七五三を3歳の女の子で早生まれはいつ行えば良いのかお分かりでしょうか?

 

 

また、写真を撮る時期は前撮り後撮りのどっちが良いのかも気になるところです。

 

さらには、準備するものはどのようなものを用意するべきかなども迷うところですね。

 

ここでは、そんな3歳の早生まれの女の子の七五三について詳しく紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

七五三を3歳の女の子で早生まれはいつ行う

1月1日~4月1日に誕生した早生まれは、4月2日以降生まれの子供より先に学校などに入学することになります。

 

 

このため、一般的に早生まれと呼ばれています。

 

時に1日違いで様々なイベントのタイミングがズレたりもしますね。

 

11月15日に行われる行事の七五三もその1つです。

 

女の子が3歳になった時にいつ行えば良いのか悩みがちです。

 

日本には古くから、数え年と満年齢という2つのカウント方法が存在します。

 

数え年は生まれた時点で1歳と考え、1月1日になると1歳加算するのが特徴です。

 

逆に満年齢は、生まれを0歳として誕生日に1歳加える数え方です。

 

正確には誕生日前日の24時のタイミングで、1歳歳を取ることになります。

 

現代ではこの満年齢が幅広く用いられています。

 

このため、七五三もそれに従い実施する家庭が少なくないといえます。

 

ただ、元々七五三は長らく数え年で行われてきたので、歴史的には数え年で実施するのが伝統です。

 

今は特にそういった決まりはなく、生まれたタイミングが分かりやすい満年齢で行う家庭が増えています。

 

つまり、早生まれの子供にも明確なタイミングはなく、数え年でも満年齢でも良いわけです。

 

早生まれでいつ七五三をするか決められない場合は、数え年に従って実施を決めるのが1つの方法です。

 

 

勿論、絶対的な正解というものはありませんから、これも家庭ごとに異なる考え方次第です。

 

もし兄弟や身近な友人との成長差が気になるのであれば、あえて1年遅らせて実施するのもありでしょう。

 

中でも3歳の子は子供によって身長の差が大きいですし、何より着物を嫌がってしまう恐れが懸念されます。

 

成長を願うあまりに、焦って七五三をする必要はないです。

 

それよりも子供のことを良く考えてタイミングを決めたいところです。

 

 

数え年で周囲より早く女の子に着物を着せて困ったり失敗することもあります。

 

例えば、足袋の遊びが大きかったり、おむつがズレ落ちるなどの誤算が生じます。

 

成長途中で着物にはまだ早い子供もいます。

 

また、子供も2歳ころはまだぐずったり親の言うこともなかなか聞いてくれないこともあります。

 

そのため、単純に早く3歳のお祝いを行えば良いというわけではないです。

 

厳密な決まりはない以上、周囲の家庭の実施状況を考慮したり子供も成長度合いを見ながら実施を決めるのが無難です。

 

迷ったら親子代々の習わしで決めても良いですし地域の風習に合わせて行うのもありです。

 

 

早く着物姿を見たい親心は分かりますが、何でも急げば良いものではありません。

 

焦らず女の子のことを優先的に考えて検討することをおすすめします。

 

このように、早生まれは何かと大変です。

 

それでも検討の方針を決めておけば悩み過ぎてしまうことはなくなるでしょう。

 

スポンサーリンク

七五三で早生まれの3歳の女の子が写真を撮る時期は前撮りが良い理由

七五三は早生まれの場合だと、早めにいわゆる前撮りをした方が良いケースが少なくないです。

 

 

早めに写真撮影を済ませる前撮りが良い理由もあります。

 

それは、バタバタしやすいお詣り当日に余裕を持たせるためでもあります。

 

また、3歳の女の子に飽きたり疲れさせずに済む点が挙げられます。

 

七五三は前もって何かと準備が必要だったり、着物を着せて移動を行い写真撮影をすることになります。

 

場合によっては1日掛かりですから、まだ小さな3歳の女の子には負担が大きいです。

 

 

