メリークリスマスのメッセージもいろいろな贈る方法がありますよね。

 

毎年誰かに贈っているという方もいるのではないかでしょうか?

 

また、今年初めて誰かに贈るという方もいるでしょうね。

 

そのメッセージですが、クリスマスだけに英語で贈るというのもいいのではないでしょうか。

 

知的でおしゃれな感じもあり、いつもの年と違った楽しみ方ができるかもしれませんね。

 

今日はこのクリスマスカードを英語で贈るについての記事となります。

 

スポンサーリンク

 

メリークリスマスと英語でメッセージを贈るときの書き方

日本でもクリスマスの際にはメリークリスマスという言葉を使いますね。

 

これは英語でも「Merry Christmas!」という形でお祝いの言葉が送られます。

 

 

しかし、英語の場合はクリスマスのメッセージが他にも様々なパターンがあるので覚えておくと役立つかもしれません。

 

英語のメリークリスマスのメッセージは基本的に相手の幸運を祈る物となっており基本的に前向きな内容を書くのが通例です。

 

例えば「May your Christmas wishes come true!」というフレーズがあります。

 

これは(あなたのクリスマスの願い事がかないますように)という意味があり、相手の幸運を祈る内容となっています。

 

日本で願い事といえば七夕のイメージが強く、クリスマスの場合はサンタさんからのプレゼントというイメージがあるかもしれません。

 

ですが、英語圏では願い事を叶えるというイメージを持っています。

 

書き方は特別な点は少ないですが、最後に「!」マークを付けておくのがおすすめです。

 

同じようなタイプの言葉としては「With best wishes for Merry Christmas」というものがあります。

 

これは「クリスマスの幸運をお祈りします」という意味が込められています。

 

クリスマスには1年の終わりが近づくというイメージもあります。

 

この時期を幸運に過ごして新しい年を迎えるという思いを込めているとも考えられます。

 

長めのメッセージを贈る場合は初めに「A Christmas Greeting from the heart.」という言葉を書いておくのもお勧めです。

 

このメッセージには(心を込めてクリスマスのご挨拶)という意味があります。

 

これから挨拶を書きますという意味にも取れるので相手に長文を読んでもらうことになる際にもお勧め出来る重要な言葉です。

 

英文の書き出しは非常に大切といえます。

 

「May you have a warm,joyful Christmas this year!」

 

(温かさと喜びに満ちた素敵なクリスマスになりますように!)

 

という言葉を添えるのも気持ちが伝わり易くなるのでお勧めです。

 

相手のクリスマスをどう思ってどのような言葉に乗せるかが重要となります。

 

基本的には誤解されやすい難しい表現を使う必要がありません。

 

スポンサーリンク

クリスマスメッセージの英語の定番フレーズ例文

役立つ英語のフレーズを紹介していきます。

 

 

1つ目は「I wish you a joyful Christmas from the bottom of my heart.」という言葉があります。

 

これは(楽しく過ごすことを心から祈っています。)シンプルなメッセージではあります。

 

この例文は主語から始まる直線的な英文となっていて、文法を間違いにくいのが特徴です。

 

難しい言葉を沢山使うのではなく、こういった単純明快な内容の方が伝わりやすくなります。

 

2つ目は「May your Christmas be merry and happy.」という言葉です。

 

この言葉には(楽しくて幸せなクリスマスでありますように。)との意味があります。

 

クリスマスをお祝いするフレーズの中には「may」から始まる表現が多くあるのが特徴となっています。

 

これは相手への願いを込めた言葉によく使われる表現でもあります。

 

「may」から始める言葉としては他にも

 

「May the holiday seasonn bring happiness and joy to you and your loved ones.」という物もあります。

 

これは「クリスマスがあなたと貴方の愛する人に喜びを運んでくれますように。」という意味の表現です。

 

少し長めで難しい表現ではありますが、友人とその恋人へ向けての言葉として使うことが出来ます。

 

この例文の場合は少し大人の内容になっているのが特徴です。

 

