ムクドリの撃退法で悩むことってありますよね。

 

ムクドリ(椋鳥)はベランダや電線に見掛ける機会が多く、フン害やウイルスの媒介も懸念されるので、対策方法の理解や撃退グッズの活用がポイントとなります。

 

ベランダや電線の対策方法はどのようなものがあるのか?また超音波の効果なども気になるところです。

 

ムクドリは、カラスやスズメといった身近な鳥と並び、近年人間の生活圏で見掛ける機会が増えています。

 

全長25cmほどとハトよりは小さいものの、鳴き声は大きいので騒音が問題になります。

 

鳴き声はコミュニケーション手段ですが、人間にとっては健康や生活の質に影響しますから、決して無視することはできない問題ですね。

 

ベランダや電線の対策方法や超音波の効果の理解も深めれば、効率的かつムクドリを傷つけずに撃退することも可能です。

スポンサーリンク

 

ムクドリの撃退法!ベランダや電線のグッズでの対策と効果

 

ムクドリの撃退法の1つとして、ベランダに設置するグッズの使用が挙げられます。

 

対策方法と効果は、天敵の形をした撃退グッズの場合だと、こちらを警戒して近寄らないものとなります。

 

天敵が偽物だとバレてしまえば元も子もありませんが、比較的簡単で直ぐにでも試しやすいのは確かです。

ただ、活動が夜に限られるフクロウなどは、習性を理解して設置しないと簡単に見破られます。

 

ムクドリ(椋鳥)は賢いですから、小手先の対策だと効果的な撃退法にはならないでしょう。

 

時間によって動きや音声をコントロールできるグッズであれば、天敵の習性を活用した撃退法が実現するはずです。

 

いわゆるバードスパイクと呼ばれるグッズは、ムクドリがはねを休める場所に設置すると効果的です。

 

 

対策方法と効果が分かりやすく、接近を防ぐ効果にも期待できます。

 

シンプルですが効果はありますし、何よりコストが低いので、広範囲に設置したい場合に役立ちます。

 

一方、ネットも単純かつ原始的ですが、対策方法と効果は広く認められています。

 

前者の対策方法は、巣作りが行われそうな場所を選び、そこに邪魔する形で設置することです。

 

 

期待の効果は勿論、巣作りを諦めさせ他に移動させる撃退となります。

 

音が出る物で警戒を誘引するグッズだと、手の届かない電線上にいるムクドリの撃退もできます。

 

花火や爆竹は、音の撃退法として知られていますが、市街地だと騒音を発生させ本末転倒になるのでNGです。

 

そもそも、ムクドリに直撃すると傷つける恐れがあるので、市街地でなくてもこの方法は避けた方が無難です。

 

安全かつ迷惑を掛けない範囲でできることがあるとしたら、やはり市販のグッズを使用するのが賢明でしょう。

 

 

最近は、センサーに反応があった時にのみ作動するグッズが販売されているので、騒音が最小で安全性は高いです。

 

太陽光で動くタイプだと、電源や電池交換が不要ですから、設置するだけで良いのが魅力的です。

 

つまり、ベランダにおいてはバードスパイクやネットと、この音が出る撃退グッズが有用だといえます。

 

設置する対策方法と効果というシンプルさですから、ベランダでムクドリの飛来に悩まされている人におすすめできます。

 

音と共に光も発する仕組みであれば、更に相乗効果にも期待が持てるでしょう。

 

電線にとまるムクドリは、直接手を伸ばして追い払うことができないので、必然的にグッズ頼りとなります。

 

長い棒で追い払おうとすると、電線に接触する恐れがあって危険ですから、物理的な撃退法は避けるのが正解です。

 

簡単な対策方法と効果に期待できる撃退法としては、直進性のある光を使ったやり方が当てはまります。

 

LEDライトやレーザーポインターは、騒音を発することなく撃退できる有力な方法です。

 

 

遠く離れていても届きますし、ベランダから電線だけでなく、地上からも狙えるのがポイントです。

 

ただし、高出力だとムクドリの目を傷つけてしまうので、必ず法令を遵守する製品を選び、安全性に配慮して使用することが重要です。

 

万が一人の目に入ると危ないので、向きや角度を考慮しながら使うのが、LEDライトとレーザーポインターの使用における基本となります。

 

当然ですが、食べ物が存在すると集まりやすくなるので、特に好んで食べる果実は排除したいところです。

 

虫は発生させないのが原則ですから、定期的に清掃して食べられる物がないようにしておくのが得策です。

 

ムクドリ(椋鳥)は雑食性なので厄介ですが、できることを1つずつ積み重ねることで、撃退の難易度を下げることができます。

 

ひと度繁殖すると大群が騒音を発しますが、こうなるともう撃退法の効果に期待するのは難しいです。

 

ベランダにしても電線にしても、安全に立ち寄れない場所だと思わせることが、繁殖後の被害の防止に繋がります。

スポンサーリンク

ムクドリの撃退法に超音波のグッズでの対策と効果

 

ムクドリの撃退法には、物理的なやり方と光や音を用いるやり方があります。

 

音の対策方法は超音波が定番で、市販されているグッズで簡単に試すことができます。

 

超音波は鳥の鼓膜に響く周波数の音で、驚かせたり警戒させる効果があります。

 

特に、瞬間的に音が発生する超音波グッズだと、ムクドリは一瞬パニックになってその場を飛び去ります。

 

再び飛来するかどうかは、超音波の種類によるので、グッズによって違ってくるといえるでしょう。

 

追い払いたい時だけ音を出せるので、周辺の住民に迷惑を掛けずに済みます。

 