折角のおめでたい特別な日なのに、写真撮影のタイミングで疲れてしまっては本末転倒です。

 

表情が暗くなったり、ぐずって泣いた表情を写真に収めることになると、とても残念な結果になりがちです。

 

しかし前撮りならその恐れは避けられますから良い表情の写真が残せる結果に至るでしょう。

 

それと、前撮りは写真スタジオでお得に提供されることが多いです。

 

このように費用を節約する切っ掛けにもなります。

 

七五三の時期は利用者が増加して混雑します。

 

 

なので、予約を取るのが難しかったり割高な料金で撮影する羽目になり得ます。

 

七五三に一回勝負で写真を撮るとなると、子供の急な体調の変化に対応するのが困難です。

 

無理をして悪化させては意味がありませんから、撮影に余裕を持てる前撮りは合理的だといえるでしょう。

 

肝心の写真を撮る時期については、お詣りが行われる11月の前です。

 

つまり4月~10月までが当てはまります。

 

4月だとかなり早めですが、夏が本格化する涼しい時期に撮影を済ませてしまうのはありです。

 

 

7月~8月は着物に向きませんから、夏以降を狙うなら気温が下がる9月~10月頃となります。

 

10月はお詣りが直前に迫るタイミングです。

 

本番を迎える11月の1ヶ月前を写真を撮る時期と考えるのも正解です。

 

4月~10月中であれば、どのタイミングで前撮りを済ませても間違いではないです。

 

これだと、非常に気持に余裕が持てるはずです。

 

このように、子供が小さくても余裕を持って写真を残せたり費用的にお得になるからです。

 

七五三で早生まれの3歳の女の子が写真を撮る時期は後撮りが良い理由

早生まれの七五三で後撮りが良い理由もあります。

 

 

それは混雑を避けて落ち着いてからゆっくり写真を撮れることです。

 

七五三は神社にも写真スタジオにも子供が殺到して混雑しがちです。

 

当然ながら写真スタジオは予約対応です。

 

しかし、神社の方は予約ができないのでタイミングによっては混雑に巻き込まれます。

 

この慌ただしい時期を避けられるのが、一番の後撮りが良い理由となり得るでしょう。

 

予約の取りやすさもその理由となります。

 

 

やはり本番が終わった後はピークを過ぎていることから比較的自由に予定が入れられる傾向です。

 

時間的にタイトに撮影を進める必要はないです。

 

こうして、ゆっくりとあれこれ衣装を変えながら撮影が楽しめます。

 

いうまでもなく、3歳の女の子は大人ほど体力や集中力はないです。

 

あまり時間を掛けてしまえば良い表情を撮るのはとても難しくなります。

 

それでも、七五三の11月以降ならば子供の身体的な成長や落ち着きが確認できるものです。

 

 

まだ小さくてだぼだぼだった着物が、後撮りなら丁度良いサイズでフィットするようになることもあります。

 

このおかげでベストな写真が撮影できる可能性がアップします。

 

なお、シーズンがズレますから、需要のピークを過ぎることで写真スタジオは料金を下げることもあります。

 

このようにリーズナブルな後撮りプランを提供するケースも珍しくないです。

 

お得な撮影を希望するなら後撮りが狙い目です。

 

後撮りの写真を撮る時期に関しては、12月1月が一般的に選ばれています。

 

 

12月は後撮りを希望する人が少な目の傾向で、料金がお得になるだけでないです。

 

写真スタジオによっては、独自にそれぞれ特典を用意したりもします。

 

1月も基本的に同様ですが、タイミング次第では雪が降ったり天気が崩れがちです。

 

そのため、屋外撮影をする予定なら注意が必要です。

 

そして、1月に入ると成人式の撮影予約が始まってきます。

 

成人式の利用客と予約のタイミングが被らないように気をつけましょう。

 

 

これらを考慮すると後撮りの撮影にベストなのは七五三を過ぎて冬が本格化する前の12月ですね。

七五三で早生まれの3歳の女の子の場合に準備するもの

早生まれの3歳の女の子で七五三に準備が必要なのは、何といっても精神面と着物です。

 