逆にもっとポップな内容のものもあります。

 

「May all your Christmas wishes come true!」

 

(貴方のクリスマスのお願いが全て叶いますように)との言葉です。

 

突き抜けるような直接的な表現が胸に刺さります。大人から子供までに使用することの出来るフレーズです。

 

英語ではこのように思い切った表現をする事が好まれることもあります。

 

少し落ち着いた相手の言葉としては「Wishing you and yours a happy holiday season」

 

(家族揃って楽しいお休みをお過ごしください)というのもおすすめです。

 

直接的な言葉が入っていない例文ですが、時期と「holiday season」と言う語を入れる事でクリスマスの内容であることが伝わります。

 

メリークリスマスと英語でメッセージを贈るのはいつごろ

メリークリスマスというメッセージを贈る時期に決まりはありませんが、内容に合わせて贈る時期を工夫するのも有効な方法です。

 

 

例えば「Merry Christmas!」という言葉であれば、やはりクリスマス当日かイブには贈りたいところです。

 

一方で「I wish you a joyful Christmas from the bottom of my sheart.」

 

(あなたが楽しいクリスマスを過ごされることを心より願っています。)

 

のような言葉の場合は、少し未来の要素を含んでいますので前の時期に贈っても問題はありません。

 

このように内容によっていつ贈るかが変わるのがクリスマスのメッセージのポイントでもあります。

 

「May peace,joy and happiness be yours this Christmas season.」

 

(安らぎや喜び、幸せがこのクリスマスの時期の貴方と共にありますように。)

 

のようなメッセージも同様に未来の要素を含んでいます。

 

この例文で注目なのは「Christmas season」という言葉です。

 

英語圏の国ではクリスマスをその前後まで含めた1つの時期として考えている方が多くなっています。

 

そのため、その言葉を贈れる時期も幅広いのが特徴です。

 

具体的に言えば12月20日頃に贈ったとしても特に問題はありません。

 

逆に時期を過ぎてから贈る場合は遅れていることを踏まえたメッセージを添えておくのがおすすめです。

 

翌年のことまでを含めた言葉を贈るケースも考えられます。

 

「Happy Holidays.I hope this card finds you well,and that you have a fantastic 2019.」

 

(あなたが素晴らしい休日を過ごすことが出来ますように。来る2019年も健勝で幸の多い1年となる事を祈っています)

 

という内容であればクリスマスを過ぎていても別段大きな問題はありません。

 

イメージ的には年賀状のような言葉も含めているという形となっています。

 

英語圏の国々ではクリスマス、年明け、新年の3つを1くくりのように考えることがあります。

 

そのためクリスマスとお正月に分ける日本とは少し異なっているのが特徴です。

 

その点も含めて言葉を考えてみるのも良いかもしれません。

 

メリークリスマスと英語で書いたメッセージの贈り方

メリークリスマスと英語で書いたメッセージの贈り方としてはメッセージカードを作成するのがおすすめです。

 

 

特に「May your Christmas wishes come true!」

 

(あなたのクリスマスの願いが実現しますように!)

 

「Merry Christmas!I hope you`er having wonderful holidays.」

 

(メリークリスマス!素晴らしい休日を過ごして下さいね)

 

といった内容の場合は単純で分かり易いのでカード形式にして飾り付ける事で印象を強くすることが出来ます。

 

もし、長文のメッセージを贈るのであれば手紙にするのが良いと思われます。

 

「Hoping you enjoy a very Merry Christmas and a Happy New Year!I wish your company the very best for continued success.」

 

(メリークリスマス、そして新年おめでとう御座います!貴方の会社の成功が翌年も続いていきますように)

 

のように長めの内容にする場合は封筒の形にして中の手紙にお祝いの言葉を書く事をお勧めします。

 

封筒には「Merry Christmas!」という分かり易い言葉を添えておくのも良いと考えられます。

 

手紙の形式にした場合はこれらの言葉だけでなく、簡単な文章を作成する必要があります。

 

