まり木巣箱といったものを入れることになります。

 

野生のモモンガは樹洞に潜んでいるため、木製の巣箱にするのがおすすめです。

 

さらに、おがくずなどの床材を敷き詰めることにより、快適な寝床を作ることができます。

 

新聞紙などを使っても良いですが、誤飲の可能性があるのであまりおすすめできません。

 

また、モモンガは排泄しながらマーキングをします。

 

ケージや止まり木にもマーキングをするため、こまめに掃除をすることがポイントです。

止まり木があると野生の環境に近づくため、モモンガのストレスが溜まりにくくなります。

 

塗装されたものやプラスチック製のものの場合、モモンガが噛むと体に有害な物質が入ってしまうことになるので注意が必要です。

 

なので、木製のものなら問題ありません。

 

電気コードをかじってしまうと感電や火災の原因になってしまうので注意しましょう。

 

怪我のリスクもあるため、コードはまとめてケースなどに入れておくのがおすすめです。

 

また、滑空する時に落下してしまうこともあるため、床の上に固いものを行いようにすることも大切です。

 

アメリカモモンガは小さいので怪我に気付きにくいこともあります。

 

なので、普段と様子が違うと感じたら早めに動物病院に連れていきましょう。

アメリカモモンガを一人暮らしが飼う場合に家を留守にするときの対策

 

アメリカモモンガとずっと一緒にいたいという人もいるかもしれません。

 

しかし、人間には仕事や買い物がありますし、どうしても家を空けなくてはならない時がやってきます。

 

そこで外出時の留守番で役に立つ方法をチェックしておくべきです。

 

 

一人暮らしの人がペットを飼う時に最も気になるのは、旅行などで家を留守にする時でしょう。

 

同居している人がいる場合は良いかもしれませんが、一人暮らしの場合は残していくペットが心配になります。

 

また、ペットがいるのでなかなか旅行に行けないということもあるでしょう。

 

実は夏場なら一人暮らしでも1泊程度、冬場なら2泊程度ならモモンガを留守番させて出かけることもできます。

一人暮らしの飼い主が家を空ける時は温度調整をする

 

アメリカモモンガは暑さに弱いことも特徴なのです。

 

アメリカモモンガを飼うのに適切な温度は18度から28度くらいまでです。

 

これは人も過ごしやすい温度なので室内は、これくらいに保っておくとよいです。

 

そのため、夏の時期はエアコンが欠かせません。

 

また、直射日光にも弱いのでケージは日が当たらない場所に置くことが大切です。

夏場の暑い時期や冬場の寒い時期は室温を一定の保つことが大切です。

 

夏は熱中症のリスクがありますし、冬は低体温などのリスクがあるのです。

 

アメリカモモンガにとって過ごしやすい環境にしておく必要があります。

 

人がいなくてもエアコンをペットが過ごしやすい温度に調整して付けたままにしておくのが良いでしょう。

 

餌や水も普段より多めに用意しておくことにより、安心して出かけることができます。

 

一人暮らし飼い主が何日も家を空けて留守にするとき

 

ただし、何日間も家を留守にする時や心配な時にはペットホテルに預けるという方法があります。

 

ペットホテルはペットショップに併設されていることもあります。

 

または、動物病院で預かってもらっても良いでしょう。

 

動物病院に併設されたペットホテルの場合、モモンガの具合が悪くなった時でもすぐに対応してもらえます。

 

しかし、アメリカモモンガを預かってくれるペットホテルはあまり多くありません。

 

なかなか見つからない場合、インターネットで探してみたり、モモンガを購入したショップに問い合わせてみると良いでしょう。

 

預かってくれるところが近くにあれば良いのですが、アメリカモモンガはもともと憶病な性格です。

 

環境の変化が大きなストレスになってしまうこともあります。

 

1泊や2泊ならアメリカモモンガを家に残して出かけても問題ありません。

アメリカモモンガの世話を一人暮らしが留守のときは人に頼む

 

モモンガの世話をペットシッターに任せるという方法もあります。

 

ペットシッターはプロなので安心してペットの世話を任せることができます。

 

なお、鍵を預ければ1日1回など決まった回数だけ家に来てくれます。

 

 

餌(エサ)や水の世話はもちろん、ケージの掃除などもしてもらえます。

 

ペットの様子をメールなどで知らせてくれるというサービスもあります。

 

離れている時にペットの様子を知りたいという飼い主にも最適です。

 

【ペットシッター】テレビで話題のオリーブシッター

人や友人にアメリカモモンガを預かってもらうという方法もあります。

 

近くに信頼できる人がいる場合、1日に1~2回家に来てもらい、餌や水の交換を頼むと良いでしょう。

 

飼い主以外が世話をすることでアメリカモモンガの負担になってしまうかもしれません。

 

それでもやはり、環境が変わるわけではないのでストレスは少なくて済みます。

アメリカモモンガを一人暮らしが飼う方法のまとめ

 

アメリカモモンガは、見た目が愛らしいことはもちろん、人にはなつくという理由からペットとして飼う人が増えてきています。

 

近頃は、一人暮らしでペットを飼いたいという人が増えています。

 

ただし、臭いや留守番の問題など一人暮らしだと大変なこともあります。

 

 

でも、十分な愛情を注いであげれば初心者でも問題なく飼育することができるでしょう。

 

一人暮らしの人がアメリカモモンガを飼う場合、ペットで飼う方法をきちんと知っておくことが大切です。

 

ペットにはただ餌と水だけを与えておけば良いというわけではありません。

 

栄養バランスの良い食事を与えることはもちろん、衛生管理をきちんと行うことや室温管理をしっかり行うことも重要なのです。

 

また、適度にコミュニケーションを取る時間も用意しましょう。そうすることでモモンガは飼い主が大好きになってくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました