赤ちゃんが鼻水拭かせてくれないとお悩みの方ってとても多いですよね。

 

 

無理にティッシュで拭こうとするとぐずりだすので大変です。

 

そこで赤ちゃんの鼻水を機嫌を損なわないようにティッシュで拭く方法を詳しく解説していきます。

 

また、ティッシュ以外のもので拭くときは何がいいの?

 

ガーゼでのおすすめの拭き方や注意点と鼻吸い器などの紹介もしていきますね。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんが鼻水をティッシュで拭かせてくれないときの対処法

赤ちゃんに対して親が抱える悩みの1つに、鼻水を拭かせてくれないというケースがあげられますね。

 

 

ティッシュなどで拭こうと思うと、

 

暴れて嫌がるなどなかなか拭かせてくれないことも多くあります。

 

では赤ちゃんの鼻水が拭けないときには、どのような対処法があげられるのでしょうか。

 

赤ちゃんの鼻水を拭きたいなら、

 

暴れても無理やり押さえつければいいと思っている方もいるかもしれません。

 

可哀そうですが、1度だけの行動なら、押さえつけて拭くことも可能ですよね。

 

しかし風邪をひいているときは、1日のうちに何回も拭く必要が出てきます。

 

 

鼻を拭くたびに押さえつけているようだと、嫌がって余計暴れるようになってしまうので注意しましょう。

 

では赤ちゃんに負担をかけないようにするためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

 

実はそのための選択肢は1つだけではなく複数のやり方が存在しています。

 

例えばそのための方法として、ほかのことで気を引くなどのやり方があげられます。

 

ぬいぐるみなどで気を引いているうちにさっと拭くことで嫌がる時間を与えずにきれいにできます。

 

少し成長した子供であれば、自分から拭くようになってくれます。

 

 

問題はまだ自分でうまく鼻をかむことができない年代のときです。

 

例えばぬいぐるみも風邪をひいている設定にして看病させるのも1つの手です。

 

ぬいぐるみも鼻も拭いたからというように言い聞かせることでスムーズにできるケースも見られます。

 

実際に鼻を拭くときに忘れてはいけないのが、できる限り短時間で済ませるという点です。

 

丁寧に拭きたいと思っても、何度も繰り返しティッシュを使って拭こうとすると嫌がる可能性が高くなります。

 

赤ちゃんが嫌がる時間を与えないというのが、コツの1つです。

 

ほかにも注意が必要な点として、どのような姿勢で行うかという点があげられます。

 

鼻をよく見ようと思っていても、赤ちゃんにとって負担が大きい姿勢を選んではいけません。

 

また大人二人がかりだと、威圧感を感じることもあるので注意しましょう。

 

 

鼻をかむことができないと息苦しいのは、大人も子供も同じことです。

 

もしも息苦しいようなそぶりを見せた場合には、姿勢を変えてあげるのも1つの手です。

 

体位を変えるだけでも大きく変わるので様子を見ながら姿勢を変えてあげるようにしましょう。

 

小さな子供だと、どうしたら楽になるのか自分で理解することができません。

 

だからこそ大人がサポートして、一番よい状態にしてあげられるようにすることが大切です。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの鼻水をティッシュで拭くときの安全なやり方

赤ちゃんの鼻水を拭くとき、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

 

安全なやり方を把握していないと、鼻が赤くなるなど肌荒れの原因になるかもしれません。

 

 

そもそも小さな子供の肌というのは、大人よりも敏感です。

 

だからこそ実際に拭くときには、丁寧に行うことを忘れないようにしましょう。

ティッシュで拭く方法

例えばティッシュで拭く場合の注意点の1つが、素早く丁寧に拭いてあげるという点です。

 

時間をかけて何度も拭くと、肌荒れの原因になってしまう可能性が高いので注意が必要です。

 

また手触りがごわごわしているティッシュの場合だと、赤ちゃんの肌にダメージを与えやすくなります。

 

手持ちのティッシュの材質がイマイチという場合には、別のものを代用するのも1つの手です。

ガーゼで拭く方法

赤ちゃんの鼻を拭くときに、ガーゼを使うというケースも多く見られます。

 

 

ガーゼなら手触りが柔らかい可能性が高いので、敏感な子供の肌にあてても安心して利用できます。

 

ただし古くなったガーゼの場合だと、ごわごわになっているケースもあるので事前に確認するようにしましょう。

タオルで拭く方法

またタオルを使って鼻水をきれいにするという方もいるでしょう。

 

 

実際にタオルを利用する場合の注意点の1つが、肌触りを事前に確認するという点です。

 

触った感じが柔らかいもののほうが、赤ちゃんの肌にダメージを与えずに済みます。

 

そのままの状態で利用するのではなく、お湯で少し湿らすのも1つの手です。

 

お湯で湿らせたほうがいい理由の1つが、温かいほうが鼻水の通りをよくすることができるからです。

 

大人も温かいものを食べると鼻水が出てくるということがあるのといっしょです。

 

鼻がつまっている場合でも温めると問題が解決することがあります。

 

このため、お湯で湿らせたタオルを使うという方法もあります。

ウェットティッシュで拭く方法

ほかにもウェットティッシュを使っているという方も多く見られます。

 

 

ウェットティッシュが適している理由の1つが、ちょうどよい触り心地であるという点です。

 

柔らかい手触りのものが多いため、赤ちゃんの肌に与えるダメージが最小限で済みます。

 

そのまま使うと冷たくてびっくりさせる可能性もあるので、少し温めてから使うのも1つの手です。

子育ての先輩の意見を聞く

鼻水が出たら、とにかく拭けばいいと思っている方もいるでしょう。

 

 

しかし適当に拭いてしまうと、鼻が赤くなるなどの問題も存在しています。

 

そのような問題を防ぐためにも、安全なやり方などを把握して行動することが大切です。

 

子育ての先輩の意見を把握することで、より良い方法を学ぶことが可能です。

 

赤ちゃんの鼻水を取るおすすめの鼻吸い器の比較

赤ちゃんは鼻水が出ているとしても、自分で鼻をかむことができません。

 

 

そこで鼻吸い器の利用を検討している方も多くいます。

 

鼻吸い器を活用することで上手に鼻がかめない子供でも

 

鼻水をつまらせるリスクを減らすことにつながります。

 

ここで問題になるのが、手動鼻吸い器電動鼻吸い器ならどちらが適しているのかという点です。

 

両者にメリットとデメリットがあるので、比較して適したほうを選ぶようにしましょう。

手動鼻吸い器におけるメリット

手動鼻吸い器のメリットは、値段が安いという点です。

 

家計のやりくりで困っている方にとって、安く買えるというのは大きなメリットです。

 

もちろん値段の面だけではなく、持ち運びに便利なのもポイントの1つです。

 

子供を連れて外出する機会が多いなら、

 

持ち運ぶことも考えて手動のものを1つ持っていたほうが安心して出かけられます。

手動鼻吸い器におけるデメリット

一方で手動鼻吸い器のデメリットとして、使い方が難しいという点があげられます。

 

慣れれば簡単に使えるとしても、慣れるまでに時間がかかる方も多くいます。

 

そもそも子供が風邪を引いたときくらいにしか使わないものです。

 

そのため、なかなか使うのに慣れないケースもあるので注意が必要です。

電動鼻吸い器におけるメリット

電動鼻吸い器のメリットは、鼻水がよく取れて使いやすいという点です。

 

子供だけではなく大人も使うことができるので、先に使い方を練習しておくのも1つの手です。

 

鼻吸い器だからこそ、鼻水がきちんと取れるかは重要なポイントの1つです。

電動鼻吸い器におけるデメリット

使い方が比較的簡単な一方で、電動鼻吸い器は値段が高いというデメリットもあります。

 

家計への負担を考えたうえで、購入するか検討することも忘れてはいけません。

 

また電動のものだと、手入れにも手間がかかるので注意が必要です。

 

ほかにも音が気になるというケースも多く見られます。

 

赤ちゃんが鼻吸い器を使うときに嫌がらないような工夫も大切です。

 

まずは、購入後はあらかじめ音に慣れさせておくのも1つの手です。

 

使ったときに期待できる効果を確認したうえで、購入を検討するようにしましょう。

 

赤ちゃんの鼻水を取る鼻吸い器をおすすめ商品から選ぶ方法

赤ちゃんの鼻水対策として鼻吸い器の購入を検討している場合には、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

 

例えば電動や手動のものにわけられます。

 

また、同じ手動タイプでもさまざまな種類のものが販売されています。

 

そのため種類ごとに選ぶときのおすすめを把握して状況に適した商品を選ぶことが大切です。

手動鼻吸い器をおすすめ商品から選ぶ方法

手動の鼻吸い器といっても、大人が口で吸って鼻水を吸引するタイプとスポイトで吸い取るタイプに分けられます。

 