具体的には「Looking forward to seeing you again sometime.」

 

(再びお会い出来る日を楽しみにしています。)といった言葉を使うのがお勧めです。

 

文章だけで手紙の空白が埋まらない場合は絵などを使うのも良いと思います。

 

「With appreciation to all at your company,I send my best wishes for the Holiday Season.」

 

(いつもお世話になっている貴方と御社へ感謝を込めて季節の挨拶を贈ります。)

 

というような年賀状のような内容を含めるのもお勧めです。

 

手紙を贈る際には発送の時間を逆算し、クリスマスまでに届くように調整することをお勧めします。

 

少し早めに届いてしまうのは問題ありませんが、クリスマスの時期を大きく過ぎてしまう事が無いように注意が必要です。

メリークリスマスと英語で贈るときの気にすべきポイントと注意点

メリークリスマスと英語で贈るときのポイントは3つあります。

 

1つ目は前向きな思いを込めるという事です。

 

 

クリスマスはおめでたい日なので後ろ向きな内容にはならないように注意する必要があります。

 

例えば「Best wishes to you for happy Christmas and a joyful New year.」

 

(楽しいクリスマスと喜ばしい新年になりますように)

 

「We wish you all for a wonderful Christmas.All the best for New Year.」

 

(素晴らしいクリスマスを皆様がお迎えになりますように、新年のご多幸をお祈り申し上げます。)といった内容がお勧めです。

 

根本的にはクリスマスまで大きな問題もなく元気に過ごせて良かった、これからも楽しく過ごせますようにという思いが込められていれば問題はありません。

 

2つ目は難しい表現を使い過ぎない事です。

 

難しい表現を使ってしまうと伝わりにくかったり、文法上の間違いをしてしまったりする可能性が高まってしまいます。

 

「With Best Wishes for Christmas and a Happy New Year.」

 

(幸せなクリスマスと新年になるよう願いを込めて)

 

「Wish you have Wonderful Holidays.」

 

(貴方にとって素晴らしい休日になるように祈っています)

 

のようにそれほど難しい表現を使わなくても素敵な言葉を贈ることは出来ます。

 

また、大文字と小文字に関する事で言えば例文の通りにしておくことをお勧めします。

 

クリスマスのメッセージでは文法上、命令文になってしまうことがあります。

 

命令文を使用する場合は間違った伝わり方をしないように例文のまま書いておくと無難です。

 

どうしても英語のニュアンスが想像しにくいので無難にすることは重要なことと言えます。

 

3つ目は時期にあった内容にする事です。

 

クリスマスよりも数週間もに贈るのであれば未来の内容を込めた英文、年明けが近づいている時期に贈るのであれば新年の挨拶を入れておくのがお勧めです。

 

つまり、内容から考えて贈る時期を決める必要があります。

 

どうしても送る時期を特定できない場合はあまり時期を限定した表現を使わない様にしましょう。

結び

「メリークリスマスと英語でメッセージを贈る」についての記事はどうでしたでしょうか?

 

英語のメリークリスマスのメッセージは、目当ての人に幸せな気持ちを祈る物ですから、あくまでも前向きな事を書くことがポイントでしたね。

 

なお、クリスマスやクリスマスイブについての詳しい紹介や人気の曲については下記のページにありますので参考にしてみてくださいね。

 

 

メッセージの文法も難しい言葉をたくさん用いるのはやめて、簡単な意味のほうがわかりやすくなります。

 

メリークリスマスというメッセージを贈る時期に決まりはありませんが、内容に合わせて贈る時期をアレンジします。

 

例えば「Merry Christmas!」という言葉であれば、やはりクリスマス当日かイブには贈りたいですね。

 

また、メッセージの贈り方については、シンプルで簡潔なのでカード形式にして飾り付ける事によって印象を強くするということがかないます。

 

もし、長文のメッセージを贈るとしたら手紙にするのがおすすめです。

 

スポンサーリンク