バードスパイクやネットなどは、設置場所によっては景観に影響しますから、例え効果的だとしてもあまり好まれないのは確かです。

 

これは光で警戒させるCDを吊るすやり方も同様で、期待できる効果からすると微妙なところです。

スポンサーリンク

 

 

そもそも、ムクドリ(椋鳥)が慣れてくると警戒心が薄れますから、継続的な撃退法にはなりにくいです。

 

ムクドリの対策方法としては、警戒させやすく慣れさせにくい、音を使った撃退法が有力です。

 

忌避剤(きひざい)も慣れによって効果がなくなりますし、周囲を汚してしまう恐れがあるのが気になります。

 

超音波の撃退グッズを試す場合は、音の出方が単調ではなく変化のあるタイプが狙い目です。

 

不規則に音が出る仕組みであれば、ムクドリは次の音を予測しにくく、不快感が拭えないので他に移動しようとします。

 

これこそがまさに期待の効果で、撃退法として注目を集めたり定番になりつつある方法です。

 

大切なのは、ムクドリにここが安全な場所ではないことを教えたり、学習させて寄りつかなくさせることです。

 

集団で飛行してねぐらを確保したり巣を作りますから、ねぐらにはならないと思わせることが肝心です。

 

習性的に単独で行動するケースは稀なので、1羽を追い払うことができれば、他の鳥も近寄らなくなる傾向にあります。

 

【害獣駆除110番】

もちろん他の集団が飛来した場合は別ですが、その時は新たに対策グッズを使用して、同様の学習をさせるだけです。

 

しかし、市販のグッズだと音量が限定的で届く範囲が狭く、集団をまとめて追い払えるとは限らないです。

 

集団の規模が大きく繰り返しやってくる時は、広範囲大規模な装置の設置が必要になるでしょう。

 

 

言うまでもなくコストは掛かりますし、地域住民の理解や納得が不可欠ですが、騒音やフンなどの明らかな被害が出ていれば納得を得やすいはずです。

 

いずれにしても音が有効なのは間違いなく、使い方次第で有効な対策方法となります。

ムクドリの撃退法を身近な物での対策と効果

 

ムクドリの撃退法には、身近な物を使った対策方法もあって、ある程度の効果に期待可能です。

 

使わなくなったCDを利用する対策方法は定番で、紐を使いベランダに吊るすなどして使用します。

 

撃退法のポイントは光の反射ですから、反射面を外側に向けて吊るすことで効果が発揮されます。

 

これは、ムクドリ(椋鳥)を含め鳥が光る物を恐れる習性を利用した撃退法で、警戒して近寄らなくなることがポイントです。

 

光る物なら何でも代用できますから、身近な物で簡単に試せるのは間違いないでしょう。

 

ただ、光を使った撃退法は効果が長持ちせず、ムクドリが慣れてしまえばその時点で終了です。

 

 

むしろ人の方が影響を受けやすく、場合によっては地域住民からクレームが入る恐れがあります。

 

棒で追い払うのも対策方法の1つですが、効果は一時的なものですし、集団の数が多いと対処しきれなくなります。

 

棒を使用するなら、重過ぎず身近にあって直ぐに使える、ほうきの柄のような物が良いでしょう。

 

直接当てるというよりも、驚かせて移動を促す使い方がベストです。

 

継続的な効果は期待できないとしても、一時的に撃退する目的なら十分に有効です。

 

身近な物で撃退するとなれば、物理的に設置して継続的な対策方法となる、ネットの設置が合理的でしょう。

 

ネットはコストが低く広範囲をカバーできますし、設置が容易で設置方法も柔軟に選べます。

 

 

ムクドリ(椋鳥)を傷つける心配はなく、追い払うような撃退は不要ですから、初めて対策を検討する人にもおすすめです。

 

他にも、ベランダに物を置かない、掃除をして虫が出ないようにするなどが有効でしょう。

 

テグスはハトくらいの大きさなら期待できますが、ハトより小さくスズメより少し大きい程度だと、あまり得策とはいえないです。

 

やはり、線よりも面で近づかせない、休憩させないなどの対策方法をとるのが賢明です。

 

コストを掛けたくないのであれば、手を叩いたり大声を出す方法も使えますが、それほど賢いやり方ではないです。

 

身近な物で撃退するのには限界がありますから、難しいと感じたら超音波などのグッズを検討することをおすすめします。

 

天敵を飼うやり方も存在しますが、代表的な天敵のカラスを飼うのは非現実的なので、現実的かつ身近な物から1つずつ試すのが無難となります。

スポンサードリンク

結び





ムクドリの撃退法はお役に立てたでしょうか?

 

ベランダや電線の対策方法と超音波の効果もご理解いただければ幸いです。

 

ムクドリ(椋鳥)の撃退法は、物理や光に音と種類が豊富で、身近な物から超音波のように専門的な物まで幅広くあります。

 

ベランダと電線で対策方法は違ってきます。

 

超音波は距離に関係なく効果に期待できるので、遠く離れた場所にいるムクドリにも有用です。

 

ベランダならバードスパイクやネットに効果が期待できますし、身近な物のCDやテグスを使うよりも断然現実的です。

 

光だとLEDライトやレーザーポインターですが、ムクドリを傷つける恐れがあるので、出力には十分に気をつけましょう。

 

花火や爆竹は騒音が出るし傷つけたりゴミが出るので、NGです。

 

使いやすい対策方法とはいえないです。

 

高さがある電線となると、これらの方法では対処が難しいですが、距離が離れても大丈夫な音なら心強い味方になり得ます。

 

相手はやや身体が小さいながらも集団です。

 

 

繁殖すると手がつけられなくなりますから、早めに有効な手段を実践するのが賢明です。