口で吸うタイプの場合、奥まで吸い取ることが難しいことや吸った人も風邪をひく可能性がある。

 

このような問題点もあげられます。

 

 

ただし安くて使い勝手がいいのも特徴の1つです。

 

このような商品の特徴がわかっていても実際に売り場へ行ってみることです。

 

そこには各メーカーごとに鼻吸い器を販売しています。

 

 

売り場に行って商品を選ぶ場合だと値段だけで選んで使ってから後悔するというケースも見られます。

 

そこでお店に行く前に、おすすめの情報を調べてみるのも1つの手です。

電動鼻吸い器をおすすめ商品から選ぶ方法

電動鼻吸い器を買うのであれば、口コミなどでおすすめされている商品の種類を調べてみましょう。

 

 

 

口コミでおすすめされている商品の情報を見ることです。

 

実際に子育てをしている方に人気のものがわかります。

 

多くの方に選ばれている商品であれば、安心して使える可能性が高いのです。

 

実際におすすめの電動鼻吸い器を見る時に忘れてはいけないのがあります。

 

それは、なぜ選ばれているか理由も含めて把握するという点です。

 

口コミで評価が高いということは、必ず選ばれた理由が存在しています。

 

実際にどのような理由があるのか把握することです。

 

 

こうして、納得したうえで商品を選ぶことにもつながります。

 

また電動鼻吸い器を買おうと思っている場合、ハンディタイプがいいか据え置き型がいいのか迷っている方もいるでしょう。

 

商品の種類の選択で迷った場合も、口コミを参考にすることが可能です。

 

実際に使っている方から評判がいいタイプをチェックしましょう。

 

そのうえで自分に合っていそうのものを選ぶことが大切です。

鼻吸い器はメリットとデメリットの度合いを考えて選ぶ

このように赤ちゃんのための鼻吸い器には、

 

手動のものと電動のものとでそれぞれ異なる特徴があげられます。

 

実際に適している鼻吸い器は、個々の状況に応じて異なります。

 

自分の状況を考慮したうえで、どのようなものが適しているのか考えていくようにしましょう。

 

自分にとってメリットデメリットの度合いのどちらが大きいか考えることです。

 

こうすることで、後悔の少ない鼻吸い器を選択することにつながります。

鼻吸い器はおすすめの中から自分に適した選び方を見つける

人々から評価を受けている商品だとしても、それが自分に適しているとは限りません。

 

お子さんの状況予算など求めることに応じて、それぞれの方に適した商品は異なります。

 

そのような点を理解したうえで、自分に向いているものを見つけることが大切です。

 

口コミのほかにもお店側のイチオシ商品、医師が薦めるものにするなどさまざまな選び方があります。

 

自分に適した選び方を見つけるというのも1つの手です。

結び

赤ちゃんが鼻水をティッシュで拭かせてくれないときの対処法についての記事はお役に立てたでしょうか?

 

また、おすすめの鼻吸い器の比較についてもご理解いただければ幸いです。

 

この章では、ここまでをまとめた要約を載せています。

 

 

赤ちゃんが鼻水を拭かせてくれないというのは、多くの子育て中の方に共通している悩みです。

 

その悩みを解決するための選択肢の1つが別のことで気をひかせながら拭くという方法です。

 

ぬいぐるみなどで気をひかせて、さっと拭いてあげるようにしましょう。

 

また実際にティッシュを使って拭くときには、

 

赤ちゃんの鼻を傷つけないように丁寧に素早く行うことが大切です。

 

もしもティッシュの肌触りが悪いのが気になるなら、

 

ガーゼやウェットティッシュの利用を検討するのも1つの手です。

 

また鼻水が多い場合の対処法として、鼻吸い器の利用があげられます。

 

 

自分で鼻をかめない子供にとって、機械の力を使って鼻水を吸い取って楽にしてあげることも必要です。

 

実際に鼻吸い器を使うときに問題となるのが、手動タイプや電動タイプにわけられるという点です。

 

値段や使いやすさなどの特徴があります。

 

そのポイントを比較して状況に適したものを選ぶようにしましょう。

 

売り場に行くと、同じ手動や電動タイプでも複数の商品が販売されていることがわかります。

 

そこで口コミなどで、おすすめの鼻吸い器の情報を集めるのも1つの手です。

 

利用者のおすすめ情報をチェックして、自分に合っていそうなものを探すことも可能です。

 

スポンサーリンク