 

具体的に準備するものは、早生まれの場合だとお姉さんになる自覚です。

 

また、それを教えてあげる保護者の心構えも大切ですね。

 

人は接し方扱いで精神的な部分が変化します。

 

少し大人として扱えば、子供はそれを感じ取って次第に七五三に相応しい子供に成長します。

 

わがままは子供らしく可愛い一方で、これから順調に育つのかと心配になるものです。

 

 

ただし、少し早い段階で扱い方を改めて成長を促してあげれば、七五三の頃には身体に加えて精神面の成長にも期待できます。

 

成長は結局のところ子供次第ですが、3歳の女の子は一般的に成長が早いです。

 

このように短期間の内に大きく変化しやすいのも事実です。

 

つまり、衣装の準備も良く考えて行うことが必要となります。

 

気持ちがはやることで発生する、本番でサイズが合わなくなる着物の用意には注意しましょう。

 

七五三で3歳の女の子が着用する着物は、被布(ひふ)という締めつけないタイプが一般的です。

 

 

帯は不要で少し大きめでも違和感が生じにくいことから多少のサイズ違いはあまり問題にならないです。

 

ところが、早生まれは成長の予測が難しく、場合によっては準備した着物が合わないということにもなります。

 

焦らず成長を見ながら撮影日に合わせて衣装を用意することです。

 

 

これが保護者にとって必要な七五三における準備するものの1つですね。

 

子供に衣装のカタログを見せたり、衣装レンタル店に出向いて試着させてみるのはおすすめです。

 

 

お詣り当日、いきなり着物の着用だと3歳の女の子は戸惑いがちですが予め慣れさせておけば安心です。

 

早生まれの場合は特に、周囲より先に撮影に臨むことが多いですから慣れないことで不安になるでしょう。

 

しかし、気持ちと着物の計画的な準備を進めれば、理想的な状況で撮影が行えるようになるわけです。

 

当日には撮影用と移動用の履物に何かと便利なタオルハンカチです。

 

それから水分補給の飲み物と軽いおやつの準備も要検討です。

 

履物は履き慣れている方が疲れにくいですから、いつでも履き替えられるように準備するのが理想的です。

 

 

タオルとハンカチは汗やよだれふき用で、飲み物が口から溢れてしまった時にも使えます。

 

おやつは、粉状に崩れたり手が汚れるものだと衣装を汚しかねないです。

 

そのため、食べやすい1口サイズが良いです。

 

撮影中に飽きたり、集中力が途切れると困ります。

 

このため、気分転換ができるお気に入りのおもちゃを用意することもおすすめします。

結び

七五三を3歳の女の子で早生まれはいつ行うの記事はお役に立てたでしょうか?

 

 

また、写真を撮る時期は前撮り、後撮りについてもお分かりいただけましたか。

 

七五三の写真を撮る時期は、昔なら数え年で現在は満年齢に従うことが多いです。

 

写真スタジオなどでは11月が撮影のピークとなっています。

 

3歳の女の子の七五三であれば、余裕を持って撮影できる前撮りやピーク後の後撮りが狙い目となります。

 

早生まれはいつが最適かという疑問は生じがちです。

 

しかし、これといって絶対に正しい答えはないです。

 

 

基本は本人の成長や周囲の実施状況をチェックした上で、撮影に適したタイミングを決定するのが良いでしょう。

 

あどけない表情を残したいなら前撮り、落ち着きを重視するなら後撮りと、こういった検討のヒントも存在します。

 

3歳の女の子の七五三は、写真を撮る時期が割と自由ですから早生まれはいつかと悩まなくても大丈夫です。

 

子供をどういった形で写真に残したいか、その視点で撮影時期のタイミングを検討するのがおすすめとなります。

 

このようにタイミングをズラせば、予約が取りやすく料金は比較的お得になります。

 

このため、4月~10月12月~翌年の1月のいずれかが有力な候補です。

 

スポンサーリンク